ミラクリ

鬱から成功するブログ

猪子寿之氏:全ての常識に懐疑的で「ランドセル」を背負っていた高校時代

スポンサーリンク

 

ビジネスの世界では「常識を疑え!」と言われますが、ほとんどの場合に常識や業界の慣習に従ってしまうことが多いものです。

「天才」と称されるチームラボの「猪子寿之」さんのように、型破りな生き方をしている(ように見えるw)人はどんな環境で育ったのか?について興味がありますが、ラジオ番組で語っていた内容がおもしろかったので紹介します。

 

オールナイトニッポン

番組名:小島慶子とミッツ・マングローブのオールナイトニッポン

放送局:ニッポン放送

放映時間:水曜日 22時~0時

司会:小島慶子(@account_kkojima)、ミッツ・マングローブ(ブログ

ゲスト:チームラボ代表:猪子寿之(@inoko21

 

*当番組は2014年に放送されたものです。

*以下は重要な部分の要約になります。全て見たい方は、録音している誰かに頼んで全て聞いてください(笑)

 

「悪い子供だったので、バカな大人が喜びそうな絵を描いてよく賞をもらっていた」

小島慶子(以下、小島):「こんな絵を書いときゃ先生は褒めるんだろうな」ということを考えて絵を描いていたと。子供らくしない子供だったってこと??

 

猪子寿之(以下、猪子):でも子供らしい絵の方が大人は喜ぶじゃないですか。写真みたいな絵より。

 

ミッツ・マングローブ(以下、ミッツ):そうなのよね。クレヨンでガーーッと描いちゃったりね。私もそれで横浜市長賞もらったのよ(笑)

 

一同:爆笑

 

学んだことを仕事に活かすのであれば理系の方がいい

猪子:どうせほとんどの仕事は学問と関係しないじゃないですか。でも習ったことを活かすのであれば理系の方が良いと思います。仕事に活かしやすいから。スキルが付いたほうが後々楽じゃないですか。どうせ学ぶのであれば理系の方が良いと思ってますよ。

 

ミッツ:文系ってその実感がなかなか持てないですよね。

 

猪子:自分にスキルがあればそれを売れるじゃないですか。でもスキルがないと「礼儀正しくする」とか、よく分からない「面接の練習」とか、あれすごいかわいそうで。ほとんどの大学生は面接の練習とか大人に気に入られるようにして、でもそれは本来表面的すぎて「価値」とは何の関係もないじゃないですか。

 

ランドセルを背負っていた高校時代:全ての常識に対して懐疑的だった

猪子:ある方(安藤美冬氏)と対談したんですけど、その人がぼくの高校の同級生と最近知り合ったみたいで、その人から「アイツ(猪子)は高校生の時にランドセルで来ていた」って聞いたらしいんですよ。でもぼくは覚えてないんですよ。

でもよくよく聞いてると・・・・・やってそうっていう(笑)

 

一同:爆笑

 

猪子:どうもやってたっぽい。。目立ちたがり屋ではないんですよ。真面目な話をすると「全ての常識的に思われてることに対して懐疑的だった」んですよ。これが普通、これが普通じゃないってことに対して「ソレ誰が決めてんの??」って。逆に高校生がランドセル持っておかしいなら、子供にあんな変なバッグを持たせるのはおかしいでしょって。

 

小島:小学生だったらアリで、高校生だったら無しってのもね。

 

猪子:高校生が無しだったら小学生も無しだと思うんですよ。普通だと思われてることはおかしいかもしれないし、おかしいと思われてることはおかしくないかもしれないし。高校の時そういうことばっかり考えてたんですよ。

 

主張の多い家庭環境だった:「会話はドッチボールだ」

小島:ははは、キャッチボールじゃないんだ。「ぶつけるか、避けるか」のどっちか。

 

猪子:お母さんは自分勝手な人で、お父さんはオタクみたいな人でした。すごく主張の多い家庭の中では、自分が一番おとなしいタイプでした。猪子家から学んだことは「会話はドッチボールだ」ってこと。

 

まとめ:常識を疑う型破りな思考は、ユニークな家庭環境で育っていたw

思考は環境によって後天的に作られます。

猪子寿之さんは、主張の多いユニークな環境で育ったことによって、型破りな思考が育ったように感じました。ただ思考が後天的に作られるものなのであれば、大人になってからでも遅くはありません。

 

何か成し遂げたい目標がある場合には、居心地の良い環境に居続けるよりも、時にはアウェーに飛び込むような環境を整えることがポイントになりそうですね!

 

*猪子寿之さんについては他にも記事を書いてます!

過去記事:チームラボ:猪子寿之の極論(前編) クリエイティブは特別な才能ではない!.

過去記事:チームラボ:猪子寿之の極論(後編) この世に天才はいない!.

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・思考は環境によって後天的に作られる

・自分一人の「決意」だけで変化できれば、ダイエットに失敗する人はいない

・思考を変えるには「やる気」よりも、アウェー環境に飛び込むのがポイント

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

優秀なデザイナーから「コンプレックスがやる気の源」と聞いて、驚いた。

    ある制作物の打ち合わせで優秀なデザイナーに会い、彼女の言葉に驚いた話。

「ベースを聴いてないのがムカつく」 ミュージシャン・ハマ・オカモト氏の、上手に人生を変える怒り方

  ミュージックバンドの中で、ベースという職業はサウンドの生命線ではあるものの、前面にでて目立つ存在ではありません。でもそんな常識をくつがえすように、 …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

自分の子供に「勝つことが全てだ!!」と教えることに悩んだ話
なぜ人は「問い」を持つと可能性が広がり、「答え」を知ると立ち止まるのか。

    ぼくはフリーランスで、ライター業をメインに仕事をしています。いまは毎朝5時に起きて、一日合計で3万文字の原稿を12〜15時間ほどかけ …

【残業100時間の実態】過労死ラインを超えた残業から身を守ること

「月100時間の残業」 そう聞いて驚くでしょうか? それとも大したことがないと思うでしょうか。 ぼくも月200時間残業をしていた会社員時代であれば驚かないでしょ …

「変人」ほど、仕事がデキる理由

    ぼくはあまり人から理解されることが無いんですよ。 自分が「コレはおもしろい!」と思ったことはたいていスベるし、話の”間”も著しくズレ …

「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。

    天才的な人にお会いすることがある。 ・どんな人でも、自分の領域に引き込んでしまう人 ・アイディア力・行動力がすさまじい人 ・とんでも …

働くことがイヤな人のための本(中島義道):名言好きが成功できない理由
「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です