ミラクリ

鬱から成功するブログ

やりたい仕事が分からない? 「とりあえず興味があること」を極端にやるというキャリアの選択肢

 

先日、高校生の男女10数人と話す機会がありまして、本当に楽しかったです。(そんな機会ないでしょ、普通は。)

せっかくなので、どんなことに興味があって、どんなことを考えていて、これからどうしていきたいのか、質問攻めにしてみたら、すごく興味深いことがありました。

 

「興味深い」と同時に「これは根深い問題なぁ」と感じたことでもあります。

 

スポンサーリンク

 

「一生かけてやりたい仕事」

「やりたい仕事を見つけよう」という病気

10数人の高校生と個別に話してみて、ほとんどの子が「やりたい仕事を見つけなきゃ!」って病気にかかっていました。

もちろん現代は「やりたいことをやろうブーム」だし、やりたいことをやれるに越したことはないのですが、あまりにもそれにとらわれ過ぎているように感じます。

 

もちろん将来の方向性を決める高校生ですから悩んで当然なのですが、それぐらいの年代で「一生かけてやりたい仕事」が見つかったらマジで幸運だと思います。まだまだ情報量が少ない時期ですからね。

 

「やりたい仕事が見つからない」自分はヤバイ!?は思い込み

そして、多くの子が「やりたいことが見つからない自分はヤバイ」と感じているようでした。

中には「小学校教師になりたい!」と明確な目標を持っている子もいましたが、そんな子は10数人の中で3人だけでしたね。他の子はみんな「やりたいこと」を探してる最中で、強い焦りを感じてる様子でした。

 

でも全然焦らなくていいですよね……(笑)

 

「一生かけてやりたい仕事」なんて大人でも簡単に見つからない

そもそも「一生かけてやりたい仕事」なんて多い大人でも簡単には見つかりません。

なのに社会経験はなく、まだまだ情報と知識に乏しい学生に「やりたいこと」を見つけさせるのは無理があります。ぼくは大人からも「やりたいことが見つからない」という相談をよく受けますが、だいたいそういう人は過度な思い込みがあり、もっと気楽に考えれば、実は目の前に素材がゴロゴロ転がっているのです。

過去記事:仕事における「やりたいコト」「できるコト」との付き合い方.

 

仕事

 

柔軟なキャリアの築き方

「目指す方向は常に変わるもの」という前提を持つ

「一生かけてやりたい」という意識は「一度決めたら変えられない」「変えちゃいけない」のだと強烈に刷り込むものです。

一度決めた進路で勉強をしたからって、一生その分野で働かなきゃいけないというルールはありませんし、別に変えたって、変わったっていいのです。でもなぜか「一生かけて」というワードの縛られすぎるから、やりたいことが見つからないのだと思います。

 

「とりあえず興味あること」からスタートしても全然いい!

いまはインターネットというツールがあるので、自分の密かな楽しみだったものから、収入が生まれる可能性があります。もっと言えば、それが仕事になる可能性があるのです。

でもまずは仕事になる・ならない、お金になる・ならないは特に意識しなくていいと思います。

 

「極端にやる!」ことが一番大事

いま目の前にある「とりあえず興味あること」にとにかく極端に打ち込んでみるといろんなことが見えてきます。

 

ブログで言えば、「一日一記事更新しよう」なんて誰でもやっています。

そんな中途半端に取り組んでしまうと、「やりたいこと」への興味が、知らない間に「継続の美学」に移行してしまいます(笑)もっと極端に「一日十記事更新」してみてください。

 

自分が望む望まないに関わらず、どうせ時代は変わります(笑)そうしたら個人の考え方が変わるのも当然です。

あの高校生たち、あまり深く考えすぎずに頑張ってほしいです。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・「一生かけてやりたいこと」が見つからなくてもヤバくない、考え方は常に変わるもの

・目の前のことを、とにかく極端にやることが大事

・「とりあえず興味があること」からスタートして全然イイ!

 - 仕事

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【好きなものがわからない】悩める人がやりたいことを見つける方法

自分が本当に好きなものを知っていますか? 好きなものとは、そのことを考えるだけで心が踊り、いつまでもやり続けられるようなことです。 以前までは「仕事は辛くて当た …

「熱中できない仕事」には、思いがけないメリットがある

先日、あるクリエイターから、おもしろい話を聞きました。 その方によると「熱中できない仕事」には、メリットがあるのだとか。 「好きな仕事」をやっている人には見えな …

「仕事のやる気」がでないときに簡単にスイッチを入れる方法

「仕事のやる気」がでないときってありませんか? 実は最近までめちゃくちゃ苦しんでいたんです。 やりたい仕事があるのに、朝起きると気だるくて、なかなか着手できない …

「もの忘れが激しく、記憶力が悪い人」が救われるセリフ3選

    自慢じゃないが、ぼくはもの忘れが激しく、記憶力が悪い。 しかも相当なレベルだ。   まず「人の名前」が覚えられない。 お会 …

【社会人の一般常識】知っておきたいマナーと押し付けの違いを紹介

「社会人としての常識がなっていない!」 先輩や上司から、そんな怒られ方をすることがありますよね。 とりあえず至らない自分を反省するものの、「常識ってなに?」とい …

お局(おつぼね)と上手に付き合うための5つのポイント
【仕事を楽しむ人と楽しめない人の特徴】楽しく働く秘訣とは?

仕事は楽しいのが一番ですよね。 1日24時間のうち、10時間程度を仕事に費やすならば、約半日くらいは働いている計算です。 しかも仕事は週5日、多い人だと6日は働 …

会社を辞めたい?退職して環境を変えることもキャリアの大切な選択肢です。

  社会人になり、長く仕事をしていると「会社を辞めたい・・・」と思ってしまう時期がありますよね。   ぼくは3回の転職を経験して、4つの会社 …

「イチイチ否定してくる先輩」と付き合うための3つのポイント

  インターネットが普及してから民族間ギャップよりも、世代間ギャップの方が大きくなってるように感じます。諸先輩方のお話を「ありがたい」と感じつつも、ど …

「働きたくない病」になったときの対処法

今日は働きたくない… 会社に行きたくない…… そんなモヤモヤした気持ちになったことはありませんか? ぼくはうつ病を患ったとき、職場の人たちに迷惑をかけている自分 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です