ミラクリ

鬱から成功するブログ

「夢はほとんど叶わない」と認識するのは諦めではない:為末大のツイートに学ぶ

 

「夢なんて叶わないよ~~!」って言われたらムカつきますか??

いつも胸に刺さるツイートをくれる「為末大さん」が、「夢」についてつぶやいた後の、周囲からの反応とやり取りがとても興味深かったので紹介します。

スポンサーリンク

きっかけはこのツイートから

 

 

フォロワーさんから感情的な反論が・・・

 

内容はこんな感じ

世の中には「夢は叶うんや」と言うヤツが多すぎる。

夢なんか、言うとくぞ子供。絶ッッ対叶わんからな。アホな男が言いすぎなんですよ。

テレビ出とるスター、大金持ち、みんな夢叶っとるから言うとんねん。

稀やこんなん。

それを「夢は叶います」とかテレビでええカッコして言うからアホな子供は「ああ、そうなんや。夢かなうんや」と思って夢ばっかり追い求める。

(雨上がり決死隊を指して)NSC7期、殆ど売れてない。屍だらけ。

ということは、夢なんて叶わない。

「基本、夢なんか叶わへん」
そうやってテレビの大人が言うとかんと。社会なんてジャングルやから、サソリもおったら毒蛇もおる。ホテルもなければコンビニもない。
そういったところに送りこまないかん大人側が、ジャングル行く前の子供らに
「ジャングルめっちゃええとこやで~。凄い快適やで~」
って言ってたら、子供は何の準備もせんとパンツと靴下だけもって 「じゃあ行こか」 ってなんねん。

引用元: アメトーーク!! 腹立つ芸人で小籔が語る「夢は叶わない」が正論すぎて話題 – NAVER まとめ.

 

要は一般的な「現実を見ろ!」ということではなく、夢なんて叶う確率は低いものだということを、大人が子供にちゃんと教えるべきだ!そうしないから「自分は必ず報われる」と信じて挫折する子が多いんだ!という内容です。

ぼく的にはすっごい同意でした。

 

 

それでも為末大さんは持論を展開・・・

 

 

今回のボヤを考察

 

PPH_okenonakawooyogukingyo500

 

 

理想と現実について

ちょっと冷たい意見かもしれませんが、ぼくは基本的に「努力はほとんど報われない」と考えているし、「夢はほとんど叶わない」と考えています。

これは勘違いされやすいのですが、「夢など見るな!現実を見ろ!」という意味ではないのです。

 

先日「組織」なんて変えられないから、さっさと自分に集中しよう。.という記事を書いた時、「そんなの言いすぎだ!」「個人の意識レベルなんて自由だろ!」という反応を頂いたのですが、まったくその通りです(笑)

 

文章にすると難しいのですが、ぼくは「組織を変えようとする意識」は大事だと思っています。

しかし、現実的にそれを目標にしてしまうと、組織を変えるなんて時間もかかるし、成果が出なかった場合に自分のモチベーションも左右してしまうので、それは早くやめて、まずは自分の仕事に集中した結果として組織に好影響を与えられればいいんじゃないかという主張でした。(自分の成果によって組織に小波でも起こせればいいかなと・・・。)

 

意識の高い人からは「消極的」「夢がない」と言われるかもしれませんが、自分なりに理想と現実への向き合い方を考えぬいて、たくさん失敗もして、打ちのめされて、めっちゃ笑いもして出した結論です。

 

 

夢と現実を両方認識することで、モチベーションは維持できる

夢と現実もこれとまったく同じ向き合い方ができると思います。

夢を持つことは尊いことで、それによって生まれるモチベーションやエネルギーは凄まじい物もありますが、同時に現実を踏まえておくことも大事ではないでしょうか。

 

よくありがちなのが、自分の夢が叶わなかった時に挫折し、諦めることです。

これは「夢は叶うものだ!」「努力は報われるものだ」と教育されてきたことによって、挫折した現実を受け入れる準備ができていないからです。

でも、「ほとんどの場合夢はかなわない」という心づもりをしていれば、多少の苦難や挫折があっても、「まぁ予想通りだね♪」ということで、次への活力を生み出せるのだと思います。

 

大人になるとセルフスターターであることが大事です。

誰かがモチベーションを上げてくれるわけじゃないし、いつも自分と向き合って、自分でエンジンをかける必要があるのです。子供の時のように誰かがサポートしてくれやすい環境であれば良いですが、大人になるとそうではありません。そのために、子供の時から「夢」と「現実」の付き合い方を教育することが大事だと思います。

 

今回の為末大さんの言葉は、「夢を持つこと」を批判したものではありませんが、批判されたように感じて反応した人が多かったように思います。

「子供に夢を託す~な~♪」というリクルートのCMが批判を受けていましたが、今回反応した方々にも夢はあるのでしょうか。

 

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・夢を持つことは尊いことである

・でもそれと同時に「夢はほとんど叶わない」という現実を認識しておくことが重要

・夢と現実を認識することができれば、それが結果として夢へのモチベーションとエネルギーになる

ぼくもバカみたいな夢もってますよ。じゃないと独立なんて出来ないです(*´Д`)ハァハァ

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

no image
自己啓発と真逆!? 高城剛氏が教える「引き寄せない法則」がすごい!

ぼくは高城剛さんを尊敬していまして、毎週金曜日に配信される有料メルマガ「Future Report」を購読しています。いつも刺激的な内容に心躍るわけですが、「読 …

天才型の「こじ開ける力」 と、蓄積型の「隙間を見つける力」 あなたはどっち?

    自分とまったく違うタイプの人と会うのはおもしろい。 昔は「俺たち気が合うよなー」と言える人たちと一緒にいることが心地よかったものだけ …

「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。

    天才的な人にお会いすることがある。 ・どんな人でも、自分の領域に引き込んでしまう人 ・アイディア力・行動力がすさまじい人 ・とんでも …

エニイ・ギブン・サンデー(映画):その1インチが勝利か敗北かを決める。

  映画のワンシーンに救われた経験がたくさんあります。 生きていると嫌なこともあるし、大変なことも多いものですが、映画のワンシーンによって魂が震え、奮 …

【好きなことを仕事にする人の特徴】できない人と何が違うのか?

好きなことを仕事にできれば、それが理想ですよね。 まるで遊ぶように働き、プライベートと仕事の境界線がない。 そんな人生に憧れると思います。 ぼくもフリーランサー …

とにかく行動する人と、立ち止まる人のちがい。

    仕事の相談メッセージを頂いたり、お会いした人に話を聞いていると、こんなことを聞く。   「小規模ながら読書会をやっています …

宝塚トップスターからナマで聞いた「目標達成の秘訣」に絶句した。

    ある仕事の案件で、宝塚のトップスターとご一緒したときのこと。   誰もがスターになることを夢みて入団する「宝塚歌劇団」のな …

【残業200時間の世界】実際に体験した人が語る過労働の恐ろしさ

ぼくは以前、残業が月200時間、休みは月1日という過酷な会社で働いていました。 その会社の人たちはいい人ばかりでしたし、パワハラなどもありませんでしたが、労働条 …

23歳に見せつけられた「憧れ」と「決意」の違い。

  5年ほど前に焼き肉を食いながら「◯◯になりたい!」と鼻息荒く語る高校生のなかで、一人だけ「◯◯になります。」と静かに話した男が挨拶にきた。今ではデ …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です