ミラクリ

鬱から成功するブログ

【好かれる人の11の特徴】好かれやすい人ってどんな性格?

今まではどうあれ、これからは「好かれる人」になりたい。

無理はしたくないけれど、嫌われるよりは好かれたほうがいい。

それが本音ではないでしょうか。

長い人生において、ときには嫌われることもあるでしょう。

第一印象の悪さを指摘されたり、それで面接に落ちたりして、どよ〜んとした気持ちになることもあるでしょう。

そんなとき、いつも人に囲まれている「愛されキャラ」の人を見たら、羨望と嫉妬が入り交じった気持ちになりますよね。

好かれる人は、どんなことに気をつけているのでしょうか?

また、好かれる人になることは可能なのでしょうか?

今回は、好かれる人の特徴と、好かれる人になる方法を解説します。

スポンサーリンク

人に好かれる・嫌われるとは?

人に好かれる、嫌われるとは、具体的にどんな意味なのでしょうか?

あらためて説明するまでもないかもしれませんが、念のため。

それぞれの意味をまとめてみました。

  • 好かれる:好感を持たれること
  • 嫌われる:嫌悪され、避けられること

意味合いが両極端なので、とくに難しくはないでしょう。

好かれやすい性格の人は何かと有利

好かれやすい性格の人は、何かと有利です。

たとえば、以下のような場面で。

  • 第一印象がいい
  • 短所よりも長所に注目してもらえる
  • 自然と友達ができる
  • 先輩や上司に可愛がられる
  • 仕事で出世しやすい
  • 恋愛・結婚が成就しやすい

良好な人間関係を築けたり、仕事や恋愛がうまくいく可能性が高い、ということですね。

これは決して数値化できるものではありませんが、人に好かれる方が人生がより豊かになるのは、誰もが知っている真理でしょう。

好かれる人の11の特徴

では、好かれる人とは、具体的にどんな人なのでしょうか?

人間は千差万別ですが、共通点はいくつかあります。

好かれる人の特徴をまとめてみました。

見た目に清潔感がある

好かれる人は、見た目に清潔感があります。

逆に言うと、不潔な人はいくら性格が良くても嫌われる可能性が高い、ということですね。

服装や髪型をきちんと整え、言葉遣いも丁寧。

お肌や爪などもきちんと手入れされているので、自然と人から好感を持たれます。

「人は見た目が9割」と言いますからね。

性格的に大らかでさっぱりしている

好かれる人は、性格的に大らかでさっぱりしています。

そのおっとりしたマイペースさが、人に心地よさを与えるのでしょう。

些細なことでイライラしたり、焦ったり、人を急かしたりは絶対にしない。

過去にこだわったり、失敗をいつまでも引きずるようなこともないので、一緒にいるだけで前向きな気持ちになれます。

とても明るくて、笑顔が多い

とても明るくて、笑顔が多いのも、好かれる人の特徴です。

想像に難くないと思いますが、「しかめっ面」の人に声をかけようなんて誰も思いませんからね。

いつも朗らかで、前向きで、優しい空気が漂っている。

初対面でも旧知の仲のような気持ちにさせてくれるので、一緒にいるだけで癒されるでしょう。

明るいというのは、1つの才能ですね。

根が誠実で真面目

好かれる人は、根が誠実で真面目です。

いくら第一印象が良くても、その後どんどんルーズなところが露わになり、嫌われる人もいますが、好かれる人はその逆。

ちょっとだらしないところがあっても、根が真面目だから許される。

失敗するようなことがあっても、誠実だから「人間らしさ」として捉えてもらえるのです。

表面的には見えづらい本性の部分ですが、見ている人は見ていますよ。

誰とでも平等に接する(表裏がない)

好かれる人は、誰とでも分け隔てなく接します。

権力者には媚びるのに、同僚や部下には偉そうにする。

好みの男性の前ではぶりっ子なのに、友だちの前では悪態をつく。

そんな表裏がありません。

目上にも、後輩にも、優秀な社員にも、目立たない人にも、同じように接する姿が、信頼につながっているのでしょう。

人に対して寛容

好かれる人は、人に対して寛容です。

考え方の違いを非難したり、人の好みを否定するようなことがないので、一緒にいるだけで肯定されたような気持ちになるでしょう。

ちょっと奇抜な意見を言っても、「なるほど、そういう考え方もあるんだね」と返し、本音をぶつけても全て受け止めてくれる。

人一倍、包容力があります。

よく気が利く

好かれる人は、例外なく気が利きます。

常に相手の欲求を先回りするからこそ、人から信頼されるのです。

たとえばあなたが落ち込んでいるとき、「そっとしておいてほしい」という空気を出していたら、それを察知して遠くから見守ってくれるでしょう。

飲み会の席なんかでは、店員さながらのさばきを見せるはず。

仕事で営業をさせたら、天下一品ですね。

見返りを求めない優しさがある

好かれる人は、見返りを求めない優しさがあります。

純粋に人の力になりたいと思っている人は、「目」でわかりますよね。

逆に、打算的な考え方をしている人や、貸し借りに厳しい人も「目」でわかります。

困っている人のために多大な労力を払ったのに、事が終わればさっさと忘れてしまう。

本人から感謝されても、「そんなことありましたっけ?」という態度。

人に好かれるのも当然ですね。

人のせいにしたり、悪口を言ったりしない

好かれる人は、失敗を人のせいにしたり、悪口を言ったりはしません。

そのような態度が、回りまわってブーメランのように自分に返ってくることを知っているからです。

自分の失敗は自己責任で、人の失敗はみんなの責任。

自分の成功はみんなのおかげで、人の成功はその人の手柄。

このような考え方が基本にあるので、人のせいにしたり、誰かを悪く言う必要がないのです。

とても謙虚で、感謝を忘れない

好かれる人は、とても謙虚で、感謝を忘れません。

恥ずかしがらずに「ありがとう」と言い、ときにはプレゼントでお返しをしたり、別の仕事で協力したりもするので、感謝の気持ちがより伝わります。

また、部下や後輩の意見にも熱心に耳を傾けるような、学ぶ姿勢も忘れません。

常に「自分がまだまだ」と思っているからこそ、このような態度を貫けるのでしょう。

謙虚であることは、日本人の素晴らしい美徳です。

気分が安定している

好かれる人は、気分が安定しています。

連休明けでも、失敗したときでも、社内全体がどんよりしているときでも、朗らかな態度で人に接するでしょう。

やはり気分の浮き沈みの激しい人や、喜怒哀楽がハッキリしている人は、どこか「危うさ」がありますからね。

ストレス社会と言われる現代において、メンタルが安定していることは、1つの長所です。

さて、好かれる人の特徴は、いかがでしたか?

周りにいる「愛されキャラ」との共通点が見つかったでしょうか?

好かれる人になる方法

ここまでお読みになった方が気になるのは、「好かれる人になるにはどうすればいいの?」ではないでしょうか。

ぼくもそうでしたが、いじめられた経験があったり、誰かに嫌われたことがトラウマになっている人は、人付き合いについて人一倍悩むと思います。

ここからは、好かれる人になるための方法論を紹介しますね。

まず人に与える癖をつける

好かれる人になる方法として最も大切なのは、まず人に与える癖をつけること。

「見返り」とか、「貸し借り」とか、「損得」なんて考え方は一切捨てて、人のために尽くすのです。

以下のような簡単なことからで構いません。

  • プレゼントをする
  • 食事を奢る
  • 自分から挨拶をする
  • 先にお礼を言う
  • 見返りを求めずに手伝う

挨拶ひとつでも、自分からするのと、返すだけなのとでは、相手からの印象は雲泥の差ですからね。

人間は、何かをもらったらお返しをしたくなるもの(返報性の法則)なので、人に何かを与えるほどあなたの周りに人が集まってきますよ。

「尊重する」「褒める」を人付き合いのベースにする

次に大切なのは、「尊重する」「褒める」を人付き合いのベースにすること。

これはよく考えればわかりますが、「否定する」「けなす」がベースにある人と一緒にいるのは、ストレスフルですからね。

人の考え方・生き方を尊重し、どんどん褒めること。

仕事で結果を出したときは「素晴らしい!」と褒め、失敗したときも「珍しいね!」と暗に褒める。

そうすることによって、あなたと一緒にいたがる人が増えていくでしょう。

「声をかけやすい人」になる

最後のポイントは、「声をかけやすい人」になること。

これを自分ひとりで改善するのはなかなか難しいので、仲のいい人に以下のような項目をチェックしてもらいましょう。

  • 服装
  • 髪型
  • 表情
  • 雰囲気
  • 言葉遣い

服装や髪型に清潔感はあるか。

表情や雰囲気から優しさを感じるか。

不快な言葉遣いをしていないか。

このような項目を定期的にチェックし、印象を変えていきましょう。

アンケートで判明!職場で好かれる人になる方法は意外に簡単だった

社会人になったら、ほとんどの人が毎日会社に行くでしょう。

となると、職場の人間関係も悩みのタネですよね。

職場で好かれる人になるためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

エンジニア派遣業を行っている「VSN」が行った調査で、必要なものが見えてきました。

20代~30代のビジネスパーソン男女600名にアンケートを取ったところ、人に好かれるためのスキルは意外に簡単なものだったようです。

Q.「誰からも好かれるビジネスパーソン」になるために必要だと思えるスキルをお選びください。

  • 元気なあいさつ
  • 時間・期日を守る
  • 気配りができる
  • 人付き合いが良い
  • 仕事への積極性
  • 誰とでも平等に接する
  • 協調性がある
  • ネガティブな発言をしない
  • ルールを守る
  • 明るい性格
  • 陰口や悪口を言わない
  • 清潔感がある
  • 豊かな表現力
  • 人がやりたがらない仕事を率先して引き受ける
  • 容姿のよさ

引用元:20代・30代ビジネスパーソンの意識調査

きちんと挨拶ができたり、期日を守ったりするだけで、好感度は上がるということですね。

なんだ… めちゃくちゃ簡単なことじゃないか…。

しかしながら、逆にこれだけの項目が挙がるということは、基本的なことをできない人が意外に多いのでしょうね。

人に好かれるためのポイントは、ぼくたちが思っているよりシンプルなのかもしれません。

無理して好かれようとしなくても大丈夫!

この記事をお読みの方は、少なからず人間関係に悩んでいることでしょう。

好かれる人になるには? 人に好かれる顔は? 性格が悪いのに好かれる人がいるのはなぜ?

そんなことを調べては、自分に足りないところに気づき、落ち込んでいるかもしれませんが、無理をしてまで人に好かれようとする必要はありませんよ。

人には、そもそもの「合う、合わない」がありますし、「好き、嫌い」も必ずある。

努力ではどうしようもできない複雑な部分が、人間には必ずあるからです。

ですから、多くの人に好かれようとしなくても大丈夫。

まずは目の前にいる人をとことん大切にしてください!

ミラクリから一言

好かれる人だって、誰かには嫌われている。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【明るい性格の人に共通する10の特徴】周りを明るくする人はここが違う!

明るい性格の人は、その場の空気を一変させますよね。 どんなときでも快活で、ポジティブで、笑顔を絶やさない。 しかも、そのようなあり方を人に強要することなく、ただ …

【検索できない生き方】情報化社会では「会わなければ理解できない人」が最高にクールである。

  著名人の名前をGoogle検索してみると、その人のプロフィールや活動履歴が分かり、SNSを通じて直接コンタクトをとることができる、いまはそんな時代 …

人に好かれるか、嫌われるかは環境要因がデカい。そんなに気にするな。

  先日、人から嫌われる経験について書きました。 人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか ぼく自身が、幼少期 ~ 学生 ~ 社会人 ~  …

「イジメられる人間にも問題がある」は強者の理論
最強すぎるコミュニケーション能力をもつ人、4つの特徴

    ぼくは、人とのコミュニケーションがそれほど得意とは言えない。 ただ周囲には最強すぎるコミュニケーション能力を持ち、人を虜にしながら仕 …

【義理人情に厚い人の10個の特徴】ゆるいつながりの時代にこそ大切なもの

「義理人情に厚い人」が周りにいませんか? おそらくその人は、周囲の人から信頼され、尊敬されていることでしょう。 約束を必ず守り、お礼や埋め合わせを忘れない。 裏 …

孤独の向こう側にあるつながりと人脈

  ミラクリでも繰り返し「孤独であること」の大事さを書いてきました。 インターネットを介して簡単に人と繋がれてしまう現代でこそ、自分を見つめる孤独な時 …

【冷めている人の10の特徴】冷めた性格になる原因・直す方法とは?

「あなたって冷めてるよね」と言われて、悩んでいませんか? 自分ではそんなつもりはないのに、人からは白けているように見られる。 無関心で、どこか達観していて、とき …

【逆ギレされたときの対処法】自己愛の強い人にはこう対応する

人生において、できれば経験したくないのが「逆ギレ」です。 自分は悪くないのに上司に怒られた、彼氏の浮気を問い詰めたらキレられた、お金を返して欲しいと言ったら不機 …

【不平不満が多い人の特徴・心理・付き合い方まとめ】文句や愚痴を言わない人になる方法も紹介!

不平不満が多い人と一緒にいると、疲れますよね。 また、自分自身が文句や愚痴をよく言ってしまうときは、ストレスが溜まっている証拠だと思います。 誰が言うにせよ、不 …