ミラクリ

鬱から成功するブログ

「会社で無視されています(30代・女性)」と相談されたときの回答

 

「会社で無視されています(20代・女性)」と相談されたときに答えたこと

 

人付き合いは楽しいけれど、ときに難しい。

どんな人にでも上手に合わせられるスキルフルな方は羨ましく、自分はよく距離感を間違えてモメたり、あらぬ誤解を与えることが多かった。

 

それ以前に、人には「合う、合わない」の世界がある。

ある会社では人気者だった人が、転職した瞬間に人間関係で窮地に立たされる、またはその逆パターンも数多く目にしてきたし、自分でも経験してきた。

参考:2回目はない… 初対面の人と、気まずくならずに距離を置くための4つの作法

 

どんな世代カテゴリーでも”いじめ”は存在する。

いじめられる人の性格にも問題はあるのだろうし、徒党を組んで追い詰める人にも問題はある。

 

究極的に言えばいじめが消滅することは難しいため、自分で自分の身を守る方法を考えてく必要がある。

スポンサーリンク

会社で村八分状態になった

30代の女性から寄せられた悩みはこんな感じだ。

 

いま勤めてる会社で、完全に無視されています。

朝の挨拶をしても返事がないし、同僚たちの飲み会にも呼んでもらえず、忘年会などの全体イベントにはかろうじて呼んでもらえる程度です。

 

仕事でミスが続き、自分が悪いこともあるのですが、このまま働き続けるのは辛いです。

どのように考え、行動していけばいいでしょうか?

 

コレは辛い…。

信じられないかもしれないが、会社で完全無視される状態に追い込まれることはよくある。

 

ぼくも経験しているから間違いない(笑)

社内のリーダー格に嫌われてしまうと、その人を慕う同僚たち、逆らいたくない人たちからも自動的に嫌われてしまう。

 

意外と簡単に村八分状態は作れてしまうものだ。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

 

 

気にする目が無くなれば無敵

村八分状態になることは、リアルタイムでは相当キツイ。

でも逆に言えば「気にする目が無くなった無敵状態」とも言える。

 

他人の目に縛られなければ、自由に動ける。

細かい部分で言えば、自分に仕事がまわってこない…などの弊害もでてくるが、与えられた仕事を一生懸命こなせばいい。

 

恐らく自分へのダメ出しは人よりも厳しくなるだろう。

それでも「ダメ出しされる前提」で、上司のところに仕事を提出すれば、たまにストレートに受け入れられたときには嬉しい。

参考:「頭で考える」ことを今すぐ止めよう − 悩んだときほど根拠・論理から自由になれば、直感が解決してくれる。

 

そして、これだけは覚えておいてほしい。

人は「自由に動いている人に、最終的には付いていくもの」だ。

 

今は社内の有力者に従う人が多数派かもしれない。

でも、あなたがひと目を気にせずに自由に仕事をして、しかも結果が伴ってくればこうなる。

 

「おいおい、、、本当に付いていくべきは”アイツ”じゃね?」

参考:山本耕史氏(俳優)「みんな敵!好きにやってる人に皆が付いてくる」は仕事のヒントがいっぱい!

 

 

サクッと転職することも選択肢のひとつ

ここで問題がでてくる。

・そこまでして今の会社にしがみつく必要はあるのか?

・状況を改善させるための努力をする必要はあるのか?

というものだ。

 

それが不毛に感じるのであれば、サクッと転職すればいい。

 

だって、誰もあなたのことを気にしてないんでしょ?

辞表を出した瞬間に「おお! そうか!(辞めてくれるのか…)」みたいなリアクションになるかもしれない。

 

理不尽さを感じるだろうし、悔しいだろう。

しかし、そこにエネルギーを使うぐらいなら、一瞬だけ号泣して、次に進んだほうがナンボも生産的だし、新しい人生を切り開ける。

 

今の状況を改善したい。

それは今の会社でしたいのか? それとも新しい環境でしたいのか?

それを徹底的に考えよう。

参考:「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。

 

「窓際族」からナンバーワンになれたのに虚しかった経験。

 

一時避難をして、またやり直せばいい

自分も鬱病を経験したことがあるから分かる。

人の悩み相談を受けていると、我々には「逃げてはいけない…」というプログラムがインストールされているように感じる。

 

・いくら状況が厳しくても逃げてはいけない…

・それは努力不足だ…

・逃げたら負けだ…

この意識が自分で自分をさらに追い詰める。

 

一時避難したっていい。

だって会社は星の数ほどあるわけだし、時間はかかるかもしれないけれど転職先はあるし、何か得意なことがあるのなら、フリーランスや独立起業する道だってある。

参考:安心しろ! あなたは才能が無いからこそ、フリーランスになるのだ。

 

いまは厳しいかもしれない。

でも、今の環境で改善したいのか? 環境自体を変えたいのか?

これを整理して考えれば、やるべき行動は見えてくるはずだ。

 

大丈夫、大丈夫。

社会不適合者に言われても響かないかもしれないけれど、はぐれ者でも仕事をして、生きていることに勇気を持って欲しい。

参考:「レールの外」で生きることを恐れていた人が、幸せを掴むまでの一部始終

 

ミラクリから一言

悩める人は、Twitterで話しかけてみてください!

 - お悩み相談

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

人たらしを観察してわかった「気遣い」の正体

「気遣いがまったくできず、人からよく注意されます。コミュニケーション能力も含めて、どうすれば人間関係のスキルが向上するでしょうか?」 こんなメッセージをいただき …

上司に手柄を横取りされたときの考え方

「プロジェクトの成果を上司に横取りされました。どうしても許せません」 こんなメッセージをいただきました。ありがとうございます。 会社組織なら絶対ありますよね、こ …

「見返してやるっ!」 最高の復讐とはなにか?

    「小林さんは、復讐心がエネルギーになってるんですか?」 ある人と話していたとき、そんなことを言われてギョッとした…。   …

「大阪人はボケ、ツッコミ、オチに厳しすぎて、話すときに緊張する」

    ぼくは毎日、毎日、文章を書き、頭のなかのモヤモヤを言語化しているわりには、喋りの方はからっきしで、いつも会話ストッパーばりにピントの …

「3人の女性に告白されています。結婚相手をどう選べばいいでしょうか?」

    世の中は不条理である。 死ぬほど頑張っても報われないこともあるし、みんなが休んでいる間、FacebookにBBQ写真をアップしてウェ …

【MacBook Airが水没から復活】コーヒーをこぼしてから8時間で復旧するまでの全手順

ビジネスマンにとって、パソコンは仕事の生命線ですよね。 とくに自宅で仕事をするフリーランサーや、自前のデバイスで仕事をする人は、パソコンの調子が仕事の出来を左右 …

「もう死にたい…」 悩める友人からメールがきたときの回答。

    出張先のホテルで寝ようとした午前0時頃。 「もう死にたい…」という強烈な言葉が主語になったメールを受けとり、差出人を確認すると、職場 …

「年間600人」の悩み相談をして気づいた、良いアドバイスのコツ

    昔からのことなのですが、人からよく相談を受けます。 我ながらよく受けるなぁと思っていましたが、気になって先月に受けた相談をメール、L …

孤独を癒やす方法は2つしかない

「孤独を癒やす方法はありますか?」 おもしろい質問をいただきました。 ぼくは人と比べて友だちの数が少ないとか、孤独だとか、普段はあまり気にしないほうですが、この …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です