ミラクリ

鬱から成功するブログ

鮨屋の大将が教える「夫婦円満の秘訣」に猛反対した話

 

ぼくはいま結婚七年目(のハズ)で、夫婦円満にやっています(ハズ)。

家族でのコミュニケーションをすごく大事にしているのですが、上の世代の方のお話を聞くと「察しあう」ことが大事と言われ、これには同意できないところがあります。

 

ぼくの性格的な難もあるのですが…

とにかく全てを共有することを大事にしています。

 

スポンサーリンク

 

鮨屋の大将が教える「夫婦円満の秘訣」

ミシュランで三ツ星を獲得した名店「鮨屋 水谷」の大将、水谷八郎さんがこんなことを話していましたが、ぼくは同意できませんでした…。

 

ぼくら(夫婦)は、あんまり言わないです。

 

自分の思ってることを100%どころか、50%も言ったらケンカになりますもん。

やっぱりね、(夫婦の)長続きの秘訣はね、思ってることを1/3かな。お互いにそれぐらいにしておかないとケンカになりますもん。

 

引用元:IMAGINE

 

これはいわゆる「亭主関白」が主流の時代背景もあり、なおかつ鮨屋で自分が大将を務めるような方なので、女将さんが前へ前へ出てこられると困るということも関係します。そしてどのような性格の男女が結婚するかによって、夫婦のあり方も様々なので、正解があることではありません。

 

なので、これは間違っても水谷八郎さんご夫婦への批判ではありませんw

水谷八郎さんは本当に素晴らしい方なので、東京に行った時にはお店に行きたい!

参考:水谷八郎氏「鮨職人になりたい、わけではなかった」 ミシュラン3ツ星まで上り詰めた人のキャリアがスゴイ!.

 

ぼくは家族で全てを共有したい

ぼくは基本的に夫婦でも、子供を含めた家族でも全てを共有したいです。

自分がその日に感じたこと、考えたことはもちろん、その日に自分だけが体験したことの感触や空気も含めてすべてを話します。

 

まだ子供は小さいので、そこまで会話することはできませんが、もう少し大きくなったら密にコミュニケーションを取りたいと考えています。ぼくの価値観で言えば全てを共有できなければ、距離感のある「知人」と同じなので、わざわざ家族としてコミュニティを形成している意味がないと考えているからです。

 

めんどくさいですよね?(笑)分かっています(笑)

でもその中で、時間を見つけては一人の時間も確保するようにしていますよ。

参考:結婚したことで失った3つの孤独.

 

でも逆に嫁が考えたことや、感じたことも全て聞きたいんですよ。

そして子供は小さいながらも感じたことを無邪気に話してくれるので、それを聞くのはすごく楽しいでし、勉強になります。そしてなんか嬉しいですw

 

水谷八郎さんご夫婦のように、年月とともに「察しあう関係」が成り立つのかもしれませんが、ぼくは察する能力が著しく低い(w)ので、いつまでも自らコミュニケーションを取る姿勢は大事にしたいのです。

参考:それって「阿吽の呼吸」ですか? それとも怠慢ですか?.

 

寿司

 

お互いに察しあうのか? それともぶつかり合うのか?

ここで分かれる気がします。

30代にもなると、周囲には「離婚」「不和」などの話もチラホラ聞こえてくるわけですが、話を聞いていると「分かってくれない」「理解してくれない」とは言うものの、その原因はほとんどコミュニケーション不足です。

 

「理解してほしい」がいつしか「察してくれない」になり、「気持ちを聞きたい」がいつしか「言ってくれない」になるんですよね。これは年月の蓄積によって諦めが生まれ、徐々にお互いの距離感が遠のいていくことなのですが、他人ごとではなく恐いことです。

 

いつの間にか相手のせいにして、主体的だった姿勢が受け身になってしまう。

こんなことには絶対になりたくないです。

 

そんなこんなで、今日も友だちの離婚相談を聞いてきます。それでは(笑)

参考:結婚した嫁に「やっぱり女性には勝てないなぁ」と思わされたこと.

 

ミラクリから一言

そう考えると、嫁はよく付き合ってくれてますよね(笑)

 - 夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

結婚したことで失った3つの孤独

  フォロワーさんから聞かれたのですが、ぼくは今で結婚7年目です。 結婚するまでは、誰かと付き合っても最短3日〜最長6ヶ月みたいな、「誰かと共に過ごす …

子供が欲しくないのに「妊活」する人がいると聞いて愕然とした。

  ルールとして明文化されているわけでもないのに「◯◯して当たり前」となっていることがありますよね。 特に人生設計についてはそうで、下記のような記事を …

「貧乏キムタク」よりも「金持ち温水」を選択する人に言いたいこと

  「貧乏キムタクvs金持ち温水!結婚するならどっち?」という面白い記事を読みました。   まず、調査対象が「年齢不問・女性」「100名」と …

「子供は3〜5歳で決まる」予備校講師:林修氏の教育論が凄まじく参考になる!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今まで講師として勉強ができる子供たちを数多く見てこられた経験から、トッ …

結婚という「非合理的システム」で生きていくこと

    夕方の4時、たまに子どもたちと公園に行く。 これは会社員のときからは想像もつかない日課だが、公園で会ったママさんたちには「アレ…この …

結婚した嫁に「やっぱり女性には勝てないなぁ」と思わされたこと

  ぼくは今で結婚七年目、子供もいて四人家族です。 これぐらいの年数を嫁と過ごすと「やっぱり女性には勝てないなぁ」と思わされることが何度かありました。 …

「夫婦仲が悪い」ことがデフォルトなのはなぜ?
イチローを陰から支える弓子夫人:そのエピソードが色々スゴイ!

  メジャーリーガーのイチロー選手に焦点を当てた書籍やテレビ番組は数多くありますが、その活躍を影で支える弓子夫人については、詳しく語られることがありま …

イチローが語る2つの決断のコツ:プロポーズは「◯◯に」
それって「阿吽の呼吸」ですか? それとも怠慢ですか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です