ミラクリ

鬱から成功するブログ

「いいヤツ」であることを軽視すると人生を棒に振る

スポンサーリンク

 

梅雨も開けて暑いです。

涼みに行った昼下がりのマクドナルドで、4人組のマダムたちが

「佐藤さんってさ、いつも人の悪口言ってるねん。なんで人の悪口でそこまで盛り上がれるんかなぁ!?」

「うわーーー超最悪やな!! キャッキャッ!」

という悪口で盛り上がっていました。(遠い目)

 

さてさて、ぼくが常々思ってるのは、何かを長く続けようと思えば、最終的に「いいヤツ」じゃないとダメだよなってことです。

だからこそ、自分が下っ端の時でも、上り調子の時でも、大きな成果を出した時でも、その状況に関わらず人間性を磨くことは怠ってはいけないと考えています。

 

性格の悪いヤツは長く活躍できない

「いいヤツ」というのは、見た目に良い人かどうか、言葉遣いが丁寧かどうかはあまり関係はありません。

傍若無人なタイプな人であっても、根底に優しさや愛情のある人は、人から好かれるものですが、この部分を勘違いする人は多く、見た目や立ち振舞ばかり重要視する人は意外に多い気がします。

 

芸能界のように毀誉褒貶の激しい世界は分かりやすいですが、芸能界でも長く活躍する人は「いいヤツ」だと聞きます。

共演者はもちろん、後輩、関係者、スタッフにも好かれてることが多いのだとか。番組を作る側も人間ですから、当然と言えば当然です。

 

一時に飛ぶ鳥を落とす勢いで登っていた人が、ある時を境に見かけなくなる時があります。

別に不祥事を起こしたわけでもないのに・・・なんでだろ??と不思議に感じることも多いんですよね。

 

数年後に出てくる情報はだいたい

「性格が悪すぎて干された」

「実は事務所とモメてた」

そんな感じです。

 

いいヤツ

引用元: Laughing Animated GIF.

 

傲慢なヤツは悲惨な末路をたどる

芸能界でも一般社会でも、絶対に一人では生きられません。

自分がすごいものを開発したとしても、それを売ってくれる人は別の人だったり、作業自体は誰かが手伝ってたりするものです。

 

でも、いつしかそれを忘れて「全部俺の力だ!」と思ってしまう人はたくさんいますし、人前で公言してしまう人すらいます。

周囲の人への感謝を忘れ、自己顕示欲の塊のようになった人から人が離れていくのはめっちゃ早いですよーー。

 

十数年仕事をしていると、そんな傲慢な態度で長く成功してる人は皆無なんですよ。

みんなどこかでつまずいて、文字通り干されてしまうのです。

しかも今までの恨みつらみがあるから、本人がどん底に突き落とされた時でも、周囲の協力が得られず、むしろ「ざまぁぁぁぁぁ!!!!」的に感じになって、致し方なく自分のことを誰も知らない業界へ・・・なんてことは無数にあります。

 

もちろん仕事がデキたり、特殊技能に優れていれば言うことはありませんが、最も大事なことは心のベースが「いいヤツ」であること。

もしそうでなければ注意が必要です。

 

性格は捨てられる(心屋仁之助):不要なアプリを削除すれば性格は変わる.の記事で紹介した本は役に立ちますよ。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・どんな世界でも長く活躍する人は、みんな「いいヤツ」

・いくら仕事がデキても、傲慢であれば長くは活躍できない

・心のベースに優しさや、愛情があるかが大事。(見た目や立ち振舞ではない。)

悪い意味の「いい人」になっちゃダメですよ。死にます・・・。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

個性的な人だけが持つ10の特徴

「個性的な人」に憧れますよね。 個性的な人は、すでに学生時代から目立っていますし、社会人になってからも一目置かれる存在でい続けるでしょう。 その反面、人とは異な …

「孤独な人」に光! 社交的な「人たらし」の悩みを聞いてきた。

    ぼくのように社交的からはほど遠い人間からすると、気さくで、愉快で、気配りがマメで、誰とでも仲良くなれるような「人たらし」は羨ましいん …

人に好かれるか、嫌われるかは環境要因がデカい。そんなに気にするな。

  先日、人から嫌われる経験について書きました。 人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか ぼく自身が、幼少期 ~ 学生 ~ 社会人 ~  …

【Twitter中毒の危険性と対策】SNSで消耗したときはコレが効果的!

ぼくは2010年からTwitter(@enrique5581)を使っています。 Twitterには、いろんな人と交流でき、刺激的な情報を得られるメリットがありま …

【Facebook疲れの原因と対策】消耗したときに効果的なのはコレだ!

SNSはすっかり現代人の生活の一部になりましたよね。 朝起きてチェックして、昼間もチェックして、電車の中でもチェックして、寝る前もチェックして…。 なかには「ソ …

「イジメられる人間にも問題がある」は強者の理論
【大人になれ!】現実的な人への3つの対処法
【SNS疲れの原因と対策】消耗したらソーシャルデトックスがおすすめ!

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、今や生活に欠かせない存在になりましたよね。 知人の近況をチェックしたり、大好きな芸能人とつながれたり、流行の …

「友だちが少ない」ことを前向きに考えるための話

  インターネットを介して簡単に人とつながれるようになった現代では、「友だちの数」「フォロワーの数」「名刺の数」を競うような風潮があるように感じていま …

結局「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」です。意識高い人、ごめんな。

  「誰が言ったか」ではなく、「何を言ったか」が大事 そんな記事が時折ネット上で話題になる。ちきりんさんの記事、けんすう(古川健介)さんの記事、などが …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です