ミラクリ

鬱から成功するブログ

「変人に憧れる」「個性的になりたがる」とかもう止めよう問題

 

変人

 

ぼくは「変人に憧れる凡人」と「個性的になりたがる人」が苦手だ。いや、正直に言うと嫌いレベルだ。

 

やたらと自分を「盛る」というか、個性的にスゴく見せたがる人が最近増えてる気がする。しかしプロフィールにいくら演出を加えたとしても、残念ながらタイムラインに並んでいる言葉と、表現を見ればその人が本当に個性的なのか、極めて普通なのかは分かってしまう。

 

自分を大きく見せようとすればするほど個性を失うから、「盛る」必要なんか必要ないのだ。

 

「あなた変わってるね!」と言われるのはコンプレックスだよ。

ぼくは自分のことを心底フツーだと思っている。

しかし過去には学校で行われた「変人コンテスト」に選抜されて、自分がいかに変わってるかを対決するという拷問のような経験もしたし、会社の中でも「ウチで一番変わってる奴」みたいに紹介されることも多かった。しかし、このエピソードを嬉々として人に語ることはないし、むしろコンプレックスだし、恥ずかしいと思っている。

 

(ブログに書いてるやんけ!というツッコミは無しにして欲しい。)

その特性が自分でも気づかない部分に作用していることはあるかもしれないが、自分では分からない。

 

ぼく自身は心底そう思っている。

しかし他人と話をしていると「自分変人なんで…w」「人に変わってるとよく言われるんですよねー(笑)」みたいに嬉々として語られることがよくあるのだ。もちろんどう思おうが、何を話そうかと自由なのだが、おかしく感じるのはそのように話をしてくる人が、極めてフツーなことだ。

 

要するに違和感を覚えさせるような部分が何一つ無く、際立った部分も無いということだ。

 

スポンサーリンク

 

分かりやすい個性に憧れるほど、無個性になる。

演出
 

ぼくは個性的な人に憧れることで逆に無個性になっていく人、そんな「個性的になりたがる人」も嫌いだ。

 

SNSを見ていると面白い。

「パソコン一台で自由に仕事をしています!」「自分らしい人生を模索しています!」「年収一億で自由を手にしています!」プロフィール欄にこんな文言をよく見ないだろうか? 少し前まではこれが個性的だったのかもしれないが、いまや量産されすぎて逆に無個性になっている。

 

リアル社会での営業マンもそう。

細身のスーツ、パリっとしたシャツ、先が尖った革靴、おしゃれメガネ、ツーブロックヘア、こんな感じの人をよく見ないだろうか? ぼくはこのタイプの方が現れたら、顔を覚えることができない。個性的なようで逆に無個性になっていることを早めに気づいた方がいい。今やモサッとした感じの方が、逆に印象に残るのだ。

 

そんな人は会話の内容さえも似てくる。

「人の名言の引用」だったり「時事ネタ」「ITスタートアップネタ」「成功者ネタ」そんなことばかりだ。それならむしろモサッとした人が自分のことを語ってくれた方が、ぼくはよっぽど楽しいし嬉しい。逆に自分の体験が伴わないよなネタは中身が無いし薄い。そんな話はネット上のニュースやSNSを通して収集しているからもう十分なのだ。

 

このエピソードからも分かるように、人間は本来みんな個性的なのだ。

そして「みんなが目指す個性の方向性」みたいなものに従わない人は、どんどん個性的になるだろう。

 

スティーブ・ジョブズが上司だったら絶対に嫌だろ。

スティーブ・ジョブズ

 

日本でも何かと神格化されやすいスティーブ・ジョブズに憧れる人も多いだろう。

ぼく自身も彼に関する本を何冊も読み、その文脈を汲み取ろうとしてきた一人だ。しかしスティーブ・ジョブズになりたがって「世界を変える!」とか言い放つ人のことはどうも理解ができない。

 

少し前に「あなたはつまらない人だね。俺は一度の人生、スティーブ・ジョブズのような人と仕事をしたい!」と言われたことがあるのだが、ぼくは心のなかで「そんなスタンスなら、ジョブズは真っ先にお前をクビにするぞ!」と思ってしまった。そんな文脈も理解していない人が、スティーブ・ジョブズに憧れるのはファッションでしか無い。

 

ジョブズに憧れて、彼のような強烈なビジョンと個性を持とうとすること、それ自体はいい。

でも考えて欲しい、アレが上司だったら絶対嫌だろ。会社に行くのは間違いなく憂鬱になるし、辞めたくもなるだろう。もしかしたらだからこそ「自由に社員を使う側」のジョブズになりたい、ということなのかもしれないが、彼に憧れている人たちを観察すると、どうもあの個性に憧れているようだ。

 

「彼のこの考え方を尊敬している」は理解できるが、「彼になりたい」は全く理解ができない。

 

本当に「変わってる(変人)」なんて嬉々として語れるもんじゃない。

人に嫌われ、阻害もされる、それでも生きていく、本当にそんな人になりたいのか?

 

ミラクリから一言

そのままが一番個性的だったり。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

ナンパ師が教えてくれた仕事を成功させる秘訣

夏の風物詩と言えば海水浴! ということで海に行ってきました。 泳いだり、日焼けをしたり、かき氷を食べるのも大好きですが、ぼくには「ナンパ観察」という趣味があるん …

「人の縁」をつなぐ点と線

    それなりに長く仕事をしていると「人の縁」について深く考えさせられることがあります。 どうしても人間は忙しない生き物でして、すぐに自分 …

酒を飲まない男は人生損してる!? 余計なお世話です。

  ぼくはそもそも酒が好きではない事と、飲んだら急激に眠たくなったり体調に影響を及ぼすことになるので、5年前ぐらいに酒を飲まないと決めました。 &nb …

最強すぎるコミュニケーション能力をもつ人、4つの特徴

    ぼくは、人とのコミュニケーションがそれほど得意とは言えない。 ただ周囲には最強すぎるコミュニケーション能力を持ち、人を虜にしながら仕 …

「ポジティブ教」に入信したければ、まずは絶望を経験するべきだ。

    ある出来事がキッカケで、久しぶりに心底絶望して眠ることができなかった。 でも中途半端に絶望しているときは胸の内がザワザワしているのだ …

人脈? つながり? 濃厚な人間関係は「癒着」が基本ですよ。

    今まで34年間生きてきて、自分が薄ーーい人間関係しか築けていなかったことに気付かされる。 それまでは「人脈」「つながり」などと言って …

【シャイな性格を治す方法】恥ずかしがり屋な男女の心理を解説

「シャイな性格を治したい」 そんなことを考えていませんか? シャイな人は第一印象こそ「うぶで可愛らしい」と思われますが、時間が経てば経つほど「めんどくさい」とさ …

【Facebook疲れの原因と対策】消耗したときに効果的なのはコレだ!

SNSはすっかり現代人の生活の一部になりましたよね。 朝起きてチェックして、昼間もチェックして、電車の中でもチェックして、寝る前もチェックして…。 なかには「ソ …

【いい人で終わる男性の特徴】女性にモテる男はココが違う!

「いい人」と言われるのはうれしいですが、気になる女性と付き合えないのは辛いですよね。 いい人と言われる男性には、聞き上手、性別を感じさせない安心感、常に女性の味 …

【検索できない生き方】情報化社会では「会わなければ理解できない人」が最高にクールである。

  著名人の名前をGoogle検索してみると、その人のプロフィールや活動履歴が分かり、SNSを通じて直接コンタクトをとることができる、いまはそんな時代 …

Comment

  1. だ、誰が変人だし! より:

    本当の変人は自分が変人だということを絶対に認めたくないのだ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です