ミラクリ

鬱から成功するブログ

最強すぎるコミュニケーション能力をもつ人、4つの特徴

 

最強すぎるコミュニケーション能力をもつ人、5つの特徴

 

ぼくは、人とのコミュニケーションがそれほど得意とは言えない。

ただ周囲には最強すぎるコミュニケーション能力を持ち、人を虜にしながら仕事を進める人たちがいる。

 

その人たちのおかげで、ぼくは自分がやるべき仕事に集中し、苦手分野を避けることができる。

 

彼らには共通する特徴がある。

一時期はそれを真似してみようと思ったものの、そう簡単にはいかなかった。

 

彼らを見ていると、自分も簡単にできそうな気がする。

「ノリ」だけでイケそうな気もする。

 

でも実際はそうではない。

彼らなりに場数を踏み、自分の形を磨きあげたからこそ今があり、一朝一夕でどうにかできることでは無さそうだ。

 

ただし、後述する4つの特徴をおさえて努力すれば、誰でもコミュニケーション強者になれる可能性はある。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力に優れた人の共通点

「弱み」をさらけだす

彼らは「本当は隠したい部分」を、おおっぴらにする。

 

大失敗

秘密

短所

 

本当は隠したい、嘘をつきたい、話したくない。

それをあえて人に話すことで、相手に「弱み」を差し出す。

 

「心の大事な部分を相手に預ける」ような感覚だ。

 

これを計算でやる人もいれば、天然な人もいる。

計算でする人とは、「先に与えることで自分が優位に立てること」を知っている人だ。

 

相手からすれば、相手の弱い部分を知ったことになる。

そして「ネガティブな部分」「黒歴史」を知ることで、相手を深く理解したような気がする。

 

この時点で、すでに相手の心をつかむのだ。

参考:【140文字の文学者】 燃え殻さんのコトバに救われていく日常

 

「チャームポイント」を理解している

「可愛げ」と言い換えることもできる。

 

笑顔

おっちょこちょいな仕事ぶり

人懐っこく、開けっぴろげな性格

 

自分のチャームポイントを随所に見せることで、「コイツが言うならしょうがないな…w」みたいなことにつなげていくのだ。

 

「計算高い」と感じるかもしれない。

しかし、自分を俯瞰する能力がなければ、「自分のどこに可愛げがあるか?」なんて、なかなか理解できるものではない。

 

それぐらいスゴい能力。

理解できているからこそ、スムーズで、相手を魅了する関係が築けるのだ。

参考:伝えたいことがあるなら、激しい言葉を使わないほうがいい。

 

興味をひく「ネタエピソード」を持っている

人を惹きつける話のネタも重要だ。

 

失恋・離婚

生い立ち

苦労体験

 

本当は酒でも飲みながら、しっとりと話したい内容を、きわめて明るく、ネタにして伝えることができる。

 

彼らの顔には悲壮感がない。

あくまで「乗り越えた過去」として語り、人に勇気を与えることすらある。

 

波瀾万丈な人生かというとそうではない。

彼らは「何気ない日常」をネタ化し、面白おかしく伝える能力に長けているのだ。

 

多少の誇張も愛嬌。

笑える空気を与えるだけでも、すばらしい。

参考:「褒め合い文化」は苦手ですが、生きていけますかね?

 

上手に助けを求め、頼る

彼らは、人に頼ることにも躊躇がない

 

クレーム

個人的に困ったこと

身内の相談ごと

 

基本的には自分が与えつつも、困ったときには人を頼る。

そうすることで相手は「この人は完璧ではなく、短所もあり、欠けている部分がある」という認識になり、そこに人間味を感じる。

 

つい「完璧な人間」「完成度の高いビジネスパーソン」を目指してしまいがちだが、完璧な人間に味はない。

 

欠損にこそ、その人の香りがにじみ出るものだ。

参考:力まず、意気込まず、実感がないときほど、人は「成長」する。

 

 

スマートに人を「操作」する

コミュニケーション能力に長けた人たちは、スマートに人を操作する。

わかりやすく言えば、彼らの魅力に惹かれることは、術中にハマることでもある。

 

でもそこに計算高さがない、感じさせない。

だからこそ人に好かれ、彼らのもとには人が集まってくる。

 

素晴らしい能力だと思う。

できる人と、できない人に分かれるだろうが、必要なのは”場数”だ。

 

この4つの特徴のエッセンスを吸収して取り組めば、周囲の人との関係がもっと良好になるのは間違いないし、新しい人脈も作れるだろう。

 

彼には、学ぶところばかりだ。

参考:あなたは大丈夫!? コミュ障がよく使う言葉15選

 

ミラクリから一言

道のりは果てしない…www

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【謙遜・謙虚・卑下の違い】褒められたときは「ありがとうございます」でOK

一流の人たちを追いかけたドキュメンタリー番組を見ていると、あることに気づきます。 彼らは謙遜をしない。 謙遜はしないけど、謙虚であるということです。 ぼくは今ま …

「また飲みましょう!」が成立する人間関係なら、いらない。

    30代も半ばにさしかかり、色々と気づくことがある。 それは「自分の人生のほとんどを共有した人は、ごくわずかである」という事実。熱いラ …

【Twitter中毒の危険性と対策】SNSで消耗したときはコレが効果的!

ぼくは2010年からTwitter(@enrique5581)を使っています。 Twitterには、いろんな人と交流でき、刺激的な情報を得られるメリットがありま …

あの破天荒な社長は、なぜリーダーとして愛されるのか?

    先日ある会社にお邪魔した。 そこには破天荒で、無茶なのに… 愛されるリーダー(社長)がいて、ときに適性に合わない社員が辞めていくのに …

山本耕史氏(俳優)「LINEグループが面倒くさい」孤独を大事にする姿勢に学ぼう!

  優男な風貌の俳優、山本耕史さん。 彼の作品には触れたことがあるものの、人としてどのような考え方を持った人なのかを知る機会がありませんでした。あえて …

【自意識過剰を克服】人間関係の苦しみから逃れ、楽に生きる方法

「自意識過剰」って厄介ですよね。 もし自分がそうなら、毎日いろんな被害妄想にとりつかれるでしょうし、周りの誰かがそうなら揶揄の対象になるでしょう。 自意識過剰を …

「あなたは変わった。」

  「あなたは変わった。」に傷ついた三連休の最終日。10年間ひとり暮らしをしていた場所を訪ねて、気づいたことがあった。

たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

    ちょっといくつか仕事で大変なことがありました。 普段は「我を忘れて怒る」ことが、そんなにはありませんが、正確のベースが”かんしゃく持 …

「自称クズ」に教えたいセルフハンディキャッピングの恐怖:姿勢が人の現実を作る!

  ・自称クズ ・自称社会不適合者 ・わたし(ぼく)バカだから インターネットの世界には、プロフィール欄にこれらのことを書いたり、発言の中に組み入れて …

「集団に馴染めない人」が生きていく方法

集団に馴染めないのは、結構なビハインドですよね。 みんなと一緒にいるのに孤独を感じる習性があったり、群れとは違う方向に歩くクセがあると、人と衝突することも多いで …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です