ミラクリ

鬱から成功するブログ

たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

 

たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」でいるための極意は。

 

ちょっといくつか仕事で大変なことがありました。

普段は「我を忘れて怒る」ことが、そんなにはありませんが、正確のベースが”かんしゃく持ち”なので、内心イライラすることはよくあります。

 

でもね、キレて得したことが一つもないんですよ。

ケンカをする、ケガをする、仲違いする、物が壊れる、誰かが涙する、仕事がなくなる…などなど、怒ることによって何かを壊してしまいます。

 

いつも機嫌がいい人でいたい…!

いつもそう願っているので、一つだけ取り組んでいることがあります。

 

そして周囲の「いつも機嫌がいい人」を観察しても、この極意は正しかったように思います。

スポンサーリンク

ストレスを上手に解消する。

日常生活ではストレスを溜めることが多いでしょう。

仕事、会社、家族、人づきあい、などなど…。

 

「オープンで丸出しの性格」と言われる人ほど、実はその明るい性格は「気遣いの裏返し」だったり、そんなことがよくあります。本性をそのまま人前で出すことは、とても難易度の高いことですから、人前や仕事のときには「自分を殺す」ことを覚えていくものです。

 

じゃあストレスを溜めず、機嫌がいい人でいるためにどうするか?

 

心を開放し、バカになれる場所をつくる

「本性」を開放する場所を作るのです。

 

酒、食事

イベント

スポーツ

人づきあい

恋愛

趣味

ブログ(表現する)

 

これだけです。

何か一つでも心を開放し、馬鹿になれる場所があればいい。人によっては「手書きでノートに考えをまとめる」だけでスッキリする人もいるでしょう。

 

ちなみにぼくの場合はスポーツとブログ(表現)です。

お酒や夜遊びではまったく解消されないどころか、夜の人付き合いですらストレスがかかるので、余計にたまってしまいます(笑)

 

ぼくは酒でバカ騒ぎできる人って、いいなぁと思います。

自分がすることはないけれど、あの雰囲気って楽しそうだし、翌日はきっと気持ち悪いんでしょうけど、それでも「この場を楽しむこと」に全力を尽くしているのはすごいです。

 

(酒を飲む人からすれば、やめたいところもあるのでしょうが…)

 

 

「非日常」に逃げる

「現実逃避」は悪いことなんですかね?

日常に悩みがあったすれば、それは日常の中でしか解決しないのは事実です。仕事のトラブルを抱えているときに、海外旅行に出かけてもトラブルを放置してるだけですからね。

 

でもトラブルを解決するためのヒントは、非日常に転がってることが多いです。

 

うーん…と頭を悩ませることを休憩し、ランチに出かけたときに気付いたり、PC・スマホから離れて本を読んでるときに思いついたり、そういうものです。

 

上手に現実逃避を。

立ち向かうだけではなく、ときには逃げた方がうまくいくことが多いですよ。

 

ミラクリから一言

いつもニコニコしたいけど、強面なのは内緒だぞw

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【シャイな性格を治す方法】恥ずかしがり屋な男女の心理を解説

「シャイな性格を治したい」 そんなことを考えていませんか? シャイな人は第一印象こそ「うぶで可愛らしい」と思われますが、時間が経てば経つほど「めんどくさい」とさ …

「自称クズ」に教えたいセルフハンディキャッピングの恐怖:姿勢が人の現実を作る!

  ・自称クズ ・自称社会不適合者 ・わたし(ぼく)バカだから インターネットの世界には、プロフィール欄にこれらのことを書いたり、発言の中に組み入れて …

「変人に憧れる」「個性的になりたがる」とかもう止めよう問題

    ぼくは「変人に憧れる凡人」と「個性的になりたがる人」が苦手だ。いや、正直に言うと嫌いレベルだ。   やたらと自分を「盛る」 …

【逆ギレされたときの対処法】自己愛の強い人にはこう対応する

人生において、できれば経験したくないのが「逆ギレ」です。 自分は悪くないのに上司に怒られた、彼氏の浮気を問い詰めたらキレられた、お金を返して欲しいと言ったら不機 …

「お前はサイコパスだ!」と言われたので、前向きに生きることにした。

  人生の中で「お前はサイコパスだ!」と、三回言われたことがありました。 (まずは面と向かってそう言ってきた人の勇気を褒め称えたい。)   …

「また飲みましょう!」が成立する人間関係なら、いらない。

    30代も半ばにさしかかり、色々と気づくことがある。 それは「自分の人生のほとんどを共有した人は、ごくわずかである」という事実。熱いラ …

「自由でも不自由でも嫌われるけど、どっちがいい?」:「嫌われる勇気」に唸った!
本音はどう? キャバクラで嬢に説教するおじさんはウザい

  ぼくは「夜の付き合い」が苦手で、キャバクラにはあまり行きません。 そして人生で自分のお金でキャバクラに行ったことはなく、仕事の付き合い(経費(しか …

【検索できない生き方】情報化社会では「会わなければ理解できない人」が最高にクールである。

  著名人の名前をGoogle検索してみると、その人のプロフィールや活動履歴が分かり、SNSを通じて直接コンタクトをとることができる、いまはそんな時代 …

「人の縁」をつなぐ点と線

    それなりに長く仕事をしていると「人の縁」について深く考えさせられることがあります。 どうしても人間は忙しない生き物でして、すぐに自分 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です