ミラクリ

鬱から成功するブログ

「変人」ほど、仕事がデキる理由

 

仕事がデキる人、社会を変える人に「変人」が多い理由

 

ぼくはあまり人から理解されることが無いんですよ。

自分が「コレはおもしろい!」と思ったことはたいていスベるし、話の”間”も著しくズレていて、スムーズに会話をすることができないし、話の内容もポンポン飛んでしまいます。

 

基本的にズレてるんですね。

さすがに仕事になると精一杯の努力をして、相手のペースに合わせるようにしますが、その結果として当り障りのないことを話してしまって、よく反省します。調節がきかない…。

 

「素の自分でいくか? それとも相手に合わせるのか?」この辺りの器用さが無いので、いつも二択で考えてしまうところがあります。

スポンサーリンク

”あなたは変わってる”

それをもって「ぼくは変わってる」と言うつもりはありません。

だって、そもそも自分と他人の違いなんか分からないし、何をもって変わっているのか?を分析したこともないし、興味もないからです。

 

事実として、ぼくは自分のことを普通だと思っていますし、最近になって「人と違うところもあるのかな?」とか思い始めた程度です。

 

(関係ないですが、「ぼくは変わっているので…」と言う人で、本当に変わってると思った人は少なかったりもします。)

参考:「変人に憧れる」「個性的になりたがる」とかもう止めよう問題

 

 

理解される努力は必要ない

今となっては信じられませんが、ぼくも昔はバリバリの営業マンだった時期もあって、できるだけ人に好かれるように、好印象を持ってもらえるように、あらゆる手をつくした時期がありました。

 

今はその辺が無頓着なので、本当に信じられません。

まぁ昔も努力したわりには、はみ出しまくって感じだったのですが…。

 

当時からズレる才能があったようです…。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

 

自分のことを分かりやすく話す

これがもっとも難しい。

そもそも自分のことをあまり理解していないし、それほど興味もないので、「芯」とか「アイデンティティ」みたいなものが無いんですよ。

 

何かに対して意見を求められれば話しますけど、自分のことを自発的に話すことはありません。

何を人に伝えればいいのか? それすらも分からないヒドイ状況です。(会社やっていけるのかよ…w)

 

これだけ毎日ブログを書いているのに、意外だと言われます。

でも、もしかしたらウマく話せないことをテキストにしているのかもしれませんね。

 

分かりやすいブログを書くこと

文章も同じです。

自分の思考をそのままテキストに落としてしまうと、とんでもないことになります。

 

だからこそできるだけ構成を考え尽くしてから書き始めるわけです。

考え尽くした結果として「完成されたもの」ができあがりますが、作品としてのエネルギーは間違いなく失われるので、ちょっと悩むところでもありますね。

 

「頭で考えたものほどつまらない」

これって人間性にも言えることですね。

参考:ブログの文章は、分かりやすく書く必要あるんですかね?

 

 

変人が仕事をがんばる理由

どの分野でも、仕事・ビジネスを一線で頑張っている人は「変人」が多いです。

ぼくの周囲の起業家・クリエイターたちも、ネジが7個ぐらいは外れてるような気がして、よく周辺を探しますが見つかりません。そもそも備わっていなかったのでしょう…。

 

人間的に理解されにくい人は、なぜ仕事をがんばるのでしょうか?

参考:「お金では解決できないことを学びたい」と、数億円の資産家たちは言った。

 

人間性よりも雄弁なものを持つ

人間として理解されにくい人は、何か他のもので理解されるしかないのです。

仕事、肩書、職種、スキル、実績など、ときに人間性を理解するよりも、サクッとその人を分からせてくれる何かが。

 

そもそも人間性を理解されにくい人にも、「理解されたい欲求」はあります。

「鶏(人間性)が先か? 卵(実績)が先か?」みたいな話ですが、人間性を理解されにくいからこそ、仕事をがんばることによって共感者を増やそうとするのです。

参考:「遊ぶように働いて勝つ」 これって欲張りですか?

 

新しいものは理解されない

ビジネスをする上で理解しておきたいことは、「賛成者が多いアイディアほど陳腐」ってことです。

社内の会議を通すためには賛同者も必要でしょうが、多くの人がイメージできるもの、言語化できるものほど、予想通りに進めば良い方で、たいていは予想以下の結果に終わります。

 

大きな結果を残すものは、いつだって「説明できないもの」です。

ブログ一つでもそうですが、「え? こんなサクッと書いた記事が、こんなに読まれるの?」みたいなことはよくあります。

参考:チームラボ・猪子寿之氏 「iPhoneが圧倒的に売れた理由」と、新時代に大切な概念

 

 

変人の承認欲求を仕事にむける

人から理解されない…

共感されない…

 

きっと苦しい思いをしているでしょうが、そのエネルギーを他の部分にぶつけてみましょう。

今まで理解されなかった分、そこに信じられないぐらいのエネルギーが宿りますよ。

 

今まで、人よりも満たされてないわけですからね…w

参考:人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか

 

 

ミラクリから一言

まぁ、ぼくはフツーです。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

成功者は努力してる? 為末大氏が考える「天才を諦める」ということ

  いつも心に刺さるツイートを発信される為末大さんが、また興味深いことをつぶやいていました。 社会的に成功してる人や、何かで結果を出してる人を見た時に …

「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?
なぜ人は「問い」を持つと可能性が広がり、「答え」を知ると立ち止まるのか。

    ぼくはフリーランスで、ライター業をメインに仕事をしています。いまは毎朝5時に起きて、一日合計で3万文字の原稿を12〜15時間ほどかけ …

脳を快楽状態に! 脳科学者:中野信子氏が教える「結果」よりも「プロセス」の大切さがスゴかった!

  脳科学者「中野信子」さんのお話が衝撃的だったので紹介します。 何か目標がある場合は「結果」よりも「プロセス」に着目した方が、自分でも信じられないぐ …

絶対に強みになる! 営業職を経験することの3つのメリット

  「営業(営業職)」を嫌だ!!!!と思ってる人って多いですよね。 職を探してる人から「営業だけは嫌だ・・・」と聞くことが多いですし、実際ぼくも学生時 …

エニイ・ギブン・サンデー(映画):その1インチが勝利か敗北かを決める。

  映画のワンシーンに救われた経験がたくさんあります。 生きていると嫌なこともあるし、大変なことも多いものですが、映画のワンシーンによって魂が震え、奮 …

「報われる正しい努力をしよう」 脳科学者・中野信子氏が語る、努力不要論に唸った!

  最近メディアでも大活躍の脳科学者、中野信子さん。 「努力不要論」という著書にも書かれている内容が、科学者らしい論理にあふれていましたので紹介します …

猪子寿之氏:全ての常識に懐疑的で「ランドセル」を背負っていた高校時代
【成功者の共通点】充実した人生を送るために大切な11のこと

「成功者」と聞いたら、どんな人を想像しますか? お金を持っている人、好きなことをやっている人、会社経営者、セレブなど。 人によって成功者の定義は様々だと思います …

仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です