自己投資

自己啓発セミナーとは?洗脳される?気持ち悪い?正しいセミナーの選び方を紹介

自己啓発セミナーってどんなイメージですか?

「自分を高められる有益な集い」という意見もあれば、「洗脳される」「気持ち悪い」といった意見もあります。

一部の人には、多くの人が熱心に学ぶ姿が宗教っぽく映るのでしょう。

自己啓発セミナーには、有益なものと、そうでないものがあります。

言い方は悪くなりますが、なかには「悪徳」といって差し支えないものもあります。

自分にあった自己啓発セミナーを見つけるためにも、セミナーの正しい選び方を知っておきましょう。

今回は、自己啓発セミナーの意味や正しい選び方などを紹介します。

この記事の要点

  • 自己啓発セミナーはグループセラピーの一種
  • 自己啓発セミナーが批判される理由は「怪しい」「人間関係を壊す」など
  • 役に立つ自己啓発セミナーは学べる内容が明確

目次

自己啓発セミナーとは?

自己啓発セミナーって、どんなものかご存知ですか?

なんとなくのイメージはあっても、言葉で説明するのは難しいのではないでしょうか。

というわけでまずは、自己啓発セミナーの意味を紹介しますね。

実力者やメンタルコーチが主催するグループセラピーの一種

自己啓発セミナーは、実力者やメンタルコーチが主催するグループセラピーの一種です。

自己啓発は、もともと1960年代に、アメリカのベトナム帰還兵の社会復帰プログラムとして開発されたと言われています。

それを企業が応用したり、受講者が広めたりして、徐々に社会に浸透しました。

自己啓発セミナーは、第三者の力を借りて自己を高める手法のひとつです。

*「そもそも自己啓発ってなに?」は、以下のページで解説していますよ。

「自己啓発セミナーは洗脳される、気持ち悪い」という意見がある

「自己啓発セミナーは洗脳される、気持ち悪い」という意見を聞いたことはありませんか?

または自己啓発セミナーの映像を見て、そう感じたことはないでしょうか?

自己啓発セミナーがグループセラピーの一種だとしたら、決して怪しくはないのですが、なぜそういったイメージがあるのでしょうか。

これから解き明かしていきましょう!

自己啓発セミナーが批判される理由

ここからは、自己啓発セミナーが批判される理由を紹介しますね。

主な意見をまとめてみました。

単純に怪しいから

「自己啓発セミナーは単純に怪しいから」という意見がありました。

先ほども言ったように、多くの人が熱心に何かを学ぶ姿は奇妙に見えるのでしょうね。

自己啓発セミナーの中には、「引き寄せ」「宇宙」「本当の幸せ」といった言葉を多用するものもあり、カルトっぽく見えるのは否めません。

参加している人が気持ち悪いから

「自己啓発セミナーに参加している人が気持ち悪いから」という意見もありました。

カルトっぽい雰囲気の中で、嬉々としている人たち…。

それも奇妙に見えるのでしょうね。

また、自己啓発に熱心な人は情報発信にも熱心で、SNSやブログで「引き寄せ」「感謝」といったワードを多用します。

それも奇妙に映る原因でしょう。

高額だから

「自己啓発セミナーは高額だから」という意見もありました。

自己啓発セミナーの中には、たしかに高額なものもあります。

(*世界NO.1コーチと言われるアンソニー・ロビンズ氏のセミナーは、6日間で70万円ほどです。)

高額なだけならまだしも、セミナーで得られる知識が不明確だったすると、「怪しい」「騙される」というイメージになるのでしょう。

最終的にネットワークビジネスに誘われるから

「自己啓発セミナーに行くと、最終的にネットワークビジネスに誘われるから」という意見もありました。

実はぼくにも経験があります。

知人に誘われて無料セミナーに行ったのですが、ある程度時間がたった頃に、「成功者を目指しましょう」と言われて入会を勧められました。

ネットワークビジネスと自己啓発は、親和性が高いです。

宗教団体の洗脳にあうから

「自己啓発セミナーに行くと、宗教団体の洗脳にあうから」という意見もありました。

先ほどのネットワークビジネス同様に、自己啓発セミナーで宗教を勧められる場合もあります。

主催者が入会している宗教や、主催者自身が教祖になっているものです。

「宇宙」「大地」「エネルギー」などの言葉を多用し、なかには破滅的な思想を持った団体もあります。

人間関係を壊す原因になるから

「自己啓発セミナーは人間関係を壊す原因になるから」という意見もありました。

自己啓発セミナーにハマってしまい、知人から借金したり、高額商品を売りつけるようになった。

自己啓発セミナーの教えを盲信するあまり、人にも同じ生き方を強要するようになった。

そのような行動は人間関係を壊す原因になります。

自己啓発セミナーにハマって地獄をみた人を知っているから

「自己啓発セミナーにハマって地獄をみた人を知っているから」という意見もありました。

知人に破滅した人がいると、自己啓発セミナーの怖さをリアルに感じるのでしょう。

ぼくの知人の例をあげます。

ネットワークビジネスと連動したセミナーに参加し、勧められる商品を片っ端から購入した人がいました。

彼は次第に数十万円の在庫を抱えるようになったのですが、それでも「成功」を目指して嬉々としています。

しかし商品はなかなか売れず、かさむ出費に焦った彼は、強引な物売りになりました。

最終的に彼はお金と人間関係の両方を失ったのです。

*自己啓発が嫌われる理由は、以下のページでも解説していますよ。

役に立つ自己啓発セミナーとは?学べる内容が明確

さて、ここまでの内容でちょっとビビらせてしまいましたね。笑

自己啓発セミナーに興味のある方、ここで尻込みしないでください。

いい自己啓発セミナーもありますから!

役に立つ自己啓発セミナーの特徴は、「学べる内容が明確」であることです。

主な例を紹介します。

営業力セミナー

営業力セミナーは、かなりためになりますよ。

人あたりや第一印象を改善するものもあれば、効果的な集客や成約方法を教えるものもあります。

営業手法は営業マンや業界によって千差万別なので、何かしらのヒントがあるでしょう。

マーケティングセミナー

マーケティングセミナーも参考になります。

マーケティングとは、トレンドを理解し、商品開発や企画に活かすこと。

流行りをキャッチし、アレンジする手法を体系的に教えてくれますよ。

企画や集客に関わっている人にはためになるでしょう。

目標達成術セミナー(PDCA)

目標達成術セミナー(PDCA)もおすすめです。

目標を立てても、三日坊主で終わってしまう…。

そんな人向けのセミナーです。

目標を達成するためにやるべきことを、日々の行動まで落とし込み、定期的にチェックする

「PDCA」を体系的に教えてくれますよ。

ライティングセミナー

ライティングセミナーもおすすめです。

ライターを目指す人にはもちろんですが、伝わりやすいメールの書き方や、SNSやブログへの投稿の仕方を知りたい方にもいいですよ。

今は誰もがそれなりに長い文章を書く時代ですから、ライティングスキルを持っておくに越したことはありません。

SEO・サイト運営セミナー

サイト運営をしているなら、SEO・サイト運営セミナーもおすすめです。

アフィリエイトやブログ収益を基盤に、独立する人が珍しくない時代になりました。

Google検索に最適化する方法を学べば、安定的な集客が確保できますよ。

その他、速読・婚活・起業・コーチングなど

役に立つセミナーは他にもあります。

多いテーマは、速読、婚活、起業、コーチングあたりですね。

テーマがはっきりしているセミナーは、深堀りされた知識を学べる可能性が高いですよ。

同じ志を持った人の勉強会、読書会、朝活などもある

一般的なセミナーとは違いますが、同じ志を持った人の集まりに行くのも自己啓発のひとつです。

たとえば勉強会、読書会、朝活などですね。

こういった集いはカフェ代のみ実費で、参加費は無料であることが多いですし、同じ志を持つ知人がいれば騙される可能性も低いです。笑

まずは集団の自己啓発に慣れる、というのもありですよ。

悪徳かもしれない自己啓発セミナーとは?学べる内容が不明確

役に立つセミナーがわかったら、「怪しい」「悪徳かも?」のセミナーも知りたくないですか?

自己啓発セミナーを選ぶ際に気をつけたいですからね。

悪徳かもしれない自己啓発セミナーの特徴は、「学べる内容が不明確」であることです。

主な例を紹介します。

成功者になるセミナー

「成功者になるセミナー」は気をつけたほうがいいでしょう。

お金持ち、時間的に自由な人、家族と幸せに暮らす人、毎日を楽しく生きる人…。

成功者の定義は人によって様々です。

ところがこういったセミナーでいわれる成功者は、「年収○億円のお金持ち」であることがほとんど。

グレーな方法を用いて、短期間で稼ぐ方法を、ざっくり教えられる可能性があります。

本当の自由を手に入れるセミナー

「本当の自由を手に入れるセミナー」も気をつけたほうがいいでしょう。

時間を自由に使える、金銭的に困らない、心にリミッターがない…など。

本当の自由の定義は人によって様々です。

ところがこういったセミナーでいわれる本当の自由は、「年収○億円のお金持ち」であることがほとんど。

こちらもグレーなやり方で稼ぐ方法を、ざっくり教えられる可能性があります。

幸せを引き寄せるセミナー

「幸せを引き寄せるセミナー」も注意したほうがいいでしょう。

自己啓発の分野では、「思考は現実化する」とよく言われます。

目標を強くイメージすると、達成に必要な情報が目に飛び込んでくるようになり、必要なことが目の前に現れると。

そういった理論から「引き寄せ」という言葉がよく使われます。

精神的な救済にはいいかもしれませんが、スピリチュアルな内容に終始する場合が多いです。

月収○百万円稼ぐセミナー

「月収○百万円稼ぐセミナー」も注意しましょう。

不況と言われる今の時代、「稼ぐ」ほど魅力的なワードはありません。

ただ、「稼ぐ」を全面に押し出すセミナーは、グレーなやり方で稼ぐ方法を、ざっくり教えられる場合が多いです。

ひどいケースになると、「これ以降はこちらの教材にまとめています」といって購入を促されることも。

つまり主催者は「稼ぐ」というワードを使って自分自身が稼いでいる、もしくは言い方は悪いですが、参加者から搾取している可能性があるのです。

内容に見合わないくらい高額なセミナー

「内容に見合わないくらい高額なセミナー」にも気をつけてください。

たとえばふわっとした内容なのに、数万円もするセミナー。

具体的なことは何も書かれていないのに、数十万円もする合宿などですね。

気をつけてほしいのは、自己啓発の分野には、「お金を出さない=本気じゃない」と言って煽ってくる人がいることです。

手を出しやすいものからはじめるのは、何も悪くありませんよ。

何かを買わされる可能性があるセミナー

「何かを買わされる可能性があるセミナー」にも気をつけましょう。

中には本当にためになる教材を、別料金で販売するセミナーもありますが、そうでない場合もあります。

「これを買わないと成功できませんよ」みたいに言われて、内容の薄い教材を買わされるようなケースですね。

なかには「参加費無料」で集客し、来たお客さんに何かを売るセミナーもあります。

自己啓発セミナーの正しい選び方

さて、では自己啓発セミナーはどう選べばいいのでしょうか?

自分にとってためになるセミナーを見つけたいですよね。

ここでは、自己啓発セミナーの正しい選び方を紹介します。

主催者の経歴を確認する

まずセミナー主催者の経歴を確認しましょう。

信頼できる主催者は、チラシや広告に経歴を細かく書いています。

学歴や社歴、そのなかでの実績や、今の肩書などですね。

逆に怪しい主催者は、華々しく見える実績や交友関係を並べているわりに、内容はふわっとしている場合が多いですよ。

学べる内容が具体的か確認する

自己啓発セミナーの内容が具体的かも確認しましょう。

先ほど紹介した「営業力」などの特定スキルについて細かく書かれていれば安心ですが、「成功」「引き寄せ」のようなふわっとしたものなら注意が必要です。

何を学びたくて自己啓発セミナーに参加するのか。

今一度考えてください。

過去のセミナーの様子をリサーチする

参加を検討しているセミナーが過去にも開催されている場合は、過去の様子をリサーチしましょう。

SNSで検索すれば、写真やレビューが見られるかもしれませんよ。

セミナーには必ず賛否両論ありますから、いい判断材料になるはずです。

手を出しやすい料金のセミナーから始める

最後の大切なポイントは、手を出しやすい料金のセミナーから始めることです。

自己啓発の分野には、「お金を出さない=本気じゃない」という考えが根強くあります。

「一流に触れるには、それに見合った金額を投資するべき」

「これだけのお金を払えば、あなたのステージは上がる」

そういって煽られることもありますが、身の丈にあったやり方をチョイスするのは悪いことではありません。

いきなり大博打のようなお金を払わないように注意してくださいね!

自分にとって必要で、手を出しやすい自己啓発セミナーを選ぼう

自己啓発セミナーにはネガティブなイメージもありますが、良いセミナーを選ぶことさえできれば必ずためになります。

大切なポイントは、「学べる内容が具体的」であることですね。

自分に合った自己啓発セミナーを見つけてください!

*ちなみに自己啓発の方法はセミナー以外にもありますよ。

ミラクリから一言

ぼくもいろんな自己啓発セミナーに参加しました。

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-自己投資

Copyright© ミラクリ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.