ミラクリ

鬱から成功するブログ

「好きな仕事で生きていく」なんか、もう諦めなさい。

 

好きな仕事で生きていく諦める

 

「”好きな仕事で生きていく”なんか、もう諦めなさい。」

 

今までにそんなことを何度か言われてきた。

ぼくとしては「好きな仕事で生きてきた」という自覚はないし、それなりに嫌な仕事もして、それなりにガマンもして、何と言っても欠損だらけの性格をごまかしながら、13年間も会社員をやったからもう十分だろう、そう思っていた。

 

自分が持つ感覚と、人から見える印象には、深い溝があっておもしろい。

スポンサーリンク

お金を稼ぐこと

「フリーランスは自由だ!」

「世界を変えるために起業しよう!」

「世の中に自分の価値を提供しよう!」

 

そんな言葉が溢れるようになって久しいけど、そう唱えられる人は心底うらやましい。

自分の本や、アフィリエイト収入につなげたいが故に、あえて極論じみたことを言う人がいるのは分かってるけど、たかが金のために、能面をかぶって行動ができる人が実は羨ましかったりもする。

 

もちろん、ぼくにとっても金に貴賎はない。

どんな形であっても稼げることは嬉しい。だって金を稼がなければ、自分がこのままフリーランスとして生きていくことはできないし、少し先に設立する株式会社にだってお金はかかる。

 

行きたい国も沢山あるし、やりたいビジネスも沢山ある。

 

でも、お金を稼ぐための仕事に追われてブログを書く時間がなくなる…それはぼくにとってかなり辛い。

日々のモヤモヤを言語化することでスッキリするときは多いけど、逆に深くなるときもあって、その葛藤も含めて文章を書く意義がある。

 

忙しくなりすぎると、人生のささやかな楽しみすら、失ってしまう。

参考:仕事の「信用を積みあげる期間」と「お金を稼ぐ段階」を混同すると、もー大変w

 

 

自由と甘え

今の世の中で”自由”になることは”甘え”と同義らしい。

みんなと同じリズムで、同じ価値観で動かなければ「アイツは甘えている」と言われてしまう。

 

同じような仕事をして、残業や休日出勤、上司とのいざこざを含めて、同じような苦労をしてこそ「同胞」として認められるフシがある。

 

被害者意識な面もあるだろうが、「レールの外」にいる人間からすると、その空気をひしひしと感じてしまう。

参考:「失敗を恐れるな!」を手放し、「発見する」毎日が鬱を吹き飛ばす。

 

 

自己責任の無情さ

その一方で”自由”であることは無情だ。

”自己責任”という言葉の意味を、果たしてどれだけの人が本当に理解しているのだろうか? そう考えさせられることもある。

 

仕事がなければ・・・スキル・営業不足

失敗すれば・・・言わんこっちゃない

お金が尽きれば・・・情けない

 

実は、人からそう言ってもらえる方がまだマシだ。

「好きな仕事で生きていく」ことは、仕事がなくても、失敗しても、誰からも相手にされないし、居酒屋で同僚にネタにされることすら無い。

 

まるで世捨て人のように独り立ちしながらも、それでも世の中に仕事を求めに行く・・・そんな不思議なポジションにいる。

参考:フリーランスで仕事がない時期に「あえての不動」にした理由

 

 

目の前の仕事を好きになること

ぼくには”好きな仕事”で生きてきた自覚がそもそもない。

仕事は何をやっても楽しいし、今こうして文章を書く仕事をさせてもらったり、化粧品関係の仕事をしているのも、最初の出発点は「たまたま目の前に転がっていたから」だったりする。

参考:【告知】新メディア ”kakeru” で「小林トシノリの一刀両断お悩み相談」が始まりました!

 

文章を書き始めたのもブログに出会ってからで、ここ5年ぐらいの話だ。

人の表現物に触れることはあったけれど、いざ自分で書くとなれば苦手すぎて辛かった…。それでもウェブ上に書けるブログであれば、手描きの煩わしさもなく、タイピングが辛さを補完してくれる。

 

そうやって書き続けている内に、自分でも知らない間に人が集まり仕事になった。

参考:ウェブライターを夢で終わらせないために。ブログを書き続けること

 

 

偶然の出会いをモノにする

化粧品の仕事を始めたのもまったくの偶然だ。

いちばん最初に勤めた会社を辞めて、無職でふらふらしていたとき、派遣会社の「洋服の仕分け」の面接に行った。ぼくはそこで、あろうことか「”洋服の仕分け”じゃなくて、何でもいいから仕事をください」と面接官に言った。

 

派遣会社であれば、他にも大量の案件を抱えているはずだと思い、この面接に落ちてまたふらふらするぐらいなら、何とか仕事にありついてやろう、そう考えたからだ。

 

もうこれ以上は堕ちたくなかった、それだけだった。

参考:元気になるために、ポジティブな言葉をつかう必要はない。

 

それで派遣されたのが、化粧品の製造会社だった。

「働ける!」それだけで嬉しかったぼくは、人の何倍も働き、あっという間に社員契約を打診されて快諾した。

 

その時期は何ヶ月も休みがなく、毎日深夜2時に帰宅しては、早朝7時に出社する…そんな日が続いた。今であれば「ブラック企業」のレッテルを貼られるだろうが、当時のぼくにとっては「働ける」、それだけで幸せだった。

 

偶然としか言いようがないが、目の前に転がってきた出会いをモノにする、そのプロセスもスマートとは程遠かった。

参考:30代・男性が「肌がキレイ! シワがない!」と、女性から言われるための美容法

 

 

予想外の人生を切り開く冒険

本当はもっとスマートに生きたかった。

キラキラした成功を収めて、「人生を変える最高法則」みたいなセミナーを開催して、さらに階段をかけ上がりたかった。(ウソ、絶対にできないだろう。。)

 

ただ、ひとつ言えることは「好きなことで生きていく」などという拘りは捨てて、とにかく目の前のことに全力を尽くしてみれば、人生それなりに良いことになるんじゃないか、ということだ。

 

人と同じ努力では難しい。

でも人の何倍も打ち込んでみれば、それまでは遥か上に見ていた人が、「アレ、今では手が届くところにいる…」そう感じることがよくある。

参考:「環境が人を作る」 プロに頭をガツン!と叩かれ、教えてもらったこと。

 

これといった才能を持たないフツーの人。

「好きなことで生きていく」なんて他人ごとな人。

 

そんな人たちでも「好きな仕事で生きていく」という概念を手放して、とにかく目の前に仕事を愛して、とことん極端にやってみる。

 

そうすることで、重要な人に出会ったり、予期せぬところで評価されたり、意外に道が開けたりする。

ホント、自分がいちばんビックリするぐらいの、意外な偶然に出会う。

参考:天才型の「こじ開ける力」 と、蓄積型の「隙間を見つける力」 あなたはどっち?

 

 

ミラクリから一言

今の人生なんか、まったく予想してなかったよな…w

 - フリーランス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

no image
仕事がデキる男の魅力は「二面性」に決定! 異論はなしでっ!

    男の魅力として「二面性」ってめちゃくちゃ大事だと思いませんか? 一般的には「二面性=多重人格=裏表がある」というイメージかもしれませ …

VANQUISH代表:石川涼氏の「空気を読まず、時代を創る」考え方がスゴイ!

  メンズファッションブランドの「VANQUISH」を運営する「株式会社せーの」代表の「石川涼」さんがとにかくスゴイので紹介します。  

「5年後こうなりたい!」を見据えて仕事を創る:はあちゅう氏が人気連載を辞めた理由がおもしろい!

  大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されて …

自信なんか必要ないし、むしろ無い方がいい。

    「自信がない…」「自信を持てない…」「自信を持つにはどうしたらいいですか?」みたいな相談をよく受けますが、そもそも自信なんて必要なん …

月20日間も孤独! ひとりで仕事する人が教える「ぼっち」の重要性

    久しぶりに過去3ヶ月間のスケジュールを解析してみました。 すると月に「20日間は孤独に仕事」をしており、残り「10日は会食・打ち合わ …

ワンピースな仕事術! 「自立したスペシャリストを味方につける」5人の男性

  社会生活では人との「つながり」がとても重要ですが、SNS的でバーチャルなものや、異業種交流会的な中途半端なものではなく、当日の夕方に悩み相談でアポ …

「マーケット感覚」を身につけた ”ヒヨコ” に会ったら、スゴすぎて絶句した。

    ちきりんさん(@InsideCHIKIRIN.)の「マーケット感覚を身につけよう」を読み始めました。 この記事を書いてる時点で1/3 …

本田圭佑:プロフェッショナル仕事の流儀:凡人が世界一を目指すこと

  サッカー日本代表でACミラン所属の本田圭佑選手が「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演されていました。 そこで語ったイタリア移籍の裏側や、苦難の中 …

その道20年以上の作家に聞いた「好きなことを仕事にする」ということ

「大好きなデザインの仕事で食べていきたいのですが、不安ばかり大きくなっています。どうすれば踏み出せるでしょうか?」 こんなメッセージをいただきました。ありがとう …

チームラボ:猪子寿之の極論(後編) この世に天才はいない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です