人間関係

たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

 

たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」でいるための極意は。

 

ちょっといくつか仕事で大変なことがありました。

普段は「我を忘れて怒る」ことが、そんなにはありませんが、正確のベースが”かんしゃく持ち”なので、内心イライラすることはよくあります。

 

でもね、キレて得したことが一つもないんですよ。

ケンカをする、ケガをする、仲違いする、物が壊れる、誰かが涙する、仕事がなくなる…などなど、怒ることによって何かを壊してしまいます。

 

いつも機嫌がいい人でいたい…!

いつもそう願っているので、一つだけ取り組んでいることがあります。

 

そして周囲の「いつも機嫌がいい人」を観察しても、この極意は正しかったように思います。

スポンサーリンク

ストレスを上手に解消する。

日常生活ではストレスを溜めることが多いでしょう。

仕事、会社、家族、人づきあい、などなど…。

 

「オープンで丸出しの性格」と言われる人ほど、実はその明るい性格は「気遣いの裏返し」だったり、そんなことがよくあります。本性をそのまま人前で出すことは、とても難易度の高いことですから、人前や仕事のときには「自分を殺す」ことを覚えていくものです。

 

じゃあストレスを溜めず、機嫌がいい人でいるためにどうするか?

 

心を開放し、バカになれる場所をつくる

「本性」を開放する場所を作るのです。

 

酒、食事

イベント

スポーツ

人づきあい

恋愛

趣味

ブログ(表現する)

 

これだけです。

何か一つでも心を開放し、馬鹿になれる場所があればいい。人によっては「手書きでノートに考えをまとめる」だけでスッキリする人もいるでしょう。

 

ちなみにぼくの場合はスポーツとブログ(表現)です。

お酒や夜遊びではまったく解消されないどころか、夜の人付き合いですらストレスがかかるので、余計にたまってしまいます(笑)

 

ぼくは酒でバカ騒ぎできる人って、いいなぁと思います。

自分がすることはないけれど、あの雰囲気って楽しそうだし、翌日はきっと気持ち悪いんでしょうけど、それでも「この場を楽しむこと」に全力を尽くしているのはすごいです。

 

(酒を飲む人からすれば、やめたいところもあるのでしょうが…)

 

 

「非日常」に逃げる

「現実逃避」は悪いことなんですかね?

日常に悩みがあったすれば、それは日常の中でしか解決しないのは事実です。仕事のトラブルを抱えているときに、海外旅行に出かけてもトラブルを放置してるだけですからね。

 

でもトラブルを解決するためのヒントは、非日常に転がってることが多いです。

 

うーん…と頭を悩ませることを休憩し、ランチに出かけたときに気付いたり、PC・スマホから離れて本を読んでるときに思いついたり、そういうものです。

 

上手に現実逃避を。

立ち向かうだけではなく、ときには逃げた方がうまくいくことが多いですよ。

 

ミラクリから一言

いつもニコニコしたいけど、強面なのは内緒だぞw

トシノリ
今日もtwitterでつぶやいてます。最新のつぶやきはこちらをCLICK!!

-人間関係

Copyright© ミラクリ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.