ミラクリ

鬱から成功するブログ

大嫌いだった上司に教えてもらった、「まじめな会社員」4箇条

 

大嫌いだった上司に教えてもらった、「まじめな社会人」4箇条

 

その昔、どう逆立ちしてもそりが合わない上司がいた。

その方から教えてもらった「まじめな会社員」であるための極意を書いたメモを見つけて、なんとなく懐かしい気持ちになった。

 

当時は嫌で嫌でしょうがなかった上司、そして苦しくてしょうがなかった「まじめな会社員4箇条」があったからこそ、今こうしてフリーランスとして独り立ちして働けているのではないか?と感じた。

スポンサーリンク

「まじめな会社員」4箇条

1.俺の見えないところで人と群れるな

マネージャーの立場にいる人ほど、「自分の目が届かない場所」を嫌う。

これがエスカレートすると同僚同士の飲み会、プロジェクトメンバーの個別ミーティングなど、自分が参加できない場所への情報にも敏感になる。

 

その場にいた第三者に聞くなどして、なんとか情報収集に走る。

 

部下としては、マネージャーにはそのような特性があるものだと認識し、マメに報告したり、上司にも参加要請することで、全体をスムーズに動かす能力が求められる。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

 

2.年上は無条件で敬え

上司は年上であるケースが多い。

ただでさえ上司と部下には一定の距離感ができてしまうものだが、それが年上であればなおさらだ。

 

年上の上司は、無条件で敬う必要がある。

話を真剣に聞き、ときには部下から上司を飲みに誘い、武勇伝を聞いては社歴の深さを知り、お互いの理解を深める。

 

そうすることで上司は承認され、気持よく仕事ができるのだ。

参考:リーダーシップを最短・最速で身につけるための ”アレ”

 

3.実績がないうちは意見するな

「誰が言ったか、よりも、何を言ったか」とは言われるが、会社内では「若い勢い」よりも「実績」がモノを言う。

 

過去の実績によって信頼性が担保され、実績のない若手の発言は自動的にフィルターにかけられてしまう。

 

そして何よりも、上司は部下からの意見を嫌う。

それが年下からの意見であればなおさらで、自分の実績やプライドを傷つけられたように感じてしまうのだ。

 

実績がないうちは、リーダーたちの意見に相槌をうつ程度にして、賛同しておけば皆がハッピーだ。

そして「実績」という看板を背負えるように努力しよう。

参考:「褒め合い文化」は苦手ですが、生きていけますかね?

 

4.経営幹部に気に入られるな

上司は「全てにおいて自分を通すこと」を欲する。

自分の知らないところで何かが動いたり、自分の知らない情報が行き来することを嫌う。

 

自分という立場がありながら、自分の上司である経営幹部と部下がやり取りする、または飲みに行くなんかもっての外であり、可愛がられるなんて発狂寸前だ。

 

仕事においては上司を飛ばすことなく、もし経営幹部から飲みに誘われたときは上司にも一声をかけよう。

たとえ都合がつかずに、その日は断られたも「誘われた」という事実が彼らにとっては大事なのだ。

参考:「社会人としての一般常識」なんか、全然あたり前じゃないから。

 

 

社内のしがらみとも上手に付き合うこと

面倒に感じるかもしれないが、会社で働くとはローカルルールと付き合うことでもある。

上司のスタイルは人の数だけ形があるし、その人の意向に沿う仕事をしなければ、どれだけ実績を出そうとも居場所を失ってしまう。

 

「実績がモノを言う実力主義」

それが理想であることは間違いないが、そんな会社はそれほど多くない。

参考:「好きな仕事で生きていく」なんか、もう諦めなさい。

 

ミラクリから一言

ありがとうございます。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

自分の子供に「勝つことが全てだ!!」と教えることに悩んだ話
「報われる正しい努力をしよう」 脳科学者・中野信子氏が語る、努力不要論に唸った!

  最近メディアでも大活躍の脳科学者、中野信子さん。 「努力不要論」という著書にも書かれている内容が、科学者らしい論理にあふれていましたので紹介します …

ものすごく簡単なクセに、仕事で圧倒的な差がつく2つの方法

    「フリーランスとして仕事をする上で、気をつけていることはありますか?」という質問をいただいた一方で、「フリーランスで一年ちょっとやっ …

「環境が人を作る」 プロに頭をガツン!と叩かれ、教えてもらったこと。

    先日なかなか衝撃的な出来事がありました。 「環境が人を作る」と言いますし、ぼく自身も環境整備にはいつも注意を払ってきましたが、もっと …

ローソン新社長の玉塚氏の経歴がエゲつない! 社長も職業になりつつある。

  ローソンの新社長に玉塚氏が決定しました。 こういう人を見ると「プロ経営者」っているんだなって実感させられる。  

なぜ人は「問い」を持つと可能性が広がり、「答え」を知ると立ち止まるのか。

    ぼくはフリーランスで、ライター業をメインに仕事をしています。いまは毎朝5時に起きて、一日合計で3万文字の原稿を12〜15時間ほどかけ …

人生に迷った時、声にだして読みたい名言 まとめ

  生きていると誰しも迷うときはあります。 ぼくの人生を振り返っても、迷いなくただ夢中に生きてる時よりも、右に左にぶつかりながら悩みつつ生きてる時期の …

「夢はほとんど叶わない」と認識するのは諦めではない:為末大のツイートに学ぶ

  「夢なんて叶わないよ~~!」って言われたらムカつきますか?? いつも胸に刺さるツイートをくれる「為末大さん」が、「夢」についてつぶやいた後の、周囲 …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

「自分を信じるな、他人を信じろ」:鳥井謙吾氏の名言が突き刺さった。

Comment

  1. 遊人 より:

    4つとも私にはできない内容です。
    2年前にフリーランスになりましたが、記事を読んでやはり会社員には向いていなかったんだと思いました(^^;

    • Toshinori Kobayashi より:

      遊人さん

      コメントありがとうございます!

      そうですね…。
      ぼくも最終的には精神を壊してしまったので、向いてなかったのだと思います…w
      またよろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です