ミラクリ

鬱から成功するブログ

脳天気でマイペースな性格だった人が、鬱病になるまで

ぼくのうつ病の体験談を第一話第二話第三話で綴っています。

今回は第一話です。

スポンサーリンク

窮屈だった学生生活から自由な社会生活へ

12歳から親元を離れて生活してきたことで、一般の人たちよりは自由に生きてきた。

でも、6年にわたる寮生活で、厳しい規律と、ゾッとするような上下関係のなかでもまれた。

それが高校を卒業して一人で暮らすようになると、一気に反動がきた。

5年間ほどは黒髪だった記憶がなく、自分で稼いだお金をひたすら遊びにつぎこみ、異性関係も果てしなく乱れた。

「浮気」という概念はなく、確信犯的に不特定多数の女性と付き合ったりもしたが、そもそも「付き合う」という明確な線引きすらないほどだった。

会社で働くようになってからは、まだマシになった。

社会のリズムに合わせることはできたが、性格の脳天気さ、マイペースさ、根拠のない前向きさはそのままだった。

ノルマを課せられてもマイペース、クレームが発生しても脳天気。

実はこれが良いように作用する場合も多く、慌てふためく同僚たちを尻目に、ただ淡々と処理していくことで、ときには「損害賠償」がチラつく弁護士同席のクレーム処理にもかり出された。

性格的な脳天気さ、マイペースさ、前向きさは論理で解明できないところがあり、自分でもその自覚がない。

だからこそ、一度歯車が狂ってしまうと、果てしない奈落の底まで落ちてしまう。

うつ病になりやすい人には、必ず性格的な共通点があるのだから。

仕事に追い詰められ、メンタルがすり減る毎日

ぼくは働くことが好きで、「会社に行くのが嫌だ…」なんて一度も思ったことがなかった。

しかし、その時期は分かりやすく立場が悪かった。

新しく任された仕事で予期せぬトラブルが相次ぎ、厳しい叱責を浴びせられる。

通常であれば「まぁしょうがないな…」と受け流せていた言葉を、上手にかわせなくなっていた。

おそらくこの時点で、ストレスが最高潮に達していたのだろう。

自問自答という名の自傷行為

その時期は頭のなかで自傷行為を繰り返していた。

  • 何がダメなんだ…
  • オレのせいだ…
  • みんなから白い目で見られている…
  • もう自分の立場がない…

いま考えれば自意識過剰であることは間違いない。

しかし少人数の会社では、一人あたりの責任が限りなく重くなる。

そんな環境のなかで、トラブルを背負い込むのは辛いことだった。

朝起きる瞬間から寝るまで、ひたすら「自問自答」という名の自傷行為を繰り返していた。

いま考えれば、この時点でうつ病のサインが現れていたのだろう。

「全員に嫌われている」という自意識過剰

「いつからこんなに思いつめる性格になってしまったのか…」

元々は脳天気で、マイペースで、前向きだったぼくの内面で、急激に自意識が肥大化し、「答えのない問い」について考えるようになった。

自意識過剰になった人が考えることはシンプル。

「全員が自分を見ている」と思い込むようになるのだ。

これが良い方向に作用すれば「自分に酔う」状態になり、明るくなれるが、逆方向に作用したときは地獄だ。

そう、「全員に嫌われている」と思い込むようになるのだから。

いま思い返せば、完全に対人恐怖症だった。

会社に居場所がない

それからうつ病になるまでは早かった。

人に話しかけることすらできなくなり、いつも以下のようなことを考えていた。

  • この前まではもっと会話してくれたのに…
  • なんか視線が冷たい…
  • みんなで集まって会話してるけど、ぼくの悪口か…
  • そもそもぼくと話したくもないのか…

次第に、口で言えばいいことをあえてメールするケースが増え、担当外の仕事まで自分でこなしてしまうという状態に。

それでも仕事をしている間は気持ちがまぎれたが、ふと我に返ると怖くなった。

家に帰っても家族と会話ができず、ときには八つ当たりをしてしまう。

「答えのない問い」について考ているせいで、脳がパンクしてしまうのだ。

いま考えればゾッとすることだが、眠れない深夜、気づけば包丁を握っていたこともあった。

この時点で、鬱の初期症状について学んでおけばよかった。

ついに身体的なうつ症状が現れた

オフィスで働く「内勤」だったことも良くなかった。

外に出ていく営業マンであれば、一人になれる時間も多いし、忙しければ無駄なことを考える暇もなくなる。

でも、内勤はいつも同僚の目にさらされる。

それは当たり前のことなのだが、自意識が肥大化した状態の人間にとって、人目にさらされる状況は地獄だ。

目に映る人間はすべて「自分の敵」なのだから…。

動悸、震え、異常な汗、無気力

ここからが辛かった。

思いつめるだけならまだ良かったのだが、ついに以下のような症状が身体に現れはじめた。

  • 同僚と会話するだけで心臓がバクバク…
  • 勤務中に体の震えが止まらない…
  • 人に近づくだけで異常な汗をかく…
  • やる気が起こらない…

もはや生きる意味を見出だせる状態ではないほど、精神的に追い詰められていた。

いま冷静に考えると「家族もいるのに自分勝手なことを言うな」と思う。

しかしながら、その時期は極めて自己中心的に、自分のことだけを考えていた。

いや、むしろ自分のことを考える余裕もなかった。

ぼくはもともと「緊張」とも無縁の人間だ。

数百人の前で話すときも緊張しないし、初対面でも同じ。

それが、今まで仲良くしてきた同僚と話をするだけでも、「あがり症」のように汗をかき、手足が震える。

ここまで戸惑ったことは人生において記憶になかった。

疲れを取るための対策も実践したが、この時期はあまり効果がなかった。

男性

家族に勧められて病院へ

もはや、うつ症状が他人にも隠せないレベルまで悪化していた。

「さすがにこれはヤバい…」

嫁さんがその状態を察知し、メンタルクリニックで診察を受けることを勧めてきた。

正直言って、最初は「は…?」と思った。

まさか自分がメンタルを病んでいるとは、思いもしなかったからだ。

「なぜ病気でもないのに『精神科のような場所』へ行くのか?」と、本気で思っていた。

しかし、会社に近づくだけで汗をかき、体が震えてくる状態はどう考えても異常だった。

さすがに観念して、ぼくは近所の有名なメンタルクリニックへ行くことに。

「心療内科に行く」という選択肢もあったが、なんとなく「メンタルクリニック」のほうが気軽に行ける気がした。

「心療内科は重度の精神疾患の人がいくところ」という勝手なイメージをもっていたからだ。

うつ病を克服した今となっては、そんなイメージだけで病院を選んだことにゾッとする。

「精神科のような場所」で見た光景

「精神科のような場所」に初めて足を踏み入れた。

エレベーターで3階にあがるまでは、ドキドキが止まらない。

いざクリニックに入ってみると、見るからに精神を病んだ方々がたくさんいた。

失礼な言い方になってしまうが、そのときは不思議とホッとした。

「あぁ…自分だけじゃないんだ…。むしろもっと苦しんでいる方もいるんだな…」と思ったのだ。

実際、待合室で横たわる方もいらっしゃり、自分よりも症状が重いのは明らかだった。

病院の先生に「うつ病です」と告げられた

診察の順番がきた。

先生に最近の症状を話しながら、いま思っていること、考えていることを赤裸々に話してみた。

「大丈夫なフリ」をしたら、その後も苦しむことになる。

もうこれ以上、鬱症状に苦しむことだけは避けたかった。

カウンセリングと診察を終えると、先生が「ちょっと待ってて…」と言って奥の部屋に下がり、看護婦さんと何かを話している。

そのとき、少しだけ「薬…」という単語が聞こえてゾッとした。

先生が戻ってくるとあっさりこう言った。

「小林さん、残念ながら典型的なうつ病ですね」

休職が必要なレベルのうつ病

ついに言われてしまった。

自分でも薄々は気付いていたことだが、第三者から、そして専門家から言われてしまうと逃げようがなかった。

「まだ軽度ですが、最低1ヶ月間の休職を要するレベルです」

え…? さすがにここまでは予想していなかった。

自分の症状を把握したかっただけなのに、会社の休職まで要求されるとは予想外だった。

とりあえず先生に「分かりました」とだけ伝えて、病院を後にした。

メンタルクリニックで処方箋をもらい、薬局で抗うつ薬と睡眠薬をもらった。

帰ってから調べてみると、相当強い薬のようだ。

ぼくは抗うつ薬を飲むことをためらった。

「薬漬けになる」「依存症状態になる」と聞いたことがあったからだ。

でも、現在のうつ症状の重さからすれば、抗うつ薬を飲む以外の選択肢はない。

薬を飲むと少しだけ楽になり、夜も眠れるようになった。

もし現時点で辛い状況にあるなら、転職サービスを利用して環境を変えるという選択肢もある。

市場価値を無料診断できるMIIDAS(ミーダス)や、転職成功率ナンバーワンのリクナビNEXTなら、すぐに活動を始められます。

また、転職先をじっくり探したいなら、専属のコンシェルジュが無料で相談にのってくれるWORKPORT(ワークポート)が便利です。

うつ病になったときは、まず身近な人に相談を。

無料で話を聞いてくれる、専門機関もあります。

ミラクリから一言

この時期はホント辛かった。

 - 体験談

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

鬱病を克服してから、再就職せず、フリーランスになるまでの体験談

ぼくのうつ病の体験談を第一話、第二話、第三話で綴っています。 今回は第三話です。

「うつ病」に苦しむ友人へ:おれたちは「逃げ方」を知らないんだよ。

    鬱病に苦しむ友人と会ったときの話。

【発達障害の体験談】家族に対しても攻撃的だった子供が大人になるまで

小学校2年生のときに、「発達障害の可能性がある」と診断された女性の体験談を紹介しています。 機嫌を損ねると、幼児だった妹や弟も攻撃してしまい、学校の先生の言うこ …

うつ病を克服した1年後の気持ちと体験談

  ぼくは2013年にうつ病と診断されて会社を辞め、2014年からフリーランスとして独立しました。その後は順調に回復しましたが、「精神は壊れる可能性が …

うつ病を支えてくれた家族に言ったセリフで、後悔しているもの

うつ症状がひどいときは、人生に希望を見出すのが難しいですよね。 気分の浮き沈みが激しくなるので、身近な人につらく当たってしまうこともあると思います。 ぼくはうつ …

【うつ病の体験談】IT企業の激務によるストレスで不眠・不食・体重15kg減に

うつ病を経験した女性が体験談を語ってくれました。 うつ病になった当時に勤めていたのは、不眠・不食状態になるほど忙しいIT企業。 激務があたり前だったため、自分が …

鬱を打ち明けるのは恥ずかしいこと?ぼくがうつ病経験をオープンにする理由

うつ病を打ち明けるのは、とても勇気がいることです。 メンタルを病んでしまったことを恥ずかしく思い、家族や恋人にさえ告白できないかもしれません。 でも、ぼくはうつ …

【うつ病の体験談】仕事や人間関係のストレスで鬱になり、すべてを放り出した過去

50代の女性がうつ病の体験談を語ってくれました。 今ほど精神疾患に関する情報がなかった時代に、うつ病になって苦労されたようです。 うつ病が回復してから15年以上 …

鬱病(うつ病)と診断されてから、かけ足で会社を退職するまで

ぼくのうつ病の体験談を第一話、第二話、第三話で綴っています。 今回は第二話です。

【産後うつの体験談】無痛分娩を選んだ私を悩ませた義母の何気ない一言

産後うつを経験した30代の女性が、体験談を投稿してくれました。 出産前に言われた義母の何気ない一言に傷つき、さらに出産後のストレスも重なってうつ病になったそうで …

Comment

  1. […] 参考:マイペース・脳天気・前向きな人が、鬱病(うつ)になるまで。   いかがだったでしょうか? […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です