ミラクリ

鬱から成功するブログ

【夫婦喧嘩の原因と仲直り術】夫と妻の不仲がもたらすリスクとは?

夫婦喧嘩をしたときは、嫌な気分になりますよね。

大切なパートナーだからこそ、微妙な行き違いがあったときに感情的になり、怒りを爆発させてしまいます。

なかには喧嘩を通り越して、逆に冷え切ってしまった夫婦もいるかもしれません。

「痴話喧嘩」で終わればまだいいですが、最悪の場合は離婚につながることも。

夫婦喧嘩は家庭内の空気にはもちろん、子供の心にも影響を与えますので、できるだけ早く仲直りしたいですよね。

でも、どうやれば関係を修復できるのでしょうか?

今回は、夫婦喧嘩の原因と仲直り術について解説しますね。

スポンサーリンク

夫婦喧嘩の頻度はどれくらいなのか?

まずは世間一般的な夫婦喧嘩の頻度について紹介しますね。

株式会社結婚情報センターが発表した、2009年の調査データを引用します。

ちなみにこの調査は、既婚男女660人を対象に行われました。

月1〜2回の喧嘩が27%

夫婦喧嘩の頻度について調査したところ、次のような結果になったそうです。

「配偶者とケンカする頻度」を尋ねたところ、「月1~2回」が178人(27%)で1位。

2位は「年1~2回」167人(25%)となりましたが、近畿地方では「数年に一度」が23%でトップ、甲信越地方は「週1~2回」が23%でトップになっており、地域差が見られる結果となりました。

用元:「夫婦喧嘩と仲直り」に関するアンケート(結婚情報センター)

夫婦喧嘩の頻度は、月1~2回が27%という結果ですが、これは多いでしょうか?

それとも少ないでしょうか?

毎日のように言い争いをしている夫婦もたまにいますからね…。

離婚危機を経験した夫婦が19%も

夫婦喧嘩が離婚危機に発展した夫婦の割合は、次のようになるそうです。

「離婚の危機に瀕したことがありますか?」と質問したところ、「はい」は122人(19%)という結果に。

地域別では、東海地方の「はい」が52%とかなり目立っており、北海道・北陸・九州地方の「いいえ」は87%と円満ぶりを示しました。

引用元:「夫婦喧嘩と仲直り」に関するアンケート(結婚情報センター)

感情的になっているとはいえ、離婚を口にするのは深刻ですよね。

ひどい言葉で罵られたり、結婚前には見えなかった凶暴性を垣間見たり。

よほどのことがあったのだと思います。

夫婦喧嘩の原因

では、どんなことが原因で夫婦喧嘩になるのでしょうか?

ちなみに先ほど紹介した調査によると、夫婦喧嘩の原因の1位は「態度・価値観(27%)」、2位が「子供関係(15%)」、3位が「家事関係(14%)」だそうです。

1つずつ紹介していきますね。

価値観の違い

夫婦喧嘩の原因になりやすいのは、価値観の違いです。

ちょっと曖昧なので、具体例をまとめてみました。

  • 食事の味付け
  • 休日の過ごし方
  • 掃除・整理整頓の仕方
  • 家事のやり方
  • 旦那と嫁の関係性
  • 男と女の役割分担
  • 子供との接し方

恋愛をしているときは許せたことも、ひとつ屋根の下で暮らし始めたらそうはいきません。

今までの人生で培ってきたお互いの価値観が、ときにぶつかります。

どちらかが譲歩できる関係ならいいですが、お互いに一歩も引かないようなら激しい喧嘩に発展するでしょう。

態度の悪さ

態度の悪さも夫婦喧嘩の原因になります。

たとえば奥さんが家事を一生懸命やってくれているのに、何も手伝わない。

逆に旦那さんが疲れて帰ってきているのに、無視をする。

怠慢な性格だったり、すぐに悪態をつくような人もいるかもしれません。

やはり態度の悪さはいつまでも目につくものです。

子供の教育に関する意見の相違

子供の教育に関する意見の相違も、夫婦喧嘩の原因になります。

たとえば幼児期には、「褒めて伸ばすか、叱って伸ばすか?」という議論があるでしょう。

または「習い事は何をするのか?」も大切な問題ですよね。

そして、小学生〜中学生くらいになると「学校は私立か、公立か?」という議論になります。

良い環境を与えるのが親の務めですが、一方で仕事や資金の問題も。

夫婦喧嘩は、そんな理想と現実を行き来しているときに生まれやすいものです。

育児と家事の分担

育児と家事の分担も夫婦喧嘩の原因になります。

いまは女性も働く時代ですから、積極的に家庭に入る男性も多いでしょう。

「イクメン」や「専業主夫」と呼ばれる人も、珍しくなくなりましたからね。

ところが未だに家事や育児を一切やらない男性もいます。

逆に仕事に熱中するあまり、家事や育児をアウトソーシングする女性もいます。

どのようなライフスタイルを選択するかは自由ですが、お互いが譲ることを知らなければ、相手に我慢を強いたり、努力不足を糾弾するようなことになるでしょう。

収入・貯金への不満

収入や貯金への不満が夫婦喧嘩につながることもあります。

たとえば旦那さんの稼ぎに不満があったり、奥さんの浪費家ぶりに憤るようなケースですね。

結婚したら、子供、分譲住宅、車、良い教育環境など、いろんなことにお金がかかりますので、常にお金の不安を抱えるのも致し方ありません。

でも、大切な問題だからこそ夫婦できちんと話し合い、計画を立てなければならないのです。

相手に任せっきりなのに、これといった目標もないのに、不満だけがあるような状態では、喧嘩が絶えないでしょう。

お金の問題で悩んでいるなら、次の記事も参考にしてくださいね。

夫と妻の不仲がもたらすリスクについて

では、夫婦喧嘩にはどんなリスクがあるのでしょうか?

「ケンカするほど仲がいい」という言い伝えもありますからね。

たしかに夫婦喧嘩もコミュニケーションの一部ですが、それが行き過ぎると次のような問題につながります。

  • 夫婦のいがみ合いが増える
  • 会話がなくなる
  • スキンシップが減る
  • 夜の営みが減る
  • 帰宅が遅くなる
  • 不倫(浮気)に走る
  • 暴力・DV
  • 離婚
  • 子供の心にトラウマを植え付ける

まずは会話やスキンシップ、夜の夫婦生活が減ります。

あるいは帰宅が遅くなったり、浮気に走ったり、最悪は離婚につながる可能性も。

また、両親の不仲が子供にトラウマを植え付ける可能性もありますので、くれぐれも注意してくださいね。

夫婦喧嘩に発展しやすい態度

夫婦喧嘩に発展しやすい態度は、大きく3つあります。

これは夫婦に限らず、ほとんどの人間関係にもあてはまります。

自分がされたくないことは、人にもやらないようにしましょう。

相手のことを否定する(批判する)

相手のことを否定すると、必ず喧嘩に発展します。

力関係がハッキリしているうちは、どちらか一方が落ち込むだけですが、結婚生活が長くなってくると、気弱な人も言い返すことを覚えます。

考え方を否定されたり、考えた末の行動を批判されたら、怒りに火がつくでしょう。

これは友だちや仕事関係者との喧嘩も同じだと思います。

無視する

パートナーを無視すると、必ず喧嘩につながります。

人に無視されて、いい気分になる人はいませんよね。

いい気分になるのは、おそらく無視した側の人だけだと思います。

いくら怒っているとはいえ、相手の言葉を遮断するようなことはやめましょう。

逆に無視を許容できるようになったら、夫婦関係としては末期です。

自分の意見を押し付ける

自分の意見を一方的に押し付けるような態度も、喧嘩を生み出します。

お互いの意見を聞いたうえで「より良いほうを選んだ」というのなら納得できますが、一方的に言われるのはイヤですよね。

上から目線の態度で、偉そうに強制されるのはもってのほかだと思います。

円満な夫婦ほど、「聞く姿勢」を大切にしているものです。

喧嘩をした後のNG言動について

夫婦喧嘩をしたら、できるだけ早く修復したいですよね。

いつまでも会話がないのは気まずいですし、家庭内に不穏な空気が流れるのは嫌だと思います。

関係の修復を望んでいるなら、次のような言動だけは絶対に避けてください。

  • (ため息)
  • 無視をする
  • ◯◯なくせに
  • あのときもそうだった
  • お前が言うな
  • わかってる
  • しつこい
  • 一緒にいたくない
  • 結婚したのが間違いだった
  • 別れよう

「ケンカするほど仲がいい」という言葉は、ある意味ほんとうです。

なぜなら喧嘩をするということは、自分の考えを理解して欲しい、尊重して欲しい、という気持ちの表れだからです。

その気持ちがなくなったら、喧嘩にはなりません。

ですからパートナーに対する不誠実な行動は、どんな状況であれ絶対にNG。

不誠実な行動は、いつか自分に返ってきます。

夫婦関係を修復する方法(仲直り術)

それでは、いよいよ夫婦関係を修復する方法を紹介しますね。

この仲直り術は、ぼくの結婚生活から導き出したものです。

はい、ぼくもたくさんの失敗をしてきましたので…。

夫のほうから誠実に謝る

夫婦関係を修復したいなら、夫のほうから謝ることです。

どちらに原因があろうとも、喧嘩は良くないことですからね。

言い方が悪かった、ひどいことを言ってしまった、横柄な態度だった…など。

まずは奥さんに謝罪をしてから、冷静に話し合いたいと伝えましょう。

奥さんの機嫌が直らないなら、直るまで謝罪してください。

妻が会話をコントロールする

妻が夫婦喧嘩後の会話をコントロールすることも大切です。

女性はヒステリックだとか、感情的だと言われますが、土壇場に強いのは実は女性です。

この考え方には根拠もデータもありませんが、とにかく間違いありません!

ですから、奥さんが大人になって会話をコントロールしてあげましょう。

男性は意固地になると、黙り込んだり、ふさぎ込んだり、挨拶さえもしなくなりますからね。

喧嘩をしたときでも、翌朝は「おはよう」と言ってあげてください。

ケンカしたときのルールを作っておけば冷静になれる

夫婦喧嘩をしたときのルールを作っておけば、冷静になれます。

この仲直り術は、夫婦円満な知人たちから教えてもらったものです。

次のようなルールを聞いたときは、「なるほど!」と思わされました。

  • 夫婦喧嘩をしそうになったら、すぐに部屋を出て冷静になる
  • 客観的に話し合うために、喧嘩は筆談にする
  • 夫婦喧嘩をした週末は、必ず外出する
  • 夫婦喧嘩をしたら、子供のために貯金をする
  • 批判しそうになったら、相手を褒める

ケンカは感情的にするものですから、感情を制御しなければ際限なく続きますよね。

しかも喧嘩をするごとに、激しく、口汚くなると思います。

でも、ルールがあれば冷静になれます。

この仲直り術を聞いてから、わが家でもいくつかのルールを決めました!

パートナーと向き合うことが夫婦円満の秘訣

育ちも、習慣も、考え方も違う人間同士が、ひとつ屋根の下で暮らすこと。

それが結婚生活ですから、一筋縄ではいきませんよね。

でも、夫婦喧嘩をしたこと自体に落ち込む必要はありませんよ。

どんな夫婦でも、大なり小なり喧嘩をしますから。

夫婦円満でいるためには、パートナーと誠実に向き合うことが大切です。

夫婦の問題に関する記事

結婚生活がそれなりに長くなると、いろんな問題に直面しますよね。

次の記事も参考にしてください!

ミラクリから一言

「つい怒ってしまう…」を繰り返して、夫婦は成長します。

 - 夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

イチローを陰から支える弓子夫人:そのエピソードが色々スゴイ!

  メジャーリーガーのイチロー選手に焦点を当てた書籍やテレビ番組は数多くありますが、その活躍を影で支える弓子夫人については、詳しく語られることがありま …

【夫婦間におけるモラハラ】モラルハラスメントの特徴と対策を徹底解説

「モラハラ」という言葉が広く知られるようになりました。 有名芸能人の離婚原因が「夫のモラハラ」だったり、「職場の上司のモラハラ」が原因でうつ病になったり。 モラ …

【セックスレスの原因と解消法】ある夫婦が行った効果的な解消事例を紹介

セックスレスは、長い夫婦生活、または恋人関係における重要な課題ですよね。 肉体関係がなくなることで心の距離まで遠ざかる、そんな状態になってしまいます。 ちゃんと …

子供が欲しくないのに「妊活」する人がいると聞いて愕然とした。

  ルールとして明文化されているわけでもないのに「◯◯して当たり前」となっていることがありますよね。 特に人生設計についてはそうで、下記のような記事を …

【夫婦で話し合いたいお金の管理】結婚後の家計管理のパターンを紹介

結婚してからまず戸惑うのは、お金の管理ですよね。 独身時代は、自分の収入と、貯金と、出費だけを管理していればOKでしたが、家族ができたらそうはいきません。 夫婦 …

小籔千豊氏「危篤の母とモロゾフのプリン」:親孝行について考えさせられた

  吉本新喜劇の座長になる一年前に悪性リンパ腫で亡くなった母親について、小籔千豊さんが語っていました。 親孝行について考えさせられる感動的な内容だった …

【冷え切った夫婦仲が良くなる習慣】夫婦円満になるために大切なこと

夫婦仲は、良くありたいものですよね。 やはり夫婦喧嘩をすると気まずくなりますし、家庭内の不穏な空気は子供にも影響を与えます。 幸せにすることを誓いあった夫婦が、 …

結婚したことで失った3つの孤独

  フォロワーさんから聞かれたのですが、ぼくは今で結婚7年目です。 結婚するまでは、誰かと付き合っても最短3日〜最長6ヶ月みたいな、「誰かと共に過ごす …

「貧乏キムタク」よりも「金持ち温水」を選択する人に言いたいこと

  「貧乏キムタクvs金持ち温水!結婚するならどっち?」という面白い記事を読みました。   まず、調査対象が「年齢不問・女性」「100名」と …

【夫婦喧嘩の原因と対処法】絶対にやってはいけないNG言動も紹介

夫婦喧嘩をしたときって、本当に気まずいですよね。 いつもなら楽しく会話する食事の時間がシーン…。 寝室でもコミュニケーションのきっかけがつかめない…。 沈黙する …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です