ミラクリ

鬱から成功するブログ

資産数億円たちと付き合って理解した! お金持ちがケチだと言われる理由

 

お金持ちはケチ

 

知り合いに資産数億円の人たちがいます。

彼らと付き合っていると「お金の遣い方」についてとても勉強になり、あるときにはドカーーーン!と太っ腹な遣い方をしたと思えば、あるときは財布の紐をキュッと締めて倹約したりします。

 

「さすがお金持ちだ…」、でもあるときには「意外にケチだな…」そう思わせる彼らのお金の遣い方には、法則性がないように見えて、実は哲学があることに気が付きました。 そりゃ「お金持ちはケチだ!」と言われてもしょうがないぐらい、一般人とは金銭感覚が真逆なのです!

スポンサーリンク

価値が変わらないものは、できるだけ安く買う

まず最初の考え方は「価値が変わらないものは、できるだけ安く買う」ということです。

 

定価一万円の服があったとします。

これが高いからといって、別の五千円の服を買うのであれば「価値が違う商品を安く買う」ことになりますが、同じ服がセールで五千円になっていたとすれば、これは「同じ価値の物が安く買える」わけですから、自分が受け取る価値を変えずにコストダウンしたことになります。

 

ただ安物を買うのではなく、背景にある「価値」を考えながら上手に買い物をするのです。

 

食品はセール品

という訳で、食品はセール品を好みます。

200円のおいしい食パンがあるのに、100円の不味い食パンを買うことは、家計的に見れば「100円のコストダウンができた!」ということになるでしょうが、「おいしさ」という価値も同時に失われてしまいます。

 

ですがセール品であれば、同じ物が安く買えるのですから、自分が受け取る価値を変えずにコストダウンすることができるのです。ですからオフィス街で働いているにもかかわらず、基本的に割高なコンビニで頻繁に買い物をすることもありません。

 

外食はクーポンを使う

これも意外でした。

お金持ちは外食の際にぐるなびなどのクーポンをしっかりと遣うのです。それまでは「お金持ちなんだから小銭なんか気にしないのでは?」と思っていましたが、見事に逆でした…。これも食品と同様に「同じお店で食べられるものが安くなる」のですから、自分が受け取る価値は変わりません。

 

皆さん、どうですかね?

「お金がない…」とか言いながら、こうしたコストダウンのチャンスをスルーしつつ、コンビニでバカバカ買い物をしてませんかね?

 

 

アウトプットにつながるものは、高くても買う

では、次の考え方は「アウトプットにつながるものは、高くても買う」ということです。

つまり自分の仕事に活きると判断するものに関しては、細かいコストダウンなどを考えずに、むしろバンバンお金を遣っていくのです。そうして先行投資することで、少し時間をおいて何十倍にもなって返ってくることを彼らは知っています。

 

スマホ、タブレット、仕事道具

電子機器や仕事道具は顕著ですね。

デイリーに肌身離さず持ち歩くものですから、ガンガン買い替えます。最新機種が発売されれば買い、手に入れたものの使い勝手が悪ければ、違約金がかかろうがすぐに買い替えます。なぜなら彼らにとって、仕事道具とは「お金を生み出すツール」であり、そこに投資をしたところで数百倍になって返ってくるからです。

 

単純に「流行りモノ好き」「常に最新のニーズを体験したい」という考え方の人もいますが、それでも起動が遅いPCをいつまでも使う、使い勝手の悪いものを我慢して使い続けるようなことは絶対にありません。

 

オンリーワン商品、人材

「一点もの」にも惜しみなくお金を払います。

実はブランド物には興味が無い人が多いのですが、自分の立場を考えて、セルフプロデュース的にあえてブランド物に身をつつんでいる人もいます。それでも彼らにとってのブランド物は「ありふれた物」であり、そこまで魅力的ではないのです。

 

同じブランド物であっても、「世界◯◯個限定」のようなものには興味を持ったり、職人さんが作ったオンリーワンの陶器なども大好きです。その人の趣味によって興味は異なりますが、「他では手に入らない物」には高い価値を感じます。

 

(一点ものやブランド物がアウトプットにつながる?という疑問があるでしょうが、価値の高いものを購入して体験することによって、教養が身につき、話のネタになったり、ビジネスのヒントになるのです。

 

人材も同じです。

「この人しかいない!」と感じた人に対しては、見合った年収(対価)を提示し、何度も口説きます。逆にどこに頼んでも同じような案件については、できるだけコストダウンするか、知り合いの会社に仕事を回すか、そうやったお金を回していくのです。

 

「時間を買う」という感覚

「時間を買う」という感覚も強く持っています。

よく「時間だけは買えない」と言いますが、お金持ちは時間を買うのです。彼らが稼ぐ金額のことを考えれば、普通の人の時給と、彼らの時給には差があるので、普通の人が電車移動するところを、彼らがタクシーや運転手付きのハイヤーで移動することは当たり前と言えます。

 

タクシー、飛行機、電車

移動にタクシーを使うのは当たり前の感覚です。

いくら電車賃の方が安かろうと、タクシーに乗れば自分だけの空間を確保できるので、考えごとをしたり、仕事をしたり、誰かに連絡を取ったり、関係先に指示をすることができます。その空間とともに「時間を買う」という意識が徹底されているのです。

 

飛行機、電車は考え方が分かれるところです。

ビジネスクラス、ファーストクラス、グリーン車で快適にすごせる「空間と時間を買う」人もいれば、「移動時間としては変わらないから」という理由で、エコノミークラス、一般車両にあえて乗る人もいます。

 

中には「同じ飛行機内にいて、ビジネスクラスは50万円、でもエコノミークラスなら10万円だから、40万円をもらってるのと同じことで断然得!!」と言い放つ人もいました…w

 

会食で割り勘を要求されたら、それがあなたの価値

お金持ちがいつも奢ってくれるとは限りません。

「時間を買う」ことに厳しい彼らは、たとえコーヒー代であっても「その時間の価値」で測ります。それなりの立場のビジネスマンと会っても、内容がグダグダであれば割り勘だし、逆に大学生と会っても、自分が大きな刺激を受けたとすれば奢ります。

 

つまり割り勘を要求されたら、自分はそれだけの価値だった…という厳しい現実を突きつけられます。この辺は本当にシビアだなーーーといつも感じますね。

 

 

お金がなくても幸せ

 

 

一般人とは金銭感覚が真逆

結論としては、一般人とお金持ちでは金銭感覚が真逆なのです。

一般人が躊躇なく遣う場面で、お金持ちはコストダウンをし、一般人がコストダウンする場面で、お金持ちは躊躇なく遣うのです。表面的な値段には表れない「価値」を見極めて、「自分のアウトプットにつながるか?」を吟味しているからこそ、またお金が生み出されていくんですね。

 

お金がない…そう言いながら、コンビニでバンバン買い物してませんか? 特に何も生み出さないモノにバンバンお金を遣っていませんか? もし思い当たるフシがあるのなら、いつまでもお金がない… そう言い続けることになりますよ。

 

そして一番重要なことは、彼らが数億円の資産を持つ人たちだからそうしている…のではなく、そうしてきたから資産が数億円になった…という事実です。

 

この順番を間違えて「あの人はお金持ちだから!」と言っていると、いつまでも現状から抜けだせませんよ!

 

ミラクリから一言

リッチ! リッチ!

 - お金

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

買わない理由は5つもあるから「家を買え!」とは言わないでくれ!

  結婚してから、そして30代になってから困ってることがあります。 それは「家を買え!」って言われることが多いんです。   このブログでも何 …

1時間で7万円支払った! 夜の「タイラウンジ」でぼったくられる3つの秘訣

    先日、至極普通のおかまバーでぼったくられた話をオカマバーで4万円! ぼったくりで刻まれた「何をするか」よりも「誰とするか」.という記 …

お金が無いけど一人暮らしはしたい!夢を実現するための貯金・節約術

やりたいことを実現するためには、お金が必要です。 自分自身で家を借りて、生活をやりくりする「一人暮らし」もそのひとつですよね。 一人暮らしを始めるには、約40〜 …

仕事人は「おごってくれた先輩」に、お返しできて一人前

    今まで先輩方にどれぐらい食事を奢ってもらったか分かりません…。 数十万円の話ではなく、それ以上…もちろん沢山の方にご馳走していただい …

ユニクロとGU(ジーユー)の間に存在する意識格差
【銀行員に聞いてみた】お金が無い人、貯まらない人が持つ12の特徴

「人生はお金が全てではない」とは言え、生きてゆくためにはお金が必要ですよね。 ときには給与明細を見て将来に不安を感じたり、貯金残高の増減が心配になることもあるで …

金は遣え! 貯めこんだらダメな人間になるぞって話。
お金が無い生活を脱出し、お金を貯めるための考え方を紹介

お金が無い生活が続くと、未来への希望が失われてしまいますよね。 ぼくがうつ病を患ったときも、会社を退職したことによって無収入になり、しばらくはお金が無い生活を送 …

財布に「現金1,000円」しか入れない人のクレジットカード活用方法を公開するよ!

  (これが本日の財布の中身…)   驚かれることも多いのだが、ぼくは基本的に現金1000円しか持ち歩かない。 それに多少の小銭、クレジット …

引っ越しは物を減らし、劇的に断捨離するチャンスだった!

  毎年3月中旬〜4月までは引っ越しシーズンですね。 会社でも新しい期に備えて3月末ぐらいには転勤するし、子供さんがいたら新しい学校への入学に合わせて …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です