生活術

食材のまとめ買いで何を買う?食費節約に最適な食材16選を公開

食材のまとめ買いで何を買えばいいのか迷っていませんか?

まとめ買いで節約できない方の多くは、食材選びに難航しているようです。

「とにかく安い食材や、内容量の多いお得な商品を買えばいいんじゃないの?」

そんな軽い気持ちで食材を選んでいるとしたら、そのまとめ買い「浪費」につながっているかもしれません。

今回は、食費も食材も無駄にしない「まとめ買いに最適な食材16選」をご紹介します。

この記事の要点

  • まとめ買いにおすすめの食品は、賞味期限が長くて使い回しができる卵や玉ねぎなど
  • 消費期限が短くても冷凍すれば、肉も魚も野菜もまとめ買いが可能になる
  • 献立に使ったことがない食材は、まとめ買いしてはダメ

節約のためのまとめ買いは1週間に1度が基本


まとめ買いで大切なのは、買出しのタイミングです。

毎日食材を買出しに行く方には、まとめ買いはおすすめできません。

1年以上まとめ買いを実践した経験から、最も節約に効果的なのは週イチ。

1週間分のまとめ買いであれば、購入した食材を冷蔵庫や冷凍庫に充分保存できます。

そうは言っても、その都度買出しに行っている方にとって、週イチのまとめ買いは難しそうに感じるかもしれません。

「野菜やお魚、お肉が腐ってしまう」のも心配ですよね。

でも大丈夫!次にご紹介する食材なら、まとめ買いで食材を無駄にする心配はありませんよ。

まとめ買いにおすすめ!使い回しができる食材16選


まとめ買いで選ぶ食材の基本は、「賞味期限が長くて使い回しができる」食品です。

これから紹介するのは、私がまとめ買いでいつも購入している食材です。

  • 日常的に使う食材5選
  • 日持ちする野菜3選
  • 便利なストック食品4選
  • 冷凍できる食材4選

詳しくみていきましょう!

日常的に使う食材5選

まず最初は、日常的に使う食材です。

献立に使いやすいので、どれも使用頻度が高い食材ばかり。

しかも、どれもお値段が安い!

購入の際には、賞味期限を確かめながら食材を選ぶようにします。

卵は主役から脇役まで、あらゆる場面で活躍してくれる食材。

私は10個入のパックを、いつも4〜5パック購入しています。

献立がちょっと淋しい…と気づいた時に、追加でもう一品を簡単に作ることができるのですごく重宝しています。

スクランブルエッグ、卵焼き、オムレツをよくメニューに取り入れます。

納豆

納豆は賞味期限が比較的長く、そのままで食べられるのが最高ですよね。

もちろん、チャーハンに入れたり、挽き肉と一緒に炒めてレタスで巻いて食べたりすれば、腹持ちメニューにもなるので献立に取り入れやすい食材です。

納豆には種類がたくさんあるのも飽きがこない理由のひとつです。

  • ひきわり納豆
  • 小粒納豆
  • 大粒納豆
  • 和風だし味
  • 卵がけ味
  • しそ風味

買出しの際の価格と、その日の気分によって、購入する種類を変更できるのはいいですね。

豆腐

豆腐の賞味期限は、商品によってバラツキがあるので、献立によって購入する商品を変えています。

私がよく購入するのは、少し小さめのお豆腐を2〜3パックです。

小パックのお豆腐は、使いたい分だけを使うことができてすごく便利なんですよね。

冷奴・お鍋・お味噌汁など、毎食余すことなく使い切れるので風味も損なうことがありません。

こんにゃく

豆腐とならんでよく購入するのが、こんにゃくです。

こんにゃくは賞味期限が長く、どんなお料理にもたいてい使うことができます。

野菜炒めやお味噌汁にこんにゃくをプラスすれば、簡単にボリュームアップさせることができるのも魅力のひとつ。

私は、板こんにゃくだけでなく、糸こんにゃくもよく利用しています。

ソーセージ

ソーセージは冷蔵保存でも長持ちしますが、冷凍すればさらに長期保存することができるので、まとめ買いに最適な食材のひとつです。

私は、在庫がなくなったら500g入などの大袋のソーセージを購入するようにしています。

お料理の付け合せやコンソメスープなどで大活躍してくれる食材です。

日持ちする野菜3選

まとめ買いでいちばん難しいのは、野菜かもしれません。

種類によっては、すぐに傷んでしまうものもあるため、まとめ買いをして腐らせてしまったという話もよく聞きます。

そのため、野菜は傷みにくくて日持ちするものを選ぶようにしています。

玉ねぎ

玉ねぎは、3個で100円など、よくまとめ買い特価で販売されています。

しかも、玉ねぎはあらゆる献立に使うことができるお野菜。

我が家では、お昼ごはんに肉野菜炒めをよく作るので、玉ねぎは毎週欠かさず購入しています。

玉ねぎの他にも、じゃがいも、さつまいも、人参、大根など、多くのの根菜類や土物類は、2週間以上日持ちするのでまとめ買い向きですよ。

あらかじめ予定していた献立と変更になったとしても、「翌週につかえばいいや」と
思えるので、安心して購入することができます。

キャベツ

キャベツも献立に欠かすことができません。

サラダ、お味噌汁、野菜炒め、お好み焼き!

その週の献立によって、適切なサイズを買うようにしています。

例えば、お好み焼きの週なら1玉迷わず購入するし、サラダだけなら4分の1にしようという具合です。

キャベツの他に、白菜を選ぶこともあります。

しめじ

使い切れなさそうと思ったら冷凍できるしめじもよく購入します。

お値段も安いし、ボリュームもある。そして、献立に使いやすいですよね。

しめじと同様に、えのきもおすすめです。

便利なストック食品4選

次に紹介するのは、最もまとめ買いにぴったりな食品。

長期保存ができるものです。

ただし、いずれも買いすぎには注意しています。

保管スペースに入る分だけを購入するのが基本です。

冷凍食品

賞味期限を全く気にしなくていいと言える冷凍食品は、まとめ買いにベストです。

そうは言っても、加工された冷凍食品は割高なので、私はあまり購入しません。

どちらかというと、お料理に使うことができる冷凍食材を選んでいます。

  • 冷凍ブロッコリー
  • 冷凍ほうれん草
  • 冷凍うどん
  • 冷凍ブルーベリー

以前は「冷凍食品より生鮮食品の方が味もコスパもいい」と勝手に思い込んでいましたが、冷凍食材を試してみてすぐに前言撤回しました。

冷凍食材は充分と言えるほど美味しいし、値段も高すぎるわけではない。むしろ冷凍食品の方が安いときもあります。

調理の時間を短縮したい時や、ちょっとずつ使いたい時にも便利です。

乾燥わかめ

賞味期限を気にせず、気まぐれに献立に使うことができる乾燥わかめも、まとめ買いにおすすめです。

他には、ひじきや切り干し大根などの乾物もいいですね。

私は、乾燥わかめやひじきは在庫がなくなるとすぐに買い足しています。

パスタ

パスタは子供も大人もみんな大好きで、よくリクエストされるメニューです。

そのため、常備しておいても賞味期限の心配はいりません。

他には、うどん、そば、そうめんなどの乾麺もよく購入します。

野菜炒めにそうめんを追加してそうめんチャンプルーにするなど、お腹の減り具合と相談しながら献立を少し調整するのに活躍してくれています。

ツナ缶

ツナ缶も、常備しておきたいまとめ買いおすすめ品です。

サラダやサンドイッチ、おにぎりによく使っています。

他には、サバ缶やトマト缶などの缶詰も、まとめ買いしておいて損のない食品です。

冷凍できる食材4選

最後のまとめ買いおすすすめ食材は、冷凍できる食材です。

消費期限が短くても、冷凍できれば問題ありません。

これらも、まとめ買いには欠かせない食材です。

肉類

鶏肉、牛肉、豚肉の肉類は、食卓のメインディッシュを飾ってくれるので必要不可欠です。

冷凍する前提であれば、1週間分のまとめ買いができますよ。

私は、購入してきた当日にジップロックやナイロン袋に小分けするようにしています。

そうすることで、冷蔵と冷凍の仕訳も簡単にできます。

薄揚げ

薄揚げは主にお味噌汁で使うことが多いのですが、野菜炒めにプラスしたりすることもあるので、少し多めに購入しています。

薄揚げも冷凍することができるので、翌週に持ち越すこともあります。

それで全然OKなのが、まとめ買いに最適な食材である理由です。

チーズ

チーズには、プロセスチーズやスライスチーズなど、いろいろな種類がありますが、私がよくまとめ買いするのは、とろけるチーズです。

ピザ、トースト、グラタン、丼など、いろいろな場面にアレンジ上手として活躍してくれるので重宝する食材ですよね。

チーズを長期間冷蔵保存してカビが生えてしまったことがあるのですが、冷凍するようになってからはそんな無駄もなくなりました。

冷凍しても風味を損なわないのが嬉しいですね。

もやし

もやしはすごく安くて便利な食材なのに、日持ちしないのでまとめ買いには躊躇していましたが、冷凍できると知ってからは、まとめ買いの必須食材となりました。

冷凍するとあのシャキシャキ食感は薄れてしまうのですが、お味噌汁やお鍋に使ったりする分には全然気になりません。

冷凍することを踏まえて、毎回2〜3袋は購入しています。

まとめ買い初心者でも買いやすいのは、冷凍食品・乾物・缶詰


さて、まとめ買いにおすすめの16選を紹介してきましたが、意外な食品はありましたか?

まとめ買いに不慣れなうちは、賞味期限が長いストック食材から試してみるのもいいかもしれません。

先ほど紹介した冷凍食品や乾物、缶詰は、多少買いすぎてしまったとしても腐らせる心配がほぼない食品ですからね。

注意事項としては、使ったことがない食品や献立に使ったことがない食品をまとめ買いしないことです。

私のミスをひとつご紹介します。相手は、冷凍ミックスベジタブルです。

買ってみたものの、ミックスベジタブルがあまり好きではないため、献立にミックスベジタブルを使うのを避けてしまうんですよね。

その結果、冷凍庫に随分と長い年月眠ることとなり、本当に冷凍したい食材を冷凍できなくなってしまってました。(※先日、無理やり使い切りました…無理やりです。)

チャレンジ感が否めない食材はまとめ買いリストから外すようにしましょう。

おまけ!まとめ買い食材を上手に使い切るテクニック


今回ご紹介した食材は、まとめ買いにおすすめなものばかりですが、これ以外の食材が必要なこともありますよね。

そこで、最後にまとめ買い食材を上手に使い切るテクニックをご紹介しますね。

「賞味期限の短い食材から順に、1週間の献立をたてる」ことです。

例えば、お野菜なら、「レタスやトマト → 玉ねぎやじゃがいも → 冷凍ブロッコリー」の順に使います。お魚なら、「お刺し身 → 焼き魚 → 冷凍魚で煮付け」といった具合です。

経験を積んでいく中で、こういう工夫やアイデアがうまれ、まとめ買いで何を買っても対応できるようになりますよ。

まとめ買いで食費を大幅に節約しましょう!

ミラクリから一言

まとめ買いで買うものをスリム化しよう!

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-生活術

Copyright© ミラクリ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.