自己肯定感

【褒め上手な男女の10の特徴】人間関係がうまくいく褒め上手になる方法とは?

褒め上手になりたいと思いませんか?

「自分も褒められたら嬉しいのだから、きっと人も嬉しいはず」

「人を褒める習慣が身についたら、人間関係がうまくいきそう」

褒め上手には、いろんなメリットがありそうですよね。

では、どうすれば褒め上手になれるのでしょうか?

今回は、褒め上手とは?、褒め上手のメリット、褒め上手な男女の特徴、褒め上手になる方法などを解説していきます。

褒め上手とは?

そもそも褒め上手とは何でしょうか?

褒め上手とは、読んで字の如く、褒めるのが上手な人のことです。

人の長所、発言、行動などを褒めて、本人すら気づかない魅力に気づかせる。

そんな人です。

褒めるのが上手い人は男女問わず人気がある

褒めるのが上手い人は、男女問わず人気があります。

同性から人気がある女性、あるいは異性からモテる男性が身近にいませんか?

彼らをよく観察してみてください。

きっと人を褒めるのが上手なはずです。

褒め上手は「人からモテる」のです。

みんな嬉しい!「褒められる」「褒める」のメリット

さて、では人を褒めることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

「褒められたい」という気持ちは誰しも持っていますが、「褒めたい」の気持ちになることは稀ですよね。

でも、褒めることには嬉しいメリットが沢山あるんです。

褒められる:嬉しい、自己肯定感が上がる

まず褒められる方から説明しますね。

メリットを以下にまとめてみました。

  • 嬉しい
  • やる気が出る
  • モチベーションが上がる
  • 自己肯定感が上がる
  • 人のために何かをしたくなる
  • 脳からドーパミンが分泌され、幸せな気持ちになる

人から褒めてもらったら、素直に嬉しいし、やる気やモチベーションにつながる。

これは分かりやすいですよね。

あとは自分自身の価値を認める感覚(自己肯定感)が高まり、人のために何かをしたくなったり、幸せな気持ちになったりします。

褒める:人の長所に気づける、自己肯定感が上がる

逆に褒める方はどうでしょうか?

メリットを以下にまとめてみました。

  • 嬉しい
  • 優しい気持ちになる
  • 人の長所に気づける
  • 人間関係が良好になる
  • 友だちや協力者が増える
  • モテる

人を褒めたら嬉しいし、優しい気持ちになれる。

これは分かりやすいですよね。

あと、人を褒める習慣がつくと、人の長所に気付けるようになり、人間関係が広がり、人としてモテるようになります。

このように、褒める・褒められるにはメリットが沢山あります!

褒め上手な男女の10の特徴

それでは褒め上手について見ていきましょう。

褒め上手とは、具体的にどんな人なのでしょうか?

基本的にポジティブ

褒め上手な男女は、基本的にポジティブです。

前向きだから、人の悪いところより、良いところに目が行く。

前向きだから、難しく考えず素直に褒めることができるのです。

これが逆(ネガティブ)だと、人の悪いところにばかり目がいってしまいますからね。

人の長所を発見するのが上手い

褒め上手な男女は、人の長所を発見するのが上手いです。

これは日頃の積み重ねの賜物ですね。

こんな経験はありませんか?

ある人のことが嫌になった途端、余計に嫌なところに注目してしまったことが。

褒め上手は、その真逆です。

褒めたいポイントに着目しているから、また褒めることができるのです。

観察眼が鋭い

褒め上手な男女の観察眼は、とても鋭いですよ。

髪きった? ネイル変えた?

雰囲気かわったね? 何かあったの?

身近な人の変化を敏感に感じ取り、それを褒めにつなげるのです。

周りをよく観察し、インプットしているからこそ、褒めるポイントが見つかるのでしょうね。

自然に褒める

褒め上手な男女の褒め方は、とても自然です。

たまにぎこちない人もいますよね?

「そ、そ、その髪型、似合ってるね!美人!」みたいなやつです。笑

褒め上手は、「そういうところが凄いよね」「だから○○さんは頼られるんだ」のような形で褒めます。

そう、褒め言葉を会話の端々に織り交ぜるのです。

そんな褒められ方をして悪い気持ちになる人はいないでしょう。

同性からも異性からもモテる

褒め上手な人は、同性からも異性からもモテます。

やはり褒めてもらえるのは嬉しいですからね。

褒められただけで、「この人は自分を理解してくれてる」と思いませんか?

褒めるという行為は親近感を生むのです。

聞き上手

褒め上手な男女は、抜群の聞き上手でもあります。

そう、実は人の話をよく聞いた上で褒めているのです。

これまでの仕事の取り組みを聞いたら、たとえ結果は出ていなくても、頑張りを褒める。

複雑な生い立ちについて聞いたら、たとえ今は平凡でも、努力を褒める。

容姿や持ち物ではなく、努力や価値観を褒めてくれます。

社交的な人たらし

褒め上手な男女は、社交的な人たらしです。

いつも明るくて、気遣いができて、人を褒めるのも上手だから、人が集まってくる。

その関係性を大切にするから、また人に囲まれる。

褒め上手は、人間関係上手でもあるのです。

包容力がある

褒め上手な男女は、抜群の包容力があります。

一般的には否定される考え方も、褒め上手は受け入れますよ。

たとえば転職直後にまた転職するような場合でも、よく話を聞いた上で、後押しやアドバイスをしてくれます。

まるで父親(母親)のような大きさがあるので、彼らの前では本音を喋ってしまうでしょう。

影響力がある

褒め上手な男女は、影響力があります。

よく考えれば当たり前ですよね。

褒め上手の周りには常に人が集まっていて、しかも強固な信頼関係で結ばれているのですから。

彼らがどう思うかで、その人の評判が決まると言っても過言ではありません。

もちろん、人を悪く言うことはめったに無いのですが…。

いい意味で、人に期待しない

褒め上手な人は、実はいい意味で人に期待していません。

やはり人に期待すると、長所より短所に、プロセスより結果に目が向きますからね。

上司も、部下も、同性も、異性も、ニュートラルな目線で見ています。

だからこそゼロからの「プラス1」が、彼らにとって褒めるポイントになるのです。

逆に褒め下手な人の特徴は?

褒め上手の特徴がわかったところで、「自分も褒め上手になりたい…」と思いましたか?

そう考えた方は、きっと褒めるのが上手くない自覚があるのだと思います。

そこで「褒め下手」の特徴も見てみましょう。

以下にまとめてみました。

  • 恥ずかしがり屋
  • 考えすぎ
  • 言葉にするのが苦手
  • 人の短所ばかり目につく
  • 「褒めたら負け」と思っている
  • そもそも褒め方がわからない

恥ずかしがり屋だったり、考えすぎる性格だと、褒めること自体が難しいですよね。

また、言葉にするのが苦手だったり、基本的な考え方がネガティブな場合も、褒めるのが難しいと思います。

では、どうすれば褒め上手になれるのでしょうか?

褒め上手になりたいけど、どこを褒めればいいの?

人を褒めようとした際、最も難しいのは「どこを褒めればいいの?」ではないでしょうか。

あまり経験がないと悩みますよね。

変なことを口にして相手を不快にさせるのも避けたいところです。

ここでは、人を褒めるポイントを紹介しますね。

性格・内面を褒める

最初の褒めポイントは、性格や内面です。

具体例を以下にまとめてみました。

  • 優しさ
  • 気遣いができる
  • よく考えている
  • 好奇心が旺盛
  • 考え方が前向き

パッと見ではわかりづらいですが、付き合っていくに連れてわかる部分ですよね。

性格や内面を褒めると、相手との距離はグッと縮まりますよ。

発言を褒める

次の褒めポイントは、発言です。

具体例を以下にまとめてみました。

  • 思い切った発言
  • 反骨心あふれるセリフ
  • 前向きな言葉
  • よく考えたうえの慎重論
  • みんなをひとつにした一言

発言をただ褒めるだけでは表面的になってしまいますので、「なぜすごいのか?」も褒めてあげてください。

「あれだけシーンとした状況で、よく思い切った発言をしたね」みたいな感じです。

きっと相手は自信になりますよ。

考え方を褒める

次の褒めポイントは、考え方です。

以下にまとめてみました。

  • 豪快な考え
  • 自由奔放な考え
  • 常識的な考え
  • 慎重な考え
  • ぶっ飛んだ考え

考え方は人それぞれ。

褒められることもあれば、否定されたこともあるでしょう。

その人の基本的な考え方を褒めてあげれば、相手との距離はグッと縮まりますよ。

行動を褒める

次の褒めポイントは、行動です。

具体例は以下のとおりです。

  • 行動力がある
  • 人助けに積極的
  • コツコツ継続している
  • 思い切った挑戦
  • 空気を読んだ動き

そもそもの行動力も褒めポイントですし、人を助ける行為や継続力、挑戦する力も褒めポイントになります。

行動は見て分かりやすいものですから、日々褒めポイントが見つかるはず。

素直に褒めてあげましょう。

変化した部分を褒める

次の褒めポイントは、変化した部分です。

具体例を以下にまとめてみました。

  • 髪型
  • 服装
  • 小物
  • 表情
  • 言動

見て分かりやすい変化(髪型、服装など)も褒めポイントですし、些細な変化(表情、言動など)も褒めポイントになります。

とく些細な変化に気づいて褒めると、「この人、鋭い…」と思われるでしょう。

結果・過程を褒める

次の褒めポイントは、結果と過程です。

これは分かりやすいですよね。

具体例を以下にまとめてみました。

  • 成績
  • 評価
  • 継続したこと
  • コツコツ積み上げたこと
  • 計画を立てたこと

同期が営業成績を達成した、部下が大きな契約を取った、などが「結果」です。

逆に英語の勉強を半年間続けた、顧客のもとへ毎日通い続けた、などが「過程」です。

なかなか結果を出せずにいる人は、過程を褒めてあげましょう。

人が気づかない一面を褒める

次の褒めポイントは、人が気づかない一面です。

以下のような部分に気づいたことはありませんか?

  • 地道な根回し
  • 陰ながらの気遣い
  • 空気を壊さない言動
  • 誰もやりたがらないことに積極的
  • 人知れず続けた担当業務

そう、人が陰ながらやっていることです。

ここを褒められると、相手は最高に嬉しいですよ。

一気に信頼関係が高まるはずです。

テクニックを大公開!褒め上手になる方法

さて、褒めポイントがわかったところで、次は褒め上手になる方法を見ていきましょう。

テクニックや大切なポイントを紹介しますね。

人を褒めるのに遠慮はいらない

まず念頭に置きたいのは、「人を褒めるのに遠慮はいらない」です。

いきなり褒めたら、変に思われるんじゃないか…。

褒めて欲しいポイントが違ってたらどうしよう…。

そんなことは考えなくて大丈夫ですよ。

褒められて嫌な人などいないのですから。

最初は「えっ?」という顔をされても、続けていけば笑顔になっていきます。

直感的に褒める(考えすぎない)

褒め上手になるには、直感的に褒める習慣をつけること。

先ほどともリンクしますが、考えすぎないことですね。

人の魅力に気づいたら、それを素直に言葉にする。

「さすがだね」「かわいいね」「かっこいいね」

たったそれだけでも立派な褒め言葉ですよ。

嘘・お世辞・ヨイショはやめる

褒め上手への階段を登るのに、絶対にやってはいけないことがあります。

それは、嘘、お世辞、ヨイショです。

とくに社会人はこの3つに慣れているため、敏感に見分けますよ。

「あぁ…嘘だな…」「お世辞だな…」「ヨイショしてるな…」と思われた時点で、信用を失います。

誰かとの比較ではなく、その人自身を褒める

褒め上手になるには、誰かとの比較ではなく、その人自身を褒めること。

これはよくやりがちなんですよね。

褒めたい人の凄さを際立たせるために、良かれと思って誰かと比較することです。

たとえば「○○さんはできないのに、あなたはできるから凄い」みたいな感じ。

これはやめましょう。

誰かをおとしながら褒めても、相手は喜びませんよ。

笑顔で褒める

褒め上手になるには、笑顔も大切です。

しかめっ面は論外ですが、淡々とした表情で褒められても、本当かどうか勘ぐってしまいますからね。

明るい顔で、「すごい!そこがすごい!」と言われたら嬉しくないですか?

優しい笑顔で、「さすがだね」と言われたら嬉しくないでしょうか?

笑顔は言葉以上の威力がありますよ。

上級編:質問形式で褒める

ここからは上級編です。

褒め上手がよく使うテクニックとして、「質問形式で褒める」というのがあります。

たとえば「どうやれば○○さんみたいに契約が取れるの?」みたいな感じですね。

これはただ質問しているのではなく、”○○さんみたいに契約が取れるの?”の部分に尊敬と称賛が含まれているのです。

「なぜそれほどアイディアを思いつくの?」

「どうすればあなたみたいに友達ができるの?」

褒めるのがうまくなってきた段階で、このテクニックも取り入れてみましょう。

上級編:間接的に褒める

もう一つの上級者のテクニックは、「間接的に褒める」です。

つまり、第三者に褒め言葉を伝える方法です。

こんな経験はありませんか?

「○○さんがあなたのこと凄いって言ってたよ」と聞いて、嬉しかったことが。

そう、本人から直接褒められるのも嬉しいですが、人伝いに褒められるのも嬉しいものなのです。

褒めるのがうまくなってきたら、本人がいないところでも積極的に褒めてみましょう。

いつか本人に伝わったら、絶対に喜んでくれますよ。

褒め上手になって、いい人間関係を作ろう!

褒め上手は、人間関係上手でもあります。

人は承認されたい動物ですから、褒めてくれる人の周りに集まるからです。

人の長所を見つけて、素直に褒める。

ときには自分ですら気づかない強みを発見してくれる。

そんな存在を嫌いになるのは難しいでしょう。

褒め上手になれば、自分自身の視界もポジティブに変わりますよ。

*「聞き上手になる方法」も気になりませんか?

ミラクリから一言

褒め上手で孤独な人はいない。

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-自己肯定感

Copyright© ミラクリ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.