恋愛・夫婦・家族

【色気のある男性の12の特徴】大人の色気を身につける方法とは?

「色気のある男になりたい」

男なら、一度はそう思いますよね。

立ち振舞が落ち着いていて、大人っぽくて、男らしい。

同性から見てもカッコいい。

そんな男になるには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、そもそも色気とは?、色気のある男性の特徴、大人の色気を身につける方法などを紹介します。

そもそも「色気」ってなに?

色気とは、異性を引きつける性的魅力のこと。

英語で言うと「セクシー(Sexy)」です。

その人を見ただけでゾクッとする。

カッコいい、近づきたい、触れたい、付き合いたい、と思わされる魅力です。

では、色気のある男性とは?

つまり色気のある男性とは、性的魅力にあふれた男性のこと。

「あの人はフェロモンが出ている」などとよく言われますよね。

そんな人物です。

芸能人で言うと誰?

では、芸能人でいうと色気のある男性は誰でしょうか?

独断と偏見ですが、以下にまとめてみました。

  • 福山雅治
  • 綾野剛
  • 竹野内豊
  • 西島秀俊
  • 菅田将暉
  • 山田孝之
  • 市川海老蔵
  • 中村獅童
  • オダギリジョー
  • ブラッド・ピット

みなさん、色気のある「大人の男」ですよね。

彼らがまとっている色気は、どこから出るのでしょうか?

男の色気はどこから出る?

さて、男の色気はどこから出るのか問題について。

色気を感じる部分は、人によって様々だと思います。

参考例を以下にまとめてみました。

  • 容姿
  • 表情
  • 仕草
  • 立ち振舞い
  • 言葉
  • 生き方

見た目から色気を感じる場合もあれば、表情や仕草から感じる場合もある。

なかには長く付き合うにつれて、生き方そのものに色気を感じる場合も。

いろんなパターンがあります。

色気のある男性の12の特徴

では、色気のある男性とは、どんな人物か。

もう少し詳しく見ていきましょう。

自分に自信がある

色気のある男性は、基本的に自分に自信を持っています。

これは「傲慢(天狗)」ということではなりません。

誰に対しても引け目を感じることのない、堂々とした態度でいるということです。

その男らしさは、性別に関わらず魅力的に映るでしょう。

生き方そのものにも自信がある

色気のある男性は、生き方そのものにも自信を持っています。

いい意味で自己責任の意識が強く、決して人のせいにしない。

今までの成功も、失敗も、恥ずかしい過去も、しっかりと受け止めて糧にしています。

そのスタンスこそが堂々として見える原因でしょうか。

清潔感がある

色気のある男性は、抜群の清潔感があります。

容姿の手入れが行き届いているのはもちろんのこと、性格もさっぱりしていて、快活な印象を与えます。

髪型も、お肌も、服装も、発言も、何もかも。

「人からどう見られるか?」をちゃんと意識しています。

容姿に気を配っている

清潔感とリンクしますが、色気のある男性は容姿に気を配っています。

とくに気をつけている部分は以下のとおりです。

  • ヘアースタイル
  • 体型
  • ファッション
  • 香り

自分はどんな髪型や服装が似合って、人からどう見えているか。

それを常に検証しながら、改善しています。

中でも「香水」選びのセンスは抜群。

自分にあった香りを、程よくまとっています。

人に優しく、気配りができる

色気のある男性は、人に優しく、気配りができます。

女性には、レディーファーストを徹底し、優しく接する。

男性には、尊重の姿勢を徹底していて、対等に接します。

飲み会でも常に気配りをしているので、自然と中心になるでしょう。

このあたりが「大人の男」と言われる所以でしょうか。

どこか余裕を感じる

色気のある男性は、どこか余裕を感じます。

いつもマイペースで、決して焦らない。

男性が必死になりがちな出世競争や、社内評価の面でも落ち着いています。

女性に対しても下心はなく、いつも変わらずレディーファーストです。

結果的に余裕のある男はモテるのですが…。

精神的に落ち着いている

色気のある男性は、精神的に落ち着いています。

これは「感情が乏しい」ということではありません。

喜ぶ時は喜んで、落ち込む時は落ち込みますが、切り替えが早く、決して引きずらないということです。

感情は素直に表現しながら、その時々でちゃんと消化する。

そこにも余裕を感じます。

同性からも人気がある

色気のある男性は、同性からも人気があります。

つまり、女性に対して積極的な「ナンパ」や、女性のみから人気がある「色男」ではないということですね。

性別問わず対等に接するから、自ずと人が集まる。

男友達とバカをやったり、子供じみた遊びもするから、また人が集まってくる。

いわゆる「人たらし」の面があります。

聞き上手

色気のある男性は、かなりの聞き上手です。

人の話を掘り下げたり、本音を引き出すのが上手。

「○○さんには、つい本音を話してしまう」と言われるタイプです。

悩みを相談されたときも、ただただ話したいときも、じっくり付き合ってくれる。

カフェや居酒屋で話を聞いてくれるときもあれば、立ち話に付き合ってくれることもあるでしょう。

そこからも大人の余裕を感じます。

野太い声ではっきり喋る

色気のある男性は、野太い声ではっきり喋ります。

男らしく言い切るような雰囲気があるので、自然と魅了されるでしょう。

彼らが話し出すと、みんなが振り向くぐらいのパワーがあります。

逆にか細い声で、ボソボソ喋ると自信がなさそうですからね。

ミステリアスなところがある

色気のある男性は、ミステリアスなところがあります。

決して秘密主義ではないのですが、最後の最後にわからない部分がある。

交友関係は? 恋人は? 出身は?

何に興味がある? これからの人生設計は?

断片的にしか語らないので、長く付き合うにつれて気になってくるでしょう。

小物にこだわっている

色気のある男性は、小物にこだわっています。

これはぼくの知人の話です。

彼は同僚の女性が泣いていたとき、サッとポケットティッシュを渡しました。

ティッシュは、レザーのカバーに包まれていました。

それを見た女性は、「これ可愛いね」と言い、ほんの少しだけ笑顔を取り戻しました。

一連を見ていたぼくたちが「おしゃれすぎるだろ…」となったのは言うまでもありません…。

男性必見!大人の色気を身につける方法とは?

では、どうすれば色気を身につけることができるのでしょうか?

男性としては、それがいちばん気になるところだと思います。

ここでは、大人の色気を身につける方法を紹介しますね。

体を鍛え、引き締める

色気を身につけるには、体を鍛え、引き締めること。

やはり「ダル〜ン」とした中年太りの体では、色気も何もないですからね。

筋トレ、ヨガ、ランニング、何でも構いませんので、定期的に運動しましょう。

すぐに結果が出るものではありませんが、地道に続けてください。

心に余裕を持つ

色気のある男性になるには、心に余裕を持つこと。

つまり、焦らない癖をつけるということですね。

電車がギリギリなら「次に乗ろう」と切り替える。

もしくは時間に余裕を持って出発し、ゆったりと駅に向かう。

その積み重ねが余裕を生みますよ。

これも一朝一夕ではいきませんが、地道に続けていきましょう。

決して怒らない

大人の色気を身につけるには、決して怒らないこと。

どれだけひどい目にあっても、理不尽な目にあっても、大人として処理してください。

もちろん、些細な失敗や行き違いで怒るなんてもってのほかです。

「怒らない」というスタンスも余裕につながりますよ。

背筋を伸ばし、大きな声で話す

大人の色気を身につけるには、背筋を伸ばし、大きな声で話すこと。

これはとくに説明不要でしょう。

猫背で、ボソボソと喋る男性は色気も何もないですからね。

常に堂々と、男らしく。

「人からどう見えるか?」も意識しましょう。

レディーファーストを心がける

大人の色気を身につけるには、レディーファーストの習慣も欠かせません。

女性そっちのけで必死になる男性は、色気も何もないですからね。

入口も、エレベーターも、食事も、電車に乗り込むのも、女性を先に。

「エスコート」の意識を持てば、何をすべきかわかりますよ。

誰に対しても平等に接する

大人の色気を身につけるには、誰に対しても平等に接すること。

人によって態度を変えたり、興味のある・なしをあからさまに態度に出すのは、子供じみた行為ですからね。

また、社長にはヘコヘコしているのに、新入社員には偉そうにしている男性は、魅力を感じるどころか幻滅だと思います。

性別、年齢、立場に関係なく、同じように接すること。

それも余裕に繋がりますよ。

何事にも真剣に取り組む

大人の色気を身につけるには、何事にも真剣に取り組むこと。

よく考えてみてください。

何かを論じてばかりの評論家や、すかした態度で世の中を斜めに見ている人に色気を感じるでしょうか?

それとも物事に一生懸命取り組んだり、目標を達成しようとしている人に色気を感じるでしょうか?

間違いなく後者ですよね。

日頃の姿勢が大切ですよ。

色気のある男性はやらないNG行動とは?

さて、先ほど大人の色気を身につける方法を紹介しましたが、逆にやらないほうがいいこともあります。

つまり、色気のある男性は絶対にやらないNG行動です。

具体例を以下にまとめてみました。

  • 筋肉自慢をする
  • 武勇伝を語る
  • 香水をふりまくる
  • ナルシスティックな仕草
  • 女性関係にだらしない
  • 自分の話ばかり

色気を勘違いして、肉体美を自慢したり、武勇伝を語って自分を大きく見せようとしたり。

または自分に酔った態度ですね。

このような行動をすると、逆に「色気のある男」から遠ざかりますよ。

大人の色気を身につけてモテメンに!

色気のある男は、間違いなくモテます。

異性からも同性からもモテます。

個人的に重要だと思っているのは、「余裕」ですね。

決して動じないあり方、冷静で落ち着いた言動、レディーファースト…などです。

余裕がある男は、同性から見てもカッコいいですからね。

ぜひ大人の色気を身につけて、モテメンになってください!

*「聞き上手」になりたいと思いませんか?

ミラクリから一言

「余裕がある = 器の大きさを感じる = 色気すげぇ」の黄金リレー。

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-恋愛・夫婦・家族

Copyright© ミラクリ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.