ミラクリ

鬱から成功するブログ

【空回りする人の10の特徴】努力が空回りする原因・改善方法とは?

空回りしているときは、何をやってもうまくいかないですよね。

仕事のミスを挽回しようと焦るあまり、大きなトラブルを引き起こしてしまった。

あるいは彼氏(彼女)にこちらを向いてもらおうとしすぎて、嫌悪感を持たれてしまった。

誰しもそんな経験をしたことが一度や二度はあるでしょう。

もしかすると、この記事を読んでいる方は、今まさにそのような状態なのかもしれません。

自分が空回りしているかどうかを冷静にチェックし、改善したいですよね。

今回は、空回りする人の特徴を紹介します。

また、努力が空回りする原因と改善方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

「空回り」の意味

空回りとは、具体的にどういう意味なのでしょうか?

空回りとは、無駄な動きが多く、本来の働きをしていないこと。

つまり自然な状態ではないことを指す言葉です。

また、無駄が多いことを自覚せず、いつまでもその状態でい続けることも空回りと言います。

空回りする原因は、気持ちばかり焦っているから

空回りするのは、気持ちばかり焦っているからです。

たとえば次のようなときは、誰しも空回りしてしまうでしょう。

  • 一発逆転を狙っているとき
  • 人に気に入られるために無理をしているとき
  • 集団の中で居場所を作ろうとしているとき
  • 無理やり元気になろうとしているとき

わかりやすいところで言うと、本当は落ち込んでいるのに、元気そうに振る舞っている人のことを「空回り」、もしくは「空元気」と言いますよね。

気持ちが焦っているだけで現実が伴っていなければ、それは空回りです。

仕事で空回りするのも、やはり焦りが原因

仕事で空回りするのも、気持ちばかり焦っているのが原因です。

仕事で空回りしやすいケースは、次のとおり。

  • キャパオーバーになったとき
  • ミスを挽回しようとしているとき
  • 報連相がうまくいっていないとき
  • 残業や休日出勤に酔っているとき

仕事量や人間関係、あるいは自分自身の状態の影響で、気持ちが焦っているケースですね。

今まさにこのような状況にいるなら、がむしゃらに動こうとせず、まずは冷静になりましょう。

さもなければ、とんでもない失敗(ミス)をしてしまうかもしれませんよ。

空回りする人の10の特徴

では、空回りする人には、どのような特徴があるのでしょうか?

主なポイントをまとめてみました。

頭でっかち(意識高い系)

空回りする人は、頭でっかちです。

つまり情報収集には熱心なのに、実際の行動が伴っていない状態ですね。

最近の言葉でいえば、「意識高い系」になるでしょうか。

情報収集をしすぎて、イメージだけが膨らんでしまう。

すると、理想に到達できない現実を目の当たりにしたくなくて、行動が疎かになってしまいます。

意識が高いのは良いことですが、それが裏目に出るとストレスにしかなりません。

せっかち

空回りする人は、せっかちです。

高い理想を持つのは良いことですが、理想が高ければ高いほど、結果が出るまでには時間がかかるもの。

ところが空回りする人は、短期間で結果を出そうとします。

たとえば数週間でトップ営業マンになろうとしたら、博打のような営業をするしかありませんよね。

そのような一か八かの仕事をしていると、結果が出ず、さらに気持ちが焦ってきます。

せっかちな人の特徴は、次の記事で。

プライド(こだわり)に固執している

空回りする人は、プライドに固執しています。

プライドというよりも、「こだわり」と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

自分の価値観、仕事のやり方、理想的な恋愛など、こだわりがあるのは良いことですが、それを人にも押し付けると問題に。

なかなか思い通りに進まない現実を目の当たりにすると、また気持ちが焦ってしまいます。

プライドの高い性格を改善する方法は、次の記事で。

モチベーションが高すぎる

空回りする人は、モチベーションが高すぎる傾向もあります。

やる気がありすぎる、と言ってもいいでしょう。

たとえば合コンに行ったとき、目立とうとするあまり、過激な言動をしすぎてその場をしらけさせてしまう。

仕事に熱中するあまり、周囲にも厳しく当たったり、自身の目標について延々と語ったり。

モチベーションが上がらない人もいることを思えば贅沢な悩みですが、あまりにも意気込みすぎるのは問題です。

承認欲求が強すぎる

空回りする人は、承認欲求が強すぎる傾向もあります。

承認欲求とは、「人に認めてもらいたい」という気持ちのこと。

具体例は、次のとおりです。

  • 上司や同僚からの評価
  • 彼氏(彼女)からの愛情
  • 結婚生活の充実度
  • 友達からの評判
  • ママ友内での立ち位置
  • SNSのフォロワーやいいね!の数

承認欲求は誰でも持っているものですが、それが強すぎると周囲との摩擦を生みます。

自分が評価されることだけに熱中すると、相手の気持ちが疎かになるからです。

「自意識過剰」になっているとも言えるでしょう。

頑固で柔軟性がない

空回りする人は、頑固で柔軟性がありません。

とにかく結果を出そうと焦っているので、周囲のアドバイスが耳に入らないからです。

もともとは柔軟な性格なのに、焦ったときだけ頑固になる人もいるでしょう。

たとえば営業成績が良くないのに、今までのやり方に固執していると、結果は同じまま。

どんなときでも謙虚でいるのは、本当に大切なことです。

間違い(失敗)を認められない

空回りする人は、間違い(失敗)を認められない傾向もあります。

間違いを認められないからこそ、いつまでもやり方を変えようとしないのです。

たとえば恋愛において、自分の気持ちが好きな人に伝わらなかったときに、「何が足らなかったのか?」と考えるでしょうか?

それとも、「相手の理解が足りない」と思うでしょうか?

もし後者なら、人の気持ちを無視した空回り状態になっているでしょう。

頑張りすぎて周りが見えなくなっている

空回りする人は、頑張りすぎて周りが見えなくなっています。

つまり物事に熱中するあまり、視野が極端に狭くなっているということですね。

ですから、先輩に助言を求めたり、上司に助けを求めたり、親友に相談しようなどという発想にはならないのです。

望む結果が得られないのは、当然といえば当然かもしれませんね。

もっとマイペースでいいのに。

物事の進め方が非効率

空回りする人は、物事の進め方が非効率です。

仕事でいえば、さほど重要ではない業務から手をつけ、最重要事項を後回しにするようなことですね。

たとえば社長の意向をしっかりと確認してからスタートすればいいのに、勝手な解釈で仕事を進めて、あとで全部やり直しになってしまう。

恋愛や地域生活においても、優先順位をつけられないと苦労しますよね。

物事の進め方が非効率であればあるほど、どんどん気持ちが焦って空回りするでしょう。

些細なことにこだわりすぎている

空回りする人は、些細なことにこだわりすぎている傾向もあります。

たとえば「転職したい」と思っているのに、転職会社を選定するところで止まってしまうようなことですね。

もちろん転職会社も大切なのですが、それよりも重要なのは実際の求人を見た上で、希望する業界や年収などを明確にすることではないでしょうか。

自身のこだわりなんて、人から見れば「知らんがな」の世界。

それに気付けない状態が、まさに空回りです。

努力が空回りしている状態を改善する方法

では、どうすれば空回りを改善できるのでしょうか?

できれば努力したぶんだけ、結果を得たいですよね。

主なポイントをまとめてみました。

空回りしていることを自覚する

何をしても失敗したり、周囲から冷ややかな目で見られるようになったら、まずは自分が空回りしていることを自覚しましょう。

自覚しなければ、ずっと空回りしたままですからね。

気持ちばかり焦っているのを認めるなんて、何だか恥ずかしい。

その気持ちはわかりますが、負のスパイラルを脱出するためにも、まず自覚することからはじめてください。

まずは落ち着いて、冷静になる

空回りしていることを自覚したら、次は冷静になりましょう。

深呼吸するだけで冷静になれる場合もあるでしょうし、数週間たってから落ち着く場合もあると思います。

そのときの状態を見極めたうえで冷静になり、客観的な視点を取り戻してください。

ここまで来たら、もう本来の自分です。

長期的な計画を立ててから、短期目標を設定する

最も大切なのは、長期的な計画を立ててから、短期目標を設定すること。

よく見かける自己啓発書のタイトル(1ヶ月で人生を変える)のように、壮大なくせに、曖昧な目標を持っているなら、空回りするのも仕方ありませんよね。

そこで大切なのが、長期的な計画です。

たとえば「3年後にトップ営業マンになる」という計画があれば、今年は最低でもトップ10には入りたいところ。

すると、今月〜今週〜今日のやるべきこと(短期目標)が見えてくるでしょう。

恋愛でも空回りはNG!イタい奴と思われているかも?

さて、それでは次に、空回りしている人に対する世間一般の評価を見ていきましょう。

ここでは、「マイナビ」が行ったアンケートを引用しますね。

恋愛面においても、空回りしている人の印象はあまり良くないようです。

男性が思うモテ努力が空回りしている女性

322名の男性に対して、「モテ努力が空回りしている女性」についてアンケートを取ったところ、次のような回答が得られたそうです。

*回答を一部抜粋

「やせたいーといいながらお菓子を食べている人」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

「男の近くで積極的にボディタッチしているが、嫌がられていることに気づいていない」(27歳/不動産)

「Facebookで自分がきれいに写っている写真ばかりのせる女子」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

引用元:マイナビ

細かいところを見ていないようで、実は男性もちゃんと見ているんですね。笑

モテるための努力が空回りしていたり、さりげないつもりの自己アピールが強烈だったりすると、男性は嫌悪感を抱くようです。

女性が思うモテ努力が空回りしている女性

次に、422名の女性に対して同じアンケートを実施したところ、次のような回答が得られたそうです。

*回答を一部抜粋

「自分のことアピールしようと必死だが、誰も聞いてないという周りの雰囲気に気づいてない」(24歳/商社・卸/営業職)

「みんなにウケようとして自分の自虐ネタを言って、それが痛々しい人」(33歳/その他/事務系専門職)

「やたら【女子力】という言葉を使いたがる。芸能人の休日の過ごし方のようなおしゃれスポットにやたら詳しい」(29歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

引用元:マイナビ

女性は女性に厳しいですね。笑

男性に媚びているような行動は、やはり印象が良くないのでしょう。

「不思議ちゃん」のようなキャラクター設定も、嫌悪の対象になります。

焦らず、冷静になれば、うまくいく

恥ずかしながら、ぼくも空回りすることがよくあります。

仕事が忙しくなったり、考え事が増えると、イライラしやすくなり、家族にもつらく当たってしまいます…。

ですから、焦る気持ちが芽生えたときは、できるだけそれを抑え、ゆっくりと深呼吸。

そうすると気持ちにゆとりが生まれ、不思議なくらい視野が広がります。

いま抱えているトラブルだって、冷静になれば対処できますよ。

焦らなければ、大抵のことはうまくいくのですから。

ミラクリから一言

「焦りは禁物」って至言ですね。

 - メンタル

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【思い込みの激しさを克服する方法】ネガティブな考え方から自由になろう

「思い込みの激しい性格」って厄介ですよね。 その性質をうまく生かせられたら良いのですが、実際はネガティブな思い込みに縛られてばかり。 いつでもフラットな視点を持 …

【自意識過剰を克服】人間関係の苦しみから逃れ、楽に生きる方法

「自意識過剰」って厄介ですよね。 もし自分がそうなら、毎日いろんな被害妄想にとりつかれるでしょうし、周りの誰かがそうなら揶揄の対象になるでしょう。 自意識過剰を …

【精神的に疲れたときの対処法】無理をして体を壊す前に対策を!

仕事や人間関係の問題で、精神的に疲れてしまうときがありますよね。 真面目な人は、落ち込んだときほど「これではいけない!」と自分を奮い立たせ、無理をしてしまいがち …

【プライドが高い性格を直す9つの方法】ネガティブ・プライドは捨ててしまおう

プライドの高い性格に苦しんでいませんか? 過剰なこだわりや自尊心を手放したいのに、なかなかそうできない。 人から意見されると、すぐに攻撃的になってしまう。 素直 …

【運がいい人の10の特徴】幸運になるには「思い込む」ことから!

一度きりの人生、できれば幸運でありたいですよね。 思いがけず良いことに遭遇したり、不思議なめぐり合わせによって大きな仕事が成立したり。 当選確率が数千万分の1と …

【考えすぎる性格を改善する10の方法】悩みやすい人の特徴・悩み方のタイプとは?

頭で考えすぎる性格のせいで、手足が止まっていませんか? すぐに行動すべき場面で、リスクばかりが目につき、動き出すのが怖くなってしまう。 あるいは常に不安や恐怖を …

【精神的に強い人の特徴】メンタルが強い人たちがやっていること、やらないこと

精神的な強さは、生まれつきなのでしょうか? たしかに遺伝的要因もありそうですが、多くの場合は「環境」と「習慣」によって育まれると思います。 精神的に強ければ、い …

【流されやすい人の特徴と改善方法】人の意見に左右される性格と決別しよう!

「また人の意見に流されてしまった…」 そんなストレスを抱えていませんか? 本当はAがしたかったのに、頼み込まれて断れず、Bにしてしまう。 今日はAを食べようと決 …

うつ病で仕事を休職してから、復職するときに注意したいこと

うつ病で仕事を休職したら、いつかは「復職」の時期が来ますよね。 復帰の時期をいつにするか、担当する仕事はどうなるのか、そもそも働いても大丈夫なのかなど、色んな悩 …

マイノリティには強みがある! 嫌われ者の生きる道