ミラクリ

鬱から成功するブログ

【不思議ちゃんの特徴】モテるのに嫌われる、不思議なキャラクターについて解説

身近に「不思議ちゃん」と呼ばれる女性はいませんか?

天然・癒やしキャラの女性が好きで、恋愛関係になりたいとか。

あるいは不可解な言動をする女性の同僚を疎ましく感じ、会話がかみ合わないことに苛立ったりとか。

不思議ちゃんに対する思いはきっと様々でしょう。

独特な感性を持ち、マイペースで、わが道を行くタイプの女性とは、どう付き合えばいいのでしょうか?

また、なぜ「不思議ちゃんはモテる」と言われる一方で、嫌われてしまうのでしょうか?

今回は、不思議ちゃんについて徹底的に解説します。

スポンサーリンク

不思議ちゃんとは?

不思議ちゃんとは、具体的にどういう人を指すのでしょうか?

不思議ちゃんとは、常識外れの不可解な言動をする女性のこと。

同様の男性を「不思議くん」ということもありますが、一般的には女性を指すことのほうが多いようです。

独特な感性を持っていて、マイペースであるがゆえに、周囲からは「ズレている」と言われることも多々。

周囲から可愛がられる一方で、ちょっと困った存在でもあります。

モテる要因にも、嫌われる要因にもなる

不思議ちゃんというキャラクターは、モテる要因にも、嫌われる要因にもなります。

たとえば不思議キャラで男性からはモテていたとしても、女性からは評判が悪い。

あるいは一部の男性が不思議ちゃんをもてはやしていても、他からは「うざい」と言われるようなことですね。

あまりにも個性的であるがゆえに、好かれるか、嫌われるかがハッキリしてしまうのです。

不思議ちゃんの特徴

では、不思議ちゃんと呼ばれる女性には、どのような特徴があるのでしょうか?

主なポイントをまとめてみました。

言葉遣いや会話の内容が個性的

不思議ちゃんは、言葉遣いや会話の内容が個性的です。

あからさまに不思議ちゃんの雰囲気を漂わせているタイプもいますが、中には喋ってみて初めてそうであるとわかるタイプも。

具体例は次のとおりです。

  • 〜なり
  • にゃん語
  • メルヘンな言葉遣い
  • (自分のことを)ぼく
  • 妄想話
  • 宇宙について語りだす
  • 会話の内容が飛び飛び

これを個性的ということもできますが、人によっては「大人になれない人(中二病)」と揶揄するでしょう。

個性的であることと、常識のなさは紙一重です。

センスが独特(ファッションなど)

不思議ちゃんは、ファッションなどのセンスが独特です。

たとえば年齢に似つかわしくないヴィヴィッドなカラーを好んだり。

大好きなブランドで全身を固めてきたり。

流行しているとか、友達が持っているとか、他者からどう見られるかに関係なく、好きなものだけで身を包みます。

服装やアクセサリーやメイクを見れば、その独特なセンスに気づくでしょう。

言動が不可解

不思議ちゃんは、言動が不可解です。

たとえば会話をしている最中に、急に他のことを始めたり。

先輩が熱く語っているのに、自分の大好きなアニメについて話し始めたり。

人によっては「仕事の前のおまじない」を唱えるなど、不可解なルーティーンを持っている場合もあるでしょう。

このような特徴がハマれば人に好かれますが、ハマらなければ疎まれるだけです。

空気を読めない・読まない(KY)

不思議ちゃんは、空気を読めません。

いわゆる「KY」ですね。

空気を読めないのか、それともあえて読まないようにしているのかは様々ですが、いずれにしても周囲に合わせないのは同じ。

その場にふさわしくない言動をして、周囲を仰天させることも珍しくありません。

本人にKYの自覚がないなら、驚いている周囲を見て「キョトン」としているでしょう。

他人には全く興味がない

不思議ちゃんは、基本的に他人に興味がありません。

よく言えば「自分の人生を謳歌している」ですが、悪く言えば「自己中」ということになります。

自分のやりたいことや好きなことには熱心ですが、それ以外には興味を示さない。

それどころか、人が熱心に打ち込んでいる趣味の話を聞くことができず、すぐに自分の話をかぶせてしまう。

わが道を行く姿勢はすばらしいですが、協調性のなさは考えものです。

スピリチュアルな力がある(自称)

不思議ちゃんの中には、「スピリチュアルな力がある」と自称する人もいます。

たとえば次のようなもの。

  • 神様を見たことがある
  • 河童に会った
  • 電波が届いた
  • 天から声が聞こえた
  • 小さな人間(妖精)を見た
  • 生まれる前の記憶がある

(*上記は、ぼくが実際に聞いた話です。)

ちょっと笑ってしまいますが、このようなことを言う人は本当にいます。

人には見えないスピリチュアルな世界を覗いたことがあるというだけで、1つの「売り」になる。

それを知ってか知らずか、不思議ちゃんはスピリチュアルなエピソードを臆せず披露します。

独り言が多い

不思議ちゃんは独り言が多いです。

なぜなら、いつも自分の世界に入り込んでいるため、周囲のことが気にならず、いつも自分の部屋にいるような感覚だからです。

しかも「ぶつぶつ言う」とか、「つぶやく」というレベルの独り言ではありません。

まるで誰かに話しているような声量なので、周囲は驚いてしまいます。

自分が頭のなかで思い描いたことを、すぐに口にしてしまう。

これもちょっと困った特徴ですね。

守ってあげたくなる愛嬌の持ち主

不思議ちゃんは、守ってあげたくなる愛嬌の持ち主です。

(もちろん人によりますが。笑)

これが「不思議ちゃんはモテる」と言われる所以でしょう。

間違いなく個性的なのに、少しだけ陰がある。

発想はぶっ飛んでいるのに、どこか女性らしさが漂う。

そのギャップが愛嬌になり、男性はやられてしまうのです。

不思議女子がモテる理由

では、なぜ不思議女子はモテるのでしょうか?

その理由をもう少し具体的にまとめてみました。

  • 雰囲気が柔らかい
  • 好き嫌いが明確だからわかりやすい
  • 独特な個性がくせになる
  • 人間的な振れ幅(ギャップ)が大きい
  • 世界観に惹かれる
  • 癒される
  • 一緒にいると常識やルールを忘れられる
  • あらゆる面でブレない

不思議女子に魅力を感じる点は様々です。

その世界観や柔らかい雰囲気に魅了される人もいれば、ブレない姿勢に感化される人もいる。

単純に癒される人もいるでしょう。

いずれにしても「他の女性とは違う」と思ったときに、男性は惚れてしまうのです。

不思議女子が嫌われる理由

では、なぜ不思議女子は嫌われてしまうのでしょうか?

女性(同性)から嫌われる場合でも、男性(異性)から嫌われる場合でも、その理由は次のようにほぼ共通しています。

  • 会話が成立しない
  • 人の話を聞かない
  • 意外に頑固者
  • 本性(本心)がわからない
  • 「天然」を売りにしている
  • 「不思議キャラ」というブランディングに見える
  • 男女で顔を使い分けている
  • 何をしても許されると勘違いしている

その独特というキャラクターが、単なる「性格難」とか、「意図的に作り上げられたもの(キャラ)」に成り下がっているということですね。

不思議キャラを許せるうちは可愛く思えますが、許せなくなったらとことんうざくなるでしょう。

不思議ちゃんと呼ばれて喜ぶ人は「キャラ」の可能性大

では、不思議ちゃんの本物と偽物を見分けることはできるのでしょうか?

結論から言うと、可能です。

それは「不思議ちゃんだね」と言われたときの、次のような反応でわかります。

  • 本物:キョトン
  • キャラ:(喜ぶ)

本物の不思議ちゃんはキョトンとしているのに、偽物は喜ぶ。

つまり本物の人は「そうなのかな…?」とか、「不思議ちゃんって何…?」という反応であるのに対し、キャラの人はブランディングが成功していることを喜ぶのです。

このことから、「不思議ちゃん」というキャラクターが、意図的に作り上げられたものであることがわかります。

他の女性との違いを出すためにブランディングをするのは悪いことではありませんが、それが行き過ぎると人間関係に支障をきたすでしょう。

不思議ちゃんは女子に嫌われる要素が揃っているかも!?

では、不思議ちゃんは本当に嫌われてしまうのでしょうか?

それを確認するために、一般女性の考え方を見ていきましょう。

「ゼクシィ」が行ったアンケートによると、女性の嫌いな女性は次のようになったそうです。

女性の嫌いな女性のタイプTOP5

  • 1位:人の悪口をいう(51%)
  • 2位:わがまま/自己中(34%)
  • 3位:男女で態度が変わる(32%)
  • 3位:ぶりっこ/こびを売る(32%)
  • 5位:うそつき(28%)

※複数選択可

引用元:ゼクシィ

「女子は女子に厳しい」という言説を裏付けるような結果ですね…。

ちょっと笑ってしまいました。

2位〜3位の「わがまま/自己中」「男女で態度が変わる」「ぶりっこ/こびを売る」あたりは、不思議ちゃんにも見られる特徴だと思います。

生まれ持った性格なら仕方ありませんが、「養殖」ならば気をつけたほうがいいかもしれません。

不思議ちゃんと接するときは、寛容になることが大事

男性であれ、女性であれ、不思議キャラの人と接するときは、寛容になることが大事です。

実はぼくも、どうしても性格の合わない不思議ちゃん(部下)に出会ったことがあります。

マイペースに仕事をしすぎて、期限に間に合わない。

やっと仕事ができたかと思えば、まったく見当違いというか、良い言い方をすれば「アーティスティック」な仕上がりになっている…。

もちろんぼくの言い方(伝え方)にも問題はあるのですが、そもそものスタンスが違いすぎました。

そこで彼女を尊重するために、できるだけ寛容になり、気長に付き合うようにしました。

すると、メキメキと力をつけ、1年後の査定でトップを取るようなビジネスウーマンに変貌したのです。

個性や価値観は使いようですね。

抜けているところ(欠点)があれば、飛び抜けているところ(長所)もあるのですから。

ミラクリから一言

不思議ちゃんが彼女になったら、大変そうですが。笑

 - 恋愛・夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【夫婦喧嘩の原因と仲直り術】夫と妻の不仲がもたらすリスクとは?

夫婦喧嘩をしたときは、嫌な気分になりますよね。 大切なパートナーだからこそ、微妙な行き違いがあったときに感情的になり、怒りを爆発させてしまいます。 なかには喧嘩 …

【失恋してつらい!助けて!】死にたくなるほど悲しい失恋から立ち直る方法

失恋は、何とも形容しがたいつらい経験です。 好意を寄せていた相手に思いが通じなかったり、拒絶されたりすると、自分の存在を否定されたような気がするでしょう。 また …

【夫婦の会話がなくなる原因と対策】冷え切った夫婦仲を改善しよう

「夫婦の会話なんて、とっくの昔に無くなったよ…苦笑」 諦めたような表情でそう言う人をよく見かけます。 中には、「旦那(嫁)は子育てのパートナーでしかない」と言い …

【既婚者たちの不倫】浮気との違い・違法性・結末・慰謝料の相場などを徹底解説

有名芸能人の不貞行為が連日メディアで放送されるようになりました。 そのせいか、私たちの脳内に「不倫」という2文字が深く刻まれたように思います。 でも、不倫と浮気 …

「ふぁぼる」ことから始まる愛! Twitterで気になる人を一本釣りする3つの手順

  時代が変われば恋愛術も変わります。「出会いが無い・・・」と嘆いてるあなた!インターネットに「出会い系」というレッテルを貼ることなかれ、SNSだって …

「子供は3〜5歳で決まる」予備校講師:林修氏の教育論が凄まじく参考になる!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今まで講師として勉強ができる子供たちを数多く見てこられた経験から、トッ …

【夫婦間におけるモラハラ】モラルハラスメントの特徴と対策を徹底解説

「モラハラ」という言葉が広く知られるようになりました。 有名芸能人の離婚原因が「夫のモラハラ」だったり、「職場の上司のモラハラ」が原因でうつ病になったり。 モラ …

小籔千豊氏「危篤の母とモロゾフのプリン」:親孝行について考えさせられた

  吉本新喜劇の座長になる一年前に悪性リンパ腫で亡くなった母親について、小籔千豊さんが語っていました。 親孝行について考えさせられる感動的な内容だった …

【いい人で終わる男性の特徴】女性にモテる男はココが違う!

「いい人」と言われるのはうれしいですが、気になる女性と付き合えないのは辛いですよね。 いい人と言われる男性には、聞き上手、性別を感じさせない安心感、常に女性の味 …

子供が欲しくないのに「妊活」する人がいると聞いて愕然とした。

  ルールとして明文化されているわけでもないのに「◯◯して当たり前」となっていることがありますよね。 特に人生設計についてはそうで、下記のような記事を …