ミラクリ

鬱から成功するブログ

会社員が飲みニケーションするなら社長と行け! 3つのメリット

 

ぼくは会社員時代は営業として多くの会社に出入りしていたし、13年間の会社員生活では4社に勤めたので、色んな経営者の人を見てきました。ぼくはそもそも、「飲み会」イコール「コミュニケーション」だと短絡的に考えられている風潮が大嫌いなわけですが、それでも必要な人と定期的に会食するのは有効だと考えています。

スポンサーリンク

社員と密にコミュニケーションをとる社長は意外と少ない

経営者を見ていると、「社員とコミュニケーションを取る人」が少ないと感じていました。

それは「飲み会」という形でなくても、会議以外の場で定期的に誰かと話すとか、お茶でも飲むとかね。で、そういう人に限って毎晩のように外では飲み歩いているんです。

 

経営者の立場であれば、自分自身に常に新しい刺激を取り込んで、モチベーションを維持することが重要です。自分の立ち振舞によって会社の未来が変わってしまうわけですし、それに伴って社員の将来も変えてしまう可能性があるわけですから、その重責は一般社員の比にはなりません。

参考:なぜ経営者の考えは朝令暮改なのか?.

 

それでも自分の会社(足元)の人とはあまりコミュニケーションを取らず、社外の人とばかりつるむっておかしいように思います。ぼくが勤めていた会社の経営者にもそういう人が多かったです。

 

20140120105221

 

社長は嫌われているから社内に居場所がない

単純な話ですが、これは意外に大きいです。

 

社長はえてして嫌われます。時には人情を無視した経営判断を迫られるし、自分が信じたことは決断して社員にやらせる必要があるからです。時に見せるその強引さによって、社長は社員から嫌われるようになります。(好かれてる社長ってあまり見たこと無いな・・・)

 

だから意図的に社外に自分の居場所を求めるようになり、社内の人と飲みに行くことが無くなります。

参考:「嫌われる勇気」を教えてくれた秋元康氏の名言

 

社員と飲んでも新しい刺激がない

表裏一体ですが、社長側から見ればこれは大きいと思います。

 

自分の思うようにやりたくて社長になったような人はみんな好奇心旺盛です。なので常に新しい刺激を求めるのですが、そこに重点を置くとどうしても社外との交流が中心になり、社内は後回しになります。何か社内的な重要な報告事項を聞く場合でもなければ、なかなか飲みには行かないでしょう。

 

ただぼくの経験上、この社員→←社長(経営者)のコミュニケーションが分断されると会社崩壊の第一歩です。そこには「言ってもしょうがない」、「どうせまともに聞いてもらえない」という悪い意味でのあきらめがあるので、その内本当に重要な情報もお互いに入らなくなります。

 

ぼくも過去に、社内的な重要な情報(自分にも関わる)を、社外の人から聞くようなことが何度もありました。(せめて他部署とかなら・・・)これは完全にコミュニケーションが途切れてる証拠だし、当時は腹立たしくて仕方なかったんですけど、今となっては「言ってもらえない」ようなコミュニケーションをしていた自分にも反省するところがあります。

参考:それって「阿吽の呼吸」ですか? それとも怠慢ですか?.

 

社員の方から社長を飲みに誘おう!

もし社長と話がしたいと願っているのであれば、社員から飲みに誘ってください。

そうすると社長は異常なぐらい喜びます(笑)

 

誘いたいけど照れくさい、今更・・・的な信条もあるので、そこは母性本能をくすぐるかのように自分から誘いましょう。

 

そうすると社員と社長の間にいる取締役や中間管理職はおもしろく思わないでしょう。「自分が飛ばされた」感覚になりますので。でも気にしないでください。「一般社員は社長を飲みに誘ってはいけない」なんて就業規則はありません(笑)

 

社長と飲みに行くメリットは3つあります。

1.中間管理職によってねじ曲げられた情報ではなく、生の経営方針や社長の考えを聞ける。

2.社員間の愚痴や組織論に惑わされることが無くなる

3.割り勘を心配する必要はありませんw

 

どうですか。

メリットばっかりでしょ(笑)

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

くだらない愚痴や自慢話を聞かされる飲み会ほど無駄なものはありません。

どうせなら明日につながる飲み会にしたいものです。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「自分を信じるな、他人を信じろ」:鳥井謙吾氏の名言が突き刺さった。
仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

【東京ディズニーランド】ポップコーンをこぼした子供への対応が神レベル!

  この半年間、ほとんど休まずに働いてきたので骨休めということで、東京まで旅行して東京ディズニーランド、ディズニーシーに来ています。ハンパなく感動した …

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

  約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。 &nbs …

天才型の「こじ開ける力」 と、蓄積型の「隙間を見つける力」 あなたはどっち?

    自分とまったく違うタイプの人と会うのはおもしろい。 昔は「俺たち気が合うよなー」と言える人たちと一緒にいることが心地よかったものだけ …

茂木健一郎氏「IQと才能は関係ない」:ウチの子供を「天才」に育てるために必要なこと

  変化の激しい現代では「考える力」こそ重要ですよね。 でも「暗記型」の日本教育の中で、どうすれば自分で考える力が養われ、「天才」と呼ばれるような人を …

「”受け身”ではなく、主体的に仕事をしたらどう?」と言われて決意したこと。

    仕事とからめて、2泊3日で沖縄に行ってきた。 人生初の沖縄で得た出会いは、仕事の得意先、現地の方々、立ち寄ったカフェの店主など、非常 …

「苦しまずに努力できる人」がもつ、2つの習慣

    「努力」という言葉は、少し苦しいイメージがあります。 でも、まるで苦行のような努力をする人がいる一方で、新しい習慣をしなやかに自分の …

優秀なデザイナーから「コンプレックスがやる気の源」と聞いて、驚いた。

    ある制作物の打ち合わせで優秀なデザイナーに会い、彼女の言葉に驚いた話。

エニイ・ギブン・サンデー(映画):その1インチが勝利か敗北かを決める。

  映画のワンシーンに救われた経験がたくさんあります。 生きていると嫌なこともあるし、大変なことも多いものですが、映画のワンシーンによって魂が震え、奮 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です