自己啓発で人生を変えられる人は天才:キッカケは自分で作るしかない

 

何を隠そう、ぼくは以前に「超一流の自己啓発マニア」でした。

年間200冊ぐらいは本を買って、読んでいましたし、そこで学んだエッセンスを実践しようと、試行錯誤を繰り返していたのです。しかし、「人生を劇的に・・・・」の触れ込みほど、自分の人生を変えることが出来ず、徐々にそういった自己啓発からは距離を取るようになりました。

 

スポンサーリンク

 

人生を変えるのは自分の行動しか無い!

全然知らない清楚なギャルに逆ナンされて話をしてるうちに、「どうして声をかけてくれたの?」と質問をすると、すごい返答が返ってきたという記事を読みました。

 

「タイミングとかきっかけって後付けだと思うんです。声かけたいって思っている自分に嘘を付きたくなかった。ただそれだけです。」

 

真顔でそのギャルに言われたんだとか。

こういう人いいです。すごくいいです。ぼくと付き合って欲しいです(笑)

参考:「マニュアル通りにやれば人生は変わる」 nanapi古川健介氏の話がヒント満載!.

 

決意は無意味:思考が変わっても行動につながらなければ意味が無い

ぼくは、賢くてスマートに生きてる人よりも、その一瞬一瞬を不器用に生きてる人が好きだし、ぼくの周りはそんな人ばっかりです。不器用で損することももちろんあるんですけど、何と言うか「人間の香り」がするし、そういう人と一緒にいるとエネルギーが湧きます。

 

一番つまらない人は、「◯◯ってそういうモンでしょ」というセリフを吐くタイプの人です。

つまりは自分の経験でもなんでもなく、Google先生に教えてもらった情報、人から聞いた話を「自分の知識」のように語るタイプの人です。簡単に言えば、会社員で起業したこともないのに、起業論を語るような人。経営なんかしたことないのに、経営論を語るような人です。

 

もちろん語ってもいいんですけど、自分の実際の体験から「起業って絶対◯◯だよ!!!」と言える人と、聞いた情報だけで「起業って絶対◯◯だよ(らしいよ)」と言う人ではその熱さが変わるし、聞いててもつまらない。

参考:「人それぞれ」「時と場合による」はNG:主観的に怒れる人がおもしろい!.

 

20140202073449

 

行動がなければ、結局「現状維持」という選択をする

こんなぼくにも「相談したい」という人が現れます。

でもそういう人に限って何かアドバイスしても「いやいや、ぼくのケースはちょっと違って・・・」とか、「ぼくがいる業界はちょっと特殊で・・・・」と、過剰に自分を特別視してるので、結局は「やらない理由」を語って帰っていきます。

 

あとよく言うセリフが「きっかけがない」で、一体何をしに来たんだろうか・・・って思います。

 

結局は「きっかけ」なんて後付けなんですよ。

現時点から過去を振り返った時に、「そういえばあの出来事が転機だったかな?」というもので、その時には「これは転機だ!!!」なんて思いません。いや「これが転機かも??」って思うときはあるんですけど、そんな理性のレベルで思ってることは実は転機でも何でもない場合が多いです。

 

本当の転機なんて、直感でビビッと感じてその後は無我夢中になるから、後々振り返ってみるとそれが転機だったと気づくことが多いです。

参考:「ウチの会社(業界)は特殊!」とか言う奴は間違いなくナルシスト。.

 

「きっかけ」は自分で気付き、作るもの

成功者の本を読んで「俺も転機(きっかけ)がほしい」、「俺にはきっかけが無いだけだ」と言ってる人がいますが、それは絶対に無いです。そしてたぶん一生来ません。

 

そして残念ながら、自己啓発本に書いてある「会社をクビになった私が大成功!」なんて破天荒なストーリーもたぶん訪れません。その著者も、本を書くときに人生を振り返って、「そう言えばあれば転機だったかな」という出来事をピックアップしてるに過ぎないのです。

 

だから、理性が働いてるレベルの状態でそれを読んだ人が「よし、俺も!!」とばかりに、そのやり方を真似ても無理なんですよ。朝起きた時にやる気満開で、最寄り駅についた時には「平常運転」です。

参考:今すぐ縄をほどけ! 転職・起業に尻込みする「縛られたナルシスト」から脱出せよ.

 

自己啓発を止めることが一番の自己啓発

冒頭にも書きましたが、ぼくは数年前まで自己啓発書を年間200冊ぐらい読んでました。

その度に「成長」と「向上」を目指して毎日色んな事を試しましたが、どれも続きませんでした。

 

そこには「熱さ」がないからです。自分の人生がイメージ通りに生きれるようになったのは、むしろ自己啓発書を止めて、文学など様々な本を読むようになってからなので不思議なもんですよ。

 

自分の目標を実現していくコツ。

それは今「やりたいこと」、そして「そのためにやるべきこと」を毎日一生懸命やること、それだけです。

参考:常識を超えられる唯一の方法:大好きなことに没頭すること.

 

 

ミラクリから一言

恐らく、多くの人にとって自己啓発は無駄です。もしかすると有害になるかもしれません。

派手なキャッチフレーズの「劇薬」はあまり効果はなく、自分と向き合うという地味な行動が実は勝負を分けるといつも考えています。


twitter毎日更新しています。こちらもぜひ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です