ミラクリ

鬱から成功するブログ

「”できない”って言うな。できる理由を考えろ」のキツさと、対処法。

 

「”できない”と言うな。できる理由を考えろ」のキツさと、対処法。

 

「”できない”って言うな。できる理由を考えろ」

という言葉は正しいとは思います。

 

仕事をしてると「右に行けばこんなリスクが…、でも左にもこんなリスクが…」と言い放ち、「じゃあどうしたらいいと思う?」と聞けば「それは私が決めることではありません!」などと、言われてしまうことも多いです。

 

ぼくは今フリーランスなので、できない理由ばかり言っていたとすれば、わりと簡単に仕事を失って、野垂れ死ぬかもしれません。

 

でも、直感的に感じた「嫌だ… 危ない… しっくりこない… 無理だ…」の感覚って、わりと大事で、無理やり前向きになってやったことほど失敗しがちです。

 

「まずは素直な感情を口にすること」は、もっと認められていいです。

参考:たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

スポンサーリンク

「暑い…」と言えないことが嫌だった部活時代

ぼくはいま30代ですが、中学校、高校の部活は、まだギリギリ「根性」が先にくる時代でした。

 

今のように「体罰」などと騒がれることもなく、先生たちが厳しい練習をさせようとも、ときにはビンタをしようとも、問題になることはなかったのです。

 

運動部の人なら分かるかもしれませんが、真夏に「暑い…」と口にした時点で、顧問の先生から「暑いって言うな!!」という厳しい叱責が飛んできます。体育の先生も、授業中に「暑いなぁ…」などと口にすることを禁じていました。

 

「言ってもしょうがないことは、口にするな。」

説明としては理解できるのですが、どうしても納得がいきませんでした。

 

「本当のこと、感じたことを素直に言って、何か問題でも…?」

参考:タバコのマナーに厳しいのは元喫煙者。好きはキライに、嫌いはスキへと移り変わる。

 

我慢したまま、熱中症で倒れる人もいた。

結局のところ、真夏の部活や授業中に、熱中症・貧血で倒れる人がいました。

 

当時は教師の責任を問う声があがることはありませんでしたが、「暑い」と表現する機会を奪い、我慢を強いたことによって、生徒の体力が限界に達してしまったのです。

 

結果論ですが…

もっと早くに休んでいれば… もっと早くに水を飲んでいれば… そう感じずにはいられませんでした。

 

これって会社(仕事)も同じですよね。

辛い、キツイ、しんどい…それを口にすることは許されず、「前向きになろう!」「ポジティブにでいよう!」が中心にある集団では、ネガティブで後ろ向きなことを口にすることはご法度です。

 

わめき散らすのは迷惑だけど…

本音をポロッと言うぐらい、いいんじゃないでしょうかね。

参考:大嫌いな上司から言われたのに、大事にしている「人間的成長のコツ」

 

 

素直な感情を受け止めれば、次に進める

何でも、最初は「素直な感情を受け止めること」が大事だと思っています。

 

最初は「無理だろ…」と思ったのに、”意識高い系”に変身して「やればできる!熱量に勝るものはない!」などと言って、無理やり気持ちを上げる。最初は「不安だ…」と思ったのに、「できない理由を考えるから不安なのだ!」などと言って、無理やり進もうとする。

 

そうしてる内に、メンタルは壊れていくんですよ。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

 

ネガティブも、不安も、正面から向き合う

まずは素直な感情に向き合ってみること。

 

最初の直感ってスゴいですよ。

例えば買い物に行ったときに、最初にはいったお店の服を「おぉ!!これはいい!」と思いました。そして他の店も見てまわると、良い服がたくさんあって目移りする…。でも悩みに悩んだ末に、最初の店(服)に戻る…みたいなことはよくあります。

 

直感よりも論理を優先しがちですが、やっぱり直感はすごいです。

参考:大嫌いだった上司に教えてもらった、「まじめな会社員」4箇条

 

絶望も突き詰めれば、希望になる。

じゃあネガティブなままでいいのか?と言うと、そうではありません(笑)

最終的には生きていく必要があるし、毎日の仕事をすることも大事です。

 

絶望と向き合ってみれば、希望になりますよ。

「起業の90%は失敗する」って、かなり絶望的なデータですよね?でもこの事実に向き合ってみれば、「どうせほとんどの人が失敗するのであれば、”苦行”よりも、”好きなこと”をやろう」と思えます。

 

どうですか? 希望がありませんか?

不安なまま… 恐れたまま… そんな状態は絶望との向き合い方が中途半端な気がします。

 

どうせなら奈落の底まで落ちてみれば、複雑な感情が削ぎ落とされて、希望だけが残りますよ。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

 

ミラクリから一言

落ちる、堕ちる… 勇気はいるけどねw

 - メンタル

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

あなたは大丈夫!? コミュ障がよく使う言葉15選

  人間社会で生きていると「コミュニケーション能力」は必要なスキルです。 現代では人とのコミュニケーションがあまりうまくない人を「コミュ障」と呼びます …

働き過ぎる人から「ちゃんと休む人」になるための大切な考え方

ここ1年間、ほぼ休まずに仕事をしていました。 ぼくのようなフリーランスは仕事をしたぶんだけ報酬につながるとはいえ、「休まない」のは心身にとって良いことではありま …

マイノリティには強みがある! 嫌われ者の生きる道
元気になるために、ポジティブな言葉をつかう必要はない。

    悩める人の駆け込み寺の小林トシノリです。 「5月病」ってホントに存在するんでしょうね。ぼくはそんな病気とは無縁だけど、知人・友人たち …

「いつも幸せな人」に生きる秘訣を聞いてみた。

    あなたの周りに「いつも幸せな人」がいないだろうか? ぼくは最近になって見つけた。   月に何回か訪れる大阪ミナミの飲み屋さ …

失敗を恐れる人だけに知ってほしい! 「図太い人」は神です。

  完璧を求めるつもりで取り組むことは大事ですが、それを本当に追求しようとすると精神を病んでしまう。 「もうちょっと図太くありたいなぁ」最近そんなこと …

やる気が出ないときに実践したいモチベーションを上げる12の方法

どうしてもやる気がでないときって、ありませんか? 朝起きてからなぜか無気力… 音楽を聴いても、モチベーションアップ動画を見ても、なぜか手足が動かない… そんな感 …

うつ病で仕事を休職してから、復職するときに注意したいこと

うつ病で仕事を休職したら、いつかは「復職」の時期が来ますよね。 復帰の時期をいつにするか、担当する仕事はどうなるのか、そもそも働いても大丈夫なのかなど、色んな悩 …

「全てをポジティブに捉える必要はない」:サッカー日本代表:澤穂希の名言に奮い立て!

  サッカー女子日本代表 といえば「澤穂希選手」。 それがイコールになるほどの中心的な存在ですが、実は多様な経験をしてきた苦労人でもあるんですよね。そ …

「もうちょっと楽に生きたい」脳科学者:中野信子氏が見せる”変人”の生きる道

  著書やテレビ出演で大活躍中の脳科学者、中野信子さん。 独特の語り口で人間の行動原理を説明するのがおもしろいですが、彼女が脳科学を勉強しようと考えた …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です