ミラクリ

鬱から成功するブログ

「第一印象を良くして、好かれたい」と考える人の気持ちが理解できない。

 

「けもの道をいこう~元受刑者が実名起業するまでの記録~」を運営されている「イノシシ」さんとTwitterでやりとりした内容を記事にしていただいたのでご紹介。

リンク:人付き合いって「好きなことが一緒」よりも「嫌いなことが一緒」の方が大事だと思う。.

 

末永い人間関係をつくるために、ぼくが気をつけていることがいくつかありますが、人からお聞きする方法とは真逆をいってるようです。あなたにはどんなコツがありますか?

 

スポンサーリンク

 

「この人に好かれよう」と考えるのは逆効果

ぼくは基本的にその人と初対面のときに「この人に好かれよう」とは考えません。

相手が自分のことをどう思うのかは、自分ではコントロールできないからです。逆に自分ができることといえば、「その人とスムーズに会話できるように準備をすること」、そして「自分をさらけだすこと」コレだけです。結果的にそれで相手に好かれた場合は次に進むでしょうし、相手に何も響かなければそれまでです。自分の方でも何も感じることがなければそれまでですね。

 

はい、基本アッサリしています。

 

ただぼくは最初に強い先入観を持ちたくないので、その人が発信しているブログやSNSを事前にチェックはしません。チェックするケースとしては「その人に会う必要があるのか?」に判断が必要なときだけです。

 

例えばその人がネット上で過激な発言をしていて、それに強い先入観を持ってしまうと、実際にお会いした時に何をどう聞いても素直に受け入れられないんですよ。そういう意味でぼくは感情の切り分けがとても下手なんです。逆に言うと、お会いした後にネットでの発信をチェックして「あぁ…(苦笑)」という場合もありますよ。

 

お互いに「合うか、合わないか」それだけなので、好かれるための努力は不要です。

参考:「友だちが少ない」ことを前向きに考えるための話.

 

第一印象は「悪い」方がいい

本やインターネット上では「相手に好かれるための10個の秘訣」「第一印象をよくするポイント」みたいな情報で溢れていますが、第一印象は悪い方がいいです。

 

だって自分をさらけ出したら、第一印象なんて悪くなるでしょ?(笑)

いくら相手に好かれるために話し方を工夫し、話題をたくさん用意し、服装を正して取りつくろっても、長い付き合いの中では「裏の顔」が必ずバレます。それなら最初にもっと本質的な部分の「合う、合わない」でフィルターにかけてもらった方が、お互いに生産的です。

 

第一印象が悪いとその後は加点しかないです

でも、第一印象が良いとその後は減点しかないんですよ。

 

相手に好かれようと努力する人たちに聞きたい。

短期的な「名刺の数」「アドレス登録件数の数」「Facebook友達の数」を競いあいたいなら別にいいけど、末永い人間関係を築きたい場合には、上記のどちらが長続きすると思いますか? ぼくが長いお付き合いをさせてもらってる方々は、例外なく第一印象が最悪でした。

 

それもお互いに(笑)

参考:加点方式で長くて深い人間関係を! 第一印象は「悪い」方が良い理由.

 

夕日

 

成功体験ではなく、失敗体験と嫌いなものを共有すること

というわけで自分の全てをさらけ出すのであれば、成功体験や好きなモノよりも、失敗体験や嫌いなものを共有することが大事です。成功体験や好きなものなんて、だいたいどこでも会話のネタになることなので、盛りに盛られて手垢もつきまくっています。意地悪な言い方をすれば、そのような話には「自分をよく見せるための嘘が含まれる」ということです。

 

だからこそ失敗体験や嫌いなものを共有すると、相手の本質が見えます。

過去に死ぬほど苦労した話、誰かに嫉妬した話、イジメられた体験、嫌いな食べ物、嫌いな人のタイプなど、それは決して「愚痴を聞く」のではなく、情報として探っていき、自分のそれらも開示します。

 

もちろん初対面でこのようなネタに食い込むには勇気もいるでしょうが、それを失礼だと感じられた場合には、ソレも含めて「合わなかった」というだけのことなので、恐れることでも何でもないです。むしろその程度で気分を害する人とは、末永く仕事をすることはできないし、末永く良い関係を続けることは不可能ですよ。

 

ウソで塗り固められた状態で好かれた関係、好きになった関係もウソ。地球上に人間はたくさんいるし、自分のことを好きになってくれる人もいれば、嫌いな人もいて、超嫌いな人もいるでしょう。時に後悔したり、反省したりはしますけど、できるだけ早く次を考えます。

 

ただそれだけのことです。

参考:孤独の向こう側にあるつながりと人脈.

 

ミラクリから一言

自分がその人が好きになり、相手にも好かれたら死ぬほど喜びますよw

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「また飲みましょう!」が成立する人間関係なら、いらない。

    30代も半ばにさしかかり、色々と気づくことがある。 それは「自分の人生のほとんどを共有した人は、ごくわずかである」という事実。熱いラ …

【Facebook疲れの原因と対策】消耗したときに効果的なのはコレだ!

SNSはすっかり現代人の生活の一部になりましたよね。 朝起きてチェックして、昼間もチェックして、電車の中でもチェックして、寝る前もチェックして…。 なかには「ソ …

人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか

  誰かに嫌われるのは嫌なことです。 ぼくだって、嫌われるぐらいなら好かれたいです。すっごい好かれたい。   でも、みんなに好かれることは無 …

おもしろい人ほど「深い闇」がある。

    「おもしろい人」って、何なんでしょうね?   よく言うじゃないですか? 「おもしろい人になりたい。」「おもしろい人と付き合 …

「目には目を、歯には歯を」の意味を知ると、少しだけ優しくなれる。

  心ない言葉を浴びせられて傷ついたとき、咄嗟に相手を殴り返そうと思った。でも「目には目を、歯には歯を」の本当の意味が”やられたらやり返せ”ではないこ …

ウチの母親は、いかにして社会不適合者を生み出したのか?

    「◯◯の日」はおろか、人の誕生日もまったく把握していないぼくは、毎年のように当日「今日は◯◯の日だよ!」「◯◯の誕生日だよ!」という …

【検索できない生き方】情報化社会では「会わなければ理解できない人」が最高にクールである。

  著名人の名前をGoogle検索してみると、その人のプロフィールや活動履歴が分かり、SNSを通じて直接コンタクトをとることができる、いまはそんな時代 …

「自称クズ」に教えたいセルフハンディキャッピングの恐怖:姿勢が人の現実を作る!

  ・自称クズ ・自称社会不適合者 ・わたし(ぼく)バカだから インターネットの世界には、プロフィール欄にこれらのことを書いたり、発言の中に組み入れて …

「友だちが少ない」ことを前向きに考えるための話

  インターネットを介して簡単に人とつながれるようになった現代では、「友だちの数」「フォロワーの数」「名刺の数」を競うような風潮があるように感じていま …

ぼくが「ギャンブル好きな人」と疎遠になる3つの理由

  不況にもかかわらず、一部のパチンコメーカーは儲かってるみたいですねぇ。 不況で世帯年収が厳しくなってますが、それでもギャンブルにお金を時間を費やす …

Comment

  1. あさひこ より:

    第一印象を良くして好かれたいって「自分の意思」で思ってなくとも条件反射でやってしまうんです。

    何かあれば萎縮して愛想笑い。
    だからどこをどうみてもいい人。
    そーゆーふうに躾られてますから。

    だから第一印象がよいんですw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です