ミラクリ

鬱から成功するブログ

「金遣いが荒く、ギャンブル好きな彼氏と結婚したい」

 

「浪費家で、ギャンブラーの彼氏をなんとかしたい。」

 

「金遣いに、その人の本質がでる」

と言われるが、普段はまったくお金を遣わずに、旅行や、大事な人のためにはバーーッと遣う自分はどんな評価をされているのだろうか…気になる今日このごろです。

 

(ちなみに会社員時代は家に財布を忘れても、お金を遣う場面がないので、通勤用のICカードだけで全然平気、みたいなノリで過ごしていました。)

 

金遣いは3パターンに分かれる。

・荒い人

・普通レベルの人

・倹約家の人

どれが良いというのは一概には言えない。

 

人のために豪快に遣う気持ちのいい人もいれば、払うべき場面でも財布をギュッと締めることで「金に汚い…」と言われるような人もいる。

 

その中でも「浪費家」「ギャンブラー」には注意したい。

スポンサーリンク

浪費家の人

ある女性から寄せられた質問はこんな感じだ。

 

私の彼氏は浪費家です。

夜遊びもスゴくて、先月はキャバクラで70万円も遣っていました。

 

服もたくさん買います。

そして休日になるとパチンコ、スロット、競馬に出かけて勝ったり、負けたり。

 

3年ほど付き合っており、結婚を考えているのですが、このようなお金の遣い方を見ていると、本当に結婚してもいいのか?心配です。

 

いるいる(笑)

自分も20代前半までは、「ある以上に遣うタイプ」だったし、マジでヤバかった。

 

幸いなことに、20代中盤ぐらいで落ち着き、結婚するまでには今のような「あっても遣わないタイプ」に変貌していた。

参考:「お金では解決できないことを学びたい」と、数億円の資産家たちは言った。

 

 

放っておけ! そして見極めよう

「結婚を考えている」とは言え、まだ彼氏・彼女の状態。

彼氏のお財布事情にバンバン口を出せる状態ではないかもしれない。

 

でも、大丈夫。

放っておけ! そして見極めよう

手のひらで転がせばいい。

 

「結婚してみたら浪費家だった」「”お金がある”と言われていたのは嘘だった…」みたいになるよりは、よっぽどいい。

 

結婚するまではとにかく「いい人」を装い、いざ入籍したらアレコレでてくる…そんな事例は山ほどある。

 

週イチで離婚相談に乗っているぼくが言うのだから間違いない(笑)

参考:資産数億円たちと付き合って理解した! お金持ちがケチだと言われる理由

 

「結婚したい」と伝えれば、変わるのか?

これが一番重要だ。

彼氏との結婚を考えていることは相手に伝えてる? もしまだなら、結婚を見据えた真剣なお付き合いであることを伝えてみよう。(”プロポーズ”のような、重いものではなくていい。)

 

ここで変わらなければアウトだ。

恐らく、結婚した後も浪費家でい続けるし、ギャンブルも飽きるまではやるだろう。

 

信じられないかもしれないが、お金を浪費する人は、ほとんど依存症だ。

家族と子供ができて、独自時代よりもお財布事情がキツくなったとしてもやる。

 

「無いものを遣う」タイプになる。

ほとんど病気なのだ。

参考:気をつけろ! 「お金がなくても幸せ」と「稼げない」は全く違うから。

 

 

最後の歯止めが効かない人間とは、結婚しても辛いだけ

同じ金遣いが荒い人でも「将来的には自分に返ってくる」つかい方をしている人もいる。

財布からでていく金額が同じでも、人のため、事業のため、社会のために遣うことと、自分の欲求を満たすためだけにつかうのはまったく違う。

参考:お金の不安を劇的に解消する! カルト的な方法を3つ教えるよ。

 

「自分の欲求を満たすためだけにお金を遣う人」が浪費家だ。

つまり、そのお金は自己満足以上には何も生み出さない。そして「ラッキー!」のレベル以外では、自分に返ってくることもない。まずない。

 

そして浪費家の致命的なところは。

何事においても「最後の歯止めが効かない」ところにある。

 

お金、酒、オンナ、恐らくなんでもそうだ。

一緒になって自分が更生させられる自信があるのならいいが、結婚の意思を伝えても、何も変わらなければ、生涯のパートナーとしては選ばないほうがいい。

 

今は浪費家を矯正しようとしなくてもいい。

結婚の意思を伝えて、じっくりと観察すれば大丈夫。

 

そこで改善の兆しが見えなければ、スッパリと次に行ったほうがいいよ。

その瞬間に変わるかもしれないが…。

 

それはまた、そのときに考えよう(笑)

参考:フリーランスが料金未払いにあったら…回収よりも「絶縁」しましょう。

 

ミラクリから一言

泳がせればいいのだっ!

 - お悩み相談

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「大阪人はボケ、ツッコミ、オチに厳しすぎて、話すときに緊張する」

    ぼくは毎日、毎日、文章を書き、頭のなかのモヤモヤを言語化しているわりには、喋りの方はからっきしで、いつも会話ストッパーばりにピントの …

「年間600人」の悩み相談をして気づいた、良いアドバイスのコツ

    昔からのことなのですが、人からよく相談を受けます。 我ながらよく受けるなぁと思っていましたが、気になって先月に受けた相談をメール、L …

「友だちが少ない」ってそんなに重要な問題なの?

  以前に書いた「友だちが少ない」ことを前向きに考えるための話.という記事にコメントを頂きました。   @enrique5581 この記事を …

「会社で無視されています(30代・女性)」と相談されたときの回答

    人付き合いは楽しいけれど、ときに難しい。 どんな人にでも上手に合わせられるスキルフルな方は羨ましく、自分はよく距離感を間違えてモメた …

上司に手柄を横取りされたときの考え方

「プロジェクトの成果を上司に横取りされました。どうしても許せません」 こんなメッセージをいただきました。ありがとうございます。 会社組織なら絶対ありますよね、こ …

孤独を癒やす方法は2つしかない

「孤独を癒やす方法はありますか?」 おもしろい質問をいただきました。 ぼくは人と比べて友だちの数が少ないとか、孤独だとか、普段はあまり気にしないほうですが、この …

人たらしを観察してわかった「気遣い」の正体

「気遣いがまったくできず、人からよく注意されます。コミュニケーション能力も含めて、どうすれば人間関係のスキルが向上するでしょうか?」 こんなメッセージをいただき …

「もう死にたい…」 悩める友人からメールがきたときの回答。

    出張先のホテルで寝ようとした午前0時頃。 「もう死にたい…」という強烈な言葉が主語になったメールを受けとり、差出人を確認すると、職場 …

「3人の女性に告白されています。結婚相手をどう選べばいいでしょうか?」

    世の中は不条理である。 死ぬほど頑張っても報われないこともあるし、みんなが休んでいる間、FacebookにBBQ写真をアップしてウェ …

「自意識過剰で、人目を気にし過ぎることに悩んでいます。」

    大好物のカレーを昼と夜に食べ終わった後、自分が糖質制限中であることを思い出したが、後悔はしていない。いま話題のライ◯ップなどに頼らず …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です