ミラクリ

鬱から成功するブログ

仕事人は「おごってくれた先輩」に、お返しできて一人前

 

仕事人は「おごってくれた先輩たち」に、お返しできて一人前

 

今まで先輩方にどれぐらい食事を奢ってもらったか分かりません…。

数十万円の話ではなく、それ以上…もちろん沢山の方にご馳走していただいてるのですが、金額を考えると恐ろしくなります…。

 

ありがたいことに、可愛がってくれる先輩方に恵まれました。

会社員時代は、ときにボーナス後に「今日はぼくが払いますっ!」と言っても、「なに言ってんだ!!」と逆に怒られる… ぼくがお世話になった方々には「割り勘」という概念がなく、全額支払ってくれることがほとんどでした。

 

今になって考えてみると、いかにその人たちの器が大きいか?を、あらためて痛感させられます。若く、知識も経験もなく、何も持たない若者にお金をかけて、食事をご馳走してくださるんですからね。

 

でも最近になって「嬉しい!」と感じることが、少しずつ増えています。

スポンサーリンク

たまにはお世話になった方に、おごり返す

30代になって、少しずつ恩返しができるようになりました。

そして先輩方も、「今日はぼくが払います!」という申し出を快く受けてくださるようになりまして、少しだけ対等になれた気がしてうれしいです。

 

今までは子供扱いだったのに、少しだけ大人の仲間入りをした…そんな気持ちになりますね。(全然対等じゃないし、何回かの食事でお返しできるようなものじゃないですけどねw)

 

「おごり返す」というのもおこがましいけど…

いつもニヤニヤしながら、財布をだす素振りをしながら、「ごちそうさまです!」と言うのではなく、最初に「今日はぼくが払いますから!」と言ってもいいし、先輩がトイレに行った隙に支払ってもいいわけです。

 

普通におごろうとすると、怒られたりしますからね(笑)

参考:食事・飲み会で「奢る人」と「ごちそうになる人」の流儀。

 

 

感謝の気持ちをカタチで表現する

ときには、感謝をカタチで表現することが大事だと思っています。

プレゼントをお贈りする…ことも良いですが、食事やお酒をご馳走になったら、食事やお酒でお返しするのもいいです。

 

男から男へのプレゼントはちょっと…というのもあります(笑)

 

たいてい食事に連れて行ってくださる方は、お酒が好きだったりしますから、その日はしこたま飲んでもらう、そんな配慮ができれば相手も喜びますし、ぼくが先輩の立場のときでも、「可愛がってる後輩」と飲む酒は、美味しかったりしますから。

参考:「自慢話」を聞くことで、人と仲良くなれる理由

 

 

「後輩の成長」を見られて、うれしい気持ちに

先輩から「お前に奢ってもらうなんて、大人になったんやなぁ…」みたいなことを言われます。

 

昔はちんちくりんの若造で、とにかく大量にメシを食っては、大量に酒を飲む…みたいな感じだったのに、落ち着いて話をして、最後はお金を払ってくれる… それが「大人の所作」に見えて、成長を感じるのかもしれません。

 

いずれにしても、もの凄く喜ばれます。

でも、最終的には「じゃあ二次会は俺が!」などと言われてチャラに…いや、それ以上にあらたな貸しを作ったりするんですけど(笑)

 

それでも後輩におごられるというのは、うれしいようですよ。

参考:裏なんばで40年。老舗スナック・ママの「メディアに出ない理由」には、愛情しかなかった。

 

 

「恩返し」を仕事のモチベーションにすること。

恩返しをすることは、仕事のモチベーションになります。

先輩に対して奢るということは、それだけちゃんと仕事をして、お金を稼いでいる証拠でもありますから、それが一番の「いい報告」になります。

 

それとは別に仕事をお願いしたり、仕事をいただくの関係でも恩返しをするなど、お世話になった人に対して貢献できるのは、とてもうれしいことですね。

 

きっとまだまだお世話になりますが(笑)

それでも時間をかけて、少しでも返していきます。

 

そして次は後輩たちにっ!

参考:悩みを相談するのが上手な人と、下手な人の4つのちがい。

 

ミラクリから一言

ゴチになりますっ!

 - お金

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

ユニクロとGU(ジーユー)の間に存在する意識格差
年収が95%下がった環境で、楽しんで仕事をしている人がいた。

  元日本代表アスリートの話を聞いたときのこと。   一番印象に残っているのは、話の内容よりも彼の「穏やかな表情」だった。

買わない理由は5つもあるから「家を買え!」とは言わないでくれ!

  結婚してから、そして30代になってから困ってることがあります。 それは「家を買え!」って言われることが多いんです。   このブログでも何 …

お金が無いけど一人暮らしはしたい!夢を実現するための貯金・節約術

やりたいことを実現するためには、お金が必要です。 自分自身で家を借りて、生活をやりくりする「一人暮らし」もそのひとつですよね。 一人暮らしを始めるには、約40〜 …

仕事の「信用を積みあげる期間」と「お金を稼ぐ段階」を混同すると、もー大変w

    あるフリーランスの知人から相談がありました。 それは「仕事がどんどん増えてきたのに、イマイチ収入アップにつながらない…」というもので …

1時間で7万円支払った! 夜の「タイラウンジ」でぼったくられる3つの秘訣

    先日、至極普通のおかまバーでぼったくられた話をオカマバーで4万円! ぼったくりで刻まれた「何をするか」よりも「誰とするか」.という記 …

【お金持ちが大切にしている習慣】お金を生み出す人は考え方が違う

「将来はお金持ちになりたい!」 子供の頃、そんな夢を描いた人も多いと思います。 大人になった今でも、お金持ちなることを夢見て頑張っている人もいるでしょうね。 金 …

【銀行員に聞いてみた】お金が無い人、貯まらない人が持つ12の特徴

「人生はお金が全てではない」とは言え、生きてゆくためにはお金が必要ですよね。 ときには給与明細を見て将来に不安を感じたり、貯金残高の増減が心配になることもあるで …

財布に「現金1,000円」しか入れない人のクレジットカード活用方法を公開するよ!

  (これが本日の財布の中身…)   驚かれることも多いのだが、ぼくは基本的に現金1000円しか持ち歩かない。 それに多少の小銭、クレジット …

「お金を稼ぐ力」に必要な3つの要素が、なかなか衝撃的w

    ぼくは今フリーランスですが、株式会社を設立するにあたって「お金を稼ぐこと」の意味をあらためて考えなおしています。個人事業主であれば「 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です