ミラクリ

鬱から成功するブログ

ものすごく簡単なクセに、仕事で圧倒的な差がつく2つの方法

 

2つだけ! ものすごく簡単なクセに、圧倒的に差がつく仕事のやり方

 

「フリーランスとして仕事をする上で、気をつけていることはありますか?」という質問をいただいた一方で、「フリーランスで一年ちょっとやってきたぐらいで粋がってんじゃねぇ。ブログなんか書いてる暇があったら仕事しろよ、コイツ!」というご批判を同時にいただいた湿気の多い時期、どうもです。

 

それでもめげずにブログを書くのだ(笑)

 

「仕事のやり方」についてよく聞かれる。

でも「フリーランスだから…」「会社員だから…」と区別したことは一度もなく、やり方自体は会社員時代から何も変わっていないような気がしている。

 

細かいハウツー、ノウハウをお求めの方は、他ブログへどうぞです。

こちらではもう少し根源的な考え方を2つ紹介したい。

スポンサーリンク

納期は「前倒し」する

納期、締め切り、期限を守るなんて”当たり前”だ。

しかし社会に出て気付くことは、「約束を守れない人は意外に多いこと」だったりする。

 

だから常に仕事の納期を守る人は、それだけで評価をされるもの。

ただし、それでは「一歩」抜けだしただけで、圧倒的な差が生まれることはない。

 

大事なことは、最低でも2〜3日は納期を前倒しすることだ。

参考:30代・男性から「やりたい仕事が見つからない…」と相談されたときの回答

 

依頼先に確認・校正の余裕を与える

仕事には依頼人がいるはずだ。

それが取引先の場合もあるだろうし、上司や他部署の場合もあるだろう。

 

それを一括りにすると”お客様”だ。

 

依頼した仕事が提出される

自分でチェックする

最終提出先に届ける

 

緊急の場合をのぞき、こちらに指定された期限には「依頼人が確認、校正する時間」も加味して任されることが多いが、中にはそれほど余裕のない納期を設定するタイプの人もいる。

 

仕事の提出は早いに越したことはない。

 

早ければみんなハッピー

仕事の質を追求することは言うまでもないが、それよりもスピードが大事だ。

 

なぜなら提出が早ければ、内容が拙くても修正する期間は十分にあり、お互いに途中経過を目にすることでアイディアが膨らみ、完成度が高くなることもある。

 

仕事の提出は早ければ早いほど、みんなが幸せになる。

あまりにも内容が拙いくせに提出だけが早いだけの人は、相手の負担を増加させ、圧倒的に嫌われることになるから気をつけよう。

参考:「変人」ほど、仕事がデキる理由

 

 

頼まれてない「おまけ」をする

子供は「おまけ付き」のお菓子を好み、今となっては大人向けの雑誌でさえも「付録付き」じゃないと売れない時代だ。

 

それぐらいみんな「おまけ」が好き。

仕事にもおまけをしよう。

 

これが意外とできない。

なぜなら皆それぞれの仕事を抱えており、「頼まれた仕事以上のことには、手間と時間をかけたくない」が本音だからだ。

 

だからこそ付加価値が高い。

参考:仕事の「信用を積みあげる期間」と「お金を稼ぐ段階」を混同すると、もー大変w

 

分析、考察、参考資料などを添える

頼まれた仕事とは別に、関連する資料や、商品に対する分析、市場の考察などを添えよう。

 

そうすることで提出した仕事を確認する上での根拠となったり、依頼人のなかで仕事の成功を確信するきっかけになったりする。

 

どこかの文献や、大層な資料を引用する必要はない。

あくまで自分が考えた分析、考察でいいし、それを簡単な資料にまとめるだけでいい。

参考:しばらくは評価されない仕事を、やり続けられる覚悟はありますか?

 

相手の欲求を先回りする

「おまけ」と称して、他で使いまわしてる資料の宛名と日付を変えただけのものを添えても、相手にはすぐ分かる。

 

使い回しの資料がピンポイントで役立つことはほとんどなく、資料は即ゴミ箱いき、メールは削除。

しかも「あなたの印象が悪くなる」という”逆おまけ”までついてくる。

 

やめよう、そんなことは。

(でもコレ多いんだよね…)

 

依頼人に向けて考え、資料を作ろう。

「その人にプレゼントをする」つもりで相手の欲求を先回りすれば、使い回しの資料は送らないはずだ。

参考:「強みを活かす」で仕事が無くなり、「ニーズに応える」で消耗しないこと。

 

 

ひと手間増やしつつ、スピードをあげる

まとめると、そういうことだ。

これをやるためには生産性を上げることも考える必要があるし、お客様の欲求を理解するためには心理学やマーケットを学ぶ必要もある。

 

でも、これだけで仕事は集まる。

間違いない。

 

ぼくが圧倒的な存在になっているのかは謎だ。

そんじゃーね。

参考:フリーランスで仕事がない時期に「あえての不動」にした理由

 

ミラクリから一言

お仕事ください!

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

成長したいならドMになって「自分よりレベルの高い人」と付き合った方が良い理由

  タイトルに有るような格言は、意識高いビジネスの世界ではよく言われることです。 でもそれを自分なりの言葉にしてみると、どうにも納得できる形にはならな …

「自分が勝てる場所を選べ!」林修氏が同期の東大生とは勝負しなかった理由が興味深い!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今のように予備校講師としてはもちろん、タレントとして人気になるまでには …

「仕事で成功したきゃ、キャバクラに行け!」→「は?」と思ってた自分を5発殴りたい。

    営業の仕事をしているとよく言われる言葉、それは「仕事(営業)で成功したきゃ、キャバクラ(夜の街)に行け!」というものだった。 &nb …

「自分を信じるな、他人を信じろ」:鳥井謙吾氏の名言が突き刺さった。
「環境が人を作る」 プロに頭をガツン!と叩かれ、教えてもらったこと。

    先日なかなか衝撃的な出来事がありました。 「環境が人を作る」と言いますし、ぼく自身も環境整備にはいつも注意を払ってきましたが、もっと …

優秀なデザイナーから「コンプレックスがやる気の源」と聞いて、驚いた。

    ある制作物の打ち合わせで優秀なデザイナーに会い、彼女の言葉に驚いた話。

「辞めた会社」の悪口なんか、手放そうよ。

    会社に就職し、様々な事情で退職 → 転職をする。 ぼくの親世代では「一社勤めあげ」が主流だが、いまの時代はみんなバンバン仕事を変え、 …

【仕事に疲れたときの7つの対処法】辞めたい、休みたいと思ったらとにかく実践

仕事に疲れた… 会社に行きたくない…。 そんなときはありませんか? 仕事のストレスを抱えている時期は、人生そのものが辛いですよね。 まずゆっくりと心身を休めてか …

本田圭佑選手に学べ!「試練」は目標を持った人だけに訪れる

  セリエA、ACミランに移籍した本田圭佑選手はいま大注目の存在です。 ぼくが本田圭佑選手をずっと前から好きだという、ただそれだけの理由なのですが、今 …

「変人」ほど、仕事がデキる理由

    ぼくはあまり人から理解されることが無いんですよ。 自分が「コレはおもしろい!」と思ったことはたいていスベるし、話の”間”も著しくズレ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です