ミラクリ

鬱から成功するブログ

30代・男性が「肌がキレイ! シワがない!」と、女性から言われるための美容法

 

30代・男性が「肌がキレイ! シワがない!

 

どうやらぼくは肌がキレイらしいです。

確かに言われてみれば、目元に皺(しわ)がない、小じわすらもない、全体的にピーーーン!と張ってるんですよね。

 

そしてシミもないし、たるみもない。

今まではそれが普通だと思っていたのに、お会いする人に「肌キレイっすね……若っ!!!」みたいに言われることが続いて意識するようになりました。(いや、まだ30代前半やしね…。)

 

その結果、たしかに同年代と比べて圧倒的にキレイでしたね(汗)

 

*謎のサービスショットw

肌がキレイ、シワがない

 

どうやってこんな肌を作ってきたんだろ…。

スポンサーリンク

肌トラブルに苦しんだ学生時代と20代

ぼくは肌弱いんですよ、すっごく。

乾燥肌なんで、小さいときからローションや保湿クリームのお世話になっていました。

 

当時は「メンズコスメ」なんか無かったし、男性で美容をする人もまだまだ少なかったんですよ。だから「もしかしてソッチ!?」みたいな感じで、奇異な目で見られました。(ストレートで既婚です、はい。)

 

でも化粧品を使い続けても、それだけでは改善には至りませんでした。

そうは思いながらも10数年、男ながらに美容を続けてきたわけです、変ですね…。

 

脂症・乾燥肌

ぼくは脂症のクセに乾燥肌という厄介なタイプです。

皮脂の分泌量が多いくせに、それを取り除きすぎると乾燥する… いつもこの対処に苦しんでいました。

 

テカるのも嫌… でも乾燥で粉をふくのも嫌…

もーーーどうすりゃいいんだ! みたいな感じです。

 

これが10数年です、思春期です、気狂いますよね。。。

 

ニキビ・肌荒れ

具体的な症状としてはどうか?と言えば、思春期の時代はとくに皮脂の分泌が激しく、汗もかくので、ニキビが大量にできました。今でも写真を見返すのがキモいですし、プロアクティブのCMでれそうです…。

 

そして冬になると、ニキビにプラスして乾燥がやってきます。

もうパキパキで、たまにグチュっとする、そんな感じです…。

 

ニキビは10代で完全に治りましたが、乾燥肌は20代の後半まで続きました。
 

どんな方法で改善されてきたのか? その方法を書いていきます。

 

 

水分を摂る

とにかく水をよく飲みます。

あまり厳密には管理していませんが、一日に2リットルは飲んでいます。(年中です。)コーヒー、ジュース、お茶でもなく「水」です、水を飲んでいます。

 

何となくの発想で、「乾燥肌=水分が足りない=水分を摂ればいい」と思い立ってから、一日に最低2リットルぐらいは飲むようにしました。

 

特別な水は飲んでいませんよ、水道水です(笑)

 

 

全身の乾きと、痒みがおさまる

乾燥肌は顔だけではなく全身でした。

年中ポリポリと身体をかいている状態でしたが、それが一気になくなりました。そして顔の粉ふきもなくなり、内側からふっくらするように、ハリがでてきましたね、不思議。

 

水分との科学的な因果関係は分かりません。

でも、水を意識して飲みだしてから、乾燥とサヨナラしたのは偶然ではないような気がしますし、ぼくにとっては合っていたのでしょう。

 

タバコもやめましたね。

 

 

石けんを使った洗顔は週に一度

ニキビ・乾燥に苦しんでいたときは、毎日の朝・晩、石けんで洗顔をしていました。

それは自分が脂症であることから、「毛穴を綺麗にしなければ、肌トラブルが良くならない!」と思い込んでいたからです。

 

でもあるとき、「もしかしたら皮脂を除去しすぎなんじゃね?」ということに気づき、それからは恐る恐る「水だけの洗顔」に切り替えました。

 

便通も重要です。

 

油分を除去しすぎない

ぼくにはこれが良かった。

基本的には水だけの洗顔をして、週に一回だけ石けんを使って洗顔をします。

 

すると肌の乾燥がなくなり、トラブルにも悩まされなくなりました。

きっと「毛穴を綺麗にしなければ!」という思い込みで、逆にゴシゴシと洗いすぎ、それも肌トラブルの要因になっていたのでしょう…。

 

たまに断食してます。

 

バルクオム(BULK HOMME)

 

少しだけ保湿する

お肌への保湿は最低限します。

 

昔は女性なみのスキンケアをしていました…。

洗顔石けん → ローション → エッセンス → クリームみたいなことを何年もやっていたので、スキンケアには多額のコストをかけてきました…(汗)

 

でも、どうやら「最低限の保湿」ができれば大丈夫みたいです。

 

市販品でサッと潤いを

これも特別なものは使っておらず、風呂あがり、洗顔後にニベアの乳液をサッと塗るぐらいです。

 

やはり肌が乾燥して、亀裂が入ってしまうと、それがしわ・トラブルの原因になるので、できるだけ早めに最低限の保湿はしましょう。

 

ぼくはニベアのスキンケアミルクを使ってます。(これで十分w)

 

 

生活習慣から改善することが一番の美容

ぼくが時間とコストをかけて、実施してきた美容法は以上で、つまりは「美容をし過ぎず、生活習慣から改善することが一番の美容」です。

 

これに気付くまでに時間とコストがかかった…(汗)

それぞれの体質や肌質、生活習慣によって方法論は変わってきますので、ぼくの方法がその基礎にでもなれば嬉しいですね。

 

そうそう。

でも最近は調子に乗って、メンズコスメで世界一を目指す「BULK HOMME(バルクオム)」を使い始めてます。外装・デザインにはコストをかけずに、中身の良さだけを純粋に追求したスキンケアですが、超いい感じですよ。

 

 

 

ミラクリから一言

モテたい!

 - 美容・健康

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

レニー・ゼルウィガーがまるで別人に。美容整形が怖すぎる。

  ロサンゼルスで行われた有名ファッション雑誌「ELLE」が主催する「ウーマン・イン・ハリウッド・アワード」に出席したレニー・ゼルウィガーさんが、まる …

【禁煙の効果】あえて1ヶ月間タバコを吸ってわかった喫煙のメリット・デメリット

ぼくは約10年前までたばこを吸っていました。 禁煙のキッカケは単なる思いつきでしたが、タバコとライターをゴミ箱に捨てて、それっきりです。 禁煙してからはランニン …

ミランダ・カーがメイクよりも優先する「瞑想」にはすごい効果があった!

  瞑想が近年急速に流行ってきてる気がします。 少し前までは「瞑想してる」というと、何やら宗教的なアレだと思われた気がしますが、今は結構普通になってき …

【禁煙の方法まとめ】スムーズにたばこを止めたい人は必見です!

ぼくは約10年前まで、たばこを吸っていました。 1日あたり10〜20本と、たばこの本数はそれほど多くありませんでしたが、禁煙を決意するまでは大変でした。 それな …

低カロリー食品!日清「ごろっとグラノーラ」がとにかく美味しい

  年末年始の暴飲暴食による体重増に苦しんでる時に、「グラノーラ」というものの存在を知りました。   少し前に宿泊していたホテルの朝食で初め …

【禁煙の離脱症状】めまい・気だるさ・眠気などに襲われたときの対策

禁煙には「離脱症状」が伴います。 たばこを止め、覚醒作用のあるニコチン依存から脱出しようとするならば、身体に何らかの違和感がでるのも無理はありません。 ぼく自身 …

コンプレックスに悩む人にお勧めしたい、断食と瞑想の効果が劇的すぎる!

    「人と話すのが苦手、ズレてる、ルールを守れない、抜けが多い、手足が短い etc…」 ぼくも無数のコンプレックスと一緒に歩いてきた人間 …

「ふぁぼる」ことから始まる愛! Twitterで気になる人を一本釣りする3つの手順

  時代が変われば恋愛術も変わります。「出会いが無い・・・」と嘆いてるあなた!インターネットに「出会い系」というレッテルを貼ることなかれ、SNSだって …

人にモテたい奴は、クソリプでナンパしろ!

  2015年になってからTwitterの使い方を大きく変えた。 今までは自分のメモ代わりとしてのつぶやきや、ブログの更新通知に利用していたのだが、人 …

ヘルシーな朝食!カルビー「フルグラ」の美味しさがハンパじゃない

  ぼくが初めてホテルの朝食で「グラノーラ」を食べたときには「なんだこれ?」と感じ、それと同時に「なんかおいしい!」とも思っていました。色々調べると、 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です