ミラクリ

鬱から成功するブログ

「いつも幸せな人」に生きる秘訣を聞いてみた。

 

「いつも幸せな人」に生きる秘訣を聞いてみた。

 

あなたの周りに「いつも幸せな人」がいないだろうか?

ぼくは最近になって見つけた。

 

月に何回か訪れる大阪ミナミの飲み屋さんには、大きな笑い声が響き渡っている。いつも偶然居合わせる50代の男性と、気がつけば近くの席で会話をするようになっていた。話を聞いてみると、週に2〜3回はその店で酒を飲んでいるそうで、顔を合わせる確率が高いのはそのためだった。

 

もう10回は会っただろうか。

なぜそれほどまでに幸せそうなのか?その秘訣を思いきって聞いてみた。

スポンサーリンク

ハッピーな人生の秘訣を教えてくれた人

性別:男性

年齢:52歳

体型:中肉中背

仕事:会社経営

本人の悩み:ビール腹

 

彼はいつも笑顔だ。

そしてどれだけ酒に酔っ払っても、ネガティブな発言をしないし、人を罵倒することもない。むしろ酔えば酔うほど人からイジられ、その度に清々しい笑顔でおどけてみせる。30代のぼくに対しても説教じみたことを言ったり、仕事論を語ったりするようなこともない。

 

会社経営をしている彼の日常は過酷なはずだ。

聞くところによると化学薬品の卸売を仕事にしているそうだが、安泰などということはないはずだし、ときには部下と揉めることもあるだろう。一度だけ挨拶をした彼の部下に尋ねてみると、酒の席限定の陽気さではなく、会社でもいつも明るく、ハッピーな上司ということだった。

 

幸せそうな彼に、生きる秘訣を聞いてみた。

 

 

恨みつらみなんか捨ててしまえや

人を恨んで手足が止まるぐらいだったら、自分が変化して前進したほうがいい。

 

彼は会社を経営して20年。

これまでに何度も経営危機があったらしい。そして取引先に後ろから斬りつけられるようなトラブルに見舞われたり、とんでもないクレームに遭遇したことは一度や二度ではなかったらしいが、それでも人を恨むことはなかった。

 

誰かを恨んだ人は、ネガティブな感情に支配される。

後ろ向きな感情で悩んだときには、どうしても手足が止まってしまう。ときには「見返したい!」「復讐したい…」という感情もあるかもしれないが、悩み苦しんでいる間に時はどんどん過ぎ去ってしまう。

 

サクッと忘れて前進したほうが生産的だ。

 

 

嫌い・苦手な人とは距離を置いたらええやん?

他人同士が意見を合わせようとするから、しんどくなるんやで。

 

人が悩むことのほとんどは人間関係だ。会社の同僚とうまくいかない、上司が嫌い、恋人とケンカばかり、いろんなことがあるだろう。一般的には苦手な人ともうまく付き合うように努力することは美しく、人間的な成長をもたらすと言われる。

 

果たして本当にそうだろうか?

好きな人と付き合い、好きな人たちだけに囲まれていれば、それほど幸せなことはない、みんな本心ではそう感じているはずだ。

 

しかし仕事や家族の関係で「付き合わなければならない関係」も存在することは確かだが、無理に意見を戦わせようとせずに、苦手な人とはそっと距離を置くことが大切だという。彼は経営者だが、苦手な社員や取引先については無理して前に出ず、幹部との役割分担をしているそうだ。

 

違いは個性として、違うままでいい。

 

 

評価は他人にしてもらおうや

勝手な自己評価を、そのまま他人にも求めるから辛くなるんやで。

 

仕事をしていれば必ず人に評価される。

多くの人は自分が費やしてきた時間と労力を自己評価し、他人にも同様に、いやそれ以上の良い評価をして欲しいと願う。査定のとき、あまりにも評価が低かったときには落胆し、人によっては会社を恨んだりもする。

 

しかし前提として評価は他人がするものだ。

自分がせっせとブランディングをしたところで、それを目にした人がストレートに受け取るかどうかはまた別問題なのである。自己評価に熱心な人は、「他人から見た自分」を想像することにも熱心で、心労がたえない。

 

自分のことは他人に決めてもらおう。

 

IMG_7245

 

女好きやで

異性を意識しなくなったら、仕事も引退やな。

 

これには笑ってしまった(笑)

「女好き」と言うと聞こえは悪いが、つまりは異性の存在を意識して、いつまでも男(雄)である自覚を持つことだ。

 

多くの人は歳を重ねて結婚し、子どもができると男から旦那へ、旦那からパパへと姿を変え、牙を抜かれた獣のようになる。若いころのようなスリムな体型は姿を消して、ぽっこりお腹が姿を現し、ファッションへの関心も薄くなる。それでは人生にハリがない。

 

「よっしゃ!女性にいいところを見せてやろう!」という意気込みでいるからこそ、仕事を頑張れるということだ。

 

 

来る者は拒まず、去る者追わずやわ

人を拒むのもしんどいし、去る人を追いかけるのも疲れるやん。

 

人間関係の悩みの原因のひとつに、出会いと別れがある。

恋人との出会い、別れ、夫婦の離婚、取引先との別離、家族の離縁などなど、多くの人と出会っては、自分の前を過ぎ去っていくだろう。

 

そのときに果てしなく追いかけると余計に苦しみ、現れた人を拒絶することにもエネルギーが必要だ。そして現代ではTwitterのフォローとリムーブ、Facebookの友だち申請と削除、インターネット上の出会いと別れに悩む人もいるから大変だ。

 

来る者は拒まず、去る者追わずの精神が今こそ必要なのではないだろうか。

 

ぼくがうつ病になった原因|8つのストレス

 

幸せな人生を送るために

生きていれば悩むこともあるだろう。

しかし大きな波に抗おうとすればするほど深みにはまっていくことは、多くの人が経験していることではないだろうか。

 

ぼくもイジメを受けたり、うつ病になったこともある。そして他者評価のギャップに苦しんだことは一度や二度ではない。でも長い目で見れば、それほど大きな傷にもなっていないのはたしかだ。自ら切り開くようにして生きる、でもときには流れに身を任せてみる、そんなバランス感覚を持ち合わせた50代経営者から学ぶことは多かった。

 

彼は今日も楽しそうに笑っていた。

 

*文末リンク

参考:無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

参考:気をつけろ! 「お金がなくても幸せ」と「稼げない」は全く違うから。

参考:「仕事のやる気を高める方法」を格闘家に聞いてきた。

 

ミラクリから一言

気持ちが楽になったぞ。

 - メンタル

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【精神的に強い人の特徴】メンタルが強い人たちがやっていること、やらないこと

精神的な強さは、生まれつきなのでしょうか? たしかに遺伝的要因もありそうですが、多くの場合は「環境」と「習慣」によって育まれると思います。 精神的に強ければ、い …

【過去の失敗を乗り越える方法】挫折から前進するための考え方

失敗をしたら、めちゃくちゃ落ち込みますよね。 その失敗が大きければ大きいほど、しばらく引きずってしまうでしょう。 「失敗は成功のもとだから」と励まされても、後悔 …

【精神的に疲れたときの対処法】無理をして体を壊す前に対策を!

仕事や人間関係の問題で、精神的に疲れてしまうときがありますよね。 真面目な人は、落ち込んだときほど「これではいけない!」と自分を奮い立たせ、無理をしてしまいがち …

マイノリティには強みがある! 嫌われ者の生きる道
【生真面目な性格を直す方法】真面目すぎることのメリット・デメリット

「生真面目な性格」には良い面もありますが、常に息苦しさを抱えてしまう側面がありますよね。 度が過ぎて、周囲に気を使わせてしまうこともあるでしょう。 生真面目な性 …

あなたは大丈夫!? コミュ障がよく使う言葉15選

  人間社会で生きていると「コミュニケーション能力」は必要なスキルです。 現代では人とのコミュニケーションがあまりうまくない人を「コミュ障」と呼びます …

「もうちょっと楽に生きたい」脳科学者:中野信子氏が見せる”変人”の生きる道

  著書やテレビ出演で大活躍中の脳科学者、中野信子さん。 独特の語り口で人間の行動原理を説明するのがおもしろいですが、彼女が脳科学を勉強しようと考えた …

働き過ぎる人から「ちゃんと休む人」になるための大切な考え方

ここ1年間、ほぼ休まずに仕事をしていました。 ぼくのようなフリーランスは仕事をしたぶんだけ報酬につながるとはいえ、「休まない」のは心身にとって良いことではありま …

【ポジティブになる方法】人生・仕事・恋愛がうまくいく人になるために

できることなら、いつもポジティブでありたいですよね。 しかし仕事のトラブル、恋愛の失敗、人間関係のストレスなどが積み重なると、ついネガティブになってしまうでしょ …

脳科学者・中野信子氏が教える「生きてるだけで丸儲け」の意味とは…?

  「努力は不要である」ということを分かりやすい論理で解説してくれる脳科学者の中野信子氏。 明石家さんまさんの「生きてるだけで丸儲け」という言葉があり …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です