ミラクリ

鬱から成功するブログ

VANQUISH代表:石川涼氏の「空気を読まず、時代を創る」考え方がスゴイ!

 

メンズファッションブランドの「VANQUISH」を運営する「株式会社せーの」代表の「石川涼」さんがとにかくスゴイので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

VANQUISH代表:石川涼氏

㈱せーの代表
1975年生まれ。神奈川出身静岡育ち。20歳のときに上京。アパレル業界に入り、実務での実績を4年間積んだ後に独立。24歳でアパレルブランドを立ち上げ起業。10代~20代の男性に大人気のブランドを数々手がける。渋谷109メンズフロア等で圧倒的な人気を誇るファッションブランド“VANQUISH”の創設者であり、衣料品及び雑貨の卸売・販売(ネット通販事業、直営店事業)、店舗開発事業、メディア開発事業、ライセンス事業等多岐にわたるビジネスを展開する株式会社せーの代表取締役。社長業の傍ら、ネット番組レギュラー出演、雑誌連載等もこなす。

 

ぼくは正直言って、VANQUISHというファッションブランド自体は知らなかったんですよ。

最初に石川涼さんの存在を知ったのは、チームラボの猪子寿之さんが出演する「情熱大陸」を見た時で、その後はずっと注目しています。

参考:チームラボ「学ぶ!未来の遊園地」で泣いた…。みんなで作品をつくる共創を体験しよう!.

 

猪子寿之氏出演:情熱大陸での一コマ

え? これがVANQUISHの社長さんなの?

なんかカッコイイひとだな…。

 

スクリーンショット 2014-04-16 05.03.38

 

ファッションからしゃべり方から、全部かっこいいぞ!

と思って調べると、Twitterもブログもやっていたみたいで、それからフォローしています。

 

とにかく発言がカッコイイ!

 

 

 

 

*アパレルブランドの社長なのに・・・

「ファッションは終わり、感動するものだけが残る」

引用元: Fashionsnap.com.

 

一つ とにかく仕事を半端無く頑張り結果を出し続ける(どうせ男は一生働く)

一つ 「絶対に付き合わないけどやりたい」と始めから伝える(やりたいが為に付き合ってはいけない)

一つ 少しくらいは強引な方がいいけど決して無理はしない。

一つ 見栄と嘘は犯罪。

一つ 一回したくらいで「自分の女扱い」はしない。百回してもしない。

一つ ヤキモチは重罪(相手に彼氏がいようがいなかろうが束縛は死刑に値する)

一つ 「なにしてる?」「会いたい」も厳禁。(「やりたい」はOK)

一つ 相手のプライバシーは絶対に守る。(女の子に噂されるのはOK。むしろ光栄です)

一つ 相手の要望に答える。(「付き合いたいんだけど」以外の相談にはのる)

一つ 二泊三日以上は一緒にいない(毎回フレッシュな関係でいられる)

一つ 記念日に特定の人と過ごしてはいけない(本当に相手の気持ちに答える気がある場合は可)

一つ 物より体験をプレゼントする。

引用元: honeyee.com Web Magazine.

 

時代を創る男は空気なんて読まない!

色々と空気を読んだ発言をする経営者の人が多いし、そして「影響力あるんだから発言には注意して!」というネットユーザーもたくさんいます。その中でこれだけ自由で刺激的な発言をする人は珍しいです。

 

ブランドとしては「ギャル男なんかすぐ終わる!」と言われていた逆風の中で、今や10週年を迎える成長を見せたという「反逆児」の立ち位置が、石川涼さんのアイデンティティを作ったのかもしれません。

参考:ワンピースな仕事術! 「自立したスペシャリストを味方につける」5人の男性.

 

もはや、服を全てVANQUISHに総入れ替えしてもいいレベルです。

マジでそう思っていますので、少しずつ入れ替えていきます。

 

ミラクリから一言

一見すると「チャラい」石川涼さんの発言を見ていくと分かりますが、単純なビジネスの成功や金儲けだけを考える人には無い、「時代を創る」という意識があります。

ぼくも独立していると、ついつい「お金」の誘惑に負けますが、「時代を創る」という意識はいつも胸に刻もうと決心しました。

 - フリーランス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

会社員にも知ってほしい「自分の名前を売る」ことの大事さ:カラテカ・入江氏を見習えば独立してからも困らない!

  ぼくはなぜか「社長」という立場の方に気に入ってもらえる傾向にあります。 会社員のときからそのような立場の方々に「会社の看板で仕事しちゃダメだよ!自 …

「怒ったことほどお金になる」はあちゅう氏が話す、好きなことを仕事にするメリットに笑った!

  大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されて …

no image
「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由(杉本宏之)」が刺さりすぎた!
「WEBライターは収入が少ない」は本当か?文章で稼いだ20日間の実績を公開

インターネットメディアに文章を投稿する人のことを「WEBライター」と言います。 いつでもどこでも仕事ができるWEBライターは、在宅ワークや副業としても人気です。 …

人脈を増やさないと成長はない? ぼくが会いたい人にしか会わない3つの理由
【プロの凄さ】KREVAの即興ラップに愛がありすぎて泣ける

  ラップに乗せて相手をディスることで対決をする「フリースタイルバトル」はHIPHOPの文化ですが、映画「8mile(2002年)」でもそんなシーンが …

フリーランスが3ヶ月「売上ゼロ」だったらどうなるか? 生々しい現実がコチラです。

    フリーランスとして生きていくことは大変だ。 何か特殊な技能を持ち、最初から大量の仕事をこなしてすぐに法人化…そんな人も存在するのは事 …

フリーランスで生き抜く力と、勘違いしやすいこと。

    「フリーランスとして生きる上で、気をつけていることはありますか?」という質問と、「フリーランスで一年ちょっとやってきたぐらいで粋がっ …

フリーランスで仕事がない時期に「あえての不動」にした理由

    フリーランスになって一年と5ヶ月、ぼくはその間に仕事がない時期が何回かありました(笑) フリーランスになりたての時、それまで手がけて …

逃げろ、そして「自分の社会」をつくって生き延びろ。

    「逃げるな!」 そう言われて育った人が多いでしょうが、逃げるという選択肢を知らないと大変なことになります。苦しい状況にあっても粘り続 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です