ミラクリ

鬱から成功するブログ

【夫婦喧嘩の原因と対処法】絶対にやってはいけないNG言動も紹介

夫婦喧嘩をしたときって、本当に気まずいですよね。

いつもなら楽しく会話する食事の時間がシーン…。

寝室でもコミュニケーションのきっかけがつかめない…。

沈黙する時間が増えるほど、夫婦の溝は深まるばかりですよね。

どんな夫婦でもケンカはするものですが、どう対処するかで関係性が変わってきます。

今回は夫婦喧嘩の原因と対処法、または絶対にやってはいけないNG言動を紹介します。

ぜひ夫婦関係の改善に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

夫婦がケンカする原因

夫婦喧嘩が始まるきっかけは、人によって様々だと思います。

ですが、夫婦喧嘩の原因は、次の3つに集約されるでしょう。

  • 批判・否定する
  • 考え方を押し付ける
  • 無視する

「批判・否定する」は、自分のことを棚に上げて、パートナーのことを否定する行為です。

また、「考え方を押し付ける」は、「あなたはこうするべきだ」といった一方的な考え方を強要することですね。

最後の「無視する」は、そもそもパートナーに無関心であることを体現するような行為だと言えるでしょう。

夫婦仲を悪化させやすいこと

夫婦喧嘩の原因について、まだイメージできていないかもしれません。

夫婦仲を悪化させやすいのは、具体的に次のようなことです。

  • 性格や趣味が合わない
  • 家事や育児を手伝わない
  • 子育てについての意見が合わない
  • 旦那がギャンブルばかりしている
  • 家族に内緒で借金をしていた
  • たばこ・酒・夜遊びがひどい
  • 信頼を損なう嘘をついてしまった
  • 不倫(浮気)

男性も、女性も、これらのことで怒りに火がついたら、もう止められません。

感謝が不足しているときほど不仲になりやすい

夫婦仲がギスギスしやすいのは、感謝が不足しているときです。

つまりパートナーに「ありがとう」を伝えていないとき。

感謝を伝えるよりも、できていないことを指摘し、不足な点を責め立てる。

これでは夫婦の溝は深まるばかりです。

旦那さんの行動にすぐイラッとする、または奥さんの言葉に腹が立って仕方がないときは、相手に感謝できているかどうか振り返ってみましょう。

いわゆる「仮面夫婦」になる前に。

夫婦喧嘩をしたときの対処法

それでは夫婦喧嘩をしたときの対処法を紹介していきますね。

どのようにすれば気まずい夫婦関係を改善できるのでしょうか?

冷静になるまでクールダウンする

夫婦喧嘩がはじまったら、まずは冷静になるまでクールダウンしましょう。

感情的になって物事がうまく進んだり、人間関係が深まった経験はないはずです。

相手の嫌なところを誇張して責め立てたり、過去のことを蒸し返す前に、その場を立ち去ってください。

クールダウンするためには、次のようなことが有効です。

  • お茶を飲む
  • 外出する
  • ランニングしてくる
  • お風呂に入る
  • 一晩過ごす

反論したくなる気持ちをぐっとこらえて、まずは冷静になってくださいね。

言い負かすよりも、聞く姿勢を大切にする

夫婦喧嘩のときこそ、聞く姿勢を大切にしましょう。

これは夫婦関係にかぎりませんが、ケンカした相手は言い負かしたくなるものです。

ですが、パートナーを言い負かしたところで、夫婦関係は悪化するだけですよね。

まずは相手の言い分を聞き、それに対する答えを用意すること。

冷静に話し合えば、誤解しているところや行き違いがハッキリするはずです。

夫婦円満な人たちは、言うよりも「聞く」を大切にしています。

ケンカしている間も日常生活は維持する

夫婦喧嘩の最中であっても、日常生活は維持してください。

あまりにも感情的になりすぎて家を飛び出したり、実家に帰るようなことは止めましょう。

お互いの物理的な距離が離れるほど、解決からは遠ざかるからです。

たとえ相手が無視したとしても、ちゃんと挨拶してください。

そして、時間を作って話し合ってください。

まずは自分自身の悪かったところを認め、謝罪する

せっかくクールダウンしたのに、いざ話し合いを始めたら批判の応酬になっては意味がありません。

まずは自分自身の非を認めて、相手に謝罪してください。

100%相手が悪いことなんて、ほとんどないのですから。

旦那さんの責任が大きかったとしても、乱暴な言い方を謝罪する。

奥さんの不始末だったとしても、協力しなかったことを謝罪するのです。

謝罪からスタートすれば、相手も警戒をとき、話を聞く姿勢になるでしょう。

相手と向き合って話し合う(メール・LINEはNG)

夫婦喧嘩を解決したいなら、向き合って話すのが基本です。

相手の表情を気にしなくても良いぶん、ついメールやLINEを選んでしまうかもしれません。

人によっては、口頭よりも文章のほうがうまく表現できる場合もあるでしょう。

ですが、ケンカしているときほどメールの文面は激しくなりがちですし、誤解も生まれます。

本当はそこまで怒っていないのに過剰に受け止められたり、些細な一文で激昂させてしまったり。

人間関係が悪化したときこそ、相手の目を見て話してください。

ケンカがヒートアップしたときにやってはいけないNG言動

夫婦喧嘩がヒートアップしたとき、絶対にやってはいけないNG言動がいくつかあります。

ぼく自身の失敗も含めて紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

相手の話を聞かずに反論する

相手の話を聞かずに反論するのは、言語道断です。

まだ奥さんが話しているところにかぶせるように反論する。

旦那さんの弁解を遮るように批判する。

一方的に話そうとすればするほど、夫婦の距離感は離れていきます。

NGワードは、次のようなものです。

  • だから〜
  • そうは言ってない
  • 説明になってない
  • そんなことはどうだっていい
  • いやいや…

過去の話を持ち出す

ケンカをきっかけにして、過去の話を持ち出すのもNGです。

だって、今回の件とは関係ないのですから。

過去の件も関係しているならまだしも、無関係な出来事を蒸し返すのは、相手を言い負かしたいからにほかなりません。

たとえば無駄遣いについて怒られていたのに、急に食事のマナーを注意されたら嫌ですよね。

はぐらかしたり、笑い話にする

とくに男性に多いようですが、真剣に話し合っているときにはぐらかしたり、笑い話にするのはやめましょう。

ぼくの友人に、いつも明るく陽気な男性がいます。

彼は3年ほど前に離婚してしまいましたが、その原因はなんと「真面目に話し合ってくれないから」だったそうです。

相手を傷つけまいと、ケンカになったときでも明るく振る舞い、心情を打ち明けなかったがゆえに、奥さんからの信頼を損なったのだとか。

信頼関係を作るためには、正直に話し合うのが一番ですね。

心にもない謝罪をする

相手が怒っているときに心にもない謝罪をすると、火に油を注ぎます。

自分が悪いとは思っていない人の謝罪って、心に響くどころか、むしろ腹が立ちますよね。

たとえば次のような謝罪です。

  • はいはい〜ごめんなさい
  • また私が悪いんでしょ?
  • 悪うござんした
  • すいませんね〜なんか

これらの心ない謝罪は、相手をまた怒らせることになりかねません。

時計をチラチラ確認する

「早く終わらないから〜」といった態度で、時計をチラチラ確認するのもやめましょう。

相手から見れば、話に興味がないことがまるわかりだからです。

「結婚したことを後悔している」と言う

いくら感情的だからといって、結婚自体を後悔しているような言い草はパートナーの心を傷つけます。

これは本当に気をつけてくださいね…。

咄嗟にでた言葉だとわかっていながら、言われたほうには「本当は幸せじゃないんだ…」という思いが残るからです。

実はぼくも夫婦喧嘩の最中に言いそうになったことがあります。

ハッと我にかえって事なきを得ましたが、取り返しの付かないことになるところでした。

あからさまにスルーする

相手の話をあからさまにスルーするのもやめましょう。

ここであらためて整理すると、夫婦喧嘩の原因は「批判・否定する」「考え方を押し付ける」「無視する」の3つです。

無視から始まった夫婦喧嘩を、さらなる無視で悪化させるなんて笑えませんよね…。

スルーされるくらいなら、反論されるほうがまだマシです。

ちゃんと不平不満を吐き出すことも夫婦円満の秘訣

「ケンカするほど仲が良い」と言いますが、それは本当だと思います。

冷え切った夫婦ほど、ケンカにもなりませんからね。

そう考えると、ちゃんと不平不満を吐き出すことも、夫婦円満の秘訣と言えるでしょう。

ぼくたち夫婦もたまにケンカをしますが、いつも妻への理解不足を痛感させられますね。

夫婦喧嘩を推奨はしませんが、激しく言い合ったからこそ、わかりあえることもあると思いますよ。

でも、関係は必ず修復してくださいね!

夫婦関係に悩んだときに読みたい記事

夫婦関係に悩んだときに読みたい記事は、まだまだあります。

ミラクリから一言

長い長い結婚生活に、ケンカはつきものですから。

 - 夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

イチローを陰から支える弓子夫人:そのエピソードが色々スゴイ!

  メジャーリーガーのイチロー選手に焦点を当てた書籍やテレビ番組は数多くありますが、その活躍を影で支える弓子夫人については、詳しく語られることがありま …

【冷え切った夫婦仲が良くなる習慣】夫婦円満になるために大切なこと

夫婦仲は、良くありたいものですよね。 やはり夫婦喧嘩をすると気まずくなりますし、家庭内の不穏な空気は子供にも影響を与えます。 幸せにすることを誓いあった夫婦が、 …

【夫婦間におけるモラハラ】モラルハラスメントの特徴と対策を徹底解説

「モラハラ」という言葉が広く知られるようになりました。 有名芸能人の離婚原因が「夫のモラハラ」だったり、「職場の上司のモラハラ」が原因でうつ病になったり。 モラ …

結婚したことで失った3つの孤独

  フォロワーさんから聞かれたのですが、ぼくは今で結婚7年目です。 結婚するまでは、誰かと付き合っても最短3日〜最長6ヶ月みたいな、「誰かと共に過ごす …

子供が欲しくないのに「妊活」する人がいると聞いて愕然とした。

  ルールとして明文化されているわけでもないのに「◯◯して当たり前」となっていることがありますよね。 特に人生設計についてはそうで、下記のような記事を …

【浮気をする男性の特徴と行動】男が浮気するのはこんなとき!

「男は浮気する生き物」 「雄(オス)には子孫を残す本能がある」 しばしば、そんなセリフを聞きますよね。 男が女性に興味をもつのは正常な証拠と言いたいのでしょうが …

【仮面夫婦の実態と特徴】冷え切った関係の修復は可能なのか?

一生の愛を誓いあった夫婦の関係が、いつの間にか冷え切ってしまう。 それどころか、スキンシップが無くなり、会話もなくなり、寝室も、休日の行動も別。 そんな「仮面夫 …

【夫婦で話し合いたいお金の管理】結婚後の家計管理のパターンを紹介

結婚してからまず戸惑うのは、お金の管理ですよね。 独身時代は、自分の収入と、貯金と、出費だけを管理していればOKでしたが、家族ができたらそうはいきません。 夫婦 …

それって「阿吽の呼吸」ですか? それとも怠慢ですか?
「貧乏キムタク」よりも「金持ち温水」を選択する人に言いたいこと

  「貧乏キムタクvs金持ち温水!結婚するならどっち?」という面白い記事を読みました。   まず、調査対象が「年齢不問・女性」「100名」と …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です