ミラクリ

鬱から成功するブログ

人付き合いが苦手… それでも、人に会ってみる理由

 

人付き合いが苦手

 

ぼくは人付き合いが苦手です。

実際にお会いするとペラペラ喋ってしまうので、意外に思われるのですが、実はかなり苦手だったりします。でも、それが「人に会うのが嫌いか?」と言われればそうではなく、自分が気になる人であれば積極的にお会いしたいからまた厄介です。

 

人付き合いが苦手… でも気になる人には会いたい。

無闇に人と会っていくタイプではありませんが、それでも人との出会いは大切にしています。

 

 

独りでできることは限られている

20代までは「自分で何でもやってやる! できるし!」ぐらいに思っていたと記憶していますが、長く仕事をしてみると「独りでできることは限られている」という残酷な事実に気づきます。それは主体的な仕事への熱意を失う、ということではなく、チームで仕事をした方が圧倒的に良いものを生み出せる、ということです。

参考:「チームラボは人類を前進させるための運動体」 猪子寿之氏が語る、新しい企業のあり方.

 

チームで仕事をするには弊害もでてきます。

自分一人であれば、一人の意思決定で動けるところを、組織(上司)にお伺いを立て、同僚たちと歩調を合わせながら仕事をする、それ自体がストレスになる可能性もありますし、実際ぼくはそれが苦手です。

 

今のように独立して働いていると、基本は一人です。

そして必要な時には「外部に委託する」形でチームを組み、適度な距離感で人と付き合うことができますので、会社という枠組みの中で誰かと働くよりも、ずっと気分は楽だったりします。

 

ねぇ……社会不適合者まる出しですが、これから会社を設立していくので、また考え方は変えるつもりです。

参考:「人権を捨て、デジタルが世界を変えると信じる人(笑)」 猪子寿之氏がチームラボに採用したい人とは?.

スポンサーリンク

集団の中で、自分を見失うこと

ぼくはひと月で30日あれば、20日間は誰にも会わずに仕事をしています。

それは人に会う日を固めることで、時間と経費を節約している部分はありますが、それ以上に「あえて孤独な時間を確保している」面が大きいです。集団の中にいすぎてしまうと、いつの間にか自分の願望と目標を見失い、よく分からない方向に走ってしまうからです。

参考:月20日間も孤独! ひとりで仕事する人が教える「ぼっち」の重要性.

 

「寂しいですか?」と、よく聞かれますが、正直言って寂しい気持ちはほとんどありません。

 

むしろ自分がクオリティーの高い仕事をして、継続的に人と付き合ってもらうためには、淡々と、黙々と、孤独に仕事する時間が絶対に必要なのです。これは今だからできることではなく、会社員の時から時間を見つけては一人の時間を確保して考えごとをしたり、仕事帰りに一人でカフェに寄って考えを整理したり、そんな時間を確保していました。

 

時には会社の飲み会をキャンセルしたり、行事を欠席することから「付き合いにくいヤツ」と言われたこともありましたが、まぁしょうがないです。だって、その時間を確保しなければ「付き合いにくいヤツ」が、「嫌なヤツ」まで進化してしまうからです。

参考:山本耕史氏(俳優)「LINEグループが面倒くさい」孤独を大事にする姿勢に学ぼう!.

 

 

人との出会いによって得られるもの

孤独なぼくが、人との出会いを大切にする理由があります。

まず、ぼくには特別なものがありませんので、結局は人の力を借りるしか無いという事情があります。自分を捨てて、人と付き合うことによって、自分を拡張してもらっている、そんな感覚があります。

参考:【自分を信用しないこと】他人の言葉を自分化して受け入れる。すると想像もしなかった方向に道が開ける.

 

大きく変わるのは「考え方」と「時間」です。

 

考え方が進化する

出会いによって考え方が進化します。

自分よりもレベルの高い方々にお会いしてみると、ほとんど絶望に近いぐらいの衝撃を受けます。自分的には厳しく頑張っていたつもりでも、結果を出す人たちのソレとは全く次元が違ったりするわけです。

 

そのような出会いによって、肌感覚で「このままではダメだ…」と気づくことは財産になります。

参考:「面接がニガテ → 独立」「英語がヘタ → 海外へ」 そんな生き方してるけど質問ある?.

 

時間が節約できる

意外かもしれませんが、出会いによって時間を節約できます。

考え方が変化すれば、本当は一年かかるところが半年で結果をだせる。もしくは、その人と出会うことによって、望んでいる結果までの最短ルートを行くことができる、などなど。

 

人をしっかりと見極めてお会いすれば、時間の節約にもつながるのです。

参考:「マーケット感覚」を身につけた ”ヒヨコ” に会ったら、スゴすぎて絶句した。.

 

繰り返しになりますが、ぼくは人付き合いが苦手です。それでも、気になる人たちにはこれからも会い続けますし、あらゆる面において「会ってもらえる自分」でいようと思います。

参考:元受刑者ブロガー「イノシシさん」にお会いしたら、熱い人すぎて火傷したよ。

 

ミラクリから一言

飽きられないようにしなければ…。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【いい人で終わる男性の特徴】女性にモテる男はココが違う!

「いい人」と言われるのはうれしいですが、気になる女性と付き合えないのは辛いですよね。 いい人と言われる男性には、聞き上手、性別を感じさせない安心感、常に女性の味 …

孤独の向こう側にあるつながりと人脈

  ミラクリでも繰り返し「孤独であること」の大事さを書いてきました。 インターネットを介して簡単に人と繋がれてしまう現代でこそ、自分を見つめる孤独な時 …

「人の縁」をつなぐ点と線

    それなりに長く仕事をしていると「人の縁」について深く考えさせられることがあります。 どうしても人間は忙しない生き物でして、すぐに自分 …

「変人に憧れる」「個性的になりたがる」とかもう止めよう問題

    ぼくは「変人に憧れる凡人」と「個性的になりたがる人」が苦手だ。いや、正直に言うと嫌いレベルだ。   やたらと自分を「盛る」 …

【いい人をやめる】好かれキャラを捨て、人間関係のストレスを解消する方法

「いい人」と言われるのはうれしいですが、人に合わせ過ぎるとストレスが溜まりますよね。 誰からも好かれる誠実なキャラクターになろうとし過ぎて、疲れることもあるでし …

意識高いのは良いことだよ! でも「押し付けがましい群れ」は滅びて欲しい。

  いつの間にか「意識高い系」って言葉が流行りました。 これは誰が言い出したんでしょうかね。常見陽平さんの「「意識高い系」という病」という本が最初なの …

「嫌われる勇気」を教えてくれた秋元康氏の名言

  秋元康氏の言葉に触れて、「嫌われる勇気」という言葉を思い出しました。   嫌われる勇気とは「嫌われてやろう!」と思うことではなく、成果を …

インターネット上の出会いは楽しく、別れはシンプルに。

    インターネットのツールを利用していれば、人との出会いに恵まれることがあります。ブログを通じて人に会ったり、Twitterを介してリア …

「酒を飲まない人」は人生損してる? ”しらふ”をナメんなよ。

    「お酒を飲まないなんて…人生損してる」 今までの人生で、ざっと3万回ぐらいは言われた気がする。もういい加減このセリフが絶滅してほしい …

「第一印象を良くして、好かれたい」と考える人の気持ちが理解できない。

  「けもの道をいこう~元受刑者が実名起業するまでの記録~」を運営されている「イノシシ」さんとTwitterでやりとりした内容を記事にしていただいたの …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です