ミラクリ

鬱から成功するブログ

ムカついたときに一瞬で怒りを鎮める裏ワザ

「めちゃくちゃ怒りっぽい性格で、ムカついたら感情のコントロールができません。妻や同僚からも”短気”だと言われてしまいます。」

こんなメッセージをいただきました。ありがとうございます。

わかりますよ、ぼくも短気ですから。

人から見ればどうでも良いことでムカついて、いつまでも鎮火できずにいるんですよね。

そんなドロドロした感情とは、サクッとお別れしたいものです。

今回は仕事や人間関係でめちゃくちゃムカついたときの対処法をお教えします。

もしかすると抵抗を感じるかもしれませんが、まぁ聞いてください。

スポンサーリンク

有効な対策は「思いっきり上から目線になること」

自分でもどうしようもないくらい腹が立ったときは、思いっきり、これ以上ないくらい上から目線になってみてください。

ムカつくということは、相手がいるはず。

その相手が同等か、”ちょっと下”だと思っているときに、人は腹を立ててしまうみたいです。

だから思い切ってグ〜〜〜〜〜ンと上に行くんです。

「2歳年上の先輩」ぐらいでは全然足りません。

「天界から外界を見下ろす」くらいの状態になってください。

「上から目線」という言葉に抵抗を感じるかもしれませんが、あくまで心の中ですよ。しかも怒ったとき限定です。

ちょっとイメージしづらいかもしれませんので、具体例を紹介しますね。
 

具体例:理不尽な怒られ方をしたとき

理不尽な怒られ方をするときってありますよね?

たとえば自分はまったく関知していない仕事のことで怒られるとか、失敗の責任を押し付けられるとか、大人って大変ですよね。

たとえば会社のB部長(48)に対して、猛烈にムカついたとします。

では、上から目線をここで発動!!

天上から見るB部長はどうですか? かわいくないですか?

「そうか、君はまだそこにいるのか。じゃあ人に責任を押し付けたくなるのもしょうがないよな」

「社長にミスを報告できなかったんだな。理不尽だけど、君が成長してくれるなら甘んじて受け入れるよ」

ちょっと気持ちが楽になりませんか?
 

具体例:「お前が言うなよ…」的な指摘をされたとき

「お前が言うなよ…」的な指摘をされるとムカつきますよね。

今回はまったく空気を読めない同期のDさん(28)に、「いい加減、空気読んだら?」と言われてムカついたとします。

では、上から目線をここで発動!!

天使たちを小脇に抱えながら見るDさんはどうですか? かわいくないですか?

「そうか、そうだよね。友達がいないんだもんね。孤独なんだね」

「人にキツイことを言ってかまってほしいんだね。わかったよ。付き合ってあげる」

ちょっと優しい気持ちになりませんか?
 
egg
 

怒りは人間の視野を極端に狭める

こうして文章で書いてみると、めちゃくちゃイヤな奴みたいですね…。

でも、困っている質問者さんのためになるなら、まぁいっか。

ここまでは「上から目線」という言葉を使いましたが、要は広い視点で見ようということです。

怒るときって、極端に視野が狭くなりますよね。

ぼくが3日前にムカついたときなんか、目の前に落ちていたチョコフレークしか見えていませんでしたよ。

決して大げさじゃなく。
 

広い視点を持つと優しい気持ちになれる

どうやら怒ると人間の視野は狭くなるみたいです。

猛烈にムカついたら、まずはトイレか給湯室に駆け込んで、深呼吸をするか、おいしいコーヒーを飲みましょう。

ちょっと気持ちが落ち着いてきたら、意図的に上から目線になって、怒りのターゲットを微笑ましい表情で眺めてください。

怒った状態での判断、または行動なんかロクなもんじゃないですよ。

ぼくが言うまでもないかもしれませんが、チョコフレークしか見えていない状態で下した判断なんか、間違って当然ですから。
 

心の中で実践してください・いつも上から目線だと嫌われます

善良な大人の方はおわかりかと思いますが、今回紹介した方法はあくまでも心の中で実践してください。

普段から上から目線だと、人間関係のトラブルになるどころか、嫌われる原因になりますからね。

そうそう、急に思い出した。

10年ぶりに再会した先輩から「お前、えらい上から目線の文章書いてるな」と言われて、めちゃくちゃムカついたときも、心の上から目線で優しく対処しましたよ。

ぜひ実践してください。

 

ミラクリから一言

今日も優しい気持ちで。

 - ストレス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【負けず嫌いな人の心理と10の特徴】勝ち気な性格を上手に生かそう

負けず嫌いな性格がいき過ぎると、ストレスが溜まりますよね。 誰に対してもライバル心が湧いてしまったり、嫉妬に苛まれたり。 その勝ち気な性格を健全なガソリンにでき …

【スマホ依存症を克服する14の方法】依存の原因・危険性とは?

「スマホ依存症」になっていませんか? 暇さえあればスマートフォンを触る毎日。 リアルタイムに情報を得なければ不安になり、スマホを家に忘れたら恐怖に襲われる。 そ …

早く忘れたい!公衆の面前で恥ずかしい失敗をしたときの対処法

「早く忘れたい失敗」は、誰にでもありますよね。 ぼくにもそんな失敗がいくつもありますし、今でも20年以上前の失敗を思い出すことがあります。 顔から火が出そうだ… …

【プレッシャーに打ち勝つ方法】ストレスを克服し、楽しさに変える

プレッシャーを感じて、本来の実力を発揮できなかった経験はありませんか? 人からの期待に応えようとしたり、過剰に責任を感じたりすると、失敗するのが恐くなると思いま …

【これで心が強くなる】メンタルを鍛え、スルー力を上げる方法

心を強くするには、どうすれば良いのでしょうか? 「ストレス社会」と言われる昨今、メンタルの強さはどんな立場の人にも要求されます。 できればストレスに強くなり、失 …

【憂鬱な気分を解消する方法】気分が落ち込んだときの過ごし方

憂鬱な気分になるのは嫌ですよね。 憂鬱になったときは、何かをする気力が無くなってしまいます。 仕事や人間関係など、憂鬱さの原因が明確なら対策もできますが、なぜか …

【仕事が憂鬱なときの対処法】会社に行きたくないときに実践!

仕事は楽しいのがいちばんですが、「憂鬱なとき」もありますよね。 会社が嫌だ、仕事に行きたくない、という思いにかられるときは本当に辛いものです。 1日8時間〜12 …

【3分でできる】心と体の疲れをチェックするストレス診断テスト

ストレスを自覚するのは難しいですよね。 「ストレスなんか感じたことがない」という人がうつ病になったり、ストレス耐性がありそうな人が急に体を壊してしまうのは、よく …

【いい人をやめる】好かれキャラを捨て、人間関係のストレスを解消する方法

「いい人」と言われるのはうれしいですが、人に合わせ過ぎるとストレスが溜まりますよね。 誰からも好かれる誠実なキャラクターになろうとし過ぎて、疲れることもあるでし …

「努力できない人」が「努力する人」になる方法

「努力できないこと」がコンプレックスになっていませんか? まわりの人はみんな何かに打ち込んでいたり、やりたいことをやっているのに、自分には目標がない。 目標がな …