仕事

鬱病(うつ病)と診断されてから、かけ足で会社を退職するまで

ぼくのうつ病の体験談を第一話第二話第三話で綴っています。

今回は第二話です。

スポンサーリンク

うつ病になるなんて思いもしなかった

マイペース、脳天気、前向きな性格だと思っていたのに、まさかうつ病になるなんて。

家系に鬱病経験者はいない。

しかも、どちらかと言えば明るくて、前向きな性格だったから、「鬱病は無縁」だと信じ込んでいた。

最初は「典型的なうつ病」という診断結果を信じられなかったのだが、抗うつ薬や睡眠薬を飲むに連れて、実感がわいてきた。

でも、「鬱病に立ち向かおう」なんて前向きな気持ちにはなれない。

まずは家族に詳しく話し、今後のことを決めようと思った。

嫁と子供のことを考えれば考えるほど、会社を休む、もしくは辞めるという選択肢は遠くなっていった。

うつ病の悩みを打ち明けるなら、相談相手は慎重に選んだほうがいい。

うつ病と診断されて緊急家族会議

自宅に着き、夕食もそっちのけで嫁に話をした。

まずは、率直に鬱病であることを告げた。

そして、「1ヶ月の休職が必要なレベルであること」も。

この2つのポイントを伝えるとき、妙に落ち着いた気分だった。

うつ病になりたくはなかったが、不調の原因がハッキリしたぶん、気持ちが楽になっていたのだろう。

人間は「原因不明のもの」に恐怖を感じることが、そのときによく分かった。

仕事は続けられるのか? 会社を辞めるのか?

いまは12月上旬。

仕事を続けられるのか? 会社はどうするのか?

人数の少ない会社で休職しようものなら、迷惑がかかる。

そして、1ヶ月休んだところで鬱病が完治する保証はどこにもなかった。

休職を申し出るべきか…。それとも…

いや、やはり「ソレ」を選択肢として考えるべきではない。

「ソレ」を選んでしまったら、2ヶ月後からは無収入になり、家族を路頭に迷わせてしまう。

仮に1ヶ月後に完治したとして、再就職先がすぐに見つかったとしても、3〜6ヶ月は無収入だ。

絶対にそんなことはできない。

しかし、対人恐怖症も含めて、体調はもう限界だった。

お金より、会社より、身体が大事

ひと通りの話を聞いた嫁の口からでた言葉は、意外なものだった。

本当に、本当に、時が止まったようにキョトンとした。

「じゃあさ、この年末で会社は辞めよう。」

え…?

まず、ぼくが一番敬遠していた「ソレ」をあっさり選んだことに、そして今が12月上旬であるにも関わらず「年末で退職しよう」と口にしたことに驚きを隠せなかった。

嫁が言った内容を整理すると、こんな感じだ。

  • だってさ、お金より、会社より身体の方が大事だよ
  • このまま働き続けたら、壊れるよ
  • 身体さえ元気なら、また稼げるよ

矢継ぎ早にそう言われると、なんだか妙に納得した。

それもそうだ。

もしこのまま働き続けてうつ病がもっと悪化したら、それこそ1ヶ月の休職どころではない。

いま少しだけ休むか? 思いっきり壊れてから長期治療か?

整理して考えると、答えは単純だった。

自分が鬱であることと、退職の意思を伝えるまでの葛藤

当時勤めていた会社は、本当にいいところだった。

中途転職にも関わらず先方から誘っていただき、家族ぐるみの付き合いをしてもらった。

ノビノビ働ける環境も整えてくれた。

うつ病の原因は、断じて会社にあったわけではない。

希望退職日までは2週間しかない

「年末に退職する」なら、あと2週間しかない。

会社勤めしたことがある人なら分かるだろうが、退職の条件としては非常に厳しい。

「2週間前に通告すれば退職できる」という労働者の権利はあるものの、2週間以内に業務の引き継ぎをするのは大変なことだ。

ギリギリのマンパワーでこなしているベンチャー企業なら、なおさらだ。

全てをひっくり返して引き継ぎに追われる… 上司や同僚たちの仕事を増やしてしまう…と想像するだけでも重たい気持ちになった。

上司、社長、同僚にうつ病を告白すること

その反面、鬱病であることを告白したら、もう会社には戻れないだろうとも思っていた。

心を病んだ人には、ただでさえ気を遣うもの。

そんな状態がベンチャー企業のチームワークに良い影響を与えるわけがない。

うつ病を告白したら、イコール辞めるしかなくなるだろうと思ったのだ。

そして、嫁以外の第三者に、自分の病気を伝えるのは恥ずかしかったし、恥だとも思った。

まずは上司に伝え、その後社長に。

「うつ病」という病名とともに、退職の意思を伝えた。

このときはさすがに緊張した。

また、転職に誘ってくれたこと、手厚い待遇をしてもらったこと、家族ぐるみで出かけたイベントなどを思い出し、余計に心が苦しくなった。

「実は鬱病になりました。年内で会社を退職しようと思います」

伝えたのはそれだけだった。

上司も社長も目を丸くした。

「まさかコイツが…」そう思っていたのかもしれない。

後から聞くと、様子がおかしいことには気付いていたようだが、実際に告げられると本当に意外だったそうだ。

ついに嫁以外の第三者にも伝えてしまった。

社内に噂が広まったらどうしよう。本当に恥ずかしい。

でも、うつ病になったら、身近な人から少しずつ告白していく以外にはないと思う。

男性

うつ病で会社を退職するまでの孤独感

上司も社長も同じことを言った。

「事情が事情だけに止めることはできないし、退職を先延ばしすることもできないから、何とかしよう」と言ってくれた。

この言葉には本当に救われたし、今でも感謝している。

正直なところ、身体的にも、精神的にも、もう限界。

「あと2週間で退職」なのに、ぼくには2年ぐらいに感じていた。

本当は明日からでも会社には行きたくない、事務所に入りたくない、人と顔を合わせたくない、それが偽らざる本心だった。

仕事云々よりも、人生に疲れたという状態だったように思う。

鬱を克服するために人づきあいを減らした

それからは、引き継ぎに必要なことを除き、人と関わるのを止めた。

気を遣うのも、気を遣われるのも嫌だったからだ。

面倒なことからは、逃げた。

自分を守るために、社会人失格と言われるレベルまで思いっきり逃げたのだ。

傲慢なのはわかっているが、当時は会社に行くだけでも、気が遠くなるほど大変なことだった。

やるべき仕事と引き継ぎを淡々とこなし、それが終われば、またひとり黙々と働く。

どちらかと言えば、会話をしながらリズムを作っていくタイプだった自分とは、真逆のスタイルでいるのは本当に辛かった。

人に気を遣われて孤独にさせられたのではなく、自ら孤独になった。

もはや限界に達したメンタルを守るには、そうするしかなかった。

うつ病の克服は、まず自覚するところがスタートなのだ。

お世話になった会社への不義理

鬱病とはいえ、散々お世話になった会社を2週間後に退職する。

その事実だけが、いつまでも自分に重くのしかかった。

嫁やクリニックの先生からは「責任を感じる必要はない」と言われたが、当時の精神状態では無理な話。

ブラック企業ならまだしも、自滅したことは自分が一番よく分かっていたからだ。

こんな辞め方をすれば、業界内にすぐ噂は広がるだろう。

鬱が回復して、業界に戻りたいと思っても、雇ってくれるところはないかもしれない…

打算も含めて考えれば考えるほど、鬱は深くなっていった。

「出社すること」でしか恩返しはできない

もうぼくにできるのは「出社すること」しかなかった。

キチンと出社して引き継ぎを行う、もうそれしかできなかった。

通常であれば、会社を辞めるときに以下のようなことを考えるだろう。

  • 恩返しのために何かを残す
  • 送別会をする
  • 個別に食事をして親交を深める

当時には無理だった。

むしろ滞りなく退職することだけに集中していた。

正直言って、出社しただけでも自分を褒めたくなるような健康状態だったのだ。

あいかわらずオフィスに入るとすぐに激しい動悸に襲われ、大量の汗をかいた。

自己嫌悪、自己否定、罪悪感。

これらの感情は、しばらく抱え続けることになる。

ただ、仕事を辞めたいと思ったときが、辞めるタイミングなのだと思う。

うつ症状に苦しみながら同僚と上司に挨拶

上司、同僚たちの協力によって、引き継ぎはかけ足で進んだ。

実際はみんなが協力して、かけ足で期日に間に合わせてくれたのだ。

感謝してもしきれない。

そして、やっと退職日がきた。

年末最終日ということもあり、スケジュールは大掃除のみ。

しかし、「朝イチだけ来て挨拶したら、帰ってもいいよ」と社長が配慮してくれた。

できるだけ早く開放感を手にしたかったぼくは、朝9:00に出社して、みんなに挨拶をした。

最後の最後まで、自分勝手にさせてもらった。

うつ症状の影響で、まともに挨拶できなかった

うつ症状に苦しむ状態で、まともな挨拶ができるわけもなかった。

「お世話になりました。じゃあ、また」

それだけ伝えるのがやっとだった。

当時は今ほど気持ちが整理されておらず、どこかで会社の責任を問うような気持ちがあったのかもしれない。

「もうこの会社のメンバーとは顔を合わせたくない…」と思っていたのかもしれない。

しかし、社会人として最後まで不義理をすることはできない。

様々な思いが絡み合い、集約された言葉が「じゃあ、また」だった。

挨拶を済ませ、お世話になった会社を飛び出すと、ちょっとした開放感があった。

もう恐れなくていいし、怖がらなくてもいい。

震えることも、汗をかくことも、心臓がバクバクすることもないだろう。

それだけで十分だった。

家に帰ると、それまではなんとか踏ん張ってきたものが一気にあふれてきた。

しばらくの間、ひとりで泣いていた。

もし辛い状況にあるなら、転職サービスを利用して環境を変える選択肢もある。

市場価値を無料診断できるMIIDAS(ミーダス)で自分の市場価値を無料診断すれば、転職という選択肢が見えてきます。

また、転職先をじっくり探したいなら、専属のコンシェルジュが無料で相談にのってくれるWORKPORT(ワークポート)が便利です。

ミラクリから一言

とりあえず一区切りついた。

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-仕事
-

Copyright© ミラクリ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.