ミラクリ

鬱から成功するブログ

会社員が飲みニケーションするなら社長と行け! 3つのメリット

 

ぼくは会社員時代は営業として多くの会社に出入りしていたし、13年間の会社員生活では4社に勤めたので、色んな経営者の人を見てきました。ぼくはそもそも、「飲み会」イコール「コミュニケーション」だと短絡的に考えられている風潮が大嫌いなわけですが、それでも必要な人と定期的に会食するのは有効だと考えています。

スポンサーリンク

社員と密にコミュニケーションをとる社長は意外と少ない

経営者を見ていると、「社員とコミュニケーションを取る人」が少ないと感じていました。

それは「飲み会」という形でなくても、会議以外の場で定期的に誰かと話すとか、お茶でも飲むとかね。で、そういう人に限って毎晩のように外では飲み歩いているんです。

 

経営者の立場であれば、自分自身に常に新しい刺激を取り込んで、モチベーションを維持することが重要です。自分の立ち振舞によって会社の未来が変わってしまうわけですし、それに伴って社員の将来も変えてしまう可能性があるわけですから、その重責は一般社員の比にはなりません。

参考:なぜ経営者の考えは朝令暮改なのか?.

 

それでも自分の会社(足元)の人とはあまりコミュニケーションを取らず、社外の人とばかりつるむっておかしいように思います。ぼくが勤めていた会社の経営者にもそういう人が多かったです。

 

20140120105221

 

社長は嫌われているから社内に居場所がない

単純な話ですが、これは意外に大きいです。

 

社長はえてして嫌われます。時には人情を無視した経営判断を迫られるし、自分が信じたことは決断して社員にやらせる必要があるからです。時に見せるその強引さによって、社長は社員から嫌われるようになります。(好かれてる社長ってあまり見たこと無いな・・・)

 

だから意図的に社外に自分の居場所を求めるようになり、社内の人と飲みに行くことが無くなります。

参考:「嫌われる勇気」を教えてくれた秋元康氏の名言

 

社員と飲んでも新しい刺激がない

表裏一体ですが、社長側から見ればこれは大きいと思います。

 

自分の思うようにやりたくて社長になったような人はみんな好奇心旺盛です。なので常に新しい刺激を求めるのですが、そこに重点を置くとどうしても社外との交流が中心になり、社内は後回しになります。何か社内的な重要な報告事項を聞く場合でもなければ、なかなか飲みには行かないでしょう。

 

ただぼくの経験上、この社員→←社長(経営者)のコミュニケーションが分断されると会社崩壊の第一歩です。そこには「言ってもしょうがない」、「どうせまともに聞いてもらえない」という悪い意味でのあきらめがあるので、その内本当に重要な情報もお互いに入らなくなります。

 

ぼくも過去に、社内的な重要な情報(自分にも関わる)を、社外の人から聞くようなことが何度もありました。(せめて他部署とかなら・・・)これは完全にコミュニケーションが途切れてる証拠だし、当時は腹立たしくて仕方なかったんですけど、今となっては「言ってもらえない」ようなコミュニケーションをしていた自分にも反省するところがあります。

参考:それって「阿吽の呼吸」ですか? それとも怠慢ですか?.

 

社員の方から社長を飲みに誘おう!

もし社長と話がしたいと願っているのであれば、社員から飲みに誘ってください。

そうすると社長は異常なぐらい喜びます(笑)

 

誘いたいけど照れくさい、今更・・・的な信条もあるので、そこは母性本能をくすぐるかのように自分から誘いましょう。

 

そうすると社員と社長の間にいる取締役や中間管理職はおもしろく思わないでしょう。「自分が飛ばされた」感覚になりますので。でも気にしないでください。「一般社員は社長を飲みに誘ってはいけない」なんて就業規則はありません(笑)

 

社長と飲みに行くメリットは3つあります。

1.中間管理職によってねじ曲げられた情報ではなく、生の経営方針や社長の考えを聞ける。

2.社員間の愚痴や組織論に惑わされることが無くなる

3.割り勘を心配する必要はありませんw

 

どうですか。

メリットばっかりでしょ(笑)

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

くだらない愚痴や自慢話を聞かされる飲み会ほど無駄なものはありません。

どうせなら明日につながる飲み会にしたいものです。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

大嫌いな上司から言われたのに、大事にしている「人間的成長のコツ」

    大嫌いだった上司に教えてもらった、「まじめな会社員」4箇条という記事を書いた。 これは、どう逆立ちしてもそりが合わなかった上司から教 …

【東京ディズニーランド】ポップコーンをこぼした子供への対応が神レベル!

  この半年間、ほとんど休まずに働いてきたので骨休めということで、東京まで旅行して東京ディズニーランド、ディズニーシーに来ています。ハンパなく感動した …

ローソン新社長の玉塚氏の経歴がエゲつない! 社長も職業になりつつある。

  ローソンの新社長に玉塚氏が決定しました。 こういう人を見ると「プロ経営者」っているんだなって実感させられる。  

社会人になった最初の三年間はとにかく「極端に」働いた方がいい理由

  ぼくは二十歳から社会人になったから、もう13年は働いてるんだなぁってふと。 かなり早かったような気もするけど、ここまですごく濃密で充実してました。 …

「もっと大変な人がいるのだから我慢しろ」→自分目線で生まれた言葉が人を救う

    「もっと大変な人がいるのだから我慢しろ」   そう言われて困ったり、なぞの罪悪感を抱いたことはありませんか?ぼくは結構あり …

成長したいならドMになって「自分よりレベルの高い人」と付き合った方が良い理由

  タイトルに有るような格言は、意識高いビジネスの世界ではよく言われることです。 でもそれを自分なりの言葉にしてみると、どうにも納得できる形にはならな …

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

  約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。 &nbs …

「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?
仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

no image
「窓際族」から勝ち組になれたのに虚しかった経験。人のために働く大切さ。

    営業一年目は、ほとんど成績を残せなかった。 うろ覚えだが、10人の営業マンのなかで7番目ぐらいだったと記憶している。どうせならぶっち …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です