ミラクリ

鬱から成功するブログ

「たくさん苦労した奴が偉い」時代はもう終わってるぞ!

スポンサーリンク

 

「お前は苦労をしていない」

諸先輩方からこんなありがたくも、鬱陶しい言葉をいただくことはある。

自分が何歳になっても先輩は存在するから、このような言葉は一生付き合う必要があるんだろうなぁと。

 

「まず三年はやってみろ」

「女遊びは営業の基本」

他にも、社会的に浸透しているこんな格言たちもあります。

過去記事:「女遊びは営業の基本」というナゾの格言への理解.

過去記事:「経営者目線を持て!」という謎の格言に出会った時に対処すること.

どの言葉ももっともらしいけど、実は具体性にかけるので、もう無視していいんじゃないでしょうか。

 

「お前は苦労をしていない」なんてどうやって判断するんだろう?

ぼくは目上の人からは、ものすごい好かれるか、ものすごい嫌われるかが分かれました。

もう少し自分の立ち回りもうまくできればよかったのですが、苦手なんですよね、そういうのw

 

感覚的に「お前は苦労をしていない」を一番言われた気がします。

最近は年齢的なこともあるのか、言われることも少なくなりましたが、言われるたびにこの言葉を不思議に思ってきました。

 

「苦労」ってなんだろう?

「苦労」したからなんなんだ?

どこかで「苦労番付」でもやってるんだろうか?

「苦労していない」なんてどうやって判断するんだ?

 

「苦労」なんてそもそも数値化できないだろ!

苦労なんて、そもそも数値化出来ないよね。

ぼくがなんとなく順風満帆に見えたことから「お前は苦労していない」という言葉が生まれるんだろうけど、なんだよそれ。おれが苦労してないなんてどうやって調べたんだ・・・!

 

「苦労」は極めて感覚的なものです。

ということは、個人の能力、実力、年齢、性別、経験、気持ちによって千差万別なんだよ。

その物事にドハマりして楽しんでる人は3日間徹夜しても「苦労」だと感じない一方で、その物事が嫌で嫌でしょうがない人からすれば10分だけでも「苦労」と感じます。

 

な・の・に・

「苦労」というものだけは、年齢、性別、経験に関わらず一律に語られることが多いのです(おれ調べ)

 

苦労

引用元: Sheer Brilliance, pennatologist: Winnie the Pooh warped my….

 

曖昧な価値観を振りかざしてくる人は、現在に満足していない

結局「苦労」という曖昧なものを振りかざして偉そうにしたがる人は、自分の現在に満足していないのです。

だからこそ、実際は比べようがないものをアピールして、「俺の方が苦労してきた。俺が上だ!」と自分の立ち位置を確保するしか無いのです。

 

こんなことを書くと、また「てめぇみたいな苦労知らずが何偉そうなこと言ってんだ!」と言われちゃいそうですが、まぁいいです(笑)

 

よくオフィスビルのエレベーターで降りるときに扉を開けて人を優先させようとすると、頭を下げて出て行く人と、我が物顔で出て行く人います。我が物顔で出て行くおじさんを見るとなんか哀れに思えてしまいます。「年長者=偉い」と思ってるのが顔に書いてあるからです。

 

誤解に無いように書いておきますが、ぼくも年長者を敬う気持ちはあります。体育会系の世界で生きてきたから、もしかすると人よりは少しばかり多いぐらいには持っているかもしれません。でも、年長者が外に出る時は若手が扉を開ける、年長者の飲み物がなくなったら若手がオーダーするというようなオートマチックな部分はよくも悪くも失われつつあります。

それを嫌だって抗ったところで、大きな時代の流れには逆らえないのです。

過去記事:おじさんと言い争うな!「最近の若者はダメ論」を理解してやれ!.

過去記事:世代間のギャップ:「上の世代」と理解しあえているヤツはヤバい!!!.

 

過去を自慢するよりも、未来へのビジョンを語れる大人になりたい!

年下の人とフラットに付き合うことに抵抗ある人も多いでしょうが、この流れは今後もっと加速してきます。

だからこそ抗っても無理なのです。

 

いい大人は、過去の「苦労自慢」をして若者を陥れることなんか止めて、未来への「ビジョン」や「目標」を語れるようになったらカッコイイです。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・曖昧な価値観で比較してくる大人は無視しよう

・社会にはびこる曖昧な格言も無視してOK

・過去を自慢するのではなく、未来を見つめる大人になろう!

大人が未来を見つめていれば、若者だったそうなるはずですよ。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

仕事がデキるデザイナーから「コンプレックスがやる気の源」と聞いて、共感した。
優秀なデザイナーから「コンプレックスがやる気の源」と聞いて、驚いた。

    ある制作物の打ち合わせで優秀なデザイナーに会い、彼女の言葉に驚いた話。

とにかく行動する人と、立ち止まる人のちがい。
とにかく行動する人と、立ち止まる人のちがい。

    仕事の相談メッセージを頂いたり、お会いした人に話を聞いていると、こんなことを聞く。   「小規模ながら読書会をやっています …

努力不要論
「報われる正しい努力をしよう」 脳科学者・中野信子氏が語る、努力不要論に唸った!

  最近メディアでも大活躍の脳科学者、中野信子さん。 「努力不要論」という著書にも書かれている内容が、科学者らしい論理にあふれていましたので紹介します …

「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。
「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。

    天才的な人にお会いすることがある。 ・どんな人でも、自分の領域に引き込んでしまう人 ・アイディア力・行動力がすさまじい人 ・とんでも …

DSC01127
「もっと大変な人がいるのだから我慢しろ」→自分目線で生まれた言葉が人を救う

    「もっと大変な人がいるのだから我慢しろ」   そう言われて困ったり、なぞの罪悪感を抱いたことはありませんか?ぼくは結構あり …

「辞めた会社」の悪口なんか、手放そうよ。
「辞めた会社」の悪口なんか、手放そうよ。

    会社に就職し、様々な事情で退職 → 転職をする。 ぼくの親世代では「一社勤めあげ」が主流だが、いまの時代はみんなバンバン仕事を変え、 …

20140209152032
いい大人の悔し泣きは気持ち悪い? それは理想を持っている証拠だよ。

  ぼくがいつも読ませてもらっている「えいたろうさん」のブログを読んでいて、心に留まったエントリーがありました。(悔しいという気持ちがある限り、年齢に …

ハマ・オカモト
「ベースを聴いてないのがムカつく」 ミュージシャン・ハマ・オカモト氏の、上手に人生を変える怒り方

  ミュージックバンドの中で、ベースという職業はサウンドの生命線ではあるものの、前面にでて目立つ存在ではありません。でもそんな常識をくつがえすように、 …

エリザベス・ギルバート- 成功と失敗と創り続ける力について
「結果などもはや重要ではない」と思える自分の居場所:ベストセラー作家が暗闇から脱出した話が興味深い!

    「食べて、祈って、恋をして」という映画化された有名な本があります。 この本は仕事や離婚で悩んだ女性が世界を旅して、徐々に自分を取り戻 …

PAK25_hikarimachinami500
社会人になった最初の三年間はとにかく「極端に」働いた方がいい理由

  ぼくは二十歳から社会人になったから、もう13年は働いてるんだなぁってふと。 かなり早かったような気もするけど、ここまですごく濃密で充実してました。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です