ミラクリ

鬱から成功するブログ

フリーランスが料金未払いにあったら…回収よりも「絶縁」しましょう。

 

今までの人生で「誰と付き合うか?」については自分なりにすごく考えてきましたが、独立して自分のビジネスと人脈が直結するようになると、余計に真剣に考えるようになりました。高城剛さんのメルマガで、「フリーランスへの料金未払い問題」に対する回答が、とてもタメになったので紹介します。

スポンサーリンク

高城剛氏 「料金未払いなど、不誠実な人との縁は今すぐ断ち切りましょう」

 

今回は“フリーランスの仕事について”ご質問させて下さい。

〜中略〜

現在、安価な値段でサービスを提供していますが未払いをする方も少なからずいます。

料金が未払いの方など高城さん自身もし今まであった場合どのようにご対応されたのか、またそのような人に共通している点などご教授いただければ幸いです。
【 A 】
同じように、フリーランスのお仕事をなさっていて、お金をいかにチャージするのか、とお悩みの方は多いと思います。なにしろ、日本はアイデアにはお金は払わず、人件費は皆同じ、とお考えの人が多いからで、これで国が良くなるわけありませんし、画期的商品が生まれるわけもありません。

〜中略〜

もし、クライアントがなんらかの事情で支払えなくなった際に、誠実な対応に対して誠実に応えることは大切だと思いますが、不誠実な人に対しては、いつまでも付き合ってるだけ無駄だと個人的には考えています。ですので、その時にいくら「未回収」だ、「損」だと思っても、人間関係をすぐに解消すべきです。

 

過去20年の僕の仕事のなかで、いわゆる「とりっぱぐれ」は、1億2億ではききません。しかし、どんなに金銭的に「損」しても、不誠実な人たちとの関わりを即座に絶ちますので、いまの僕があるんだと思います。

 

人生を楽しみたいなら、欲はかかないほうがいいですよ!

なにしろ本物のクリエイターには、「無」から「有」を生み出す無限の力があるのですから、ドンドン次に進むべきだと僕は考えています。

 

引用元:高城未来研究所「Future Report」Vol.189

 

ぼくはフリーランスを始めてから、幸いなことに料金未払いの被害に遭ったことはありません。

 

それにしても高城剛さんの「とりっぱぐれ」が1〜2億ではきかないって…恐ろしい。クリエイターとしてメディア業界で仕事をしていると、一件あたりの金額もバカでかいんでしょうね。フリーランスとしてお金との付き合い方は、かなり重要です。

 

解説すると、料金未払いへの対応として不誠実な人と向き合い続けるのであれば、さっさと縁を断ち切って次の仕事に向かった方がいいということですね。

 

短期的にお金に困っていたら、なかなかそういう思考にはなれないかもしれないけど、長い目で見た時は「誰と仕事をするか?」こそ重要なんですよ。

参考:「人権を捨て、デジタルが世界を変えると信じる人(笑)」 猪子寿之氏がチームラボに採用したい人とは?.

 

お金

 

成果を出す人は、あらゆる面で断捨離上手

ぼく自身は未払被害に遭ったことが無いですが、ビジネスで成功している周囲を見てると、本当に断捨離が上手です。数百万単位の未払いや、詐欺にあった人でも大笑いしたり、ネタにして話したりしてケロッとしてます。

 

いや、笑い事じゃないだろと…w

でも「モノ、人、お金、思考…etc」のあらゆる面で捨てることが上手です。

一時的にのめり込んだとしても、不誠実だったり、自分にとって不要だと感じればさっさと捨ててしまいます。それが一般の人から見れば、経営者が「冷酷だ…」と言われやすい要因です。

 

ただ自分で事業を興して自分、社員、取引先に利益を還元する立場だと、落ち込んでる暇はありません。もう何があっても無理矢理にでも前向きに考えて進んでいくしか無いんです。

参考:なぜ経営者の考えは朝令暮改なのか?.

 

ネガティブな思い出として刻まれる前に、さっさと切り替えましょう

ぼくも少し前までは、何でもかんでも真剣に考えてしまう人でした。

だからこそ自分で自分を追い込むまで考えこんでしまい、最終的には鬱病が発症するところまでいってしまったんですよ。そして「自分が鬱病になった」こと自体も、嫌な思い出としてしばらく刻まれていました。

 

もう止めました!

はい、簡単に止められるわけでもないので努力していますw

嫌なイメージが湧いてきたら、ランニングをする、運動する、尊敬する人の動画を見る、少し寝る、など、できるだけ常に良いイメージを持っていられるようにしています。

 

もしかしたら不毛な努力に見えるかもしれませんが、マジで有効ですよ!

参考:毎日10kmのランニングをしてみたら、健康効果が8つもあった。

 

自分の思考は「環境」によって作られますので、お付き合いする「人」が何より重要です。

インターネットを通して無闇に人とつながったり、スマホの存在によっていつでも人と連絡が取れてしまう現代だからこそ、人脈の整理については真剣に考えた方がいいですよ!

 

回収に全力をつくす場合は、こちらに数多くの相談が寄せられていますので参考まで。

弁護士ドットコム:フリーランス 未払いの弁護士回答.

 

ミラクリから一言

お陰さまでぼくは孤独の時間が多いですが…楽しいです!

 - フリーランス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「マーケット感覚」を身につけた ”ヒヨコ” に会ったら、スゴすぎて絶句した。

    ちきりんさん(@InsideCHIKIRIN.)の「マーケット感覚を身につけよう」を読み始めました。 この記事を書いてる時点で1/3 …

「好きな仕事で生きていく」なんか、もう諦めなさい。

    「”好きな仕事で生きていく”なんか、もう諦めなさい。」   今までにそんなことを何度か言われてきた。 ぼくとしては「好きな …

20代でフリーランスになった男性が実感した「会社員との違い」

    「今度、大阪に行くのでお会いしませんか?」   2年ほどインターネット上だけで親交してきたフリーランスの男性と会うことにな …

「プロになる人、なれない人の違い」って、実は簡単なことでした。

    イラストレーターとして独立している人、起業家として成功している人、会社員として充実した仕事をしている人、そんな方々とお付き合いしてい …

ワンピースな仕事術! 「自立したスペシャリストを味方につける」5人の男性

  社会生活では人との「つながり」がとても重要ですが、SNS的でバーチャルなものや、異業種交流会的な中途半端なものではなく、当日の夕方に悩み相談でアポ …

フリーランスが3ヶ月「売上ゼロ」だったらどうなるか? 生々しい現実がコチラです。

    フリーランスとして生きていくことは大変だ。 何か特殊な技能を持ち、最初から大量の仕事をこなしてすぐに法人化…そんな人も存在するのは事 …

はあちゅう氏が持つフリーランスの覚悟が正論すぎて参った。「好きなことで食べてイケますか?ぐらいの気合いでは無理」

  大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されて …

【人生無計画】「あの時はその選択肢しかなかった…」の連発も良いものだ。

    鬱病経験について、赤裸々に書いてみた。 今となっては症状が完治し、こうして毎日生きているのだから「病気になってから一年半が経過したし …

VANQUISH代表:石川涼氏の「空気を読まず、時代を創る」考え方がスゴイ!

  メンズファッションブランドの「VANQUISH」を運営する「株式会社せーの」代表の「石川涼」さんがとにかくスゴイので紹介します。  

なぜ経営者の考えは朝令暮改なのか?

  会社勤めの時は経営者の考え方がコロコロ変わることに辟易し、「言ってたことと違う」「朝令暮改は悪」「一貫性がない」などと批判もしていたものです。でも …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です