ミラクリ

鬱から成功するブログ

いい大人の悔し泣きは気持ち悪い? それは理想を持っている証拠だよ。

 

ぼくがいつも読ませてもらっている「えいたろうさん」のブログを読んでいて、心に留まったエントリーがありました。(悔しいという気持ちがある限り、年齢に関係なく成長できる .)

 

キモいですが、ぼくは悔しくて泣くことが年に何回かあります。

元々少しだけ涙もろいタイプなのですが、そんなにバンバン泣くかというとそうではなく、たまに映画やドキュメンタリーで泣くことはありますが、その程度です。でもときに悔しくて悔しくて思わず泣いてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

「悔しい!」と思えることは幸せなこと

三十代のオッサンがなぜそんなに泣くかと言うと、年に何回かは心の底から悔しいと思える出来事に出会うからです。なんでもすぐに「なんくるないさ~♪」と受け流せる人ならいいんですけど、ぼくの場合はなかなかそうもいかず・・・

 

だから「悔しいから泣こう!」と思ってるわけではなく、悔しい出来事に出会ったら、家でふとした時に自然に泣いてる感じです。でもこの歳になっても「悔しい!」と思えることは幸せなことです。

参考:「負けること」を知らないマイケル・ジョーダンは不幸だったのか?.

 

20140209152032

 

 

鬱病になって、悔しかったこと

一番最近で悔し泣きしたのは2013年末です。

ちょっとつらい出来事があったり、軽度の鬱(うつ)病が発覚したりで少し参ってたのもありましたが、それを差し引いてもすごく理不尽な出来事があって、その時はもう悔しくて悔しくて自然に泣けてきました。相手にムカつくというよりは、自分がそんな出来事を招くようなレベルだったことに悔しさを感じました。

 

今はもう整理がついて平気だし、今となってはもはや思い出すことすら無いから、総合的には得な性格なのでしょうが、当時はもう、それはそれは「エーーーーン!!!!」って泣きました。

参考:うつ病を克服した1年後の気持ちと体験談

 

 

大人の悔し泣きは珍しいモノ

すごく親しい人だけにはこういう事を話すんですけど、すごく驚かれます。

最近まで知らなかったのですが、いい大人になってからは、悔し泣きをすることなんて、なかなかないそうです。だからぼくが悔し泣きをするというと、ボタンはありませんが「いいね!」と言われます。なんかすごく「それに賭けてる人」って思われてるみたいですが、そんなこともなく…。

 

好きに生きているだけなのですが。

参考:うつ病で仕事を辞める決断をした理由

 

 

理想と現実にギャップのギャップを受け入れるプロセス

ぼくは何をやるときにでも、いつも理想のイメージがあります。

そして、子どもじみた競争意識もあって、それらに総合的なギャップがある時にとても悔しさを感じます。もうね、腹がよじれるほど悔しいんです。もしかすると異常かもしれないし、明らかに過剰かもしれません。

参考:目指してきた「理想の人間像」が我ながらキモい、キモすぎる。.

 

 

悔し泣きができる = 理想を持っている

でも、先ほどのえいたろうさんのブログでも書かれてるように、この気持はとても大事にしたいものでもあります。「悔しくない」ということは、それに対する理想を失っていたり、何も考えなくてもこなせてしまう思考停止状態になってる可能性が高いからです。

 

悔しい思いなんてしたくないし、理想と現実のギャップなんて感じたくないし、ライバルたちとの差なんて実感したくはありません。そしてエエおっさんになって「エーーーーン!!」って泣きたくはありません。逆説的ですが、それでも悔し泣きができる状態にあることは幸せですし、これからもきっとそんな出来事には出会うとは思いますが、今後はもっと感動する出来事の割合を増やしていきたいと思っています。

参考:「現状に身を置きながらも理想を鳴らす」Dragon Ash 降谷建志の生き様.

 

★結果を知り過ぎるというのは致命的なことだ。道順を知っている旅人も、ストーリーを決めすぎた小説家も、すぐに退屈してしまうだろう。(ポール・セロー)

 

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・大人でも悔し泣きはする

・悔しいのは自分の理想と現実にギャップがあるから

・いつまでも悔し泣きができる=理想を持ち続けられるのは幸せなことでもある

いい大人の悔し泣き、キモいけど美しいです。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【残業100時間の実態】過労死ラインを超えた残業から身を守ること

「月100時間の残業」 そう聞いて驚くでしょうか? それとも大したことがないと思うでしょうか。 ぼくも月200時間残業をしていた会社員時代であれば驚かないでしょ …

【円満退職するための7つのコツ】気持ちの良い会社の辞め方とは?

会社を辞めるなら、できるだけ円満退職したいですよね。 退職までの時期をどう過ごせば良いのか、退職理由は本音で言うべきなのか、それとも建前が良いのか。 退職にあた …

「楽しい仕事」なんか存在しない。

    思い返せば「楽しい仕事」なんか無かったなぁ。たとえば工場でひたすらラベルを貼り続ける作業も、最初は退屈だったのに、いつの間にか楽しめ …

「仕事で成功したきゃ、キャバクラに行け!」→「は?」と思ってた自分を5発殴りたい。

    営業の仕事をしているとよく言われる言葉、それは「仕事(営業)で成功したきゃ、キャバクラ(夜の街)に行け!」というものだった。 &nb …

人生に迷った時、声にだして読みたい名言 まとめ

  生きていると誰しも迷うときはあります。 ぼくの人生を振り返っても、迷いなくただ夢中に生きてる時よりも、右に左にぶつかりながら悩みつつ生きてる時期の …

「マニュアル通りにやれば人生は変わる」 nanapi古川健介氏の話がヒント満載!

  引用元:YouTube.   たまたま目にした動画でとても面白い話がありました。 先日KDDIに会社を買収された「nanapi」を運営す …

成功者は努力してる? 為末大氏が考える「天才を諦める」ということ

  いつも心に刺さるツイートを発信される為末大さんが、また興味深いことをつぶやいていました。 社会的に成功してる人や、何かで結果を出してる人を見た時に …

消費が終わり、感動するものだけが残る時代の仕事

ファッションの街、大阪・南堀江で人と待ち合わせをしていた。 待ち合わせまであと15分あるが、カフェに入るほどの時間はない。 仕方なくファミリーマートで買ったアイ …

「結果などもはや重要ではない」と思える自分の居場所:ベストセラー作家が暗闇から脱出した話が興味深い!

    「食べて、祈って、恋をして」という映画化された有名な本があります。 この本は仕事や離婚で悩んだ女性が世界を旅して、徐々に自分を取り戻 …

23歳に見せつけられた「憧れ」と「決意」の違い。

  5年ほど前に焼き肉を食いながら「◯◯になりたい!」と鼻息荒く語る高校生のなかで、一人だけ「◯◯になります。」と静かに話した男が挨拶にきた。今ではデ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です