恋愛・夫婦・家族

結婚したことで失った3つの孤独

 

フォロワーさんから聞かれたのですが、ぼくは今で結婚7年目です。

結婚するまでは、誰かと付き合っても最短3日〜最長6ヶ月みたいな、「誰かと共に過ごすこと」が極端に苦手な人だったのですが、よくもっている方です…(っていうか、家族が我慢してくれてる?(笑))

 

結婚することで得られる「温かさ」「人間的な成熟」なんかについては、数々の情報が発信されていますので、ぼくは「結婚したことで失った3つの孤独」について書いてみますw

スポンサーリンク

1.孤独なご飯のワクワク感とおいしさ

ぼくは結婚するまで10年ぐらいは一人暮らしをしていました。

なので、独りでごはんを食べることは慣れているし、むしろその時間を大切にしてきました。会社でもムダに多くの飲み会に参加するなどせず、必ず独りでいる時間を確保していたのです。

 

クリスマスの時期だって決して強がりではなく、誰かと過ごすよりも、一人で鶏もも肉を買ってきて焼いて食うときのワクワク感、そしてコンビニでケーキを買ってきて一人で食うウマさったら無いですよ。

 

家族ができて、特に子どもがいると、クリスマスの時期は知人や学校のつながりなどで、クリスマスパーティーなどが目白押し。。ひっそりとクリスマスを過ごすことは無いので、あの感覚はもう忘れてしまいましたね。

 

2.誰のことも気にせずに集中できる孤独な時間

仕事をする時、外出している時などは、一人にはなれるものの、意識の中のどこかに必ず「家族」のことがあり、これを完全に忘れることができません。

 

独身の時は何時に、どこで、誰と、何をしようとも自由でした。仕事に支障がなければ朝までネットやゲームをしたり、クラブに行っても平気だったけど、今は睡眠をしっかりとって、日中にも家族と過ごすことを大切にしています。

 

どこかで寂しい気持ちも抱きながら、全くの孤独になる時間というのは無くなりました。

 

 

3.コミュニティから孤独になること

「アイツ変わってるな」とか言われてしまうのも別に平気だったので、コミュニティから孤立することも大事にしていました。

 

コミュニティとは知人、会社、地域などたくさんありますが、その中にべったり入り込むことは苦手だったんですよね。(だからこそ今となっては独立しているわけですが・・・)

 

でも家族ができると、家族を通じた地域のコミュニティや、知人のコミュニティ、学校のコミュニティなどとも付き合う必要があるので、徐々にそうした付き合いにも慣れてきました。

 

米

 

「孤独」と別れて「誰かと共に生きること」

こうしてまとめてみると、何という暗い性格だろうかw

そんなに独りが好きだったんか!?という話だね・・。

 

でもこれは「当時は嫌だったけど、結婚した今だからこそ恋しい」という話ではなく、当時から本当に大事にしていた孤独な時間です。

 

一人の時間を大事にするタイプの人で、まだ独身の方は参考にしてください。

それでも結婚して家庭を持ち、誰かとともに生きることは、自分の価値観を一変させてくれるし、それは人間というよりも「動物」として成熟させてくれるプロセスなのかもしれませんね。

 

「未婚は成熟しない」とか、そういう話じゃないのであしからず!

 

 

ミラクリから一言

まとめてみると、ホンマに暗い人みたいやw

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-恋愛・夫婦・家族

Copyright© ミラクリ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.