ミラクリ

鬱から成功するブログ

宝塚トップスターからナマで聞いた「目標達成の秘訣」に絶句した。

 

宝塚トップスターが教えてくれた思考法 :「目標は達成する以外あり得ない」

 

ある仕事の案件で、宝塚のトップスターとご一緒したときのこと。

 

誰もがスターになることを夢みて入団する「宝塚歌劇団」のなかで、どのようにして競争を勝ち抜いて、トップスターまで上り詰めたのか?を聞いてみたところ、彼女の思考法はあまりにも強烈で、絶句してしまった。

スポンサーリンク

目標を達成するために有効な方法はあるのか。

その日は仕事の打ち合わせが早めに終わり、次の予定までポッカリと時間が空いてしまったのだが、幸運なことに宝塚トップスターも夕方以降の予定がなく、関係者含めて4人でお茶をすることになった。

 

さすがは大スター。

近寄りがたいオーラを放つものの、いざ同じ机で向かい合ってみると、とても柔らかい空気感を放ち、気さくそのもの、緊張していたこちらも少しだけホッとした。

 

(ちなみに見た目は、すぐに宝塚の男役であることが分かる(笑))

参考:「苦しまずに努力できる人」がもつ、2つの習慣

 

成功したことの「自己分析」を聞きたかった。

実は「いつか聞いてみたいこと」があった。

それは「なぜトップスターになれたと思いますか?」という直球すぎる質問だった。インタビュアーでもないのに、仕事とは関係ないのに、あまりにも率直すぎる質問は失礼になるかと思いつつも、徐々にうち解けていく空間で、衝動が抑えきれなかった。

 

成功法則が知りたいわけではない。

成功体験を聞きたいのではない。

 

ただ、みんなが同じスタートラインから出発したハズなのに、なぜ自分はライバルを抜き去ってトップになることができたのか?を、どう分析しているのかに興味があったのだ。

 

そしてドキドキしながら質問してみると、その回答はあまりにも強烈だった。

参考:この男は、なぜIT業界の転職で「引く手あまた」なのか?

 

 

なぜトップスターまで上り詰めることができたのか?

私は目標を定めたとき、「達成すること」しかイメージできないんです。

 

「イメージしない」のではなく、「できない」んですよ。

 

自分がこうなりたい、こうありたい、こうであったらどんなに理想的だろう… と思い描いたことは、必ず実現できると信じているので、「理想的な自分」をひたすらイメージします。

 

それ以外は考えません。

 

ファンイベントの前で「夢は必ず叶います!」と言うのでもなく、著書で「夢は見るものではなく、叶えるもの」と書くのでもなく、兵庫県のひっそりとしたカフェで、3人に向けて放たれた言葉はあまりにも静かで、だからこそリアリティーにあふれていた。

 

考え方はすごくシンプルだった。

でも大人であれば、これがいかに難しいことなのかが分かるだろう。

 

目標に向かうとき、あらゆる制約条件、不安要素、コストパフォーマンス、デメリット、リスクマネジメントを考えてしまい、シンプルに目標達成だけを見つめることは難しい。しかし現実社会を切り開いていく人は、どんな悪条件もなんのそので、シンプルにゴールだけを見つめる。

 

そして必要なことに取り組み、人の何倍も努力して達成してしまうのだ。

参考:「Webライターは収入が少ない」は本当か? 文章で稼いだ20日間の実績を公開

 

 

失敗する不安はないのか?

「失敗すること」がイメージできないので、不安は当然ありません。

 

人に邪魔されることもあるかもしれないし、批判されることもあるかもしれないけれど、「達成することを決めたのは私」なので、私が諦めないかぎり必ず実現できますから。

 

 

この考え方もシンプルだった。

新しい挑戦をするときは、周囲の目を恐れ、批判にビクビクしてしまう。そして多くの人がそこで目標を諦めてしまう。

 

「達成することを決めたのは私」である根本を忘れなければ、人からどんなに厳しい言葉を投げつけられても、また歩き出せるはずだ。

参考:やたら汗をかくし、面倒くさいけど、「ムダな生き方」はお得すぎる。

 

 

シンプル思考の強さ

整理されたシンプルな思考は強いと感じた。

目標達成に必要な情報だけをインプットし、その他の不安要素も批判もノイズとしてスルーする。なかなか難しいことではあるけれど、ゴールだけにフォーカスできれば、エネルギーを集中させることができる。

 

私ができると信じたら、誰にも邪魔することはできない。

 

フツーの人から見れば傲慢にも感じることのセリフに、大事な本質があるのではないだろうか。

参考:フリーランスで生き抜く力と、勘違いしやすいこと。

 

ミラクリから一言

大ファンには申し訳ないけど、宝塚歌劇団には全く詳しくないのです…。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

    フリーランスとして独立する前、働いていた会社で面接担当をしていたときの話。   「とにかくユニークな経歴をもつ人材を採れっ …

「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。

    天才的な人にお会いすることがある。 ・どんな人でも、自分の領域に引き込んでしまう人 ・アイディア力・行動力がすさまじい人 ・とんでも …

「夢はほとんど叶わない」と認識するのは諦めではない:為末大のツイートに学ぶ

  「夢なんて叶わないよ~~!」って言われたらムカつきますか?? いつも胸に刺さるツイートをくれる「為末大さん」が、「夢」についてつぶやいた後の、周囲 …

「環境が人を作る」 プロに頭をガツン!と叩かれ、教えてもらったこと。

    先日なかなか衝撃的な出来事がありました。 「環境が人を作る」と言いますし、ぼく自身も環境整備にはいつも注意を払ってきましたが、もっと …

「マニュアル通りにやれば人生は変わる」 nanapi古川健介氏の話がヒント満載!

  引用元:YouTube.   たまたま目にした動画でとても面白い話がありました。 先日KDDIに会社を買収された「nanapi」を運営す …

「ベンチャー企業で働けば成長できる!」 その実態はコチラになります。

    「ベンチャー企業で働いて経験を積みたいです!」 そんな相談をよく受けますが、ベンチャーで働けば経験をつめて、ビジネスマンとして成長で …

人生に迷った時、声にだして読みたい名言 まとめ

  生きていると誰しも迷うときはあります。 ぼくの人生を振り返っても、迷いなくただ夢中に生きてる時よりも、右に左にぶつかりながら悩みつつ生きてる時期の …

「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。

  「リーダー論」がよく話題になる。 景気もよく、ある程度予測が可能な世界であれば、少し先の未来を予測し、根拠に基づいて行動できるリーダーが必要だった …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

「結果などもはや重要ではない」と思える自分の居場所:ベストセラー作家が暗闇から脱出した話が興味深い!

    「食べて、祈って、恋をして」という映画化された有名な本があります。 この本は仕事や離婚で悩んだ女性が世界を旅して、徐々に自分を取り戻 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です