ミラクリ

鬱から成功するブログ

共感力ゼロ! それでも「空気を読めない人」だけが頼りになる。

 

空気を読めない人

 

ぼくはよく人から相談を受けるんですよ、昔からそうです。

あまりにも相談を受けるので「ぼくは人の気持を理解できる人間なんだ、うんうん」なんて思っていたのですが、どうやらそうではなく、相談してくる人に聞いてみると「共感力がないからこそ、ズバッと核心を突いてくれる」ことが決め手になっているそうです。

 

そう考えると、「親身になる人」「共感力のある人」って何やってるんですかね?

スポンサーリンク

親身になる人は、頼りにならない

昔から疑問なのが、相手の話を「うんうん、分かるーー」とひたすら言い続ける人が”いい人”だとされる風潮です。でも、あれってただ共感している、もしくは理解しているフリをしてるだけですよね??

 

相談者としては「ただ聞いて欲しい」というケースが多いのは理解していますが、それでも何かしらのヒントを掴めたり、前進できる方が絶対にいいでしょう。

参考:子供に怒った話。「自分で選択した!」と言えることが、あなたにはいくつありますか?

 

ただ相槌を打つ人は、話を聞いていない

よーーーく見てください。

ただ相槌を打ち、あなたに共感しているように見せかけている人は、実は話を聞いていません。「うんうん、分かるーーー」の言葉に騙されてはダメです。そうした対応をする人によって自分が前進した経験がありますかね? 恐らくないハズですよ。

 

共感力がある人は「いい人」でもなんでもないんです。

参考:「褒め合い文化」は苦手ですが、生きていけますかね?

 

相談にのる自分に酔っている

一番厄介なのは、その手の人は「相談にのる自分に酔っている」ことです。

ぼくも酔いそうにはなりますが、めちゃくちゃ真剣勝負ですよ。相談で呼び出されたとき、電話がかかってきたときなどはドッッと疲れますからね。

 

だって当たり前じゃないですか?

本当は言いたくないことを言ったり、時には相手が突かれたくない核心を攻める、そうしなければわざわざ相談しにきてくれた人に対して価値を提供できないからです。ただ話を聞くだけなら他の人でもいいわけだし、発散したいだけならその辺の居酒屋でオッチャンを捕まえて延々と語ってもいいわけです。

 

ちなみに、ハッキリした態度で嫌われたことはありません。

参考:人付き合いが苦手… それでも、人に会ってみる理由

 

 

相手の気持を理解できない人の強み

共感力がない人、相手の気持を理解できない人には、いつもシンプルに核心を突けるという強みがあります。

 

「ウチの会社には◯◯な問題があってさー。でも◯◯と◯◯の事情があってなかなか解決できないんだよ。」と相談されたとしても、「え? それの何が問題なの? すぐに言えばいいやん。」ということが相手に言えてしまうのです。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

 

悩むときは、物事を複雑化する

悩むときは、物事を複雑に考えています。

本来は「A」という問題に向きあえばいいだけなのに、「B」「C」、さらに「T」ぐらいまで含めて考えているものなんですよ。悩んでいる状況とは裏腹に、まるで解決しないことを望んでいるかのように振る舞ってしまうのです。

 

ぼくもよく悩むときはあります。

もうね、紐が絡まりまくったかのように複雑に考えるときもあり、そんな時はすぐに運動しに行くか、別の仕事に集中します。複雑に絡み合った状態で良い答えなんか出せるわけ無いんですよね。

 

本来の目的だけを、シンプルに見つめた時に答えが出ます。

参考: 大人としてバランスを取らなきゃ…! 無理する友人に伝えたこと。

 

KYさんはシンプル

空気を読めない人、いわゆる「KY」な人はシンプルです。

会社の会議でも、問題の核心について、みんなが田中部長に気を遣って言えないところを「え? 田中部長がGOだしましたよね!?」と平気で言えてしまうんですよ。組織という集合体で生きていくには損するタイプであることには間違いないですが、発言を直視してみるとシンプルです。

 

空気を読まずに率直だからこそ、そこにはむき出しの真実だけがあります。

参考:「怒り」はガソリン。いい人は一流にはなれない。

 

 

いずれにしても前進できた方がいい

悩むからには解決したいですよね?

どうせ誰かに相談するならヒントを掴みたいですよね?

 

だとすれば、相談するべきは「うんうん、分かるーー」とだけ言ってくれる”いい人”よりも、「で、それの何が問題なの? どうして行動しないの?」と言ってくれる人じゃないですかね? ただ相槌を打つ人なんて、その辺にも山ほどいるので、ぼくはこれからもハッキリ言っていきますよ。

 

共感力がない人を頼ろう

人に共感できないということは、いつも俯瞰して冷静でいられるということです。

人が怒っていてもどこ吹く風… 人が泣いていたとしても涼しい顔… それだけ書くと単なるサイコパスですが、泣いている人を前にして「どうしたの? 何かできることある?」と言って具体的に動ける人の方が頼れますよね。

 

本人が望んでいないときは、「ただ話を聞く」ことが助けになるわけですが、そんなケースは”いい人”に任せておけばいいでしょう。

参考:「お前はサイコパスだ!」と言われたので、前向きに生きることにした。

 

 

まとめ:いい人は”使えない人”の代名詞

いい人は”使えない人”です。

もう少し細かく言えば、「共感して自分の話をウンウン聞いてくれる以上には使えない人」です。

 

悩みごとを相談する場合の人選として、空気の読めない人、共感力がない人にあえて身を委ねてみてください。今までに見えなかった境地に達する可能性がデカイですよ!

参考:自信なんか必要ないし、むしろ無い方がいい。

 

 

ミラクリから一言

空気読めないことを全力で正当化w

 - 人間関係の不安

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「気持ちに余裕がない→他人を攻撃したくなる病」を解決してみた。

    気持ちに余裕がないときって、「他人を攻撃したくなる病」にかかりませんか?   最近ちょっと仕事が立て込んでいまして、気持ち …

【上司が嫌いなときの対処法】ストレスで体を壊す前に行動を!

「サラリーマン人生は上司で決まる」といっても過言ではありませんよね。 会社員には必ず上司がいる。 その人が男性か、女性か、年上か、年下かといった問題もありますが …

【孤独を癒す方法】社会問題化する孤独とどう向き合うか?

「孤独」は、今や無視できない問題です。 孤独とは、友達がいないとか、家族がいない人だけが感じるものではなく、精神的にそう感じる人もいるからです。 本記事で紹介す …

【職場の人間関係がめんどくさい】仕事が辛くなったときの対処法

それなりに長く社会人をしていると、ときに職場の人間関係が煩わしくなるときがありますよね。 業界のしがらみ、組織の派閥、上司とのいざこざ…など。 仕事をする上で人 …

悩みを相談するのが上手な人と、下手な人の4つのちがい。

      この記事を書いてる時点で、ぼくは沖縄にいる。 不思議なもので”非日常”に飛び込んだときに限って、「相談」と称してLIN …

「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。

    リアル社会で「会ってください!」「売ってください!」「紹介してください!」など、やたらと「クレクレ詐欺」をしてくる人には注意をしてい …

「集団に馴染めない人」が生きていく方法

集団に馴染めないのは、結構なビハインドですよね。 みんなと一緒にいるのに孤独を感じる習性があったり、群れとは違う方向に歩くクセがあると、人と衝突することも多いで …

うつ病の影響で人間関係が悪化したときにやるべきこと

うつ病が原因で人間関係が悪化してしまうケースがあると思います。 「腫れ物にさわるような扱いを受ける」というよりは、重いうつ症状の影響で関係がギクシャクしてしまう …

「あなたのためを思って言っているんだ」には、どう対処すればいいのか?

    「あなたのためを思って言っているんだ」   そんな前置きのもと、厳しい”アドバイス”を受けたことはありませんか? 「これは …

【友達が少なくても前向きに】友人が多いことのメリット・デメリット

「友達は多ければ多いほど良い」 ぼくは長い間、そんな考え方にとらわれてきました。 そして、友達が少ないことを恥ずかしく思っていました。 ところが30代後半に差し …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です