ミラクリ

鬱から成功するブログ

意識高いのは良いことだよ! でも「押し付けがましい群れ」は滅びて欲しい。

 

いつの間にか「意識高い系」って言葉が流行りました。

これは誰が言い出したんでしょうかね。常見陽平さんの「「意識高い系」という病」という本が最初なのかな。

 

スポンサーリンク

 

自分の考えを他人に押し付ける「意識高い系」がマズイ

この「意識高い」というのは、どちらかと言えばそれを嘲笑し、バカにするするようなニュアンスが多いと思います。

 

最初にこの言葉で人が馬鹿にされるようになった時には違和感を感じたのですが、一理あるなとも最近は感じています。

 

巷で「意識高い系(笑)」と言われてバカにされている人の多くは、多くの場合「意識が高い」ということが直接の原因でバカにされているわけではない。例えば、業績のよい会社の社長はほとんどの場合、どの人も意識が高い。孫正義なんてすごいだろう。でも、こういう人たちを「意識高い系(笑)」と言ってバカにする人はまずいない(参考:孫正義は果たして「意識高い系」か)。「意識高い系(笑)」と言われてしまう人は、意識だけは高いのに、それに結果がさっぱり伴っていないからバカにされるのだ。

〜省略〜

もっとも、この「お互い干渉することなく」が実現できずに、軋轢を生んでいる場面が多々みられる。例えば、意識が高い人の中には、周囲にも自分と同じような意識の高さを持つことを求める人がいる。意識が高くない人を「そういう人もいるね」と流すのではなく、「かわいそうだ」と思ってしまう。これは一言で言えば、余計なお世話だ。意識の高い人が週末に自己啓発本を読もうと、勉強会に行こうとそれはその人の勝手だが、仕事をひっかき回して業務量を増やしたり、サービス残業を「成長のため」と言って強要したり、休日出勤を「最初の3年はがむしゃらに働け」と言って正当化するようなことがあれば、それは断固として反対せざるをえない。

引用元: 意識が高くても別にいいんですよ、それを他人に押し付けなければ。 – 脱社畜ブログ.

 

群れたがる人とは徹底的に距離をおいた方がいい!

ぼくも今まで働いてきて、「意識高い系」にカテゴライズされそうな人を沢山見てきました。

そういう人たちは、異業種交流会やセミナーに沢山参加したり、業界の集いなんかにとても積極的でした。

 

ぼくも何度と無くそういう集いに誘われたのですが、ついに一回も参加することはありませんでした。自分としては参加する意義を見出せなかったからです。そして「意識高い系」に属する人の多くは、仕事でまともな結果を出していない人でした。

 

もしかするとイメージするような結果を出せていないからこそ、誰かと群れて自分の居場所を無意識に社外に求めていたのかもしれません。

参考:本物の「意識高い系」とは、孤独と向き合える人である.

 

a0002_003879

 

名刺の数、携帯アドレス登録件数が人脈ではない

そういう人たちは、だいたい「◯◯株式会社の◯◯部長を知ってる」とかが口癖なんですけど、それが本当の人脈なのかは疑問で、ぼくが思う本当の人脈とは、今日いきなり食事に誘っても付き合ってくれるような人です。

 

それは自分の都合とかそっちのけで自分を見てくれてる証拠なので、そこがやはり重要だと思います。

 

名刺を持ってることと、人脈であることは別です。

携帯番号を知ってることと、人脈であることは別です。

 

しかし「意識高い系」と言われてしまうような人には、この違いを認識してる人が少ないのだと思います。名刺を集めることがそんな勘違いに繋がってしまうのであれば、いっそ孤独になってがむしゃらに働いた方がよっぽど将来のためになります。

 

そしてがむしゃらに働いていれば、「こいつ面白いな!」と思ってくれる本当の人脈が自然にできてくるものです。これは別に根拠はないんですけど、ぼくは13年間社会人として働いてきた実感です。

参考:会社員にも知ってほしい「自分の名前を売る」ことの大事さ:カラテカ・入江氏を見習えば独立してからも困らない!.

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

意識が高いのは素晴らしい。

でも知らず知らず“意識高いごっこ”になってないかは、自分自身でメンテナンスすることが大事です。残酷ですけど、他人はそれを絶対に教えてくれませんからね。無駄に集めた名刺100枚よりも、本当のつながりになる1枚に方がめちゃくちゃ価値があります。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

個性的な人だけが持つ10の特徴

「個性的な人」に憧れますよね。 個性的な人は、すでに学生時代から目立っていますし、社会人になってからも一目置かれる存在でい続けるでしょう。 その反面、人とは異な …

「お前はサイコパスだ!」と言われたので、前向きに生きることにした。

  人生の中で「お前はサイコパスだ!」と、三回言われたことがありました。 (まずは面と向かってそう言ってきた人の勇気を褒め称えたい。)   …

「変人に憧れる」「個性的になりたがる」とかもう止めよう問題

    ぼくは「変人に憧れる凡人」と「個性的になりたがる人」が苦手だ。いや、正直に言うと嫌いレベルだ。   やたらと自分を「盛る」 …

「いいヤツ」であることを軽視すると人生を棒に振る
2回目はない… 初対面の人と、気まずくならずに距離を置くための4つの作法

    あまり好きな言葉ではないが ”人脈” は大事だ。 ついつい成長だの、スキルアップだのに目を向けてしまいがちだが、実力が伴ったとしても …

【SNS疲れの原因と対策】消耗したらソーシャルデトックスがおすすめ!

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、今や生活に欠かせない存在になりましたよね。 知人の近況をチェックしたり、大好きな芸能人とつながれたり、流行の …

ナンパ師が教えてくれた仕事を成功させる秘訣

夏の風物詩と言えば海水浴! ということで海に行ってきました。 泳いだり、日焼けをしたり、かき氷を食べるのも大好きですが、ぼくには「ナンパ観察」という趣味があるん …

「あえて孤立して自分を確立しろ」 ジョルジオ・アルマーニ氏が教える創造的な生き方

  世界的なファッションブランド「アルマーニ」のデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ氏。 人見知りな性格ゆえに、ほとんど取材を受けないことで有名ですが、 …

人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか

  誰かに嫌われるのは嫌なことです。 ぼくだって、嫌われるぐらいなら好かれたいです。すっごい好かれたい。   でも、みんなに好かれることは無 …

【Twitter中毒の危険性と対策】SNSで消耗したときはコレが効果的!

ぼくは2010年からTwitter(@enrique5581)を使っています。 Twitterには、いろんな人と交流でき、刺激的な情報を得られるメリットがありま …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です