ミラクリ

鬱から成功するブログ

【フリーランス】売上ゼロ・月収ゼロになったときのリアルな体験談

フリーランス(個人事業主)として生きていくのは、大変です。

会社員なら、仕事量の多い少ないに関わらず給料をもらえますが、フリーランスはそうはいきません。

何らかの成果物を納品しなければ、売上と収入が得られないからです。

ぼくは2014年にうつ病をきっかけに会社を辞め、フリーランスになりました。

無収入に苦しんだ時期もありましたが、いろんな仕事にチャレンジしたおかげで、何とか生計を立てられるように。

ところがあるとき、「やりたくない仕事」をお金のためにやっている状況に嫌気が差し、仕事をイチから立て直すことにしたのです。

それからしばらくは、また苦しい無収入期に突入しました。

今回は、売上ゼロ・月収ゼロになったフリーランスのリアルな体験談を紹介します。

スポンサーリンク

やっと稼げるようになった仕事を、突然やめた

独立1年目は、とにかく右往左往していました。

うつ病をきっかけに会社を辞めたため、どんな仕事をして、どんな顧客と取引して、どのように生計を立てるのか、という計画が全く無かったからです。

しばらくは無収入同然の生活が続きましたが、いろんな方が声をかけてくださったお陰で、何とか生活費くらいは稼げるようになりました。

ただ、「お金のために働く状況」に少しずつ違和感を覚えるようになったのです。

贅沢な悩みだと思うかもしれませんが、お金のために我慢をするなら、会社員のほうが良いですからね。

独立1年目はお金のために働いた

独立1年目は、とにかくお金のために働きました。

独身ならまだしも、ぼくには妻も子供もいますので、生活費だけでも稼ぐ必要があったからです。

いろんな不安を抱え、失敗もたくさんしましたが、良い経験にはなったと思います。

ちなみに独立1年目は、次のようなビジネスをやっていました。

  • スニーカーの輸入販売
  • 化粧品の卸売業
  • フィギュア・CD等のネット通販
  • ブログ運営

この中で唯一好きな仕事といえるのは「ブログ運営」のみ。

ほかは「稼げる仕事」という感じですね。

仕入れて売る形のビジネスは効率的にお金を稼げますが、在庫調整に手間がかかったり、供給の問題があったり、実は不安要素も多い。

この分野で稼いでいる人たちを尊敬しつつも、ぼくは徐々に苦痛を感じるようになりました。

ぼくにとっては楽しくなかったからです。

収入ゼロの時期は、不要品を売ったり、単発の仕事で稼いでいました。

独立2年目は好きな仕事をやりたい

独立1年目は、無収入の時期がありつつも、終盤には何とかお金を稼げるようになりました。

そこで2年目に向けて、仕事を整理してみたのです。

今までやってきた仕事は、「スニーカーの輸入販売」「化粧品の卸売業」「フィギュア・CD等のネット通販」「ブログ運営」の4つ。

この中で本当にやりたい仕事はどれか?を考えました。

そしてさらに、他にやりたいことはないのか?も考えてみたのです。

考え抜いた結果、これからやるべき仕事はこの3つだ、という結論になりました。

  • 化粧品の企画
  • ライター業
  • ブログ運営

輸入販売やネット通販はやめることにしたのです。

でも、問題は収入のこと。

収入の90%はそれらの仕事から得ていましたので、やめた途端に無収入になる。

それはもう明確にわかっていることでした。

でも、フリーランスなら好きな仕事をやりたい。

自由だからこそ、全てを自分で決められる立場だからこそ、好きなことだけをやりたい。

そんな思いは日増しに強くなっていきました。

仕事をシフトしてから3ヶ月間は売上ゼロ!

それまでお世話になった方々にも事情を説明し、輸入販売やネット通販をやめることにしました。

それからの3ヶ月間は、予想通りというべきか、売上がゼロ。

また無収入に逆戻りです。

厳密に言えばブログの広告収入はありましたが、いわゆる「プロブロガー」とか、「アフィリエイター」と呼ばれる人たちとは違い、それだけで生活できるようなものではありません。

収益レベルとしては「お小遣い程度」といったところでしょうか。

お金が無いときは、いろんな心配に襲われ、絶望的な気持ちになるものですが、何とか前を向いて新しい仕事に取り組みました。

とはいえ、新しい仕事のオファーはまだありません。

お金に対する不安&孤独との戦い

売上ゼロ、収入もゼロの苦しい状況のなか、「また輸入販売をしてみたら?」「これを売ってみない?」というお話をいただきました。

心が揺れ動きましたが、そこはグッと我慢。

お金のための仕事をやり始めたら、また元の生活に逆戻りすると思ったからです。

ところが、新しい仕事のオファーはまだありません。

いつになったら仕事をもらえるようになるのか。

文章を書く仕事をするなんて、無理なんじゃないのか。

そんな自問自答を繰り返すうちに、自暴自棄になることが頻繁にありました。

お金に対する恐怖と孤独感。

この2つは本当に強烈だと思います。

家族にも申し訳ない気持ちでいっぱいだった

家族に対しても、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

もっと器用に「お金になる仕事」をやりつつ、「好きな仕事」に取り組めばよかったのですが、残念ながらぼくにはそんな器用さがありません。

ですから、全てをなげうってでも、思い切ってシフトチェンジするしかなかったのです。

たとえ無収入になったとしても。

化粧品を企画したり、文章を書いたりするのは、そこまでの投資を必要としません。

それだけが救いでしたが、生活費などでお金はどんどん飛んでいきます。

妻や子供たちを心配させまいと、できるだけ明るく見せていましたが、心のなかはブルブル震えていました。

経理をやってくれている妻も気丈に振る舞っていましたが、本当はお金の心配があったと思います。

目標と子供の絵を壁に貼り、仕事に励む日々

何としてでも、結果を出さなくてはいけない。

そう考えながら、毎日仕事に励みました。

化粧品の立ち上げを考えている人に企画案を提出し、ブログを書く。

そうすることで仕事を獲得しようと考えましたが、なかなか成果はでません。

不安や恐怖と闘いつつ、それでも目標を忘れないようにと、仕事部屋には目標を書いた紙を貼りました。

目標だけではなく、やりたいこと、やるべきこと、目標、ビジョン、強みなどを書き出し、それを子供の絵と一緒に貼り付けたのです。

目標を見て奮い立ち、子供の絵を見て癒される。

それの繰り返しでした。

子供の絵にはずいぶん救われました。

ありがとう。

3ヶ月の無収入期を乗り越えて、仕事が回り始めた

それから3ヶ月が経ち、運よく状況が好転しました。

おかげさまで化粧品の企画の仕事がいくつも入り、ライター業のオファーもくるようになりました。

化粧品の企画は主に海外向け。

ライターの仕事は、主に国内メディアや企業のコンテンツマーケティングが多いですね。

WEBライターにもチャレンジした。

人のつながりに感謝した

2度の無収入期を乗り越えて、今でもフリーランスでいられるのは人さまのおかげです。

ぼくの力だけではどうしようもありません。

今は良くても、来月にはどうなるかが読めないのがフリーランスですが、少なくとも今は充実しています。

会社員のときのように、うつ病になるほどストレスを抱えることもありません。

もっと華々しいフリーランス人生なら良かったのですが、ぼくの場合は「着実」「堅実」という言葉が合うようです。

お金を稼ぐこと自体はそれほど難しくありませんが、「誰かの役に立ちながら、お金を稼ぎ続けること」は難しい。

そう実感しています。

ただ、これといった才能がなくても、人とのつながりを大切にすれば、フリーランスとしてやっていける。

フリーランスは、希望のあるワークスタイルだと思います。

フリーランスに関する記事はまだまだあります

将来が保証されていないフリーランスに、悩みはつきものですよね。

今まさに独立を検討している人もいるでしょう。

次の記事もぜひ参考にしてください。

ミラクリから一言

あーしんどかった。

 - フリーランス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

月20日間も孤独! ひとりで仕事する人が教える「ぼっち」の重要性

    久しぶりに過去3ヶ月間のスケジュールを解析してみました。 すると月に「20日間は孤独に仕事」をしており、残り「10日は会食・打ち合わ …

チームラボ:猪子寿之の極論(後編) この世に天才はいない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …

VANQUISH代表:石川涼氏の「空気を読まず、時代を創る」考え方がスゴイ!

  メンズファッションブランドの「VANQUISH」を運営する「株式会社せーの」代表の「石川涼」さんがとにかくスゴイので紹介します。  

その道20年以上の作家に聞いた「好きなことを仕事にする」ということ

「大好きなデザインの仕事で食べていきたいのですが、不安ばかり大きくなっています。どうすれば踏み出せるでしょうか?」 こんなメッセージをいただきました。ありがとう …

「マーケット感覚」を身につけた ”ヒヨコ” に会ったら、スゴすぎて絶句した。

    ちきりんさん(@InsideCHIKIRIN.)の「マーケット感覚を身につけよう」を読み始めました。 この記事を書いてる時点で1/3 …

本田圭佑:プロフェッショナル仕事の流儀:この世に天才などいない

  サッカー日本代表でACミラン所属の本田圭佑選手が「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演されていました。 そこで語ったイタリア移籍の裏側や、苦難の中 …

「自分探し」の旅から脱出せよ(前編)|紀里谷和明、蜷川実花

  「自分探し」という言葉が流行しています。「自分らしく」あるために「本来の自分を探す」というもので、自分はそこに存在するのに「別の自分を探す」という …

【フリーランスになるメリット・デメリット】会社員との違いも解説

会社に属さず、好きな仕事を手がける人のことを「フリーランス」と呼びます。 フリーランスには、仕事量や報酬を自分で決められるメリットがあるものの、収入が不安定にな …

【フリーランスとは何か?】個人事業主との違いは職種にあった

株式会社や合同会社を設立せず、個人で事業を営む人のことを「個人事業主」と呼びます。 ときには「自営業者」と呼ばれることもありますが、最近では「フリーランス」とい …

「プロになる人、なれない人の違い」って、実は簡単なことでした。

    イラストレーターとして独立している人、起業家として成功している人、会社員として充実した仕事をしている人、そんな方々とお付き合いしてい …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です