ミラクリ

鬱から成功するブログ

宝塚トップスターからナマで聞いた「目標達成の秘訣」に絶句した。

 

宝塚トップスターが教えてくれた思考法 :「目標は達成する以外あり得ない」

 

ある仕事の案件で、宝塚のトップスターとご一緒したときのこと。

 

誰もがスターになることを夢みて入団する「宝塚歌劇団」のなかで、どのようにして競争を勝ち抜いて、トップスターまで上り詰めたのか?を聞いてみたところ、彼女の思考法はあまりにも強烈で、絶句してしまった。

スポンサーリンク

目標を達成するために有効な方法はあるのか。

その日は仕事の打ち合わせが早めに終わり、次の予定までポッカリと時間が空いてしまったのだが、幸運なことに宝塚トップスターも夕方以降の予定がなく、関係者含めて4人でお茶をすることになった。

 

さすがは大スター。

近寄りがたいオーラを放つものの、いざ同じ机で向かい合ってみると、とても柔らかい空気感を放ち、気さくそのもの、緊張していたこちらも少しだけホッとした。

 

(ちなみに見た目は、すぐに宝塚の男役であることが分かる(笑))

参考:「苦しまずに努力できる人」がもつ、2つの習慣

 

成功したことの「自己分析」を聞きたかった。

実は「いつか聞いてみたいこと」があった。

それは「なぜトップスターになれたと思いますか?」という直球すぎる質問だった。インタビュアーでもないのに、仕事とは関係ないのに、あまりにも率直すぎる質問は失礼になるかと思いつつも、徐々にうち解けていく空間で、衝動が抑えきれなかった。

 

成功法則が知りたいわけではない。

成功体験を聞きたいのではない。

 

ただ、みんなが同じスタートラインから出発したハズなのに、なぜ自分はライバルを抜き去ってトップになることができたのか?を、どう分析しているのかに興味があったのだ。

 

そしてドキドキしながら質問してみると、その回答はあまりにも強烈だった。

参考:この男は、なぜIT業界の転職で「引く手あまた」なのか?

 

 

なぜトップスターまで上り詰めることができたのか?

私は目標を定めたとき、「達成すること」しかイメージできないんです。

 

「イメージしない」のではなく、「できない」んですよ。

 

自分がこうなりたい、こうありたい、こうであったらどんなに理想的だろう… と思い描いたことは、必ず実現できると信じているので、「理想的な自分」をひたすらイメージします。

 

それ以外は考えません。

 

ファンイベントの前で「夢は必ず叶います!」と言うのでもなく、著書で「夢は見るものではなく、叶えるもの」と書くのでもなく、兵庫県のひっそりとしたカフェで、3人に向けて放たれた言葉はあまりにも静かで、だからこそリアリティーにあふれていた。

 

考え方はすごくシンプルだった。

でも大人であれば、これがいかに難しいことなのかが分かるだろう。

 

目標に向かうとき、あらゆる制約条件、不安要素、コストパフォーマンス、デメリット、リスクマネジメントを考えてしまい、シンプルに目標達成だけを見つめることは難しい。しかし現実社会を切り開いていく人は、どんな悪条件もなんのそので、シンプルにゴールだけを見つめる。

 

そして必要なことに取り組み、人の何倍も努力して達成してしまうのだ。

参考:「Webライターは収入が少ない」は本当か? 文章で稼いだ20日間の実績を公開

 

 

失敗する不安はないのか?

「失敗すること」がイメージできないので、不安は当然ありません。

 

人に邪魔されることもあるかもしれないし、批判されることもあるかもしれないけれど、「達成することを決めたのは私」なので、私が諦めないかぎり必ず実現できますから。

 

 

この考え方もシンプルだった。

新しい挑戦をするときは、周囲の目を恐れ、批判にビクビクしてしまう。そして多くの人がそこで目標を諦めてしまう。

 

「達成することを決めたのは私」である根本を忘れなければ、人からどんなに厳しい言葉を投げつけられても、また歩き出せるはずだ。

参考:やたら汗をかくし、面倒くさいけど、「ムダな生き方」はお得すぎる。

 

 

シンプル思考の強さ

整理されたシンプルな思考は強いと感じた。

目標達成に必要な情報だけをインプットし、その他の不安要素も批判もノイズとしてスルーする。なかなか難しいことではあるけれど、ゴールだけにフォーカスできれば、エネルギーを集中させることができる。

 

私ができると信じたら、誰にも邪魔することはできない。

 

フツーの人から見れば傲慢にも感じることのセリフに、大事な本質があるのではないだろうか。

参考:フリーランスで生き抜く力と、勘違いしやすいこと。

 

ミラクリから一言

大ファンには申し訳ないけど、宝塚歌劇団には全く詳しくないのです…。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

星野源氏の発想が心にグサッ! 「才能ないから頑張ってやるんじゃないの?」
「ベースを聴いてないのがムカつく」 ミュージシャン・ハマ・オカモト氏の、上手に人生を変える怒り方

  ミュージックバンドの中で、ベースという職業はサウンドの生命線ではあるものの、前面にでて目立つ存在ではありません。でもそんな常識をくつがえすように、 …

【残業100時間の実態】過労死ラインを超えた残業から身を守ること

「月100時間の残業」 そう聞いて驚くでしょうか? それとも大したことがないと思うでしょうか。 ぼくも月200時間残業をしていた会社員時代であれば驚かないでしょ …

「楽しい仕事」なんか存在しない。

    思い返せば「楽しい仕事」なんか無かったなぁ。たとえば工場でひたすらラベルを貼り続ける作業も、最初は退屈だったのに、いつの間にか楽しめ …

会社員が飲みニケーションするなら社長と行け! 3つのメリット

  ぼくは会社員時代は営業として多くの会社に出入りしていたし、13年間の会社員生活では4社に勤めたので、色んな経営者の人を見てきました。ぼくはそもそも …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

ものすごく簡単なクセに、仕事で圧倒的な差がつく2つの方法

    「フリーランスとして仕事をする上で、気をつけていることはありますか?」という質問をいただいた一方で、「フリーランスで一年ちょっとやっ …

「仕事で成功したきゃ、キャバクラに行け!」→「は?」と思ってた自分を5発殴りたい。

    営業の仕事をしているとよく言われる言葉、それは「仕事(営業)で成功したきゃ、キャバクラ(夜の街)に行け!」というものだった。 &nb …

「報われる正しい努力をしよう」 脳科学者・中野信子氏が語る、努力不要論に唸った!

  最近メディアでも大活躍の脳科学者、中野信子さん。 「努力不要論」という著書にも書かれている内容が、科学者らしい論理にあふれていましたので紹介します …

マニュアルがないから仕事ができない? ルールから決めた方が仕事は楽しい!

  会社で初めて部下を持った時に、意識のギャップがあることに驚いたのを思い出しました。 サラリーマンとして会社勤めをして13年間、会社も何を血迷ったの …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です