ミラクリ

鬱から成功するブログ

【冷え切った夫婦仲が良くなる習慣】夫婦円満になるために大切なこと

夫婦仲は、良くありたいものですよね。

やはり夫婦喧嘩をすると気まずくなりますし、家庭内の不穏な空気は子供にも影響を与えます。

幸せにすることを誓いあった夫婦が、日増しに不仲になっていくのは悲しいもの。

お互いのことを理解しあい、支え合えるのが理想だと思います。

いつ見ても夫婦仲がいい、夫婦円満な人たちは何が違うのでしょうか?

また、どんな習慣を大切にしているのでしょうか?

今回は、夫婦仲が良くなる習慣を紹介します。

スポンサーリンク

夫婦仲が冷え切ってしまう原因

どのようなことが原因で、夫婦仲は冷え切ってしまうのでしょうか?

夫婦仲に悩む人や離婚経験者を観察してまとめてみました。

  • 価値観の違い
  • 態度の悪さ
  • 子供の教育に関する意見の相違
  • 育児と家事の分担
  • 収入・貯金への不満
  • スキンシップの減少
  • 夜の夫婦生活の減少
  • 不倫(浮気)

夫婦仲が冷え切る原因は、元をただせば「価値観の違い」に集約されます。

子供の教育、家事、育児、収入などに対する考え方の違いを許容できず、それが徐々に態度にでてしまい、不仲につながる。

すると会話やスキンシップが減少し、最悪の場合は不倫、あるいは離婚につながることも。

お互いの尊厳を失ったら、家庭内は荒れてしまいます。

これで円満に!夫婦仲が良くなる習慣

では、いつも夫婦仲が良い人たちは、どんなことを習慣にしているのでしょうか?

どんな夫婦でも意見の相違はありますし、ときには夫婦喧嘩もするはずですからね。

たとえ価値観が違ったとしても尊重し合える夫婦は、何が違うのでしょうか?

1日の終わりに感謝を伝える

夫婦仲を良くするためには、まめに感謝を伝えることが大切です。

たとえば旦那さんは、奥さんに「いつも美味しい食事を作ってくれてありがとう」と言うこと。

奥さんは、旦那さんに「いつも仕事を頑張ってくれてありがとう」と伝えることです。

育児や掃除、そばに居てくれることへの感謝でも構いません。

「そうするのがあたり前」「自分のほうが感謝されるべき」と考え始めた瞬間から、夫婦関係は破綻しはじめます。

挨拶を欠かさずする

どれだけ結婚生活が長くなろうとも、挨拶を欠かさずすることも大切です。

挨拶は、次のような基本的なもので構いません。

  • ありがとう
  • おはよう
  • おつかれさま
  • おやすみ

上記は友だちや職場の同僚にもする、基本的なものですよね。

朝起きて、奥さんに何も言わずに会社に向かう。

夫が帰宅しても会話をせず、そのまま寝てしまう。

そんな状態は、冷え切った夫婦の典型です。

家に帰りたくなる環境を作る

円満な夫婦は、家で過ごす時間が長い傾向にあります。

それはきっと自宅が最も落ち着ける場所だからでしょう。

「早く帰りたい」と思える環境を作れば、自然と帰宅するようになります。

具体的には、次のようなことに気を配ってみてください。

  • 家の中を整理整頓する
  • 不要品を処分する
  • 本格的な料理をつくる
  • まめにコミュニケーションを取る
  • 美味しいコーヒー&紅茶を用意する

清潔な家とお気に入りのもの。

この2つがあるだけでも、気分は高揚します。

ポジティブな会話を心がける

夫婦仲を良くするためには、ポジティブな会話を心がけることも大切です。

円満な夫婦は、ネガティブな会話をあまりしません。

近所の人の悪口や会社への不満、上司の批判など、ドロドロした会話を好まないようです。

誰かの悪口を聞かされるのは気持ちのいいことではないので、つい聞き流してしまい、そんな態度が夫婦喧嘩の原因になることもあるでしょう。

パパ&ママの前に、男性&女性であることを忘れない

夫婦仲が良い人たちは、いい意味で異性を意識しています。

つまり既婚者であっても、子育て中でもあっても、1人の男・女であることを忘れていないということですね。

たとえば、次のような身だしなみにも余念がありません。

  • 髪の毛や髭を整える
  • おしゃれをする
  • 定期的にショッピングに出かける
  • トレーニングやヨガで体を鍛える
  • 低カロリー&高タンパクの食事を心がける
  • まめにお化粧をする
  • 美容に取り組む
  • 外出するときは服装をビシっと決める

奥さんがいつまでも綺麗でいれくれたら、うれしいですよね。

逆に旦那さんがいつまでもカッコよかったら、ずっと好きでいられるでしょう。

誕生日や結婚記念日にプレゼントを贈る

夫婦仲を良くするためには、誕生日や結婚記念日にプレゼントを贈ることも大切です。

これは決して「モノで釣る」という意味合いではありません。

誕生日や結婚記念日を覚えているということは、パートナーを尊重していることの証だからです。

バレンタインデーやホワイトデー、クリスマスといったイベントもありますが、まずは誕生日と結婚記念日が大切。

その日は感謝の品を用意し、相手に愛情を伝えましょう。

夫婦円満の秘訣は、次の記事でも解説していますよ。

夫婦関係の修復が難しい状態もある

夫婦仲はいつまでも円満なのが理想ですよね。

しかしながら、ぼくの周りにいる離婚経験者を見ていると、夫婦関係の修復が困難な場合もあるようです。

夫婦関係がもはや取り返しのつかないところまで悪化すると、残念ながら離婚(破局)を迎える可能性もあります。

次のような状態の夫婦は、とくに注意してください。

  • 会話がない
  • 夫婦間のいがみ合いが多い
  • 夫がほとんど家に帰ってこない
  • 仮面夫婦
  • 妻の浪費癖が直らない
  • 喧嘩を通り越して、無視している
  • 不倫(浮気)に走っている
  • お互いに自己主張ばかりしている
  • 休日の過ごし方がワンパターン
  • 極度のマザコン、ファザコン
  • 夫の仕事が忙しすぎる

もちろん夫婦関係の修復は不可能ではありませんので、諦めないでくださいね。

世間一般の夫婦関係の実態

次に、世間一般の夫婦関係の実態を紹介しますね。

ここでは、明治安田生命が行った調査データを引用します。

全国の20~79歳の既婚男女、1,619人を対象に行われたこの調査を見れば、「夫婦仲がいい」の定義が少しずつ明らかになるでしょう。

平日の会話時間が「1時間以下」の夫婦が約60%

既婚男女に「平日の夫婦の会話時間はどれくらいですか?」というアンケートをとったところ、次のような結果が得られたそうです。

平日の会話時間は、約6割の夫婦が「1時間以下」(58.0%)、休日の会話時間は、約7割の夫婦が「1時間超」(71.3%)と答えています。

会話時間の平均は、平日が「96分」、休日が「233分」という結果となりました。

引用元:「いい夫婦の日」に関するアンケート

平日の会話時間は、「1時間以下」が58.0%もいるそうです。

これを多いと見るか、少ないと見るかは意見が分かれるでしょうが、個人的には少ないと思いました。

仕事が忙しく、旦那さんが深夜に帰宅するような状態であれば、まだわかりますけどね。

夫婦円満の秘訣は会話、感謝、尊重など

「夫婦円満のために必要なものは何か?」というアンケートをとったところ、次のような結果が得られたそうです。

夫婦円満のために何が必要であるか聞いたところ、トップは「よく会話をする」(81.3%)、次いで「感謝の気持ちを忘れない」(76.3%)、「相手を尊重・信頼する」(67.2%)となっています。

コミュニケーションを多くとることや、相手を思いやる気持ちが夫婦円満の秘訣のようです。

引用元:「いい夫婦の日」に関するアンケート

会話(コミュニケーション)、感謝、尊重は、三種の神器ですよね。

夫婦関係だけではなく、ほとんどの人間関係において大切なものだと思います。

気配り、家事協力、禁煙は夫婦円満の特効薬

「夫婦関係で不満なことは何ですか?」というアンケートを実施したところ、円満な夫婦とそうではない夫婦には、次のような違いが見られたそうです。

夫婦間の不満を夫婦円満度別でみると、「円満である」と「円満でない」とでは、「気が利かない」(20.5ポイント差)、「家事の協力をしない」(18.1ポイント差)、「タバコを吸う」(15.0ポイント差)の3項目について特に差が開いています。

“気配り”“家事協力”“禁煙”が、不満解消・夫婦円満の特効薬なのかもしれません。

引用元:「いい夫婦の日」に関するアンケート

気配り、家事協力、禁煙は、夫婦円満の特効薬かも?とのこと。

これは「鶏が先か卵が先か」の話ですが、夫婦仲が悪くなったあとに、気配りの無さなどが気になりはじめるのか。

それとも気配りの無さなどに不満を持っていたから、夫婦仲が悪化したのか。

家庭によって違うと思います。

いずれにしても、気配り、家事協力、禁煙が夫婦円満のキーポイントになりそうです。

夫婦円満でいるためには、お互いの努力が必要

それなりに長く結婚生活を続けている人はわかると思いますが、夫婦円満でいるためには、お互いの努力が必要です。

夫婦関係がうまくいかないときは、どうしても「相手の努力が足りない」と思いがちですが、実はそうではありません。

ちょっとした行き違いや誤解、あるいは不満が時間をかけて積み重なり、それが不仲につながるのですから。

結婚生活に浮き沈みはつきものですよね。

ずっと夫婦仲が良いのが理想ですが、アップダウンを経験して、夫婦として、親として成長していくのも事実だと思います。

パートナーを大切にしてくださいね!

夫婦の問題に関する記事

結婚生活がそれなりに長くなると、いろんな問題に直面しますよね。

次の記事も参考にしてください!

ミラクリから一言

ぼくもいろんな失敗をしています(いまだに…)

 - 夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【夫婦仲が子供に与える影響】子供がすくすく育つ夫婦関係とは?

「夫婦仲は子供にも影響を与える」 「子供の将来は家庭環境で決まる」 そんな噂を聞いたことはありませんか? たしかに夫婦仲が良いに越したことはありませんし、そのほ …

【夫婦円満の秘訣】冷え切った夫と嫁の関係を改善する方法

一生をかけて愛し合うことを誓った男女が、いつの間にか不仲になる。 結婚生活が長くなるごとに、どんどん夫婦関係が冷え切ってしまう。 最近では、互いに触れ合うことは …

結婚したことで失った3つの孤独

  フォロワーさんから聞かれたのですが、ぼくは今で結婚7年目です。 結婚するまでは、誰かと付き合っても最短3日〜最長6ヶ月みたいな、「誰かと共に過ごす …

【夫婦で話し合いたいお金の管理】結婚後の家計管理のパターンを紹介

結婚してからまず戸惑うのは、お金の管理ですよね。 独身時代は、自分の収入と、貯金と、出費だけを管理していればOKでしたが、家族ができたらそうはいきません。 夫婦 …

子供が欲しくないのに「妊活」する人がいると聞いて愕然とした。

  ルールとして明文化されているわけでもないのに「◯◯して当たり前」となっていることがありますよね。 特に人生設計についてはそうで、下記のような記事を …

【夫婦喧嘩の原因と仲直り術】夫と妻の不仲がもたらすリスクとは?

夫婦喧嘩をしたときは、嫌な気分になりますよね。 大切なパートナーだからこそ、微妙な行き違いがあったときに感情的になり、怒りを爆発させてしまいます。 なかには喧嘩 …

それって「阿吽の呼吸」ですか? それとも怠慢ですか?
「子供は3〜5歳で決まる」予備校講師:林修氏の教育論が凄まじく参考になる!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今まで講師として勉強ができる子供たちを数多く見てこられた経験から、トッ …

【夫婦間におけるモラハラ】モラルハラスメントの特徴と対策を徹底解説

「モラハラ」という言葉が広く知られるようになりました。 有名芸能人の離婚原因が「夫のモラハラ」だったり、「職場の上司のモラハラ」が原因でうつ病になったり。 モラ …

【夫婦喧嘩の原因と対処法】絶対にやってはいけないNG言動も紹介

夫婦喧嘩をしたときって、本当に気まずいですよね。 いつもなら楽しく会話する食事の時間がシーン…。 寝室でもコミュニケーションのきっかけがつかめない…。 沈黙する …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です