ミラクリ

鬱から成功するブログ

ブログの文章力に絶望する? 「センス」を気にするのがバカげている理由

 

ブログ

 

最近ブログの相談を受けることがとても多くなってきた。

相談者曰く「面白いことを書けるセンスがない…」「文章力がない…」「一向に文章がうまくならない…」そんなことをよくお聞きする。そしてぼく自身も自分の文章がおもしろいとは思ったことがないのだが、それでもブログを書き続けることには理由がある。

 

最初に言ってしまうと、「センスなんて全く気にする必要はない」とぼくは考えているのだが、その理由を書いてみる。

 

面白い人、表現力豊かな人を見ると絶望する

人さまのブログやTwitterを見ていると、絶望的な気持ちになることがある。

たった140文字の世界でおもしろい文章、リアリティのある文章を発信して、数千・数万のフォロワーを集めたり、ブログでも人の心を震わせる内容でバズを起こし、100〜200万PVの巨大メディアを作っている人を見ると、現状の自分と比較して目を覆いたくなるのだ。

参考:Twitterはオワコンとか言われてるけど、生々しく評価される市場と同じだよ。.

 

あっという間に読者とフォロワーを獲得してのし上がっていく人を横目に、地味な作業を続け、人の文章を研究し、自分なりの工夫に変えていく。そんな日々はメンタル的につらいものがあるし、人の活躍を羨んで「SNS疲れ」になってしまう人がいることも、ぼくは理解できてしまうのだ。

 

しかし冒頭にも書いたように、センスは全く気にする必要はない。

参考:仕事が成功したときに嫉妬する他人。変えちゃいけないのはビジョンと自分だけ。.

 

センスは「蓄積」に集約される

汗

 

センスという言葉を聞くと「最初から備わっているもの」という印象を受ける。

しかしぼくはセンスは「蓄積」に集約され、あくまで後天的に育っていくものだと考えている。

参考:なぜ僕のブログは誰にも読んでもらえないのか? 3つの問題点.

 

高校生のとき、自分で私服を買いだした時点で、既にものすごくオシャレに着こなす友だちがいなかっただろうか? 買い揃えた服の組み合わせを考え、時には大事故寸前のような着こなしをしながら四苦八苦するのを尻目に、飄々とセンスいい着こなしをする、そんな人だ。

 

そんな人を見て「あの人はファッションセンスがいい」と言うのだが、実際には違うのだ。

そういう人は「オシャレな兄弟がいる」「オシャレな友だちがいる」ことがほとんどで、その人たちを見ながら育った人は、皆がファッションに興味を持ちだした時点で既に他の人とは「蓄積」が違う。

 

簡単な話で、自分で「センスが無い…」と言う人は「蓄積」が不足しているのだ。

参考:ブログで稼ぎたいなら、「すごく好き」を書き続ければいい .

 

スポンサーリンク

 

「インプットの蓄積」と「アウトプットの蓄積」は全く違う

ブログに話を戻そう。

ここまで書いた内容を相談者に話してみると、「いや、ぼくは毎日沢山のブログを読み、読書もして、自分のブログも書き続けてきたのに、一向に人気がでないし、おもしろい文章も書けないから、やっぱりセンスが無いんです」と言われることがある。

 

ここに2つ目のハードルがある。

確かにオシャレな人がいる環境で育ったからといって、誰もがオシャレになれるわけではない。沢山の文学や表現に触れたからといって、誰もが人気ブロガーやクリエイターになれるわけでもない。

参考:なぜ僕のブログは誰にも読んでもらえないのか? 3つの問題点.

 

しかしだ。

「インプットをアウトプットする」このフェーズも実は「蓄積」なのだ。つまりどれだけ人の文章を読もうが、有名作家の文学に触れようが、それは「インプットの蓄積」が増えているだけであり、それを自分なりの表現に昇華していくことは別次元だ。

 

ファッションで言えばオシャレな人の着こなしを見て、具体的にイメージしてみたり、実際に自分も真似をしてみる、ブログで言えば人の文章を読んで自分なりの表現に換えて書き続けてみる、これが「アウトプットの蓄積」だ。

 

少し勇気が出るのではないだろうか?

参考:まだサクサク書いてるの? ブログを続けるには圧倒的な「手間」をかけろ.

 

可能性はある。ただ「勝てる場所」を見つけること

勝つ

 

一つだけ厳しい話をする。

大人になってからは誰しも制約があるもので、具体的には「時間」「お金」「労力」「飲み込みの遅さ」などがある。

 

今は「ブログ飯(プロブロガー)」を目指す人も増えてはいるが、会社勤めをしていればブログを書く時間も限られるし、いきなり会社を辞めてブロガーとしてフリーランスに…なんてことに踏み出せる人は少ないだろう。だからこそ「勝てる場所」を見つけて適切に努力することが必要だ。

参考:【必勝努力論】イケメンが内面を磨きだしたから、ぼくは原稿を書きだした。.

 

ぼく自身もブログを書けば書くほど絶望的な気持ちになる時はある。

ただ自分の中で直感的に可能性を感じているからこそブログを書き続ける。そして一年間必死に取り組んでみて、やっと自分なりの「勝てる場所」が見えつつあるし、今後はもっと明確になっていく。

 

「蓄積」には残酷な側面がある。

目標に向かって努力している間、すぐに成果が表れることはないし、理想と現実のギャップに苦しみ続けるだろう。しかしゴールがイメージできてくると、そのプロセスすら楽しめるようになってくる。

 

そして、その残酷な努力すらもネタにできる日がくるのだ。

参考:年間1,500本のブログを書き、1,000本捨てた人が考える「自分メディア」の価値.

 

だからこそ「センス」を言い訳にして逃げまわることは、本当にバカげている。

蓄積していけばチャンスはあるのだ。

 

ミラクリから一言

必要なのはちょっとした勇気だけだ。

 - ブログ

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「批判と向き合えない人は視野が狭い」とか、マジで言ってんの!?

    「批判との向き合い方」に苦しんでいる人が多いようです。 ここ2日ぐらいで「批判されること」についてリアルの知人から相談を受けたり、T …

【ブログ飯の著者】染谷昌利さんのコンサルを受けたら、ブログの全てが変わった

ぼくは、このブログのおかげで人生が変わりました。 「人生が変わった」なんて大層に聞こえるかもしれませんが、このブログを通じて人と出会い、仕事にもつながり、それで …

3つのブログに震えた…。 心が揺さぶられる文章の特徴

    ここ最近、思うところあってインターネット上の文章はできるだけ読まないようにしています。 理由を話せば長くなりますが、要約すると「誰か …

なぜブログを書くのか?本当の目的を知っていますか?

    先日ある方とお話をしたときに、「ブログを書く目的は何なのか?」という話題になり、あれこれ議論している間に、自分がブログを書く目的がよ …

プロブロガー年収は500万円? でも募集要項はブラック企業なみだからよく考えてね!

  「ブログで飯を食う」 ブログで収入を得て生活をするプロブロガーが増えてきた印象ですが、それぞれのポジショントークとして「会社員ブロガー vs プロ …

「知識が浅い、考えが甘い!」への恐れを克服する方法

    「知識が浅い!」「考えが甘い!」 こうして毎日ブログを書いていると、そう指摘されることもありますが、ぼくは基本的に厳しい指摘があって …

あなたはフォトグラファー「蒼井ブルー」の面白さを知っているか!?

  この偉大な人をぼくは知らなかった・・・ まったく知らなかった・・・そんな自分を恥じるべきだとぼくは思っている・・・

なぜ僕のブログは誰にも読んでもらえないのか? 3つの問題点

  「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。.という記事が久しぶりにソーシャル中心で大きなアクセスを集めた。このミ …

【告知】新メディア ”kakeru” で「小林トシノリの一刀両断お悩み相談」が始まりました!

    いやーー、世の中分からんもんですねー。 ぼくはいくつかの会社で働いてきたものの、結局は社会になじめず、フリーランスとして働く社会不適 …

「化粧品の仕事してるんだけど質問ある?」に答えてみたw

  化粧品畑でかれこれ10年以上仕事していると、よくこんなことを聞かれる。 「化粧品って水なの?」「広告費がほとんどなの?」 確かに気になるかもしれな …

Comment

  1. […] 2本目 ブログの文章力に絶望する? 「センス」を気にするのがバカげている理由 […]

  2. […] ブログの文章力に絶望する? 「センス」を気にするのがバカげている理由 ? ミラクリ […]

  3. […] ブログの文章力に絶望する? 「センス」を気にするのがバカげている理由 「誰にでもできること」を「マネできないレベル」にする唯一の方法 (大槻水澄(MISUMI)さんの記事です) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です