自己分析

【恋愛したいのに好きな人ができない】その理由とは?好きな人を作るためにやることとは?

「恋愛したいのに、好きな人ができない…」

「好きな人ができない自分はおかしいのだろうか…?」

そんな悩みがあると、辛いですよね。

好きな人は無理して作るものではありませんが、家でじっとしていてできるものでもありません。

では、どうすればいいのでしょうか?

今回は、好きな人ができない原因、好きな人の作り方、好きな人がほしい時にやらないほうがいいことなどを紹介します。

目次

「恋愛はしたい。でも好きな人ができない」という悩み

「恋愛はしたい。でも好きな人ができない」

その悩みはかなり辛いと思います。

そもそも恋愛に興味がないのではなく、「欲しいのにできない」のですから。

冒頭でも言ったように、好きな人は無理して作るものではありませんが、家でじっとしていてできるものでもありませんよ。

じっくり探していきましょう!

好きな人ができない理由

好きな人を作る方法にいく前に、まずは好きな人ができない原因を明らかにしましょう。

あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

出会いがない

好きな人ができない理由としてよく聞くのが、「出会いがない」です。

自宅と会社を往復するだけの毎日であるとか、非社交的であるため飲み会などには顔を出さないとか、細かい理由は人それぞれでしょう。

ただ、「出会いがない」にはちょっとしたニュアンスの違いがあって、そもそも異性との出会いがないという場合もあれば、意中の異性がいないという場合もあります。

いずれにしても、出会いがなければ好きな人はできませんよね。

異性との関わりがない

異性との関わりがないのが原因で、好きな人ができないケースもあります。

たとえば男子校(女子校)に通っているとか、女性ばかり(男性ばかり)の職場で働いている場合ですね。

異性との関わりがなければ、異性との接し方さえも忘れてしまうもの。

そんな状態で好きな人を作るのは至難の業です。

忙しすぎて時間がない

忙しすぎて時間がないから好きな人ができないケースもあります。

言い換えると、「好きな人を作るだけの時間的・精神的余裕がない」ですね。

仕事が忙しすぎて、毎日朝から深夜まで働いてばかり。

出張が多いとか、休日がほとんどないとか、人それぞれの理由があるでしょう。

時間的・精神的な余裕がなければ、恋愛に意識を向けることさえできないものです。

そもそも恋愛に意識が向いていない

「好きな人が欲しい」と言いながら、本当は恋愛に意識が向いていない場合もあります。

つまり、本当はそこまで恋愛に興味がないということですね。

今は恋愛よりも大事なものがある。

仕事、趣味、スポーツ、副業など。

寝食を忘れるほど熱中しているものがあると、恋愛はどうしても後回しになってしまいます。

「恋愛=面倒」という考え方

「恋愛=面倒」と考えていると、好きな人はなかなかできません。

出会って、関係を温めて、少しずつ距離を縮めて、告白して、OKをもらう。

それから付き合って、さらに関係を深めていく。

そのプロセス自体を面倒なら、好きな人を作ろうとしても無意識が拒否してしまいます。

理想が高すぎる

理想が高すぎる場合も、好きな人はなかなかできません。

つまり出会いはあるのに、「お眼鏡にかなう人がいない」ということですね。

イケメン(美女)がいい、年収の高い経営者がいい、いわゆる「ハイスペ」がいいなど。

理想が高ければ高いほど一般水準では満足できませんから、好きな人を作るハードルは上がります。

恋愛に対して臆病になっている

恋愛に対して臆病になっている場合も、好きな人はなかなかできません。

たとえば過去の恋愛がトラウマになっているとか、根深いコンプレックスを持っている場合ですね。

「またひどい振られ方をするのではないか…」

「自分なんかが愛されるわけがない…」

心でそう思っていると、無意識に異性を遠ざけてしまいます。

好きな人が欲しい!好きな人を作るためにやること

さて、好きな人は無理して作るものではありませんが、「好きな人が欲しい」と思っているなら、頑張りたいですよね。

どうすれば好きな人ができるのでしょうか?

ここでは、その方法を解説します。

「マイペースに探す」というスタンスにする

まずは、好きな人は「マイペースに探す」というスタンスを持ちましょう。

焦りは禁物ですよ。

焦れば焦るほど無理やり誰かを好きになろうとして空回りしたり、いい感じになった人にしつこく連絡してしまったりするからです。

そして好きな人ができない自分を責めてしまうからです。

何度も言いますが、好きな人は無理して作るものではありません。

時間をかけて探した結果、ふと現れるものですから。

恋愛にまつわる作品に触れて、恋愛脳になる

好きな人を作るには、恋愛モードになることも大切です。

恋愛にまつわる作品に多く触れて、恋愛脳になってください。

こんな経験はありませんか?

何かを買おうと決めた途端、いつもの帰り道でその広告ポスターを見かけたことが。

そう、今どんな情報を取得するかは、全て脳が決めているのです。

映画、小説、ドキュメンタリーなど、何でも構いません。

できればハッピーなものを観て恋愛モードになれば、出会いや恋愛に関する情報がどんどん飛び込んできますよ。

「好きなタイプ」を考えてみる

好きな人を作るには、自分の好きなタイプを考えてみるのも重要です。

どんな性格で、どんな容姿がいいのか。

自分に対してどう接してくれる人がいいのか。

具体的にイメージしてみましょう。

もちろんそのタイプに出会えるとは限りませんが、タイプを知っておくのと、知らないのとでは、出会うスピードが大きく変わりますよ。

トキメキに蓋をせず、素直になる

好きな人を作るには、トキメキに蓋をせず、素直になることも大切です。

つまり、「ありのままの気持ちを大切にする」ですね。

たとえば街で見かけたアクセサリーを「かわいい!」と思ったのに、自分には似合わないと諦める。

「この仕事をやりたい!」と思ったのに、不相応だと思って人に譲る。

そんなことをくり返していると、次第にトキメキ自体を失っていきます。

思い出しましょう、子供の頃のような純粋な好奇心を。

人にどう思われようが、過去の経験がどうであろうが、いいじゃないですか!

出会うための時間を作る

好きな人を作るために、出会うための時間を作りましょう。

これ、意外と重要ですよ。

「出会いがない」「時間がない」と言う人は、意外と出会う時間を作っていない場合が多いからです。

異性との出会いには時間が必要です。

飲みに出かけたり、コンパに参加するのもそう。

いい感じになった異性と食事に出かけるのもそうですからね。

「恋愛したい」と周りに話す

好きな人を作るためには、周りのサポートも欠かせませんよ。

「恋愛したい」と周りに話しましょう。

「彼氏(彼女)いらないタイプ」と思われていたせいで、異性が寄ってこなかった可能性もあるからです。

恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出してください。

こまめに恋愛への興味を語っていれば、身近な人が友達を紹介してくれるかもしれませんよ。

恋愛中の人や、既婚者と過ごす時間を増やす

好きな人を作る方法として効果的なのは、恋愛中の人や、既婚者と過ごす時間を増やすこと。

これは「経験談を聞く」というより、その人達の雰囲気を感じるのが大切なんです。

恋愛中の人は、彼氏(彼女)とどう接していて、どれくらい幸せそうなのか?

既婚者は、夫(妻)とどう暮らしていて、どんな未来を見ているのか?

それをじっくり観察すれば恋愛のモチベーションは上がりますし、好きな人を作るために必要なことも見えてきますよ。

身近な人との関わりを増やす

好きな人を作るために、見落としがちな部分があります。

それは身近な人。

仕事の同僚、同期、幼なじみ…誰でも構いません。

今まで恋愛対象外にしていた人との関わりを増やせば、意外な魅力に気づくかも知れませんよ。

そう、出会いはすぐそこにあるかもしれないのです。

積極的に出会いの場に顔を出す

好きな人が欲しいときは、恥ずかしがらずに出会いの場に顔を出しましょう。

出会いの場の参考例は以下のとおりです。

  • バー
  • 合コン
  • 街コン
  • 婚活パーティー
  • 相席居酒屋
  • マッチングアプリ

合コンや婚活パーティーは「肉食」「結婚前提」のような前のめりな人も多いため、まずはバーの常連客に話しかけるのもひとつです。

ちなみに相席居酒屋は「女性=完全無料」の場合が多いので、偵察程度に行ってみるのもいいと思いますよ。

知り合いに紹介してもらう

「好きな人は欲しいのに出会いがないし、出会う方法も分からない…」

そんな場合は、知り合いに異性を紹介してもらいましょう。

知り合いが紹介してくれる人は「いい人」である場合が多いですし、相性も考えた上で紹介してくれる可能性が高いですからね。

恋愛に発展しなかったら気まずいと思うかもしれませんが、ちゃんと理由を説明すれば大丈夫ですよ。

好きな人が欲しい時にやらないほうがいいこと

さて、ここまでは好きな人を作る方法について解説してきました。

では逆に「やらないほうがいいこと」ってあるのでしょうか?

結論から言うと、あります。

ここからは、好きな人が欲しいときのNG行動を紹介しますね。

出会いを諦める

好きな人が欲しいなら、絶対に出会いを諦めないでください。

先ほども説明したように、脳が恋愛モードになっていなければ、出会いや恋愛に関する情報をキャッチすることはできないからです。

「どうせ私なんか…」

「出会いなんかあるわけがない…」

そんな自己卑下もやめましょう。

自信のなさは人に伝わるからです。

「声かけづらいオーラ」を出す

好きな人が欲しい時ほど、人との関わりが大切。

となると、「声かけづらいオーラ」を出すのは逆効果ですよね。

仕事場でキャラを求められる場合もあるでしょう。

強い女キャラ、仕事がデキる男キャラ、ストイックキャラ…など。

そういったキャラをまとっていると、気軽には声をかけられないものですよ。

常に笑顔で、柔らかい雰囲気で。

「恋愛なんかしたくない」と強がる

好きな人が欲しいなら、やけっぱちになって「恋愛なんかしたくない」と強がるのもやめましょう。

その言葉を真に受けられたら、「彼氏(彼女)いらないタイプ」のレッテルを貼られるからです。

好きな人が欲しい。

ドキドキしたい。

恋愛したい。

その素直な気持ちを、素直に表現してください。

失恋・別れ・離婚にまつわる作品ばかり観る

好きな人が欲しいなら、変に現実的になるのもやめましょう。

失恋、別れ、離婚にまつわる作品ばかり観ることです。

悲しい恋愛映画を観ると、「失恋で傷つきたくない…」と思います。

悲運の物語を読むと、「世の中、幸せな結婚ばかりじゃない…」と思います。

その影響で現実的になると、無意識に恋愛を遠ざけてしまいますよ。

寂しさを埋めるためだけに異性と関係を持つ

好きな人が欲しいなら、寂しさを埋めるためだけに異性と関係を持つのもやめましょう。

いわゆる「適当な関係」「一夜限りの関係(ワンナイトラブ)」ですね。

よく言われることですが、適当な異性と関係を持ったとしても、温かいのは一瞬だけ。

あとは虚しくなるばかりです。

自分を値下げする癖がつくと、自己肯定感も下がりますよ。

異性を減点方式で見る

好きな人を作りたいなら、異性を減点方式で見るのはやめましょう。

これ、本当に多いです。

人付き合い上手や恋愛上手は、相手を加点方式で見ます。

つまりゼロからスタートして、「優しい=+10点」「気が利く=+10点」などと加点していくパターンですね。

逆に人付き合い下手や恋愛下手は、「年収が低い=−10点」「話が合わない=−10点」と減点していきます。

前者は相手を好きになる一方ですが、後者はすぐに嫌い(もしくは恋愛対象外)になります。

右肩上がりに人を好きになる癖をつけましょう。

自信過剰になる

好きな人を作りたいなら、自信過剰になるのもやめましょう。

自信を持つのはいいことです。

でも、「俺には○○くらいの女じゃないと」「私にふさわしいのは○○な男」の状態になると、その傲慢さは相手に伝わりますよ。

自信過剰で、傲慢な人に好印象を持つ人は少ないですからね。

「白馬の王子様」に期待する

好きな人が欲しいと言いながら、「白馬の王子様」に期待するのはやめましょう。

つまり、どこからともなく素敵な異性が現れて映画のような恋愛をする、という妄想ですね。

白馬の王子様に期待すると、行動力が低下します。

だって魅力的な異性が現れて、しかも自分を好きになってくれるのを待っているのですから。

異性と出会うためには、常にアンテナを張り、飲み会などに出かけて、人と会話する。

そのくり返しが重要ですよ。

好きな人ができない自分を責める

好きな人がなかなかできないからといって、自分を責めるのもやめましょう。

好きな人は、欲したからってすぐにできるものではありません。

それは誰だってそう。

たとえモテたからって、自分に好きな人ができるとは限らないのです。

ですから、マイペースを忘れずに。

周りが恋愛していても、結婚しはじめても、自分にもチャンスがあると信じてじっくり探しましょう。

男性目線で解説!話しかけやすい女性の特徴とは?

さて、好きな人を作るためには、異性との出会いが重要です。

ということは、「話しかけやすい人物」であることが大切ですよね。

ここからは女性に限った話になります。

男性は、どんな女性なら話しかけやすいのでしょうか?

以下にまとめてみました。

  • 笑顔が多い
  • 清潔感がある
  • オープンで柔らかい雰囲気がある
  • 目を合わせてくれる
  • ノリがいい
  • 発言がポジティブ
  • 自信がある
  • 好奇心がある
  • どこか天然で、隙がある
  • 気遣いができる

このいずれか、もしくは複数を備えている女性は、話しかけやすいですよ。

これを逆にすると以下になります。

  • ムスッとしている
  • 清潔感がない
  • 閉ざした雰囲気がある
  • 目を合わせない
  • ノリが良くない
  • 発言がネガティブ
  • 自信がなく、おどおどしている
  • 好奇心がない
  • 自立していて、隙がない
  • 気遣いができない

このような女性には話しかけづらいです。

もちろん、男性も同じですが…。

男性・女性の「脈ありサイン」を見逃さないで!

さて、異性と出会うところまでいったら、次は恋愛に発展するかどうかですよね。

その段階までくると、「脈ありサイン」を見抜くのも重要になってきます。

自ら人を好きになる場合もあれば、相手の好意に気づいて惹かれるパターンもあるからです。

好きな人にとる態度は、以下で詳しく解説していますよ。

自分の気持ちに素直になれば、好きな人は見つかる

ぼくの経験上、好きな人ができない人は、自分の気持ちに蓋をしている場合が多いです。

誰かにときめいたのに、「自分なんかが…」と思ってすぐにその火を消す。

それをくり返すと、トキメキ自体を失っていきますよ。

まずは自分の気持ちに素直になる練習をしてください。

好きなものは好き、イヤなものはイヤ。

欲しいものは欲しい、いらないものはいらない。

素直になれば、好きな人は見つかるはずです!

*男女問わず、「聞き上手」はポイント高いみたいですよ。

ミラクリから一言

好きな人は、意外と身近にいるかも。

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-自己分析

Copyright© ミラクリ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.