ミラクリ

鬱から成功するブログ

【人間不信の原因と対策】その特徴と症状も要チェック!

些細なことが原因で、人のことを信頼できなくなる。

あるいは衝撃的な出来事によって、人を信頼することができなくなってしまう。

「人間不信」は、そんな厄介な病気です。

人をすぐに疑ってしまったり、試すようなことをしてしまうのはつらいですが、そうされた相手も気分を害しますので、お互いのためにも人間不信は早く治したいですよね。

人間不信を克服するためにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、人間不信の原因と対策について解説します。

人間不信になった人の特徴と症状も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

人間不信とは?

人間不信とは、何らかの出来事が原因で人を信じられなくなることです。

「対人恐怖症」のような社会生活に支障をきたす症状を指す場合もありますが、広義では「他人とのいざこざ」のような軽い揉め事も含まれます。

場合によっては、「人間嫌い」や「厭人(えんじん)」などと言われることもあります。

人間不信になる原因

では、どんなことが原因で人間不信になるのでしょうか?

主な原因をまとめてみました。

信頼していた人に裏切られた

信頼していた人に裏切られたら、人間不信になりますよね。

たとえば親友にウソをつかれたとか、仲の良い同僚に出し抜かれたとか。

他にも知人に貸したお金が返ってこなかったり、家族に騙されたり。

よく聞く事例を挙げだしたらキリがありません。

信頼していたからこそ、裏切られたときの傷は深くなります。

恋人にひどいふられ方をした

恋愛関係にあった彼氏(彼女)に、ひどいふられ方をした場合も人間不信になりますよね。

たとえば次のようなケースです。

  • 浮気
  • 二股
  • 自分の親友と性的関係を持った
  • 一方的な別れ
  • 激しいケンカ別れ

恋愛が終わること自体は珍しくありませんが、その原因によっては深く傷つき、異性を信じられなくなるでしょう。

家族関係に問題がある

家族関係の問題も人間不信の原因になりえます。

たとえば両親に暴力を受けている(DV)とか、逆に子供との関係がうまくいかないとか。

旦那(嫁)が不倫をしていたとか、配偶者が自分に内緒で借金をしていたとか。

身内の問題によるストレスは、計り知れません。

いわれのない批判、恨み、嫉妬

いわれのない批判を受けたり、恨みや嫉妬を買ったときも深く傷つくでしょう。

たとえば会社の同僚に恨まれたり、上司から根拠のない批判をされたり。

仕事がうまくいっていない同級生から嫉妬をされたり、インターネット上で誹謗中傷をされたり。

原因のわからない恨みや嫉妬を買ったときは、それだけで傷つくものです。

人間不信に陥ったときの対策

では、人間不信に陥ったときはどうやって克服すれば良いのでしょうか?

主な対策をまとめてみました。

親しい人を信用してみる

人を信じられなくなったときは、まずは親しい人を信用してみましょう。

たった1人でも構いません。

恋人や親友、あるいは母親でもいいのです。

身近な人を信用することで、人を信じる習慣をつけてください。

いつまでも心を閉ざし、他人を拒絶していては、人間不信が治らないからです。

人間関係を一新し、新しいつながりを作る

人間不信になったときは、人間関係を一新するのも選択肢の1つです。

今までのしがらみに囚われていては、いつまでも人間不信は治癒しないからです。

ですから、新しいつながりを作り、必要に応じて職場も変え、人間関係を新たにしましょう。

それは決して逃げではありませんから。

SNSの人間関係についても同様です。

周囲の人に対する過剰な期待を捨てる

人間不信になるのは、他人に対して過剰な期待をしているからです。

きっと受け入れてくれるだろう、褒めてくれるだろう、味方でいてくれるだろう、という思いは、こちら側の「勝手な期待」です。

ちょっとだけ厳しい言い方をすると、勝手に期待をしておいて「裏切られた」なんて、虫の良い話なんですよね。

ですから、他人への期待を捨てること。

あくまでも自分自身がやるべきことだけに集中し、その後の評価は人に委ねてください。

「自己愛(自己防衛)」が強すぎる自分を省みる

人間不信になったときは、「自己愛(自己防衛)」が強すぎる自分を省みましょう。

自分が傷つかないように心をガードし、他人を拒絶すること。

それが人間不信という形になって表れているからです。

自己愛を捨てるのは難しくても、少しずつ心の扉を開けることはできるはず。

自己愛の強さを認識するだけでも、その後のあり方が変わってきます。

人間の「裏表」を許容する

人間不信を克服するためには、人間の「表と裏」を許容することも大切です。

もっと具体的にいうと、他人の二重人格(多重人格)を許すということですね。

誰しも表の顔と裏の顔を必ず持っている、それは「本音と建前」という言葉があることからもわかりますよね。

人間不信になったときは「顔の使い分け」に敏感になるものですが、それは自分も同じなのです。

許すことを恐れないでください。

根拠のない批判・いじめからは徹底的に逃げる

根拠のない批判やいじめを受けたときは、決して立ち向かわず、徹底的に逃げましょう。

そうなる原因がわからないなら、しばらくは相手側とわかりあえないからです。

批判に立ち向かうとストレスが溜まりますし、スルーするのもなかなか難しいですよね。

ですからまずは徹底的に逃げて、ほとぼりが覚めたタイミングで相手と話し合ってください。

批判やいじめがあまりにもひどい場合は、逃げたままでも構いません。

カウンセリングを受けて治療する

人間不信を1つの病気(精神疾患)と捉えるならば、カウンセリングを受けて治療してください。

専門医やカウンセラーの力を借りて人間不信になった原因をひも解くことができれば、少しずつ改善されるからです。

よほど症状が深刻な方は、最寄りのカウンセラーを検索してみてください。

心療内科やメンタルクリニックに相談に行くのもおすすめです。

その前にぜひストレス診断を。

今すぐチェック!人間不信の特徴と症状

では、人間不信にはどのような特徴があるのでしょうか?

また、人間不信になったらどのような症状が出るのでしょうか?

具体例をまとめてみました。

  • 他人を疑ってかかる
  • 他人の言葉を素直に聞けない
  • 人を寄せ付けず、1人で行動している
  • つい他人を試してしまう
  • 決まり事が間違いないか、何度も確認してしまう
  • 人付き合いが悪い(孤独を好む)
  • 感情を表に出さない
  • 他人に本心を話さない
  • 物事を否定的に捉える

他人との関わりを拒絶するようになったら、注意が必要です。

人をすぐに疑ってしまったり、以前よりも本心や感情を表現できなくなったときは、早めに対処していきましょう。

人間関係のストレスを抱えている人は多い

それでは次に、人間関係のストレスを抱えている人の割合を見ていきましょう。

実はかなりの数の人が人間関係に悩んでいるようです。

「苦しんでいるのは私だけじゃないんだ…」といって溜飲を下げるのではなく、人間関係が切実な問題であることを認識し、ストレスから心を守る術を身につけてください。

41.3%の人が職場の人間関係に問題を抱えている

まずは仕事の人間関係から。

ここでは厚生労働省の「労働者健康状況調査(平成24年度)」を引用しますね。

全国の9,283事業所から回収したアンケートによると、仕事のストレスは「人間関係」によるものが多いそうです。

現在の仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合は60.9%となっている。

また、強い不安、悩み、ストレスを感じる事柄の内容(3つ以内の複数回答)をみると、「職場の人間関係の問題(41.3%)」が最も多く、次いで「仕事の質の問題(33.1%)」、「仕事の量の問題(30.3%)」となっている

引用元:厚生労働省

なんと「職場の人間関係の問題」が41.3%も。

評価や昇給、出世が関わる仕事は、それだけ人間関係が露骨ということでしょうか。

いわゆる「派閥争い」に思い悩む場合もあるでしょう。

できれば会社の評価は気にせず、楽しく仕事をしたいものです。

身近な人間関係の問題は、特定の時期に起こりやすい

次に、家族などの身近な人間関係の問題について。

ここでは厚生労働省が行った「国民生活基礎調査(平成22年度)」を参考にしますね。

全国の228,864世帯から回収したアンケートによると、身近な人間関係に問題を抱える人の割合は次のようになるそうです。

「家族との人間関係」は、(年齢別に見て)男はほぼ横ばいだが、女は40代、50代で高めの傾向があり、「家族以外の人間関係」は、男より女が高く、年齢階級が上がるほど低くなっている。

引用元:厚生労働省

荒れた家庭環境で育った人は人生を通じて家族の問題に悩まされるでしょう。

そういった例外を除き、身近な人間関係の問題は特定の時期に起こる場合が多いようですね。

家族との人間関係は「女は40代、50代で高めの傾向」とのことですが、それはおそらく「介護」や「相続」や「子育て」の問題が出てくるからではないでしょうか。

人間不信は必ず克服できる

ぼくは2013年にうつ病になり、対人恐怖症も併発してしまいました。

そのときは誰の言葉も聞くことができず、家族のアドバイスに耳を傾けるのがやっとの状態でしたが、うつ病が回復するにつれて、対人恐怖症も治癒していきました。

本記事でまとめた対策は、実はぼくが実践していたことでもあります。

身近な人を信用し、新しいつながりを作り、自己愛を捨て、できるだけゆる〜く考えるように努めた結果、少しずつ人と向き合えるようになりました。

人間不信をすぐに克服することはできなくても、また元気になれる日が必ずきます。

ですから希望を持ってくださいね。

対人恐怖症のおそろしさは、次の記事でも解説しています。

ミラクリから一言

人と信じられないことほど、つらいものはない。

 - 人間関係の不安

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

人間関係が原因でうつ病になったときの対処法

うつ病の原因になりやすいのが「人間関係の悩み」です。 何らかのトラブルならすぐに解決できますが、人間関係はなかなか難しいもの。 強いストレスを感じていたとしても …

【会社の飲み会に行きたくない原因と対策】断るときのポイントも解説

会社の宴会には、できれば参加したくない。 いくら接待であるとはいえ、あの社交辞令ばかりの雰囲気に耐えられない。 飲み会が苦手な人はそう考えてしまいますよね。 以 …

【八方美人な男女に共通する8つの特徴】メリット・デメリット・克服する方法も紹介

八方美人な性格に悩んでいませんか? 誰に対してもいい顔をしてしまい、自分の意見を主張することができない。 広く浅い人間関係を築くことはできるのだけれど、心から信 …

「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。

    リアル社会で「会ってください!」「売ってください!」「紹介してください!」など、やたらと「クレクレ詐欺」をしてくる人には注意をしてい …

うつ病であることを相談できない?まず身近な家族・友人に打ち明けてみよう

うつ病であることは、人になかなか相談できませんよね。 ぼくが鬱を患ったときも、家族に相談するにも時間がかかりましたし、会社の上司に報告するときには心臓が飛び出そ …

【孤独を癒す方法】社会問題化する孤独とどう向き合うか?

「孤独」は、今や無視できない問題です。 孤独とは、友達がいないとか、家族がいない人だけが感じるものではなく、精神的にそう感じる人もいるからです。 本記事で紹介す …

【空気を読めない人の7つの特徴】KYな人への対処法も紹介します

「空気を読めない人」が周りにいませんか? その場の雰囲気をぶち壊すように、自分の話ばかりする。 あるいは、盛り上がっているところに水を指されたり、公の場で秘密を …

「集団に馴染めない人」が生きていく方法

集団に馴染めないのは、結構なビハインドですよね。 みんなと一緒にいるのに孤独を感じる習性があったり、群れとは違う方向に歩くクセがあると、人と衝突することも多いで …

【SNSの人間関係に悩んだときの対処法】人間不信やうつ病になる前に対策を!

Twitter、Facebook、Instagram、Google+、LINE、Snapchatなど… SNSは統廃合されるどころか、次々に新しいサービスが登場 …

【嫌いな人との接し方】苦手な人に対するストレスを軽減する方法

嫌いな人がいると、ストレスが溜まりますよね。 たとえば職場に苦手な上司がいたり、近所にどうしても反りの合わない人がいるようなときは、相手に対して不満がつのると思 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です