ミラクリ

鬱から成功するブログ

ナンパ師が教えてくれた仕事を成功させる秘訣

夏の風物詩と言えば海水浴!

ということで海に行ってきました。

泳いだり、日焼けをしたり、かき氷を食べるのも大好きですが、ぼくには「ナンパ観察」という趣味があるんです。

ちょっと根暗な趣味ですが、意外とおもしろいんですよ。

もちろん現場をまじまじと見るわけではなく、漏れ聞こえてくる話を聞く感じです。

ほら、こじんまりしたビーチって、人の会話を聞くつもりが無くても聞こえちゃいますよね。

いやぁぁぁぁ今回のナンパ師たちはすごかった。

仕事のヒントをもらいました。

スポンサーリンク

ナンパを成功させる人は自分そっちのけで女性を喜ばせる

ビーチにいた3時間で7組のナンパを観察しました。

ナンパに成功する男たちって、やっぱりすごいんです。

失礼な話、みんなそれなりにチャラチャラした感じでした。

またまた失礼ですが、話し方も適度に”おバカ”な雰囲気です。

でもね、そんな彼らがナンパを成功させちゃうんですよ。

その秘訣は何か?

彼らには「自分の話をしない」という共通点があったんです。

つまり女性の話を聞き、楽しませることだけに集中している状態。

女性が何かを話せばうまく切り返して笑わせる。

とにかく褒める。愛のあるイジり方で楽しませる。

一見は主張が強そうな彼らは、女性から質問されたとき以外は自分の話を一切しませんでした。
 

ナンパに失敗する人は自分の話ばかりする・結果を急ぐ

観察した7組のうち、3組はナンパに失敗していましたが、そんな彼らにも共通点がありました。

それは「自分の話ばかりする」、または「結果を急ぐ」ことです。

自分がどんな車に乗っているか。どんな仕事をしているか。

今日は何をしに来たのか。どんな女性が好きなのか。

初対面の女性にとって1ミリも興味がない話を延々と続けます。

そして、声をかけた数分後に「LINE教えて?」「あっちで一緒に飲もうや」などと、とにかくせっかち。

人のやり取りを見ているとよくわかりますが、やっぱりうまくいかない人って悪い意味で自分が主体なんですね。

相手の欲求を無視しているというか、置き去りにしているというか。
 

ナンパを成功させる非イケメンたちに仕事のヒントを見つけた

またまたまた失礼な話ですが、ナンパを成功させた人たちは非イケメンでした。

ガタイが良いわけでも、おしゃれなわけでもありません。

だからこそ「女性をいかに喜ばせるか?」というナンパ成功の秘訣にたどり着いたのでしょう。

イケメンで女性への接し方も上手ければ最高ですが、何かが欠けているからこそ何かが突出することはあると思います。

彼らの行動には仕事のヒントが詰まっていました。
 
nanpa
 

仕事で成果を出したければ「徹底的に相手を喜ばせること」

仕事で成果を出したければ、やっぱり徹底的に相手を喜ばせることなんでしょうね。

過去に自分のこだわりなんか不要なのでは?という記事を書いたときに、「こだわりを持たないなんてダサい」みたいなお言葉をいただいたのですが、意味合いがちょっと違うんです。

伝えたかったのは、自分自身のこだわりが邪魔をして仕事のパートナーを喜ばせることができないのなら、いっそのこと捨ててしまったほうが良いのでは?ということでした。

つまり相手を100%満足させること。

そのためには相手の要求に120%応えることが大切です。

この視点を捨てて、「私が納得するまで提出しません」「完璧に仕上げたいので納期を遅らせてください」みたいなことをやっていると、お客さんはどんどん離れていきます。

締め切りの前日ではなく、3日前に提出して初めてお客さんはアッと驚き、満足するのではないでしょうか。

 

良好な人間関係をつくるためには「独りよがり」を捨てること

これはナンパに失敗した人たちから学んだことですが、良好な人間関係をつくるためには、独りよがりを捨てることが大切なんですね。

だって、よく知った間柄でも自分語りにはうんざりしますから。

「あんたの嫁との不仲なんか知るかよ」とか、「田中常務はワシが育てた(俺はいま係長だけど)」とか、喋っているほうは気持ちがいいでしょうけど、相手にとってはどうでもいいんですよね。

ぼくも人間関係をつくるのがヘタクソなので、気をつけなきゃな〜と思いました。
 

ついつい「自分語り」をしていませんか?

自分語りが通用するのって、家族か親友までですよね。

俺はこういう人間だ。俺にはこんな強みがある。

俺の長所はこれだ。俺は成功している…って。

こんな話を親身になって聞いてくれるのは、関係性がかなりできている人だけだと思います。

聞くよりも喋るほうが好きなのは女性も男性も同じですから、まずは相手の話を聞くこと。

自分そっちのけで相手を喜ばせるナンパ師たちから、大切なことを学びました。

彼らはいま、夜の自分語りをしているかもしれませんが、それはまた別の話ですよね。

 

ミラクリから一言

熱い夜を。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「自称クズ」に教えたいセルフハンディキャッピングの恐怖:姿勢が人の現実を作る!

  ・自称クズ ・自称社会不適合者 ・わたし(ぼく)バカだから インターネットの世界には、プロフィール欄にこれらのことを書いたり、発言の中に組み入れて …

no image
「ブサイク」「仕事デキない」と言われるうちは、愛されている証拠

    人のコミュニティの中に上手になじむことができないぼくは、あらゆる環境の中でトラブルを経験しました。自分から人に食ってかかるようなこと …

【逆ギレされたときの対処法】自己愛の強い人にはこう対応する

人生において、できれば経験したくないのが「逆ギレ」です。 自分は悪くないのに上司に怒られた、彼氏の浮気を問い詰めたらキレられた、お金を返して欲しいと言ったら不機 …

【大人になれ!】現実的な人への3つの対処法
お前の本音はどこだ!? ぼくが「愛されキャラ」の人を苦手に感じる理由

  最初に言っておくと、すっごい個人的感覚の話なので、興味が無い人はこの記事をそっ閉じしてください。 ぼくはどんなコミュニティーにも必ず存在する「愛さ …

【Twitter中毒の危険性と対策】SNSで消耗したときはコレが効果的!

ぼくは2010年からTwitter(@enrique5581)を使っています。 Twitterには、いろんな人と交流でき、刺激的な情報を得られるメリットがありま …

「孤独な人」に光! 社交的な「人たらし」の悩みを聞いてきた。

    ぼくのように社交的からはほど遠い人間からすると、気さくで、愉快で、気配りがマメで、誰とでも仲良くなれるような「人たらし」は羨ましいん …

「変人に憧れる」「個性的になりたがる」とかもう止めよう問題

    ぼくは「変人に憧れる凡人」と「個性的になりたがる人」が苦手だ。いや、正直に言うと嫌いレベルだ。   やたらと自分を「盛る」 …

【SNS疲れの原因と対策】消耗したらソーシャルデトックスがおすすめ!

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、今や生活に欠かせない存在になりましたよね。 知人の近況をチェックしたり、大好きな芸能人とつながれたり、流行の …

【シャイな性格を治す方法】恥ずかしがり屋な男女の心理を解説

「シャイな性格を治したい」 そんなことを考えていませんか? シャイな人は第一印象こそ「うぶで可愛らしい」と思われますが、時間が経てば経つほど「めんどくさい」とさ …