ミラクリ

鬱から成功するブログ

心と体を不調にするうつ病の症状

最近はなんとなく気分が落ち込んだ状態が続いただけで、「鬱(うつ)っぽい…」と表現する人を見かけるようになりました。

その人が本当に「うつ病」なのかは分かりませんが、うまく説明がつかない心のモヤモヤをそう表現しているのだと思います。

ぼくが初めてうつ病を経験したときは、その症状にとても驚き、苦しみました。

うつ病対策を体で理解した今では、初期症状の「身体のだるさ」「集中力がまったく持たない」「手汗をかく」が現れた時点で、「やばい。対策をしよう」と考え、すぐに行動します。

では、うつ病には具体的にどのような症状があるのでしょうか?

スポンサーリンク

うつ病の症状とは?心に起こる症状編

うつ病の症状には、「心に起こる症状」と「身体に起こる症状」があります。まずは心の症状を見ていきましょう。

継続して起こる抑うつ症状

うつ病初期に発生する気分の落ち込み、身体の不調などを「抑うつ症状」と呼びます。

抑うつ症状は、一旦陥ってしまうと、気分転換や時間の経過では改善されません。かなり重度の抑うつになると、心身ともに疲労し、自分の力だけではそう簡単に立ち直ることができなくなってしまいます。

抑うつ症状には、具体的に以下の症状があります。

  • 気分が落ち込んでいつまでもはれない
  • 希望がない
  • 嬉しいことを素直に喜べない
  • つらいことを素直に悲しめない
  • 悲しく憂うつでつらい
  • 不安がいつまでもおさまらない
  • 怒りっぽくなる

いずれも最初のうちは、一過性の抑うつなのか、うつ病なのかの判断がとても難しく、周囲の人が見極めることはできません。しかし、継続して抑うつ症状が続くと、本人にとってはかなりしんどい状況となります。

抑うつ症状が原因で、正常な判断能力が失われると、対人関係におけるトラブルを起こしやすくなります。気分は落ち込むばかりなのに、周囲の人からも理解してもらいにくいため、かなり大きな精神的ストレスを背負ってしまいます。

何事にも意欲がなくなってしまう

うつ病の人は、自分が何をしたいのかがわからなくなる傾向にあります。それは、意欲が低下するために、何に対しても興味や関心が持てず、行動するための動機がなくなるからです。

そんな無気力状態とは、以下のようなものです。

  • やる気がでない
  • すきだったことや趣味がつまらなく感じる
  • 仕事(勉強)に専念できない
  • 本を読んでも頭に入らない
  • 性欲がなくなる
  • 人と会話するのが面倒でつまらない
  • 不安や焦燥感でそわそわする

とても好きだったものに理由もなく、急に魅力を感じなくなると、さすがに自分でも異変に気づくかもしれません。この時点で周囲に気づいてもらえたらラッキーですが、多くの場合は誰からも気づかれず、自分でも気づかずに鬱症状が進行してしまいます。

思考能力が低下し妄想に陥る

うつ病を発症すると、注意力が散漫になり、ものごとを考えたり、人から言われたことへの反応がとても鈍くなります。

また通常であれば、何かを考え始めても、ある程度のところで切り替えることができますが、うつ病の場合は考え始めると自分では簡単に止めることはできません。

  • 集中できない
  • 過去のことをいつまでも考え続けてしまう
  • 自分を全否定してしまう
  • 常に最悪の事態ばかり考え、物事を悪く考える
  • 全て自分が悪く、みんなに迷惑をかけていると考える
  • 些細な決断ができない
  • 妄想がとまらない

この思考能力の低下は、うつ病の典型的な症状の一つで、一過性の抑うつではここまでは進行しません。

場合によっては自殺願望が湧く、もしくは死への恐怖を繰り返し感じるなど、「死」についての妄想を抱えることもあります。

心の症状は周囲からわかりにくい

心の内は本人にしか分からず、周囲からはその苦しみを理解し難いものです。仮に抑うつ症状がでていても、「あの人、また憂鬱な顔してるわ」と軽く考えてしまいがちですよね。

そして、抑うつ症状に陥った本人は無気力状態になっているため、自分が何をすべきなのか、誰に相談すればいいのかなど、適切な判断をすることができません。

このような場合、やはり周囲の人ができるだけ本人の本音を聞き取り、抑うつ症状や意欲・思考力が著しく低下している期間が2週間以上も続くようであれば、医師に相談するように説得することが重要となります。

抑うつ状態なのか、それともうつ病なのかによって、一過性で改善するのか、それとも長期間継続するのかが大きく変わるからです。

ぼくがうつ病を患った当時は、身体に不調が現れても、うつ病という言葉すら思い浮かばず、異変に気づいた妻に通院を勧められました。うつ病を引きずりながら会社に出社したときの症状は、動悸が起こったり、異常に手汗をかいたり、震えるなど、今考えれば尋常ではありませんでしたが、それでもまだ「自分がうつ病なわけがない」と思っていました。

しかし、妻が「一度病院に行って、心のモヤモヤを客観的に診てくれる先生に相談してみたら?」とあっさり言うので、言われるがままに病院へと向かいました。

幸いその場でうつ病であることが分かり、すぐに薬と休養で対処できましたが、あの時に病院へ行かず、心身の苦しい症状を放ったらかしにしていたらと思うと、背筋がぞっとします。

医師に話を聞いてもらいアドバイスをもらうことは、心身のストレス軽減にとても役立ちます。もし症状がそれほど深刻ではないからと病院へ行くのをためらっている人は、ぜひ積極的に通院してください。
「うつ病」に苦しむ友だちへ:体さえ元気なら、また歩き出せる。

うつ病の症状とは?身体に起こる症状編

身体に起こるうつ病の症状は、心の症状に比べて顕著ですが、うつ病が起因しているとはなかなか思えないものです。

それでは身体に起こる鬱症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

睡眠障害

睡眠障害は最も典型的なうつ病症状のひとつです。

ほとんどのうつ病患者が、なんらかの睡眠障害を抱えており、逆に言うと原因不明の睡眠障害に悩まされているような場合は、うつ病を疑った方が良いと思います。

睡眠障害には具体的に以下のようなものがあります。

  • 寝付きが悪く眠れない
  • 早朝に目が覚める
  • 睡眠中すぐに目が覚める
  • 眠気が取れない
  • 休みは1日中寝ている

同じ睡眠障害でも、なかなか眠れず、十分な睡眠時間を確保できないものと、どれだけ十分な睡眠時間をとっても眠たくてしょうがないものがあります。

睡眠障害が続くと日中の眠気に襲われ、集中力がかなり散漫になってしまうため、仕事に支障をきたしてしまいます。

ぼくもなかなか眠ることができない睡眠障害の時期がありました。最初のうちはリラックスできる音楽を聞いたり、ストレッチをして身体を緩めるなどの工夫をし、よい睡眠ができるようにと頑張っていましたが、その内に何をやっても眠れないようになりました。

鬱症状が現れてから数ヶ月は、満足に眠れた記憶がありません。

食欲の低下、食欲の増加

食欲の低下も、うつ病患者の多くが経験する症状です。食欲が低下するため、食べる量が著しく少なくなり、身体から元気が奪われていきます。

また、逆に食欲が増加しすぎて、食べる量が異常に多くなり、体重が大幅に増えたり、内臓系を壊してしまうような人もいます。

具体例として以下のようなことが起こります。

  • 食欲がまったく無い
  • 好物を食べてもおいしくない
  • そもそも食事をするのが面倒
  • 何もしていないのに体重が一気に減少した
  • やけ食いのように食べる
  • 夜中にたくさん食べる
  • 吐き気がする

食欲が抑えられることは、食べ過ぎることよりも良いことのように感じますが、そもそも食べなくなってしまっては、健康を阻害する要因となります。

また食べ過ぎは、消化器系にかなりの負担を与えることになり、身体の調子が悪くなるのは当然。

何を食べても味気なく感じ、食事をする楽しみがなくなってしまったことを、ぼくもよく覚えています。手料理はもちろん、お店で出してもらう料理を楽しむことができず、自分に対して苛立つことがよくありました。

疲労感、倦怠感が生じる

誰でも疲れたり、身体がだるくなることはあります。十分に休むことでそれらは回復するものですが、うつ病の場合は、しっかりとした休息をとっても一向に身体が元気になりません。

具体的な症状を紹介します。

  • すごく疲れる
  • ずっとからだがだるい
  • 休んでも疲れがとれない
  • からだが重たい

この身体の疲れや倦怠感は、朝が最も重く、夕方にむけて徐々に改善されるのが特徴です。休んでも休んでも疲れがとれない、または朝に無気力状態に陥る人は、うつ病の疑いがありますので、いち早く医師に相談してください。

うつ病は心の症状ではなかなか自覚できないものですが、身体のSOSを見逃さないでください。

ホルモン系異常・運動機能の低下・鬱症状はたくさんある

ここまで紹介したもの以外にも、ホルモン系異常、運動機能の低下、身体の痛みを感じるなど、色んなうつ症状があります。

  • 月経不順
  • 便秘
  • 性欲が低下する
  • 頭痛、胃痛
  • 肩こり、関節痛
  • 動機がする
  • 発汗
  • 息苦しさ、息切れする
  • からだのしびれ、目眩
  • 体の動きが鈍くなる
  • 発声が聞き取りにくくなる
  • 早口で喋り続ける
  • そわそわしてじっとしていられない

これらの症状は、様々な要因で引き起こされ、うつ病でなくとも多くの人が悩む症状です。

しかし、内科等の検査では不調の原因を特定できないにも関わらず、睡眠障害や食欲不振などの症状が続く場合は、うつ病の疑いがあるので、早めに心療内科もしくはメンタルクリニックに相談しに行きましょう。

ぼくがうつ病と診断されたときは、頭痛、肩こり、動機、発汗、息苦しさ、震え、じっとしていられない…等、かなり多くの症状が該当していました。

冷静にみれば、うつ病かもしれないと疑ってもいいようなものですが、当時は想像もできませんでした。

ぼくの場合は、妻のすすめで心療内科に行きましたが、人によっては頭痛や胃痛で脳神経外科や内科で診察を受けても原因が見当たらず、精神科でうつ病が判明するケースもあるようです。

身体の不調は、なんらかのSOSです。
いきなり心療内科等に行くハードルは高いので、まずは内科や脳神経外科でも構いません。身体の痛みを放っておかず、何らかの診察を受けるようにしましょう。

もしかすると、その痛みがうつ病の初期症状かもしれません。

心身におこるうつ病の症状は1つではない

うつ病にはさまざまな症状があることがわかりました。心の症状、身体の症状、いくつもの症状が重なって襲ってきます。

まずは身体が疲れ、意欲もなく、どのように改善すればいいのかも考えられない、そして不眠症になり、ついには身体のあちこちが痛み出す…そんな負のスパイラルです。

この負のスパイラルを一人で断ち切るのは、とてもむずかしいことです。

心身にうつ症状がいくつも現れている場合は、専門家である医師に相談することが最も大切です。

医師に相談しにいくのをためらう場合には、家族や友人のちからを借りてみてください。
近くにいい病院はないのか、同席してもらえないか、自分ひとりでは不安に感じることを、信頼できる人に相談し、思い切って医師に会いに行ってみてください。

早めに受診することができれば、うつ病を未然防止できるかもしれません。

 - うつ病とは

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

うつ病になりやすい性格、気質とは?まじめで完璧主義な人は要注意

うつ病は、いくつかのストレスが重なって発症するメンタルの病気です。 ストレスは、特別な出来事やつらい経験にだけ生じるのではなく、何気ない日常でも感じるもの。未経 …

誰にも言えないうつ病の悩みを聞いてもらえる無料相談窓口の紹介

うつ病になったときは、いろんな不安を抱えてしまいます。 うつ症状がひどいときは、いつもなら平気なことを重く捉えてしまったり、ネガティブなことを考えてしまうもの。 …

うつ病のリスクを高める発達障害とは

うつ病は誰もがなりうる病ですが、とくに患うリスクの高い人がいます。 例えば、まじめで完璧主義、義務感が強いなど、うつ病になりやすい人には特徴的な気質があります。 …

【うつ病を放置するリスク】症状が現れたら早期の予防と対策を

うつ病の放置には、かなり大きなリスクが伴います。 ただ、経験したことがない人にとって、どのような症状に鬱のサインがあるのか、どのように対処すれば良いのかはわかり …

家族から見た「うつ病の実態」と「看病疲れ」でストレスを溜めない方法

うつ病はなった本人だけではなく、家族も苦しい思いをする病です。 ぼくがうつ病を患ったときも、家族にはずいぶん迷惑をかけました。 うつ病の予防と対策についてはいろ …

うつ病とは誰にでも起こりうる心と身体の病気

「うつ病」という言葉は、一昔前に比べると多くの人に認知され、対策や予防の重要性が広く伝えられるようになりました。 しかし、ぼくがうつ病になって気づいたのは、うつ …

「うつ病は心の風邪」の誤解。鬱の再発を防ぐために必要なこと

鬱という病を表現するときに、「うつ病は心の風邪」というフレーズがよく使われます。 症状が似ているわけでもないのに、なぜうつ病と風邪が似たものとして表現されるので …

うつ病の原因になるストレスを徹底解説

うつ病は心と身体に起こる病気であり、気分を変れば治るものではありません。 ぼくもいろんな方法で気分転換を試みたり、なんとかネガティブな思いを払拭しようと努力しま …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です